2015年4月2日木曜日

週刊「猫並日記」2015 (3.2〜3.8)

2015年3月2日(月)
昨夜、就寝中、左足のふくらはぎがつって(こむら返り)、すごく痛くて叫んでしまった。起きても痛くてまだ微妙に痛い。こういうことは人生初体験。ウェブでチェックしたら、「年齢とともに睡眠中などに急にこむら返りを起こすことが多くなってくる」だと。困ったもんだ。で、今日は朝から、ウクレレ教室の生徒さん(ももちゃん、男性だけど)のベイビーが産まれたとの祝報あって、おめでとうメールを送って、ついでに諸々のメールの送返信したり、アマゾンからレレ教室用のブツ(ミニ・スピーカーとかリズム・ボックスとか、やっすいのだけど)が届いたので試してみたりしつつ、ああそうだ、ももちゃんにウクレレで弾ける子守歌でもネタにしようと思ってチェックしてたら、まさにぴったりの無料譜面が手に入って、おおラッキーとか思いつつ、そのサイトに、他にもウチの生徒さん世代に合いそうな古い歌(「埴生の宿」とか)が色々あったのでDLした。初級レベルの練習曲を増やすことが目下の課題なんでね。で、そういうのをポロリンコしつつ、ネタが増えて良かったと思いつつ、ふと、昨夜、ぼんやりと見ていたテレビで「世界で一番貧乏な大統領」、ウルグアイの大統領だったホセ・ムヒカさんの近況を紹介していたことを思い出し、ムヒカさんの例のリオ会議でのスピーチをあらためてチェックして読み直し、心からいいなあ、ウクレレ主義だよなあ、と思った。リオ会議でのスピーチの一節で、「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」とあって、まさに御意という感じなのだけど、これに触発されて何年ぶりかで曲を作ったりした(短い曲だけどね)。何かをしつつ、思いつくまま、違うことにシフトしていくという、そんなことをしつつ、あれよあれよとこんな時間になり申した。「しつつの一日」。チャンポン。

写真.は先月ミッションの折に撮った咲きはじめの梅。梅は咲いたが桜はまだ、の季節だね。でももう少し。

2015年3月5日(木)
<春の紐こころもとなく解けにけり>というのは母の句。なんとなくせくしーな句でありますね。「しどけない」なんていう言葉が思い浮かんだ。こころもとなく紐を解いた後の「しどけない姿態」とか。徐々に「しどけなく」なっていく春、春はエッチな季節。月曜日はぼんやりと過ごして鱈のソテー、ブロッコリーと水菜のサラダ、豆腐とワカメの味噌汁/火曜日はうだうだと過ごしていかリング、野菜サラダ/水曜日は水曜夜間クラスでポロリンコ♪して中華丼、豆腐とキノコのスープ

写真は春先梅が枝花鳥の図(前回ミッション時)。

2015年3月6日(金)
<春よまだ来ないでおくれ天の邪鬼>というのは母の句。「おや、外はあったけえようだ。んじゃ、そろそろお外に出てみるべかな」と冬籠りの虫が土中から這い出るという、今日は暦の上では「啓蟄」ということだが、冬に舞い戻ったかのように寒いじゃないか。天の邪鬼の仕業でありましょう。思えば、母はアマノジャクっぽいところがあった。その遺伝子をぼくはしっかり受け継いだかも。ハンバーグ、水菜、人参、ジャガイモのサラダ。

動画は前回ミッション時でのライブ@病院の部屋。この曲は昔から母が好きで、リクエストされて歌ったんだ。なにしろ病院の部屋、しかも4人部屋なんででかい声では歌わないですが、看護婦さんも公認のライブであります。途中で「ええ歌ですね」と言ってくれたのは、母の隣のベッドのおばあちゃん。

2015年3月7日(土)
午前中にスカイプ・レレ・レッスンでポロリンコ♪ 最初、交信がうまくいかず(パソコンを替えたそうで、あちらの問題)、いろいろやって(あちらが)、交信できたものの、映像も音声もすこぶるよろしくない。で、急遽、iPhoneでスカイプを(あちらに)やってもらったら映像も音声もすこぶるよろしい。以前(たぶん、デスクトップ・パソコンにウェブカメラ外付け)よりも良くなった。おそるべしiPhone。無事レッスンを終え、その生徒さんに練習曲リクエストをしてもらったら、トトロの「さんぽ」とかやってみたいと。うーむ、ぼくが苦手なのはJ-Popとアニメ楽曲。でも、せっかくの生徒さんのリクエスト、譜面探して「さんぽ」も「トトロ」も、ついでに「いつも何度でも」なんていうのもゲット。それぞれなかなか良い曲じゃないかと思った。生徒さんからのリクエストは他にもいろいろあって、「あの素晴らしい愛をもう一度」、「歩いて帰ろう」、「二人でお酒を」、「禁じられた遊び」、「太陽がいっぱい」、「鉄道員」、ロシア民謡「ともしび」、「蛍の光り」なんていうのも。以前、「船頭小唄」なんてリクエストもあったなあ、やんなかったけど。フォーク、ロックからブルース、スイング・ジャズ、ムード歌謡をかすめ、唱歌、童謡、シューベルトの子守唄まで。ジャンルも時代も交錯していよいよなんでもありのウクレレ教室になってきた。ま、最近の曲はあまりないけどね、あまり知らんし。せっせとウクレレ譜面を作る日々ポロリンコ♪ チキン・フリッター、キャベツ、人参、ブロッコリー、春雨のサラダ、煮豆。

2015年3月8日(日)
古くからの友人である武田さんの本が出た。『ヴォーカルはいつも最高だ! 』(武田清一・著)

表紙、裏表紙、帯のイラスト(写真.)を担当、良い感じの仕上がりになって嬉しい。武田さんは「超こだわり」の人で、仕事はけっこう大変であったが、そのこだわりが、良い意味で随所に見られる素敵な本になった。レコード紹介の語り口も武田さんらしく、穏やかでいて熱い。なにより、ヴォーカル系の音楽に対する深い愛を感じる。ヴォーカル好きには是非、お薦めしたい一冊です。よろしくポロリンコ♪

0 件のコメント: