2016年5月31日火曜日

週刊「猫並日記」2016 (5.4〜5.6)

2016年5月4日(水)
<死のことが近くて遠い花あかり>というのは母の句。「近くて遠い」死。ぼくも最近、そういうことを考えるようになった。老境の思いでありますね▶今日、5月4日は母の誕生日。92歳になった。以前にも書いたことがあるが、ぼくは子どものころから、大人になるまで、母の誕生日を5月5日だと思っていた。母がぼくに、自分の誕生日は5月5日だとウソをついていたのだ。しかも、生まれ年も昭和元年だと(実際は大正13年)。昭和元年という年は、大正天皇崩御の大正15年12月25日から年が明けるまでの1週間ほどしかなく、そもそも昭和元年5月5日という日は元号を用いる和暦には存在しないということになる▶母の誕生日が違うことを知ったのは、なにかのきっかけで兄からの指摘されたように思うが、母にそのことを問いただすと、「その方が覚えてもらいやすいやろ?」と母はけろっと言ったのだった。昭和元年生まれについても「本当は大正14年」と、そのときも1年、「サバを読んだ」。そんなことで、母が大正13年生まれだということを知ったのは、母の米寿のお祝いをするちょっと前、最近のことだった▶ともあれ、ぼくは随分長い間、母のウソの誕生日を信じて、毎年、毎年、5月5日の日に母に電話し、「誕生日おめでとう。○○歳になったね」と言ったものだが、それは実際より2つ若い年齢だったわけだ。それでも電話口の母はぼくに自分の本当の誕生日を教えることはなかった。そんなことを、母が入院してからの最近、話題にしたことがあったが、「そんなこと、言うたかいねえ」というのが母の答えだった▶もう以前のように電話することは叶わないので、4月ミッションのときのツーショットをカードにして送った。次回は6月の終わりを予定、それまで元気にしちょってね、と書いた。

イカと茄子、カボチャ、白身魚のフライ、コロッケ、ワカメの味噌汁、野菜サラダ/ハンバーグ、じゃがいも、にんじん付け合わせ、レタスと玉葱のサラダ/豚焼き肉丼、ポテサラ、ワカメの味噌汁/ローストビーフ、穴子のばらちらし/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先週土曜日にやった「藤山コン美Live@パラダイス本舗」、YouTubeにアップしました。今回は、よっちゃのレレベースも入って気持ちよく演奏できました。よかったら見てオクレレ。

2016年5月6日(金)
午後、歯医者。2週間程前、あずきバーをがぶりとやったときに折れた前歯のニュー差し歯が入った。仮歯のとき、裏側がちょいと出っ張ってがさがさしていて、食べることは大丈夫だったけど、やや滑舌が悪くなってたんだ。特に英語のthの発音(舌を歯の裏に当てる感じだよね)とか。いや、普段英語を話してるわけではないですが、この前のライブのときとか、英語の歌もあったんで。歯の裏がつるっつるっで気持ちいいっす。

ピラフ、トマト&レタスサラダ/鶏手羽元と煮玉子の黒酢甘煮、ほうれん草のお浸し、マカロニサラダ、トウモロコシ入り薩摩揚げ/

写真は差し歯ビフォー・アフター(歯抜け顔はリタッチにて作成)。

0 件のコメント: