2014年12月30日火曜日

週刊「猫並日記」2014 (12.25〜12.28)

2014年12月25日(木)
2014年年の瀬備忘録:先週火曜日は夜レレ教室やって天津丼/先週水曜日も夜レレ教室やって牛丼/先週木曜日から週末にかけては年末進行で前倒し〆切りとなったイラスト仕事をこなしつつ、ホワイトソースのパスタ/金曜日はその他諸々こなしつつカツ丼/土曜日はスカイプレッスンやってギョーザ、焼きそば/日曜日午前中にイラストアップ、速攻でライブ用譜面作りやって、夕方からウクレレ仲間と翌週月曜日の施設クリスマス会ライブの練習をして天丼+うどん/今週月曜日は相模大野で件の施設クリスマス会ライブやって焼きうどん/火曜日はレレ教室ダブルヘッダーやって牛肉とピーマンの青椒肉絲/で、昨日水曜日もレレ教室ダブルヘッダーやってサバの塩焼き、里芋、ゴボウ、人参のお汁、モヤシ炒め、しいたけ卵とじ。ここのところ人並みに忙しくて基本猫並みの山下はベリー・クルシミマスタ、とりあえず諸々乗り切って本日はメリー・クリスマス。

写真は件の「施設クリスマス会ライブ」のリハ模様(撮影はメンバーのアッキーくん)@相模女子大多目的ホール。学童年齢の子どもたちとその保護者が中心の観客を前にクリスマスソングを中心にやりました。音響ばっちしの良いホールだったです。写真/ぼくのレレ教室の生徒さんたちのウクレレ・ユニット「ピンク・デ・ポロリンコ」+へっぽこ@リハーサル/これはパラ本ライブでも共演した「Foggy Rain」のステージ。ステージ前のフロアで子どもたちが踊ってます。

2014年12月26日(金)
秘書のお姉さんのダンナさん、ぼくにとっては義理の兄にあたる方のご母堂が103才の長寿を全うされた。お会いしたことはないが、なんともご長寿のお方でありました。ご冥福をお祈りします。ところで、厚生労働省の今年の調査によると、全国で100歳以上の高齢者が6万人ちかくいらっしゃるとのこと。ちなみに「100歳以上の人数は調査が始まった1963年が153人だったが、98年に1万人を超え、2012年に5万人を突破した。近年は1年に3千~4千人台のペースで増えており、今後も増加が見込まれる」とのこと。ま、100才以上のご長寿の87.1%が女性だということですが▶反面、少子化も進んでいるわけで、この少子高齢化という問題は、政治家が取り組むべき喫緊かつ最も重要な課題のひとつだと思われ、憲法改正だの言っている暇があったら、この問題についてもう少し長期的で明確なビジョンというものを国民に示してくれんとね。しかし、前回選挙の争点は「アベノミクスの是非」、要するに「国民のみなさん、景気が良いことが一番でしょう? 給料が上がった方がいいよね」ということだった。そりゃ金はないよりあった方がいいけど、バカにするなと言いたいです。ぼくはね、この際、消費税がどんどん上がることは仕方ないと思うよ。もはやね、飽食してモノ余りの過剰な生活をして、大量生産大量消費の20世紀後半の暮らしから完全に決別せんといかんよなと思うんだね。自民党、道徳教育に力を入れたいと言うのなら、子どもたちに「清貧」という思想を伝えて欲しい。そして格差社会はよろしくない。みんなそこそこ貧しくて、でも互助の精神で清く(そこそこ)貧しく日本人はあるべきだと教えて欲しい。てなことを思う年の瀬であります。♩せまいながらも楽しい日本〜 といけんもんかな。スパゲティ・ナポリタン。

動画はこのあいだのパラ本でのライブ模様。共演したFoggy Rainも男女デュオということで、最後に今の時期にふさわしいママス&パパスを一緒にやってみました。金が(そんなに)かからず、楽しめる娯楽のひとつは音楽ということです。音楽が趣味で良かったなあとつくづく思うね。

2014年12月27日(土)
E天気。ピーカンのザ・レレ日和。年を取ると、あれだね、自分の時間がどんどん短くなる。「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)」というジャネーの法則。目が覚めてぼんやりしててあっという間に昼になり、ウダウダしててあれよあれよで日が暮れる。あれよあれよで今年も押し迫ってきた。今年の正月が三ヶ月ほど前の出来事のようだ。あれよあれよだな、人生は。こんな調子で老いぼれて行くのもあれよあれよであろうから、ちゃんとちゃんとやるべきことをせんとなあ、と思いつつ、先送り体質の改善は今年も見られなかったと少し反省。でも、今年はそこそこがんばったようにも思うし、まあ良しとしようと自分に甘い体質も改善されないでおります。マグロの漬け丼、シュウマイ。

動画はこの間の藤山コン美@パラ本ライブ。「Dっち」という曲。ぼくの講師時代の教え子のひとり、Dっちくんのことを歌った歌。曲中の「わちにんこ、らなうよさ、うとがりあ、すましいがねおくしろよ」というのは彼が得意とした「逆さま言葉」。20文字以内くらいの文章であれば瞬時に逆さまにして言う事ができた。会話はね、ほとんど難しいのだけど。

2014年12月28日(日)
今日は本年最後のウクレレ教室、日曜クラスのダブルヘッダー(午前11時から午後1時までのクラスと午後1時半から3時半までのクラス)をやって、ウクレレ仕事納めとなった。年末に演奏するのにふさわしい「歓喜(よろこび)の歌」(by ベートーベン) を譜面にして練習曲に取り上げた(昨日思いついた)。ウクレレで♩晴れたる青空〜ただよう雲よ〜〜なんていうのをやったわけで、いよいよぼくのクラスの選曲もなんでもあり感が増してきました▶ところで、午前クラス終了と午後クラス開始の間に30分あるのだけど、毎回午前クラスの生徒さんの質問に答えたりしていると、食事をしている時間もなく、朝も食べずに昼も食べずに夕方までというケースが度々。今日もそんな感じ。それで2時間のセッションを2回、4時間のレッスンをやるわけだから、我ながらタフだと思う。でもね、やっていてけっこう楽しいから苦にはなりません▶まあ、今年はウクレレ関係、がんばったかな。30名の生徒さんたちとやった10月のコンサートは大成功だったし、初心者の生徒さんたちも立派なウクレレを次々と購入して本気モードになっているし(この1年で何本のウクレレを生徒さんたちが買っていただいたことか。楽器屋からなんのお礼もないことが残念だが)、ウクレレの神様のご加護の下、来年も元気に楽しくポロリンコ♪といきたいという所存であります。塩鮭、薩摩揚げ、シイタケとネギ入りいり卵、干瓢の煮付け、かぼちゃの煮付け。

本日の日替わり動画は"Ukulele Shoogie Woogie"(ウクレレ主義ウギ)。「ウクレレは思想であり、生き方の指標である」ということを言いたい歌なんだね。(ウクレレのように)「軽く小さく生きようよ」ということ。もはや大志は抱かない、つつましく、しかし楽しく生きる、それが基本の「ウクレレ主義」ということです。21世紀の人間の在り方として、このコンセプトがキーになるように思うのであります。なんてね。

0 件のコメント: