2017年7月16日日曜日

週刊「猫並日記」2017 (4.30)

2017年4月30日(日)
息をしているだけで大金が入ってくるという大金持ちのぼくですが、恋の病というのはなかなか金では解決できないものです。いや、ちょっと前からただならぬ相手と恋に落ちてしまったんだね。ここのところ、朝も昼も夜も一日中、彼女に触れたときの感触が忘れ難く、抱いたときに彼女がぼくに囁いた柔らかく甘い声が耳について離れないんです。ああ、だから秘書には一切、このことは言ってないです。こういうこと、なかなか言えないです▶彼女は大きすぎず、小さすぎず、ぼくが思い描く理想の体形、抱きかかえると羽根のように軽くて華奢な感じがした。でもそのわりにはよく通る深い声音を出すんだ。派手な感じはなく、パッと見、控えめで飾り気のない容貌だが、どこか洗練された気品があるんだね。90年ごろの生まれだと聞いたから、御歳26、7才くらいか。目立つ擦り傷もあまりなく、前のご主人に大切に可愛がられてきた感じがした。身請けするべきかどうしようか、煩悶しているところ▶はい、ウクレレの話です。ずっとコンサートサイズのウクレレが欲しくて、それもマーチンのStyle-1C、それもビンテージと決めている。Style-1Cは本数がそもそも少なく、程度のそこそこ良いもので16,7万くらいが相場。で、最近、トップに目立つ傷がある50年〜60年代Style-1Cが10万で横浜の楽器屋にあることを知って、先日、行ってチェックしてみたんだ▶ぼくはビンテージ好きだけど、ビンテージだと何でもいいわけではなく、中には「枯れた」と言うより、「痩せた」感じの音になってるのもあるんだね。お目当てのStyle-1Cはマーチン特有の甘く深い鳴りはあまりなく、その「痩せた」感じの音で、ちょっと期待外れだった▶音が気に入れば購入を真剣に考えようと思っていたが、これは却下。で、他のウクレレをちょいちょい弾かせてもらってる内に、Style-1Cのコピーモデルが目についた。弾いてみるとすごく良かった。マーチンのふくよかで甘い鳴りもあるし、まだ若い、なんというか溌剌とした鳴りもある。12フレットしかないところ(これが気に入っているんです)やペグからビンテージ・マーチンの小さめのドットとか完璧にコピーされてるんだね▶工場生産ではなく、Tim Laughlin(ラーフリン、かな)という個人ルシアー製作のもの。web検索しても、あまり情報がなかったが、カリフォルニアで主にマーチンのビンテージウクレレのコピーを作っている人みたい。マーチンウクレレの至宝、5Kのコピーとかね。たぶん、この人、「マーチンウクレレこそ、ウクレレのザ・スタンダードだ」と考えている人ではないかな。それはぼくも同意するところ(ハワイ・ウクレレも良いのはもちろんありますが)▶いやあ、なかなか良いウクレレでした。90年ごろの製作だという中古だが、値段は当てが外れたビンテージ・マーチンと同様の10万ちょい。店員に「7,8万だったら即買いですけどね」と言ったら、「それはちょっと……」と苦笑された。Tim Laughlinなんていうウクレレは初めて知ったので、ちょっと調べてからと思い、楽器屋を後にしたのだった▶うーん、そのときはそうでもなかったけど、昨日頃から、そのTim Laughlinが気になってしょうがない。しばらく大人しくしていた「ウクレレ欲しい欲しい病」が再発して困ったもんだ。「恋の病というのはなかなか金では解決できない」と書いたけど、これはあっさり金で解決できる問題だった。うーむ、10万円、糟糠の秘書にはなかなか言えないなあ(ウクレレ、いっぱい持ってますからねえ)▶件のTim Laughlinの画像をwebで見つけた(値段が消されているが)。手前にある1M CONというもの、トップの木目からぼくが楽器屋で見たものと同じもののように思う。後ろのは2Mとあるが、コア材のような気がする。ついでに「当てが外れた」Style-1C(画像右)。ちょっと前までこの画像を涎を垂らしながら見ていたが、弾いてみてイマイチだったのでただの古びたウクレレとしか目に映らない、恋の病も醒めればそんなものだね。今度の恋も醒めないかなとちょっと期待してるという、不思議に揺れ動くおじさんの心情なのでした(どこが「息をしてるだけで大金が入ってくる」身分なんだ、ということ)▶しかし、最近、FB投稿をあまりしなくなったと思えば、ウクレレの話になるとつい長文になる山下、すまんこって。

0 件のコメント: