2017年2月4日土曜日

週刊「猫並日記」2017 (1.12〜1.15)

2017年1月12日(木)
日、火、昨日とレレ教室。年が改まって、ぼくが持っている7クラスの「2017年教室始め」が一巡した。小節ごとにリズムパターンが違うストローク練習課題で、各小節を生徒さんが順番にイン・テンポで回していくというゲームをやってちょっと盛り上がった。グループレッスンならではの課題でなかなか良かったのではと思う▶ぼくの今年のおみくじは小吉で、「思うにまかせず目に見えて早くできず」とのことだったが、教室の多くの生徒さんもウクレレについては同じ気持ちだろう。ウクレレという楽器、簡単そうに見えて、なかなかどうして奥が深いわけで、「思うにまかせず目に見えて」上達しないことに、悔しい思いをしている生徒さんが多いように思う▶年初に生徒さんのおひとりから、「ウクレレを始めて最初のころに買った楽曲集を久しぶりにやってみたら、最初はできなかった曲がけっこうすらすらとできました」というメールをいただいた。目に見えての上達は感じなくても、練習を続けていれば、知らず知らずに上達するということだね。へっぽこ講師としては嬉しいメールだった▶昨日は教室終了後、生徒有志のみなさんとカラオケ屋で新年会をやった。ウクレレテクニックはそれぞれであっても、音楽好き、歌好きは共通、歌がお上手な生徒さんばかりで、とても盛り上がった。ぼくは、基本的にはカラオケはあまり好きではないのだが、それもメンバー次第、みんなで一緒になって盛り上がるカラオケは楽しい。ぼくも調子こいて、RCサクセションの「スローバラード」、「ヘイ・ジュード」なんかを熱唱、楽しいひとときでした。

写真()は昨日の新年会@カラオケ屋の模様。お店の人に集合写真も撮ってもらっただよ。

2017年1月15日(日)
髪を切った
前回切ったのが去年の2月だから、ほぼ1年ぶり
その前に切ったのは一昨年の1月で
誕生月の前後は50%オフという美容院を見つけたから行ったのだった

以来、去年と今年とぼくの誕生月の前に50%オフのDMが件の美容院から届き
50%オフという言葉に(めっぽう)弱いぼくは
さして雰囲気が良くもないが
美容師は淡々としていてあまり話しかけられないのが良かったりもする
その美容院に行くようになった
というわけ

「大体、このあたりまで切ってください」と
指を鋏の形にして、肩のあたりに
ちょきちょきと鋏の音を耳元に聞きながら
ぼくは図書館から借りた橋本治のエッセイを読んだ

「こんな感じでよろしいですか」
手鏡を渡され、後頭部を見やる
少し長いように思ったが
「はい、いいです」と答えた

どうせしばらくすれば、後ろ髪を結わえたスタイルになるんだし
だいぶ前、長い髪を後ろで束ねた髪形をして帰省したら
親父に「お、『弁髪』か、ええやないか」と言われた
そのとき以来、ぼくにはこれが似合っているのかもしれないと
ま、勝手にね、思っている

1年に1回切るだけ、あとは伸びるにまかせて結わえるだけ
手間もかからないし、散髪代もかからないし
しかし、美容院に行って大きな鏡の前に座ると
自意識が過剰になるように思う
意識の中ではアーティなロン毛おじさん
鏡の中のぼくはドン小西

0 件のコメント: