2016年12月30日金曜日

週刊「猫並日記」2016 (12.6〜12.11)

2016年12月6日(火)
<もみじ散るその一枚は吾がうろこ>というのは母の句。ぼくの好きな曲のひとつに「パフ」というのがあって、「魔法のドラゴン」パフとジャッキー少年の出会いと別れを歌った歌だね。PPMのヒット曲のひとつ。母のこの句は、ぼくにこの「パフ」を連想させる▶この歌の一節に、His head was bent in sorrow, green scales fell like rain,というのがあります。ジャッキー少年と会えなくなったパフの「頭は悲しく垂れ、緑のうろこは雨のようにはがれ落ちた」というところ。悲しみではがれ落ちる「うろこ」、友情も人生も永遠ではない、という物悲しさみたいな▶今日は暖かいね。またぐっと寒くなるということだから、午後散歩にでも行ってくるかな。
写真(,)は近隣、徳善寺の紅葉。ここの紅葉は他に比べちょっと遅い感じ。

2016年12月8日(木)
鉄壁の免疫力を誇るぼくですが、一昨日くらいから珍しく風邪を引いて、熱とかはないけれど咳が出るんだね。で、昨日はレレ教室があって、歌ってたら後半、声があまり出なくなった。土曜日、ライブなんだけど……▶教室帰りに薬局で咳止めシロップを購入、昨夜飲んで寝たら効いたみたい。今朝はあまり咳が出なくなった。普段、薬の類いは滅多に服用することがないから、薬がよく効く体質なんです(未開の人みたいに)▶さて、これから土曜のライブのリハ(with よっちゃ)をしに、下北沢までちょっくら行ってきます。明後日のライブ、声の方はたぶん、だいじょぶでしょう。

写真は散歩ロードの紅白椿。

2016年12月9日(金)
昨日は、明日のライブのためのリハを、藤山コン美の相棒よっちゃと下北沢のいつものカラオケ屋でやった。前日からの声枯れは治らず、話すのは問題ないが、歌はひどい「割れ声」になって、どうにもこうにも。が、歌わねばリハにならないので、とりあえず嗄れ爺さん声でリハをなんとか。リハ終了後はサイゼリアで楽しく飲んで、夜更けに帰宅(今思えば、飲まずに大人しくお茶くらいにしといた方が良かったかな、と)▶過去に、風邪引きや飲んで大声で歌ったりして、多少声が枯れたりすることはあっても、今回のようにひどいのは初めてかも。健康面、特に風邪は滅多に引かないとか、声は強いから大丈夫、と過信、慢心しているところがあり、日ごろのケアとか無頓着になりがちなのが良くないのかもね▶で、今日になり、現時点で声の方はまだイマイチ(昨日よりはマシにはなったけど)。ネットで調べたら、「風邪による声帯の炎症の場合は、ほとんど1週間以内には治まります」と。いやいや明日までに治らんと困るんですけど。とりあえず、マスクして、のど飴舐めつつ、のどスプレー(はちみつ入り)をシュッシュッとやっております。むろん、タバコも控えとるよ。しかし、明日には回復するだろうか。マジでちょいと不安でありますが、まあ、明日までの回復を期待しておきましょう。頼むぜ、レレ神さま!▶てなことで、明日は「水野 巡とお友達の夜 三回目」@下北沢 BIG MOUTHのゲストバンドとして「藤山コン美」、出演します。OPEN:18:30 START:19:30

2016年12月11日(日)
昨日の藤山コン美Live@下北沢Big Mouth、声がちゃんと出るか不安だったが、結果的にだいじょぶだった。レレ神さまへの祈りが効いたようだ。サンクス・レレゴッド! 教室の生徒さんも何人か来ていただき、感謝。このライブを企画した水野さんと「お友達たち」のステージもゴキゲンで、とても楽しい夜を過ごすことができた。うん、良かった、良かった▶ただ、週末夜更けの小田急線、特にこの時期、超過密でうんざり。へとへとになって帰宅したら、駅前に自転車を置いてきたことを思い出した。そうだった、忘れ物をしたので電車に乗り遅れそうになり、駅まで自転車で行ったのだった。忘れていた。有料の駐輪場に停めたので、また駅まで自転車を取りにてくてくと。疲れた。年忘れの時期の物忘れ。まあ、ぼくにとって物忘れはオールシーズンだけど。

写真(,)は昨日のライブ模様。藤山コン美の写真は出演者のひとり、栗原さんに撮っていただいた。Big Mouthのステージはガラス張りなので、ステージ写真を撮ると対面の「バーミヤン」のネオンサインが入るのだった。

0 件のコメント: