2014年12月29日月曜日

週刊「猫並日記」2014 (11.27〜11.29)

2014年11月27日(木)
この1週間、伝道師は(そこそこ)いそが師でありました。♪(先週の)木曜日は鶏つみれ鍋食べて〜/金曜日はちらし寿司と筑前煮〜ほうれん草の胡麻和えと〜竹輪の磯部揚げも食べた〜/土曜日はスカイプ・レッスン〜その後にLAの兄とスカイプやって〜イラスト仕事にかかり〜夕食はオムレツと野菜サラダ〜さつまいもの煮付けに豆腐、油揚げ、エノキの味噌汁〜/日曜日はレレ教室ダブルヘッダ〜サンマの塩焼き〜鶏、大根、キノコの煮付け〜/月曜日は終日イラスト仕事〜メンチカツと野菜サラダ食べた〜/火曜日はレレ教室ダブルヘッダ〜トロトロ豚肉の軟骨入りとか〜野菜スープにポテサラ食べた〜深夜にイラスト送付〜/水曜日もレレ教室ダブルヘッダ〜豚肉生姜焼きに野菜サラダ〜玉葱スープを食べて〜くたばって爆睡した〜〜〜〜〜▶冷たい雨が降り続く二日間から、打って変わって今日はE天気。良く眠れた朝は気持ちもE。ちょいとタイトな1週間も乗り切って一段落したのでさらにE感じの朝であります。ぼくは社長兼雑務一般諸々平社員の零細自営業やってますが、零細自営業の仕事というのは、誰にもつべこべ指示されない代わりに誰も手伝ってくれない(秘書は気が向いたら手伝ってくれるけど)孤独な戦いなんだね。なんて、そんなたいそうなことはないけど、一段落して祝杯をあげる同僚がいないことが少し淋しく思ったりもする。ともあれ、やれやれ、さてさて。

写真は11月ミッションのときに購入した「下関ソース」。存在は知っていたけど、今回初めて食した。子どもの頃は「カギ印ソース」として慣れ親しんでいた味。で、ソースとくればメンチカツ(またはコロッケ)でしょう。そこで下関のスーパーで「特製メンチカツ」を購入、下関ソースをぶっかけて食った。「美味し」であったよ。他のウスターソースと比べやさしい味で甘目、食堂での「貧者のオーダー」として、ライスだけ注文、ソースをどぶどぶかけて食す、というのがあったけど、このソースをあったかいご飯にかけて食べても美味しいです。フタに書かれた「ようできちょる!」がご愛嬌。

2014年11月28日(金)
<松の内過ぎても毎日日曜日>というのは母の句。実家に残っている写真アルバムを見ると、父と母の写真は80年代の終わりくらいからが多い。今から30数年前、父が定年を迎え、「毎日日曜日」の年金暮らしの中で俳句や絵画などを始め、趣味悠々の時代に入る頃だ。この時期に母も俳句を始め、二人して句作にいそしむことになる。そして、二人して句会の集まりや日本各地へ旅行に行くようになる。写真が多いのはそのことによると思う▶ぼくはこの時期にはロサンゼルスにいて、10年近く実家に行くことはなく、両親にも会っていなかったので、父と母がどういう暮らしをしていたか写真を見て想像するしかない。いつぞや、母はこの時期の写真を見て、「このころが一番幸せやったよ」と言った。写真の中の母は微笑んでいるものが多く、幸せそうだ。父はどの写真もむっつりとした同じ表情で、陰気な人ではなかったが、父に限らず、昔の日本の男はカメラに向かって微笑むということをあまりしなかったのだと思う▶母が特養にいたときは個室があり、スペースもあったので、父の写真は部屋に置かれた写真立てに収まっていたが、今は病室なので必要最小限の身の回りの物しか置くことができない。父の写真もなかった。それで、今回の母の訪問の折、実家から父と母の写真を見繕って持って行ったのだった▶母は父の写真を見るなり、写真の中の父に名前を呼びかけ、涙ぐんだ。そして、「一番幸せだった」時期の写真の数々を母はゆっくりゆっくり見ていた。大滝詠一の曲の一節で「想い出はモノクローム/色を点けてくれ」というのがあるが、むしろ母にとっては、今見える景色はモノクロームで、思い出の方がカラーなのではと思った。アジの干物、モヤシといり卵、カニカマ・サラダ。

写真1

2014年11月29日(土)
リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」という交響詩がありますが(映画「2001年宇宙の旅」で使われたよね)、あの冒頭の♪パ〜パ〜パ〜ジャジャ〜ンというBGMを思い浮かべながら写真を見ていただくとありがたいです。
んでは、♪パ〜パ〜パ〜♪ジャジャ〜ン♪ドンドンドンドン パ〜パ〜パ〜 ジャジャ〜ン♪タララ〜 ラ〜 ラ〜 ラ〜♪ジャジャ〜ン ドンドンドンドン ジャジャ〜ン!▶もったいぶったイントロですんません。いや、嬉しくてね。はい、念願のMartin style-0、50年代ヴィンテージ・ウクレレ、遂にゲットしたよ。ウクレレにハマった7,8年前からずっと欲しかった機種なんだ。しばらく前からヤフオクに出品されてて、良さそうだなと思ったけど、ちょいと値段が高めで見送った。でもウオッチを続けてたら、入札者もなく、値下がりしたんだね。で、よっしゃ!って感じで落としたんだ。それでもヤフオクだから到着するまで諸々不安はあったよ。なにしろ弾いてみることができないからね。届いてブツを確認したら、これが写真で想像してたよりずっと良いコンディションで、目立つクラックも弾き傷もなく、あまり弾かれてなかった感じ。だから鳴りは年式に比べ、若い感じはします。調整もまったく必要がない感じでとても弾きやすい。マーティン・ウクレレ特有の良く鳴って明るいサウンドがします。嬉しいよ。すごく。

写真7

0 件のコメント: