2015年6月26日金曜日

週刊「猫並日記」2015 (6.11〜6.14)

2015年6月11日(木)
<派兵論梅雨のこの路地抜けられる>というのは父の句。おそらく小泉政権時、自衛隊のイラク派遣が実施された頃に作られた句だろう。意味深な句なので、この句に託した心情を聞いてみたかったところだが、今はもうそれは叶わない。「抜けられる」という語句は憲法九条の解釈によって自衛隊の戦地派遣も可、という意味合いにも取れる。このときは「イラク特措法」などという本質的には集団的自衛権行使と変わらない法律によって、自衛隊がイラクに派遣されたわけだが、「イラク復興支援」という名目の下、現在、紛糾している「平和安全法制整備法案」ほどあからさまではなかったので、結局実施され、その後のイラク戦争加担の大きな反省も政府から聞けずじまいになっているわけだけど▶さて、大学を卒業後、大手企業に就職が決まった直後の昭和17年に中支派遣部隊に招集され、復員するまでのほぼ4年間を軍隊で過ごした父は、今の状況についてどう思うだろう。「安倍さんがやろうとしとることは良うないねえ、いけんねえ。いけん、違憲」と意外と駄洒落好きだった父は、苦笑しながら言うだろうと思う。

一昨日、昨日とレレ教室ダブルヘッダー。先週金曜日は餃子、冷や奴、ほうれん草の胡麻和え、中華風春雨サラダ/土曜日は塩鮭、焼きナス、春巻き、ほうれん草ソテー、きんぴらゴボウ/日曜日はざるうどん、薩摩揚げ/今週月曜日は鯵の干物、冷や奴、ピーマン炒め、ニラ卵焼き/一昨日は鶏つみれ汁、大根と鶏肉の煮付け、竹輪の磯部揚げ、ほうれん草お浸し/昨夜はまぐろ漬け丼、竹の子とフキのあんかけ、キノコのお吸い物

写真は近隣、「あじさい小道」。この道を抜けて、ウクレレ教室を行っている学習センターまで参ります。街を歩けばあじさいだらけの今の季節。今年はことのほか、存在を主張しているようにも思えます。

2015年6月12日(金)
終日、ホームページ作りとか、譜面作りとか。秘書夜勤につき、冷食炒飯、中華スープ。写真は「隅田の花火」、久しぶりにメルヘンしてみた。

2015年6月14日(日)
日曜レレ教室。ウクレレ教室なのにハワイアンはほとんどやらないというへそまがりですが、今日は定番中の定番「アロハ・オエ」を課題曲に。季節柄、「冷やし中華始めました」よろしく「ハワイアン始めました」。ちなみにアロハっつうのは、こんにちは・ありがとう・さようならなど、ハワイで挨拶全般に使う言葉だけど、これにあたる日本語は何かなと思ったら「どうも」だね。で、「オエ」ってのはユーということだから、「どうも、あなた」ということになりますね、「アロハ・オエ」。ヒラマサ(下関の方では「ヒラソ」)の塩焼き、ピーマンとナスの味噌炒め、コンニャクとゴボウのきんぴら、焼きタラコ、キャベツとキノコの味噌汁、イモ天/焼きうどん/ハヤシライス。
写真は散歩ロードのあじさい

0 件のコメント: