2015年9月30日水曜日

週刊「猫並日記」2015 (9.3〜9.6)

2015年9月3日(木)
木曜日は、ハンバーグ、野菜サラダ等、てゅらてゅらてゅら/金曜日は、焼きうどん等、てゅらてゅらてゅら/土曜日は、スカイプレッスンやって、秘書外出につき、コンビニ購入の海老ドリア、ツナサラダ等、てゅらてゅらてゅら/日曜日は、レレ教室やって、挽き肉オムレツ、ウィンナー、豆腐とシイタケのお汁等、てゅらてゅらてゅら/月曜日は、秘書が外出先から買ってきた崎陽軒シウマイ弁当等、てゅらてゅらてゅら/火曜日は、白身魚の甘酢あんかけフライ、ほうれん草の味噌汁、野菜サラダ等/水曜日は、夜間レレ教室やって、コンビニ購入の冷やしラーメン等。恋人よこれが私の一週間に食ったもの。てゅらてゅらてゅらてゅらてゅらてゅらら〜てゅらてゅらてゅらてゅらら〜▶ここのところ、10月に行う「センター祭り2015」ステージの構想・準備・連絡案件等でいろいろと忙しい感じ。で、この気持ち忙しい中、ライブに参加します。レレ友であり、ぼくと同様なシンガーソング・イラストレーターのイサジくん(別名:パイン・オカヤマ)からお誘いあり、楽しそうなのでご一緒させてもらうことにしました。以下に詳細を。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3丁目カフェPRESENTS「3丁目ウクレレの時間」
9月13日(日)18:30開場、19:00開演
出演:松田ようこ/パイン・オカヤマ/山下セイジ/その他……
料金:1500円(+オーダー)
会場:たまプラーザ「3丁目カフェ」
〒 225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-10-1 ピースフルプレイス1F
Tel&Fax:045-516-8037
■東急田園都市線 たまプラーザ駅北口 ‥  徒歩3分
■改札を出て、東急百貨店側に道路を渡り、左折。
■三菱東京UFJ、イトーヨーカドーを過ぎ、たまプラーザ駅入り口交差点を渡り、右折。
■一つ目の角の茶色の煉瓦作りのビルの1階です。
http://3choome-cafe.com/
アクセス:http://3choome-cafe.com/profile/access.asp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライブのタイトルが「3丁目ウクレレの時間」とあるように「ウクレレプレイヤーのウクレレプレイヤーによるウクレレプレイヤーのためのライブ」になります。教室の生徒さんたちを誘って、合同演奏もやってみたいかなと。よろしかったら、来てオクレレ。

2015年9月4日(金)
<夏やせてハートは重くなりにけり>というのは母の句。「心は重く」ではなく「ハートは重く」というところが、「女学生」が作ったような可愛い感じだね。晩夏の気怠い心情が現れている句だと思う。もっとも、夏というのは気温が高いから新陳代謝も不活発で、あまり痩せることはないとも聞く。ぼくの場合はビール腹ならぬ、「ポテチ腹」がね、ちょっと気になるところだけど。閉店したと思った夏が、このところちょっと復活、「晩夏」の様相。蝉たち(♂)もまだ出会いのチャンスあり、というところかな。カツ丼、春雨サラダ。

画像はお騒がせオリンピック・エンブレムに乗じて、ちょっとやってみた、1964年東京オリンピック、亀倉雄策「完全パクリ」エンブレム。このデザイン、良いよね。シンプルにして力強く美しい、非の打ち所がないです。日の丸の朱と金色のカラー・コンビネーションは琳派を彷彿させ、日本の伝統美術の美しさを感じる。この際、これでいってみればいいのにと思います(たぶん、同様な意見があるだろうけど)。お金もかかんないしね。

2015年9月5日(土)
<命は天運にまかせて、惜しまず、いとはず。身は浮雲になずらへて、頼まず、まだしとせず>というのは鴨長明「方丈記」から(本日付朝日「折々のことば」)。「少しでも長生きしたいと思わないし、人生を厭って死に急ごうとは思わない。何かに寄りかかりたいとも、何かが足りないとも思わない。一生の楽しみは『うたたねの枕の上』に極まる」と選者の鷲田清一さんの解説。うーん、これだね、達観の視点。「生死も日々の努力もみな泡沫のようなもの」と。こういう認識を心の中で通奏低音のように鳴らしていれば、あまり苛立ちもせず、穏やかな気持ちで日々を送れると思うんだ。あと、ぼくの「一生の楽しみは『ベッドでポテチ』に極まる」、かな。(どうもね、ここ数日、なーんもやる気がしなくてさ。ま、いいか、そんな日もある、他人に寛容、自分にも寛容。)塩サバ、茄子の煮浸し、きんぴらゴボウ、冷や奴、キュウリとカブのぬか漬け。

写真は落ち木槿

2015年9月6日(日)
作家・池澤夏樹氏が危惧「筋交いがない日本という家は潰れる」(日刊ゲンダイ 2015年8月31日)▶新自由主義は「悲しい流しそうめん」、沖縄については「後ろ手で縛られた回転ずし」、言い得て妙とはこのこと▶さらに、「結局全部が米国なんですよ」。で、その米国は「戦争をしないと国が維持できない」国だと。これもわが意を得たり、です▶「結局、この国は主権在民ではなく主権在企業なんですよ」とも。「結局、自民党は」と置き換えてもいい。その自民党がなんだかんだと政権与党の座に居座る現状は、「結局、日本国民の関心事は金なんですよ」とも置き換えてもいい▶「人間にとって幸福とはなにかを、頭から考え直さなければいけないと思います」、日本人、一人ひとりがね、そういうことだよね。

買い物に行こうとしたら雨が降ってきた。かねてから自転車用のカッパが欲しいなあと思っていて、傘刺し運転は道交法で禁じられたし、やっぱ危ないし、ちょっと前にアマゾンで購入していたのだった。でも、ぼくはわりと晴れ男なんで、なかなか使う機会がなかったんだね。ちょうど良い機会、カッパからげて、雨中、チャリで買い物に行ってきた。カッパ着て自転車に乗るのって、人生初かなあ。さすが、濡れずに快適にスーパーまで行って帰りました(当たり前だけど)。ところで、自転車のことを中国語では自行车(ズィーシンチャー)というみたい。「车」は車と同義、日本語だと自ずと転がる車だけど、中国語では自ずと行く車、ほぼ同じ意味だけどね。アマゾンから送られてきたカッパは中国製で、袋に書いてあった。焼きビーフン、ポテサラ。

写真は件のメイド・イン・チャイナ「全夜行安全型雨披」(背中のところにソフトバンクのロゴみたいな三本蛍光線が入ってる)を購入したときの記念写真。いや、色々考えて黄色にしたんだけど、似合うかなと思って。相当ひねたひよこみたいだけど。ポンチョ式だから着るのは簡単、自転車カゴまで覆えるという優れものです。

0 件のコメント: