2016年3月3日木曜日

週刊「猫並日記」2016 (2.25~3.5)

2016年2月25日(木)
<浅き春曲がり角にて思案する>というのは父の句。まだ軽く@スランプ継続中ではあるけれど、「浅き春」の薄ら寒いこの時期、なんとなく気勢が上がらないのは仕方ない。こんなときはコタツ猫になって、ぼんやりと諸々思案しながら、だらだらと過ごすことにしましょう▶昨日、一昨日とレレ教室。3月20日のクラス別発表会に向けての練習も各クラス重ねてきて、良い感じになってきた。ひとりでウクレレをつま弾くのもいいけれど、音楽する醍醐味はアンサンブルにある、というのがぼくの考え。生徒さんたちにその楽しさを感じてもらえば、へっぽことしても嬉しいかな▶今朝、生徒さんのおひとりから、教室のレッスン料の「値上げ要求」のメールがあった。値下げ要求ならありがちだが、値上げしてくれということです。今秋に使用している学習センターの移転にともない、部屋の使用料が少し上がるので、レッスン料を上げることを検討してみませんかという内容。安い料金でレッスンをしてもらっているのが心苦しいということらしい。部屋の使用料が上がるのは少しだし、レッスン料を上げるつもりはありませんが、その心遣いが嬉しくありがたかった▶まあ、そんなわけで心温かい生徒さんに恵まれて、ぼく自身も楽しく教室をやらせてもらっているので、自分は幸せだなあと思う。こういう出来事がスランプ脱出の糸口になるかなと、コタツ猫は思っているわけで。

豚肉チゲ鍋、ムキ海老のサラダ/串カツ、モヤシ炒め、ほうれん草のお浸し、ワカメとモヤシの味噌汁、冷や奴、コールスロー/キンメダイの塩焼き、里芋、ハス、シイタケ等筑前煮、豆腐とワカメの味噌汁/鶏大根、煮玉子、マカロニサラダ、おから。

写真は近隣、徳善寺の川津桜。春ももうじき。

2016年2月29日(月)
今日は閏日の2月29日、「荒淫矢の如し」(by筒井康隆)のこのごろ、4年に一度の「おまけの日」でも少しありがたい気がする。今年も1月が行って、2月が逃げようとし、去り際早い3月を目前として、残すところ10ヶ月となった。いやはや▶しかし今月は冴えなかった。漠然とした冴えない感じ、心のバイオリズムの低下、いわゆるひとつの「スランプ状態」。何があったわけではないが、些細だが、期待が外れたり、思うようにいかないことがぽつぽつと続いたようにも思う▶最近、生徒さんからのリクエスト曲があって、NHK連ドラ「あさが来た」のテーマソング「365日の紙飛行機」というもの。ぼくはテレビでドラマは見ないから聞いたことのない曲だったし、課題曲にするには乗り気ではなかったが(JPop系嫌いだし、音楽については屈折した見方をする人間なので)、愛すべき生徒さんからのリクエストとあって、ウクレレ譜を作って課題曲にしたんだ▶歌詞の内容は、人生の応援歌というか、ぼくみたいに屈折した人間には照れてしまうようなものだけど、まあ、いいんじゃないでしょうかという感じ。で、歌詞の一節に「思い通りにならない日はあしたがんばろう」というのがあって、今のぼくの心境において、このフレーズは素直に受け入れられた。まあ、今日は冴えなくても、あしたがんばればいいじゃないか、いや、無理にがんばることもない、がんばれるあしたを先送りしていてもね、ということです。

チキンライス、コーンスープ/豚肉とエノキの炒め物、竹輪の磯辺揚げ、カボチャの煮付け、ポテサラ/鶏つみれ鍋/イカ、エビフライ、水菜とトマトのサラダ、もずく酢、小うどん

写真()は最近の散歩写真から、近隣の満開梅状況。梅の枝に留まっているのはメジロだね。よくウグイスと混同される。実際のウグイスは茶っぽい地味な鳥ですね。今朝、近所に生息するウグイスの初鳴きを聞いたよ。

2016年3月3日(木)
今日は春めいたE天気だね。ところで、脳内物質でセロトニンというのがあって、日光をあまり浴びないとこれが不足がちになると言われてる。セロトニンの不足は鬱病の原因になるとかも▶冬場、散歩をサボりがちになっていて、基本的に出不精だし、宵っ張りだし、2月スランプの原因のひとつはこのセロトニン不足かもしれんと、先ほどヒット・ザ・散歩ロード、セロトニン及び、睡眠促進物質、メラトニンの分泌をより促すため、川沿いから川向こう、春の陽光を浴びながら、のんびりと散歩をしてまいった▶散歩ロードのそこここに咲く河津桜も満開、穏やかな気持ちになれた。「やるき促進物質」のドーパミンも、春うららとなれば、ぼくのへっぽこ脳にもそこそこ分泌されることでしょう▶春のうららのセロトニン、上り下りのメラトニン、櫂のしずくもドーパミン。さてさて。

ドライカレー、ハッシュドポテト、鶏ササミと人参のサラダ/メンチカツ、厚揚げ豆腐、ほうれん草お浸し、塩鮭、フキと竹の子の煮付け/豆乳タンメン

写真は前回ミッション時、母の病院の食堂にはひな人形が飾られていた。今日もこのひな人形のそばで、かつての少女は食事を摂ったことでしょう。今日は楽しい雛祭り。

2016年3月5日(土)
<節変えてみる老鶯の思い付き>というのは母の句。数日前に「初鳴き」を聞いた近所に生息するウグイスくん(「ウグイス嬢」という言葉があるけど、ホーホケキョと鳴くのは♂)、だんだんと好調になってきて、今日は朝から調子こいて饒舌です▶「調子こいてんじゃねーよ」なんて侮蔑の言葉もあるけど、調子に乗るという状態は良い状態だと思うんだ。音楽なんて、まさにこの調子に乗るということが大事だよね。生徒さんで、身体をまったく動かさずに演奏する人が多いので、身体や足ををリズムに合わせて動かすことをアドバイスしたりします。「リズムは指先で作るんじゃないです、身体全体で作ります」とか言ってね▶かく言うぼくは、まだ「スランプ状態」を引きずっていて(今回は長いです)、なかなか調子に乗れなくて、なんだかなんだかの気分が続いているけど、春めいてきて少し上向いてきたようにも思う。さて、セロトニン摂取散歩、ちょっとしてこようかな。

ハンバーグ、じゃがいも、人参グラッセの付け合わせ、ほうれん草のお浸し、かまぼこ、ワカメ、エノキ、豆腐の味噌汁/親子丼、ポテサラ/

写真は一昨日の散歩時、境川向こうの横浜瀬谷区の中屋敷(「鎌倉古道」なんてあって、旧家やちょっとした史跡があるところで、好きな散歩コースのひとつ)付近に咲いていた河津桜()。今年は心なしか花のつき具合が良いように思える。満開だね、「調子こいてる」ね。


週刊「猫並日記」2016 (2.15〜2.21)

2016年2月15日(月)
昨日は、春の嵐、豪雨の中を雨合羽着て自転車でレレ教室に。午後はウソみたいに晴れて暑くなった。生徒さんから手作りのお弁当やチョコレート等いただき、ありがたいことであります。2コマ終えて帰宅後、生徒さんたちのユニット「ピンク・デ・ポロリンコ」がパラ本フォークデーに出場するというので、ヘタレ気味であったが、パラ本に向かった▶ぼくはヘタレていたこともあったが、ここのところのスランプ継続中で、いまひとつ演奏する気持ちになれなかったので、今回は聴く側に回った。いつもの面子の演奏に加え、後半、久しぶりに洋介さんのギターも聴けて、楽しい夜になった▶さて、今日はまたぐっと気温が下がり、ジェットコースターのような寒暖差で、中庸なき気候というか、世の中もそれに似てきたような。さてさて、どうも心がいびつになって、なんだかなんだかの気持ちだが、あれやこれやとちゃんちゃんとやっていくようにいたしましょう。さてさてさて。

ちらし寿司、ゴマ豆腐、豆腐とワカメのお吸い物/鶏つみれ鍋/鯵の塩焼き、茄子の煮浸し、カボチャの煮付け、昆布煮豆/ドライカレー、ピーマン炒め、チーズブリトー

写真(,)は昨夜の「ピンク・デ・ポロリンコ」(ちょいとピンキッシュに色調加工)。彼らがライブをやるときは、「ライブ指南」のようなことをして、演奏アドバイスをしていたが、今回は自主的に選曲、コーラスアレンジ等して、なかなか良かった。なんだか巣立っていく感じがして嬉しい気がした。

2016年2月18日(木)
<湯豆腐や残り時間が気にかかる>というのは母の句。気にかかる「残り時間」というのは、人生の残り時間ということだろう。「残り物には福がある」という言い方もあるので、人生の残り時間は、できれば楽しく愉快に過ごせればと思う。さて、その「人生の残り時間」を過ごしている母を訪ねる2月ミッションに、これからばたばたと参ります。今回は二泊三日の短期ミッション、明後日の土曜夜には戻ってくる予定。お土産は母ちゃんへの笑顔、ということで。

メンチカツ、肉野菜炒め、薩摩揚げ、カブと挽き肉のあんかけ、ネギとワカメのぬた和え/豚肉チゲ鍋、マカロニサラダ/サバ味噌煮、豆腐とシイタケのあんかけ汁、ゴボウとコンニャクのピリ辛/

写真()は近隣、徳善寺の境内片隅に咲いていた福寿草。縁起の良さそうな花名だね。春を告げる花のひとつ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
午後2時羽田発の飛行機に乗って、4時前には北九州空港到着。小倉駅に5時ごろ、そしてただいま午後6時、下関駅近くのロッテリアでウェブチェックしているところ。あっという間に着きました▶この時間帯で羽田から向かうことが多いのだけど、前回、12月ミッションのときは下関駅に降り立つととっぷり日が暮れていたが、今回は夕日に迎えられた。だいぶ、陽が伸びたね▶さて、これからバスで10分ほどの、実家がある下関の彦島というところに向かいます。実家に着いたら、荷物を解いて、近所のスーパーで食料品等を買い出しに行くのが、このところの慣わし▶けっこう刺身や握り寿司等が安くておいしいんだ。閉店前に行くと半額セールとか、やってるしね。で、ビールなど飲みながら、まったりと孤食するわけだけど、これがミッションの一番の楽しみだったりします▶ところで、今回はiPad用にコンパクトなブルートゥースキーボードを購入して持ってきた。今。使ってるけど、快適です。今までタッチパネルで打つのはストレスだったから▶さてさてさて、母に会うのは明日から。この前、「奇蹟の再会」をした吉田愛子先生には小学校のときのアルバムを持ってきたのでお見せしようと思ってる。

2016年2月19日(金)
ふたつきぶりの母との逢瀬、さして変わりもなく「底値安定」状態。ただ、精神的にはだんだんと後退している感じはある。これは仕方ない。▶食べ物をお土産に買っていってもほとんど口にしないので、ここ数回のミッションでは、実家の庭に咲く四季折々の花など手折って持って行っていたが、この時期、実家の庭は花無し状態。で、思いついて、母の好物のイチゴショートケーキを買っていったら、思いの外、食べてくれた。「范文雀」(って人、いたよね。半分弱ね)くらいだけど。▶前回、再会した隣のベッドの吉田先生には小学校の卒業アルバムから写真をスキャンしてフレームに入れて差し上げた。アルバム自体もお貸しした。前回、昔の写真やアルバムなどはほとんど処分したと言っておられたので。半世紀前の写真を、「懐かしい、懐かしい、良い時代だったわ」と喜んでもらえた▶今回は、病院の担当者会議やケアマネの方との相談などあったので、バタバタと1日が過ぎた。で、もう明日の夜には帰路に着くので慌ただしい感じはある▶母は毎回、「お嫁さんとは仲がええかね?」と聞くのだが、今回、ちょっと意地悪して「まあまあね」と言ったら、「とっても、やないの?」と言うんだね。「うんうん、とっても」と言うと笑顔を見せた。ちょっと可笑しかった。

2016年2月20日(土)
母ちゃんに「また来るけえね」と指切りして別れて、ただいま20時30分、北九州空港なう。21時05分の羽田行きに搭乗予定なんだけど、この便、「条件付き運航」ということで、場合によってはまた北九州空港に戻ってくるかもしれないということ。関東沿岸部で夜半にかけて急速に発達するとされている低気圧のせい。うーむ、どうなりますことやら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
飛行機は定刻通りに出発、降下しながら着陸態勢になるとき、けっこう揺れたけれど、遅れることもなく無事、羽田に着きました。電車も問題なく運行、さきほど住居に辿り着き、ほっとしているところ。レレ神さまのご加護でありましょう。気疲れしたです。

2016年2月21日(日)
今回のミッション、やや「スランプ状態」を引きずって出発したのと、二泊三日のショートステイだったため慌ただしく、帰りの便の「条件付き運航」(結果的には支障はなかったが)もあったりで疲れた。母は特に変わりもなく、スランプ状態にありがちのヘマもせず、無事帰還できたので、まあ、良かった▶母については懸案事項があって、それは2年後、2017年度末に母がいる病院の介護病棟が廃止されるという問題。医療費抑制が主な目的で、国が「介護療養病床」を廃止するという法案は、いったんは延期になったが、2年後は実施されることになったんだね▶今回はその件について、病院側から「家族の意向」を聞かれたのだが、どうであれ、今受けているサービスと同質なものを継続してもらいたいということに尽きる。具体的には母が受けている点滴は医療行為にあたり、それゆえ特養等の介護施設に入所できないというのが「原則的」にあったわけで▶今の時点では病院側も具体的な方策はこれからという感じだが、なんらかの方策をし、「追い出す、というようなことはしません」とは言った。母がいる病棟にも100人ほどの「対象患者」がいるとのこと。ただ、母のいる病院は経営グループに介護施設をいくつか持っており、病院と同じ敷地内にも特養があり、この問題が浮上してから、兄が介護病棟廃止以降のその施設への入所を既に打診はしていた▶病院と特養は同グループでも別組織なので、病院との話し合いの後、母のケアマネにあらためて相談したら、病院からの転所についても希望できる状況にあり、水分補給程度の点滴(母が受けているもの)であれば、その特養でもできるということで、とりあえず少し安心はした。2年後というのは92歳になろうとする母にとって、また今の母の状況を考えれば、微妙な時期ではあるが、母の最晩年をできるだけ安らかにするため、手を打っておく必要はあるわけで▶母は度々、「ここ(病院)にはずっとおられるんかね?」と不安そうに言うことがある。病棟がなくなることを母に感づかれるようなことにならないようにと、病院側にはお願いした。「底値安定」の母であっても、もちろん、今の状態がずっと長く続くわけではないだろう。ケアマネの方に「入所できれば、看取りまでお願いします」と言ってから、すごく切なくなった。

写真は好物のいちごショートケーキを前に微妙な表情の母。「そんなに食べたくないけど、せっかく息子が買ってきたから、少しは食べんにゃいけんやろか」と思っていたのだろうか。それでもイチゴは完食、ケーキも半分弱は食べてくれた。

週刊「猫並日記」2016 (2.11)

2016年2月11日(木)
<われおもう故着ぶくれていたりけり>というのは母の句。<着ぶくれて己失くしてしまいけり>というのもあった。先の句で着ぶくれ状態で実存主義の概念を感じたかと思うと、もうひとつは「己をなくす」という禅的な思想に至る(ようわからんが)という感じで、着ぶくれ状態というのは、母にとって自身の存在の哲学的な考察に至る状態ということなのだろうか▶今日はいい天気だが、まだまだ寒いね。部屋の中で、厚手の下着にフリース、その上に薄手のダウンのベスト、さらにその上にフリースの上着を着ております。着ぶくれ状態。だからと言って、特に「われおもう」ことも、「己失くして」しまうこともないけれど▶ここのところ、思うことがすんなりいかず、まとまらず、ちょいとスランプ気味。風邪も引かず、身体的にはいたって健康ですが、メンタル系のバイオリズムの低下、ちょっとした運気の低下かな。ま、じきに脱出できるでありましょう。

ハンバーグ、人参グラッセ、じゃがいもの付け合わせ、カイワレとキャベツ、ハムのサラダ、野菜と豆腐のスープ/豚バラ白菜鍋、もずく酢、おから/鯵の塩焼き、厚揚げと大根の煮付け、インゲンの天ぷら、青菜としいたけの味噌汁、大根なます、煮豆/焼きうどん、味噌汁/まぐろぶつ切り、イカリング揚げ、竹の子、里芋、しいたけ、フキ、ハス、サヤエンドウ、コンニャクの筑前煮。カボチャ、サツマイモの天ぷら、ポテサラ、豆腐とワカメのお吸い物。

写真は梅一輪。♪はーるよ来い、はーやく来い。

週刊「猫並日記」2016 (2.3〜2.5)

2016年2月3日(水)
<春立つ日肩の力を抜きにけり>というのは母の句。この時期に春だと言われても、それは「名のみの春」というのが例年。でも、今日は「春の粒子」が空気の中に少し混じってきているようにも思う▶寒い冬の間に張りがちになった肩の力を、今日のところは緩めて、やがて来る本格的な春の到来を心待ちにしましょう、ということだね。ところで、肩の力を抜く、というのはウクレレのストローク演奏においてもポイントです▶一昨日、昨日とレレ教室。3月20日のクラス別発表会に向けての練習も始まった。みなさんに楽しんでもらえるように、企画者として頑張ろうと思う。肩にあまり力を入れずにね。

鯵フライ、里芋天ぷら、煮玉子、オクラ、野菜サラダ、豆腐とワカメの味噌汁/塩サバ、まぐろぶつ切り、大根とすじ肉の煮付け、だて巻き、ほうれん草白和え、煮豆、豆腐味噌汁、きゅうりとカブのぬか漬け/海老ドリア、野菜サラダ、コーンスープ/

写真は散歩スポット「徳善寺」のミツマタの花芽(写真,)。「春の訪れを、待ちかねたように咲く花の一つがミツマタ」とWikiに。もうすぐ、淡い黄色の可憐な花をつけることでしょう。

2016年2月5日(土)
きょうのあさ、じしんがありました。ぼくはねてましたが、すぐにめがさめました。びびりました。すぐにてれびをつけたら、おとこのあなうんさーが、そくほうをしてました。ぼくのところはしんど3くらいだったようです。てれびのじしんそくほうは、なるべくきれいでやさしそうなおんなのひとにたんとうしてもらって、「こわらがなくてもだいじょうぶよ。つなみのしんぱいはありません、あんしんして♥」とか、やさしくいってほしいです。ぼくはじしんがだいきらいです。かれーらいす。

動画は、先週土曜日にあった野田っちのソロライブの終盤、二人で歌った「ミスター・ボージャングル」。日本語訳詞はぼくがしたもので、野田っちはこの訳詞を気に入ってくれて、彼の持ち歌のひとつにしてくれている。