2015年7月26日日曜日

週刊「猫並日記」2015 (7.20〜7.23)

2015年7月20日(月)
一昨夜、昨夜と放映されたNHKスペシャル「戦後70年 ニッポンの肖像 -政治の模索-」は興味深かった▶第1回「保守・二大潮流の系譜」第2回「"豊かさの分配" その先に」▶いわゆる「55年体制」、また安倍首相が脱却を図ろうとする「戦後レジーム」というものが、どういう世相を背景に、またどういう人物によって築かれていったか、まずまず理解できた。特に第1回において、安倍総理の「憑依霊」岸の執念というものが描かれていたことはタメになった。吉田・岸という対立構図は「戦後レジーム」を経て、その孫同士である麻生・安倍という仲良しおとぼけコンビになったという点も時代の変移を感じた▶安保法制について、むろんぼくは反対の立場だが、「結局アメリカの言いなり、なんじゃね?」という側面について、マスコミもあまり報道しないように思う。もっと「現象の縦横歴史系列」(つまり日本の戦後史に限らず、欧米の戦後史)を勉強せにゃいかんなと、梅雨明け猛暑でヘタリ気味の頭で考えています。*NHKスペシャル「戦後70年 ニッポンの肖像 -政治の模索-」は再放送があると思うので、興味があったらチェックしてみて▶昨日は日曜レレ教室。ギターが反戦楽器なら、ウクレレは厭戦楽器だと思う。土曜日はカップラーメンに4種の「ねばねばサラダ(大根、ワカメ、オクラ、レタス)」、ソーセージおにぎり/昨夜は海老とバジルの冷製パスタ、生春巻きスイート・チリソース。秘書、色々多忙につき、両日ともコンビニで購入。

2015年7月23日(木)
ぼくは携帯を普段はほとんど使わず、番号もあまり人に教えることもない。理由があって教えないわけではなく、単に固定電話の方がコンタクトしやすいからだ。だから、ぼくの携帯に着信があることはあまりない。その携帯にコールがあって、発信元は母がいる病院。母に何かあったのかと少し慌てた。電話の相手は母の担当看護師のMさん、「8月にこちらにいらっしゃいますよね」「はい、その予定ですが」「実はいらっしゃる日にちょうど病院の夏祭りがあるんです」「はあ」「その夏祭りのとき、患者さんたちの前でウクレレの演奏をしていただけないかと思って、お電話しました」なんだ、そういうことだったのか。「ああ、いいですよ」とオファーを受諾▶母のいる病院にウクレレを持っていくようになったのは、一日病院にいると、少し気が滅入るし、気分転換にウクレレを弾いて気持ちを和ませるというのが当初の動機。あくまでも自分のためだったんですね。病院からすぐ近くに人気のない浜辺があり、そこが恰好の演奏場所でもあったし。で、そのうち、母が病室内での演奏をせがむようになって、同室の他の患者さんにもウケたりして、看護師さんたちにも知れ渡り、いつのまにか「公認」の「病院でポロリンコ♪」となったという経緯があります▶てなことで、今回の話。8月ミッションの初日、院内「夏祭り」のイベントの一つとして、「山下さんの息子さんによるウクレレ演奏会@病院食堂フロア」が開催される運びとなった。年配のみなさんが好みそうなレパートリーはそこそこあるんで(教室の課題曲としてやってきた童謡・唱歌とかね)、そこはだいじょぶ、母も喜んでくれるかもしれない。楽しみ▶昨日は水曜昼間レレ教室、こちらも10月のセンター祭りステージに向け、着々とレパートリーをこなしております。月曜日はさしみのぶつ切り、キャベツと豚肉炒め、冷や奴、ゴボウ,コンニャク、人参のピリ辛/火曜日はきのこトッピング・ハンバーグ、レタス、トマト、カボチャ、オクラ等夏野菜サラダ、モズク酢/水曜日は冷やし中華、ブロッコリー、薩摩揚げ、キュウリのごま油合え/今夜はタコライス。

写真は久々のカーブミラー写真@川っぺり黄昏散歩。

0 件のコメント: