2016年8月19日金曜日

週刊「猫並日記」2016 (6.20〜6.26)

2016年6月20日(月)
一昨日は、開催まで1週間を切った「大和ウクレレ倶楽部」センターまつりステージに向けて、実際のステージに立ってのホールリハ、昨日は日曜レレ教室。ホールリハには、藤山コン美の相棒、フジタ・よっちゃ・ヨシコさんがウクレレベースを持って、遠路、埼玉から駆けつけてくれた。ベースが入ると俄然、練習にも気合いが入る感じ▶今回で3回目となるステージは初出場の生徒さんもちらほら、ステージ上に過去最多50名余りのメンバーが立つことになる。文字通り、ステージ狭し、三列編成でほぼ限界に近い感じ。そして、今回が現在のホールでの最後のセンターまつりとなり、来年10月開催予定の次回は、今年11月にオープンする新センターでのステージとなる予定▶生徒さんたちの仕上がりもまずまず。明日からは三連チャンで教室、合同練習で直前追い込み練習を予定。あとはへっぽこ指揮者が本番でドジを踏まなければ、ダイジョブでありましょう。参加する生徒さんたちが、「楽しかった!」と思ってくれるステージを目指すことは初回から変わらず。塩サバ、メカブ、竹の子煮付け、キュウリとカブ、人参のぬか漬け、野沢菜、大学イモ/アジ、チキンのフライ、ポテサラ、ナムル、味噌汁/生徒さん差し入れのボリューム弁当+ソーメン/

画像は「第29回 大和市生涯学習センターまつり」のポスターチラシ、そして生徒さんが作ってくれたお知らせ葉書。今回のポスターにも「ウクレレ倶楽部」の演奏模様(昨年の「オープニング・セレモニー」での演奏)が採用されました。お近くの方はどうぞご来場を。

2016年6月24日(金)
今週は日曜からほぼ日々ポロリンコ♪ まつりステージの練習に明け暮れた。昨日は、ベースを弾いてくれるフジタ・よっちゃ・ヨシコさんも遠路駆けつけてくれて、合同練習最終回を行った▶4月くらいからエントリー各曲の練習を各クラスで始め、当初は生徒さんたちにとって、選曲が難しいということで、大丈夫かなあ? という若干の不安もあったが、ここまで練習を重ね、仕上がりはなかなかいい感じ。残す所は本番のみ。へっぽこ指揮者がドジを踏まない限り、いい感じのステージができそうだ▶昨日は、朝から4時間の練習を終えて、センターまつりの設営準備の手伝いを夕刻まで。さすがにヘトヘトになったでござる▶明日は午前中、センターまつりのオープニング・イベントで生徒さん有志と2曲ばかり演奏、昼からはウクレレ体験コーナーっつうのもやります。オープニング・イベントとウクレレ体験コーナーは、外でやるのでちょいと雨が心配だが、ウクレレ憲法第三条九項「物事は、まあ、なるようになる」ということで。白エビのかき揚げ丼、いなだの刺し身、筑前煮、卵焼き、ゴボウの甘辛胡麻和え、大根サラダ/イサキ塩焼き、モヤシ炒め、春雨サラダ、めんたいこ、おから/サラダ冷やし中華、サーモン太巻き、味噌汁/ブリ照り焼き、ゴボウマヨ和え、干瓢の煮付け、もずく酢、ワンタンスープ/

写真(,)は昨日の合同練習の模様。みなさん、一生懸命、練習してます。

2016年6月26日(日)
昨日は「センターまつり・オープニングセレモニー」で生徒さん有志と、ホール前で3曲ほど演奏した。心配されていた雨も上がり、無事終了。お昼からは、昨年もやった「ウクレレ体験コーナー」を実施。ただ、体験してみたいと思われるお客さんが少なく、急遽、本番リハも兼ねての路上演奏になった▶でも、終わり近く、何人か子どもたちが集まってくれて、おじさま、おばさまたちの優しい指導の下、「カエルの合唱」や「森のくまさん」を合奏、なんとかかっこうがついた▶さて、これから「「センターまつりステージ」本番に向かいます。さきほどまでステージMCをあれこれ考えていて、ばたばたしたが(直前にならないと色々思いつかないタイプなんだ)、準備を終え、レッツ・ポロリンコ♪ 行ってまいります。肉野菜炒め、ワンタンスープ、ゴボウサラダ/豚肉生姜焼き、野菜サラダ、もずく酢

写真()は、昨日のセレモニーでの演奏の模様。

0 件のコメント: