2015年4月2日木曜日

週刊「猫並日記」2015 (3.16〜3.22)

2015年3月16日(月)
昨夜は疲れが溜まっていたのか、珍しく12時過ぎにはスリープ状態となったように思う。寝る前に新聞を読もうとして、一面すら読めず、新聞を被って寝入ってしまった。で、起床は8時半ごろ。この年齢で8時間以上、ぐっすり眠れるワタシは若い(と思う)。でも、スリープ解除の後、すぐにメモリー不足になる傾向が近年、とみに増加してきた(いろんなことをよく忘れる)ことを考えると、ワタシも老いたものだ(と思う)▶起き抜けから溜まっていたメールの返信やら送付やら注文やら。ぼくはそもそも、メールにふさわしい過不足なく簡潔にして的を射た文章を書くのが苦手だ(だらだら長文は得意)。なので、メールを書いたりするのにやたら時間がかかる。困ったことだ▶ところで、卒業シーズンだね。毎年、この季節になるとガッコウ講師時代の年度末の超多忙の日々を思い出す。卒業式当日に至ると疲れ果てていて、謝恩会でビールの一杯も飲むと、逆に妙にハイになり、送り出す生徒たちを見ていると感極まって涙が溢れたものだ▶卒業式と言えば「蛍の光」、ウクレレ教室の生徒さんから、その「蛍の光」をやって欲しいというのがあって、それもスコットランド民謡として原曲の英語でやりたいと。ぼくはテレビでドラマの類いを見ないのでよく知らないが、「マッサン」で使われていて、それがいいんだと。で、原曲を調べて譜面を作って、最近のレレ教室でやりました▶「蛍の光」の原曲タイトルは「Auld Lang Syne(オールド・ラング・ザイン)」。この3つの単語、一語も知らなかった。スコットランド語というか、英語の古語みたいで、AuldはOld、LangはLong、SyneはSinceということなのだった。つまり、「遠い昔の日々」みたいなタイトルなんだね。そしてこの歌はアメリカなどでは大晦日から新年にかけてのカウントダウンのときに歌われたりするんだね。

原曲歌詞の一番と対訳を以下に(ウェブページから拝借)。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Should auld acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot,
and days of auld lang syne ?
古い友人は忘れ去られ、
もう二度と思い出されることもないのだろうか。
古い友人は忘れ去られ、
古き良き日々の記憶もまた、心から消え去ってしまうのだろうか。
For auld lang syne, my dear,
for auld lang syne,
we’ll take a cup o’ kindness yet,
for auld lang syne.
親愛なる友よ、古き良き日々のために、
古き良き懐かしい日々のために
親愛なるこの一杯を飲みかわそうではないか。
古き良き日々のために。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
古い友人と再会し、思い出の日々や懐かしい故郷の風景、過ぎ去った時間をかみしめながらしみじみと友情の一杯をかわす。そんな歌。「蛍の光」の原曲がスコットランド民謡であることは知ってたけど、こういう歌詞であるとは知らなかった。で、ロッド・スチュワートがこれを歌っているのをYouTubeで発見。スコットランドの民族楽器であるバグパイプもフィーチャーされてて、なかなか良い歌だと思った▶で、ぼくのウクレレ教室ではみんなでこれを演奏し、歌い終わったところで「ウクレレ教室の卒業式といきたいところですが、みなさんはまだ単位不足なので、留年となります」と言って教室を〆ました。イカフライ、ポテサラ、茄子の甘辛煮。

2015年3月20日(金)
起き抜けに、この前のパラ本ライブの音撮りに失敗したので、動画を撮っていてくれた生徒さんに頼んで、そのときのメモリーカードを貸してもらって、さてさてどんなかなとカードリーダーに差し込んでパソコンに送ろうとしたが、(なぜか)読み取れなく、それはSDカードアダプター付きのマイクロSDカードというやつなのだが、ぼくのカードリーダーはマイクロSDも差し込めるので、アダプターからマイクロSDカードを抜き取り、またリーダーに差したら読み取ってくれたのだが、今度は差し込んだマイクロSDがリーダーから抜けなくなったので、カードリーダーの裏ぶたを開けようとネジを外したら、小さなネジが床に落ちて、すぐに床下を探したけれど(なぜか)見つからなく、落としたと思われる場所半径2メートルくらいをくまなく探しても(どうしても)小さなネジは見つからず、たった今、落としたのになぜ消えうせるのか、こういうことはぼくの周辺にはよくあって、それはぼくの部屋に4次元スポットがあったり、コロボックルやアリエッティが住んでいるからなのだが、ネジ一本なくても裏ぶたを閉めるのに特に問題はないから、あきらめればいいのだけど、(ホントに)今落としたネジがどうしても見つからず、その不合理というか、非条理というか、そういう現象に納得できず、しゃかりきになって探してしまう自分の性格が嫌になりつつ、結局小一時間も探して見つからず、まあ、マイクロSDは取り出せて、ネジ一本で裏ぶたを閉めて、さてと動画を見たら、後半部分の動画がなく、あれ? ダウンロードし忘れたかなと、再度、リーダーにマイクロSDを差したら、今度はパソコン側が認識せず、あれ、分解したからリーダーが壊れちゃったかなと思いつつ、USBで繋がれている他の機器も認識しなくなって、USBを抜き差しやっても改善されず、パソコンを再起動しようとしたら、再起動途中で画面がフリーズ、こういう状況になると、過去のパソコン不調トラウマから心臓がバクバクしてくるのですが、電源をシャットオフして再度パワーオン、不調は解消され、あらためて、マイクロSDを読み取って確認したが、やはり後半部分の動画は見当たらず、ま、しょうがないと思いつつ、またマイクロSDがリーダーにスタックしたので、裏ぶたを開けてたら、今度は小さなスプリングが床に落ちて、これも4次元スポットに行ったようにすぐに見つからなかったが、また意地になって探したら、小さなスプリングは見つかって、カードリーダーからマイクロSDを抜き取り、裏ぶたを一本のネジで閉めたところで、もう一度しつこく床に落ちたネジを探したが、やはり見つからず、しっかし不思議だなあと思いつつ、やれやれと朝から二杯目のコーヒーを入れ、ずずっと飲みつつ、椅子の上であぐらをかいて、なにげに靴下の足首あたりを触ったらちくっと感じるものがあって、小さなネジは靴下と足首の間に入っていたという、いつもの山下の一日はこうして過ぎていくのでした。しょうもないことを句点改行なしでだらだらと、ここまで読んでくれた方、すまんね。月曜はタラ煮付け、ネギ、ピーマンの付け合わせ、カブと野沢菜の漬け物、煮豆、豆腐味噌汁/火曜はチゲ鍋、マカロニサラダ/水曜は夜レレの後、牛丼、ホウレンソウの味噌汁/昨夜はタラのフリッター、マヨ卵ソースかけ、かぼちゃ、人参、チンゲンサイ、竹輪の付け合わせ、ホウレンソウお浸し、きのこと野菜のコンソメ。

てなわけで、動画は、メッセージソングがテーマだった「ラジオのように Vol.2」で三人で歌った「死んだ男の残したものは」(谷川俊太郎・作詞、武満徹・作曲)。ベトナム戦争のさなかの1965年、ベ平連の集会のために作られたという日本の代表的な反戦歌、メッセージソングのひとつでありますね。*動画の最後の部分、カラーになっているのは意図したことではなく、単なる編集ミスです。でももういいや、めんどっちいから。

2015年3月22日(日)
iPad(写真.)、買うた。欲しかったんだ。でも、iPad Airはね、高いから買わず、iPad2を中古業者から買った。最初はヤフオクで良さそうなのをいくつか入札したりしたけど、終了直前で値がつり上がるという例のあれで、嫌になって、とりあえずひと月だけど保証もある、そこそこ大手の中古業者から買った▶で、ぼくは基本的にルックスより実を取るタイプ(美人で性格悪い女性より、美人じゃなくても性格の良い女性の方がそりゃいいわなという)なので、色々チェックして、「角に凹みあり、Dランク」、だけど64GBの容量があるのを選んだ。もちろん、それが安かったから選んだんだけど(ヤフオク終わり値相場よりも少し安いくらい)。写真が上がってなかったので、どんなDランクのおブスちゃんがやってくるかと思ってたら、確かに角にぶつけたような凹みはあるけど、最初見たときは「どこが?」ってくらい気にならない程度で、液晶画面も裏面もすべっすべの奇麗な本体で、美人だけど、おでこにちょっと傷がある、髪で隠してしまえば(保護ケースで隠してしまえば)誰も気がつかないという感じ。嬉しかったね▶で、昨日からああしてこうしてどうだこれでもかとべったりiPadをいじくり撫で回しておりました。2年くらい前に買ったキンドル(iPadに比べると断然安かったからね)のOS、AndroidとiOSはけっこう違ってて、操作感とか、パソコンからのデータ移行とかはAndroidの方が楽な感じ。iOSはちょっとめんどっちい。でも、想像してた通り、アプリの質、量は圧倒的にiOSの方が勝ってる。音楽系アプリとか特に。でも、iPadが欲しかった一番の理由はその画面の広さ。かなりの量がある自作譜面をPDFにして、iPadの9.7インチ画面を見ながら演奏できる。キンドルの7インチ画面でそれをやるのはかなりきつかった▶何度か見た夢があってね、それは自分のライブが始まろうとしてるのに、「歌本」を持っていくのを忘れて、「歌詞カードがないと1曲もまともに演奏できない。困った、困った」と焦ってるというもの。そんなこともあってね。さて、PDF譜面やら音楽やら写真やら動画やら、たらふく食べさせてあげましょう、ちょい傷ありの美人さんに。金曜日はサンマの蒲焼き、ネギとワカメのなます、春雨サラダ、キャベツと竹輪の味噌汁/昨夜は親子丼。

0 件のコメント: