2015年11月27日金曜日

週刊「猫並日記」2015 (11.3〜11.7)

2015年11月3日(火)
ここ数日、肌寒い日が続いたが、今日はよく晴れた。E天気で気持ちE。さて、10月に行った「ウクレレ倶楽部」のセンター祭りステージのビデオ編集がようやく終わり、生徒さんたちに配布する予定の50枚超のDVD作成も終了。やれやれ▶今回のステージは昨年に比べ参加者も増えたが(総勢47名)、曲目数も多く、テクニック的に難しく感じた生徒さんも多かったので、練習の時間も多く取った。最後にやった曲「スタンド・バイ・ミー」では歌うパートを細かく分け、生徒さんひとりひとり、あるいは複数で歌い分けるということをやったのだが、そもそも、歌のタイミングを取るのがやや難しい歌で、生徒さんたちも苦戦。試行錯誤の末、ぼくがハンドマイクを持って生徒さんたちの前を回るという方法を取った▶その手法、ぼくの「脳内リハ」では完璧にいけるはずが、実際にやってみると、歌のタイミングが掴めず、自分のパートをこなせない生徒さんが続出、練習を重ねてなんとかできるようになったのだが、本番ではおひとりの生徒さんの歌い出しタイミングがずれて、中盤ぐずぐずになってしまったんだね。ひとりがこけると全体もこけるという「むかで競走」に似てる▶「スタンド・バイ・ミー」で、そういうことをやるには、ややゆっくりのテンポでやるべきだったんだけど、ぼく自身が最後の曲ということで気持ちがハイになっていて、カウント出しを速いテンポでしてしまったことに一番の敗因があったかな。ステージ終了直後はその失敗がすごく残念だったけど、編集をしながら何度も見ていると、それもなんだかほほ笑ましく思えてきたけれど▶他にも「へっぽこ講師」を自称するぼくのこと、いろいろとミスはあって(ぼくのミスのないライブステージというのはほとんどないですが)、中でも「さくらさくら」のときに、「さくら〜さくら〜『やよま』(2番の歌詞「やよい」と1番の歌詞「のやま」を混同したんだね)のもさ〜と〜も」と歌ったぼくの声がしっかり聞こえてたりしたのは笑えた。昨年と比べて曲進行の約束事も多く、「コンダクター」としては、演奏しながら考えていることが多くて、ミスも多くなるということです(というのは言い訳だけど)▶あと、前回はそんなに感じなかったけど、ぼくは生徒さんたちの方を向いていることが多く、観客にはずっとお尻を向けていることになるわけで、ぼくのお尻、あんまり美しくないなあと。次回はシェイプアップして、もう少し引き締まったお尻を見せることができればと思っておる。もちろん、演奏自体の質もアップしたいところ▶ともあれ、参加した生徒さんたちも口々に「楽しかった」と言ってくれて、ぼくとしてはそれだけでも嬉しい。演奏はまだまだ拙い部分もたくさんあるけれど、なかなか心温まるステージだったと思う。生徒さんたちも一生懸命練習してくれたし、一生懸命ステージをこなした。その心意気を編集をしながら感じて、なんだかじーんとしてくることもあった。参加してくれた生徒さんたち、ありがとう▶ああ、そうそう、まだウクレレ演奏もおぼつかない生徒さんがいる集団で、それなりの演奏を聞かせることができたと思うのは、ベース奏者のフジタヨシコさんのおかげであります。よっちゃにもありがとう!

木曜日はチゲ鍋/金曜日はチキンカツ、焼き茄子、イカ、ネギ、ワカメのヌタ合え、大豆煮豆/土曜日は豚肉とネギ、きのこの煮物、マカロニサラダ/日曜日は玉子炒飯、中華スープ/月曜日は餃子鍋、もすく酢、めんたいこ。

「ウクレレ倶楽部@センター祭りステージ」YouTube動画をアップしました。件の「スタンド・バイ・ミー」のドタバタやへっぽこのミスの数々をうまく編集できんかと思ったけど、「ありのまま」でお送りします。お時間あったら見てオクレレ。

2015年11月5日(木)
今日もE天気。午後の秋晴れの陽光を部屋に取り入れながら、まったりしておる。散歩などしようかなと思ったが、面倒臭い。天気の良い日に部屋でごろごろするのが好きなんだ。つくづく、ぼくはインドアな人間だと思う。昨夜は夜間レレ教室。生徒さんのリクエストで「ひまわりの約束」という曲をウクレレ・アレンジした課題が主なメニュー▶「ひまわりの約束」というのはドラえもん映画の主題歌になった曲で、いわゆるJポップ系の曲。歌詞が前のめりで展開していくという、シンコペーションを多用した曲でおじさん世代には難しい曲なんだね。ぼくのカテゴリーにはない曲なんで(ボブ・ディランやニール・ヤングは絶対歌わないような)、最初はちょっと面倒くせーな、と思ったのが正直な気持ち▶でも、一応、お金をいただいて教室をやらせていただいている身、愛すべき生徒さんのリクエストにはできるだけ応えるのが信条。一日中かかってなんとか譜面を作って、へっぽこながらレッスンを終えた。レッスン教材としては良かったかなと。ぼくにとって慣れたカテゴリーではないんで、譜面を作っていて、普段使わないヘタレ脳が活性化したようにも思う▶何度も原曲を聞いたが、ヒットする曲というのは、その音楽性全般うんぬんよりも、「商品」として良くできてるなあというのが感想。「落とし所」、「泣かせ所」というのがよく考えられているような。サウンド全般も小奇麗で、破綻がない。MP3音源を携帯で聞くための仕様になっているような。しかし、ぼくにすれば、この曲、「ぐっと心に響く音」はないかなあ。ブツは進化しても、文化は進化していないこと。音楽も然り。そんなことをぐちぐち考える秋の午後であります。

火曜日はブリ照り焼き、イモ天、ほうれん草のお浸し、豆腐と三つ葉のお吸い物/昨夜は中華丼、シュウマイ、豆腐、ワカメのお汁。

写真は、ここ数日の苦労の成果、「焼き立て」DVD。当初、古いヘタレドライブ(写真左)で焼いていて、時間はかかるわ、エラーはするわ、でラチがあかず、新しいドライブ(写真右)を購入(安かったよ、3000円くらい)。新しいのは、古いのに比べ、大きさも重さも5分の1くらいか。しかもパスパワーということでACアダプターもいらないというやつ。焼くのもサクサク、音も静か。ことこういうブツに関してはすごい勢いで進化していることは認めよう。

2015年11月6日(金)
今日もE天気〜、ぼくは脳天気〜。苦難の末、懸案の問題が(ほぼ)解決して、ぼくの心も今日の青空のように晴れ渡っている。懸案の問題というのは、この間ゲットした赤いウクレレ、ビルタピア・シグネチャー・モデルのことで、当初は気付かなかった、かなり大きな問題があったんだ。本来なら返品交換ということだけど、アメリカから友人に頼んで運んで来てもらったものなんで、それも難しい。思案した揚げ句、思い切って色々やってみたんだね。で、ようやく昨日、一日かかって、なんとか上手くいったように思う。詳細は後日レポートしようと思う▶さて、インドア派のぼくだが、問題も解決したし、今日のような日にずっと部屋にいるのはお天道さまに申し訳ないから、久々に散歩にでも行ってくるかな。挽き肉と野菜のガーリック風味ライス、ポテサラ。

写真は10月ミッションの折、病院そばの海辺でおにぎりを食いながら「レレ伝道師ウクレレを弾く」(写真1)を、自撮りしてみたの図。

2015年11月7日(土)
予報通り、今日はくもりのお空。昨日は穏やかに晴れて暖かく、神様があくせくと生きる人間たちへのご褒美にしたような日だったので、久しぶりにカメラ片手に散歩におよんだ。近隣散歩は一時、日々の習慣のようにしていたが、なんだか飽きてしまい、だいぶご無沙汰していたのだった。でも、やっぱり散歩はいいね。昨日は調子こいて2時間近くもあちこちふらふらと歩いたか▶人類がアフリカあたりで発祥し、気の遠くなるような歳月をかけ、ユーラシア、アメリカ大陸に拡散していった要因のひとつは、人類の「特技」、二足歩行にあるとなにかで聞いた。ポイントは「前に倒れるように歩く」ということ。四つ足の動物よりエネルギー効率が良いらしい。重心移動のはずみで足を出していくわけで、効率が良いのはなんとなくわかるような▶ぼくも前に倒れるように歩きながら、曲がり角でときどき思案して行くべき道を選ぶ。今までの人生において、そのときどきで行くべき道を、ぼくは選んできた。そして、「ふと、後ろを振り返ると、そこには夕焼けがある」んだね。アジフライ、焼きナス、水菜とトマトのサラダ、ワカメと豆腐の味噌汁、おから、金時豆。
写真は昨日の「そこには夕焼けがありました」(by 友部正人「一本道」)の図。

0 件のコメント: