2018年7月11日水曜日

週刊「猫並日記」2018 (5.26)

2018年5月26日(土)
<鵜のごとく夫が待ちおり春岬>というのは母の句。父のリタイア後、父と母は二人で旅行をするのが楽しみだったようだ。実家に残された写真を見ると、近隣山口県内の観光地、九州方面、四国、沖縄、祖父母の喉仏が納骨されている福井永平寺等に行っていることがわかる。息子たちがいる東京、神奈川方面にも何度か二人で訪れた。父は油絵を楽しみ、母は俳句に夢中だった。「あの頃が一番楽しかったよ」と母が言ったことがある「あの頃」▶この句の「春岬」はおそらく、二人で出かけたどこかの観光スポットだろう。「ちょっとトイレに行ってくるから待っちょって」と母は父に言い、父は母を待つ。用を足して戻ってきた母の目に「鵜のごとく」首を伸ばし、ぼんやり岬を眺めている父の姿が映ったという光景。背景は春の海、老夫婦の旅先でののどかな雰囲気が感じられる▶5月19日先週土曜日から一昨日5月24日木曜日にかけて、秘書同行で母の四十九日ミッションに行ってきました。メインのイベントは四十九日法要と納骨だが、「せっかくだから」、初日の「新幹線途中下車の旅・岩国錦帯橋」を皮切りに、下関ミニトリップ、火の山ロープウェイ、山陰津和野日帰り旅、小雨に煙る門司港探訪、そして最終日の「新幹線途中下車の旅第2弾・尾道ぶらり旅」の5泊6日間。5日目は雨が降ったが、それ以外は天気にも恵まれ、観光を満喫した感じ。毎日1万歩から2万歩、歩きましたよ▶旅好きの秘書にすべての計画を丸投げし、ぼくはなーんも考えず、ぶらぶらと各地スポットの散策を楽しんだ。もとより出不精、旅行にあまり興味がないぼくだが、秘書同行だと万事楽で、二人旅行は悪くないなと思った。これからちょくちょく二人旅行を楽しもうかなと。「ちょっと待ってて」時間はちょくちょくあるけれど。

動画は下関の観光スポットのひとつ「火の山」、ロープウェイ(子どものときに乗って以来)で山頂まで行き、見下ろす関門海峡。向かって左側が門司、右側が下関。

0 件のコメント: