2016年8月19日金曜日

週刊「猫並日記」2016 (6.6〜6.11)

2016年6月6日(月)
昨日は日曜レレ教室。今日は曇り空。関東地方は梅雨入りということ。起き抜けWiiフィットで、小一時間、一汗かいてシャワー。まだメニューに慣れてないせいもあるかもだが、バランス系運動がダメな感じ。バランス年齢60歳と判定された(ま、年相応ではありますが)。で、筋力系もまるでダメ。あと屈伸系は身体が硬いことを思い知らされる。でも、こころなしか身体が軽く感じられる。最初にあんまりがんばるとすぐに飽きてしまいそうなので、そこそこがんばるつもり。鯛の塩焼き、竹輪の天ぷら、マカロニサラダ、煮豆、冷や奴/牛丼、ワカメ味噌汁

写真()は雨上がりのアジサイ。

2016年6月9日(木)
一昨日、昨日とレレ教室。教室は午前クラスと午後クラス(各2時間)とあって、午前と午後の間に30分間の休憩時間がある。その間にタバコを一服し、近くのコンビニでおにぎりをひとつ買って食べるようにしてる。普段は朝から日が暮れるまでコーヒー以外はあまり口にしない習慣なんだけど、教室がある日は、何も食べないとすごく疲れる感じがあって、この休憩時間におにぎり一個でも食べるようにしてるんだ▶昨日も午前クラスが終わって、コンビニに向かいながら、タバコに火をつけ、ちょっと吸って、コンビニ前に置いてある灰皿で火を消し、吸いかけのタバコを掌に隠し持つような感じで店内に入ったわけ▶で、おにぎりを買って、さくさくと教室をやってる学習センターの喫煙所に戻り、吸いかけのタバコにまた火をつけ、ゆっくり吸うつもりだったんだ。けちくさい話だけど▶店内に入って、おにぎりを選んでレジに向かおうとしてたら、掌の中のタバコの火が完全に消えてないことに気がついた。ちょっと煙が出てる。ややっと焦って、小走りに外に出たんだね。片手におにぎりを持ったまま▶代金をまだ払ってないおにぎり一個を手に持ち、おじさんが小走りに外に出ていくという状況。誰が見てもおにぎりを万引きしているという状況。万引きしたのがおにぎり一個という哀しくも滑稽な状況▶すぐそれに気付き、店内に取って返し、「あの、その、タバコの火が消えてなかったんで……」とか、分けの分からないことを店員に言いつつ、おにぎりをカウンターに置き、また外に出て、タバコの火を消して、あらためてカウンターに戻って代金を払ったときの店員の表情、固まってました。すんごく恥ずかしかったです。ちゃんちゃん。メンチカツ、キャベツ、トマトのサラダ、野菜汁、冷や奴/かき揚げ天丼、ざるそば、オニオンサラダ、ほうれん草とモヤシの和え物/ハンバーグ、ピーマン、人参、カボチャの付け合わせ、春雨サラダ、大根なます、オニオンスープ/

写真は「歩きタバコはやめニャ!タバコの火はしっかり消しニャ!」とぼくを叱る近所の猫。

2016年6月11日(土)
<六月の火種二つを買って来る>というのは母の句。この句の「火種」というのは、なにか良からぬこと、例えば夫婦げんかの原因のようなものか。で、六月の夫婦げんかは鬱陶しい。ぼくの場合、また新しい高価なウクレレを買えば、それが夫婦間の火種となるだろう。この句の場合はそれが二つ▶母が洋服と、バッグかなにか買ってきて、その無駄遣いを父に咎められ口論になるというシーンを想像してみるが、父は母の買い物を咎めるような人物ではないように思う。むしろ、大して価値のない書画の類いを買うのは父の方だ。この句の主語は父かもしれない▶で、それを咎めるのは母。謎の句のひとつ。この句の背景を知りたいが、それはもうなかなか叶わない。カレイ唐揚げ、ほうれん草ソテー、焼き茄子、くずし豆腐、インゲンとプチトマト/肉豆腐、ワカメの味噌汁

写真()は今が盛りのドクダミ@近隣雑木林。別名「ドクダメ(毒溜め)」とか、「ジゴクソバ(地獄蕎麦)」とか、ひどい名前をつけられてる。名前の悪印象と臭気が強いので不人気かもだが、この意外に可憐な白い花がそこらに咲いているのを見ると、夏の訪れを感じる。

0 件のコメント: