2018年7月2日月曜日

週刊「猫並日記」2018 (3.9)

2018年3月9日(金)
夜半からざんざか降っていた雨も朝方には止んだ。山下はベッドサイドに置いたスマホに手を伸ばすとラジオアプリをタップし、NHKのアイコンを選択した。時間は7時5分前、女性アナウンサーが各地の天気予報を告げている。最近はいつもこの時間に目が覚める。天気予報に続き、7時のニュースが始まる。政治の話、社会問題、国際情勢。ある種の人々や組織はいつまでたっても愚かであることが、ニュースを通じて知ること。山下は再び目を閉じて、彼の朝の儀式である「脳内神社」を訪ねる。「イマジナリー賽銭」をコトリと入れ、鈴を鳴らし、二拝二拍手一拝、「すべての小さなことが上手くいきますように」▶「すべての小さなことが上手くいきますように」というのは、ボブ・マーリーの『3羽の小鳥(Three Little Birds)』だね。Don't worry about a thing, 'Coz every little thing gonna be all right. 心配しないで/だいじょうぶ/すべての小さなことは上手くいくから▶3月4日のウクレレ倶楽部「大和市音楽フェスティバル」ステージは、やっぱり10分という持ち時間は物足りなかったけれど、良い演奏ができたと思う。PAなし、ステージ上の反響板を使用した「アンプラグド」の音響はまさにナチュラル・エコーが効いて気持ちが良かった。大勢で一緒に演奏するのはホントに楽しい。参加した生徒さんたちも楽しんでくれたと思う▶我々を含めて、参加した14団体のほとんどが合唱系で、しずしずとステージに上がり、演目が終わると一礼して、しずしずと舞台上手に去る、というステージングで、ぼくはそういうの、なんか「らしくないな」と思って、曲前、曲間、ちょっとMCをやるというつもりだったが、直前になって他の団体のマナーに合わせることにした。他の団体からあまり浮かないようにね▶演奏前、いわゆる「陰マイク」でウクレレ倶楽部の紹介を生徒さんにやってもらい(これがすごく良かった)、MCなしで10分弱のステージをやり終え、しずしずとステージから去る予定だったけど、演奏直後の拍手に対して、思わず「ありがとう!」と言ってしまいました。咄嗟に出た言葉だったけど、ま、「らしい」かな、と思っています▶YouTubeにアップしたので、よかったら見てオクレレ。(ビデオカメラ担当の参加生徒さんが、あらかじめ、カメラをセッティングして撮ったので、前列右端のあっきーくんが画面から切れてしまっていた。ごめんね、あっきーくん。)

写真()は来てくれた友人が撮ってくれたステージの模様。たぶん、客席の前の方に座った友人が「ごめん、全員が入りきれなかった。広角が必要だったね、左右振って撮ったからなんとかして」と後から言っていたが、そこは「Photoshopのプロ」のぼくですから、全員横並び合成写真を作成、合成ってわかんないでしょう? えへん(笑)。

0 件のコメント: