2013年10月24日木曜日

WeeklyTweets 2013 (10.8~10.13)

2013年10月08日(火)
日曜日は「四谷大好き祭り」イベントで、ぼくもこの日のためのヨコシマTシャツを着て、「ヨコシマーズ」ミニステージに「ヨコシン理事」として参戦、路上ライブ、路上ウクレレ教室やらやったんだけど、楽しかったよ。路上で演奏するのは初めてだったけど、なかなかいいなあと思ったね。いろんな出会いがあったし、やっぱり音楽だよ▶で、ウクレレはいいよ。外の空気にふわっとなじむんだね。そして人の心を和ませるんだな。道行く人たちがみんな笑顔になって聞いてくれたよ▶終了後、ウクレレ教室でお世話になっている「ゆうむ」で打ち上げ。そこでも居酒屋ライブ状態。ヨコシマーズの面々、ステージで「タイバン」になった落語家さんたちや、ドイツからやってきた若いカップルなんかと、がんがん飲んで歌って大盛り上がりでありました▶今朝、起きたら全身筋肉痛で、なんかスポーツをやった翌日みたいだった。なにしろ、前日は明け方近くまで諸々準備、午前中に重い荷物をキャリングカートに載せて新宿荒木町まで。それから打ち上げ終了までフル回転したもの▶でもサイコーに楽しい一日でありました。でもそんなに疲れなかった。楽しいことをやるとそんなに疲れないもんだな(今日はたっぷり昼寝したけど)。アジフライ、レタスとトマトのサラダ、モズクの味噌汁。

てなわけで、写真は「ヨコシマーズ」@四谷大好き祭り(その1)を。メンバーに加わっている「永ちゃん似」のおにいさんは通りがかりのお方。すごい声量とハイトーンの声で道行く人はみんな振り返るんだ。なんだか気に入ってもらえてしばし一緒に歌を歌ったり、「ウクレレ、いいっすねえ」とポロポロやってた。聞けばヘビメタ・ロッカーらしい。ヘビメタ・ロッカーもレレの世界に引き入れるという、ぼくの「ウクレレ伝道師」としての能力、我ながらすごいんじゃないか、と思っていたり。(撮影はヨコシマーズ写真班のマルちゃん)

路上開始直後、「永ちゃん」参加▶♪二人の恋は〜、と歌ってる▶ビールの勢いでさらに路上は楽し祭りの通りだからやれるということもある▶カホン担当S木さんそぞろ歩き行き交う人々幼子も注目▶この写真、いいでしょう? 03:10:16

2013年10月09日(水)
火曜午前・午後レレクラス@大和でポロリンコ♪ 「お達者ゆっくりさんクラス」、一生懸命教えても、上達が遅々としていて、それは予想以上のもので、最初はどうなることやらと思っていたけど、なんだか楽しくなってきた。なんというのか、ぼくの本調子が出るような気がするんだ。(こう言うと失礼かもだけど)ぼくは長いこと、出来の悪い生徒たちを相手に授業を行ってきた経験があるので、その経験が活かされているようにも思う▶ウクレレを始めて半年近くになる「ゆっくりさんクラス」のYさんという女性、70歳くらいかな。三、四ヶ月くらいたっても、ドレミもシンプルなコードも上手く押さえられなかったが、このところ上達し始めて一皮向けた感じ。今日の教室でドレミの音階やC、F、G7のコードチェンジの早さを競うようなことをやったら、クラスで一番速く正確に弾くことができたんだね▶思わず拍手をしたら、教室のみなさんも拍手、そのときのYさんの「どや顔」、いい感じだったな。なんつうか、可愛かった。そういうことが教えていて嬉しいんだな。Yさんにいつ、「私にはやっぱりウクレレを弾くことは無理なんで辞めます」って言われるかと思っていたが、がんばってくれていて嬉しい限り。つくづく、ぼくは教えるということが好きなんだと思う。揚げ餃子、冷や奴、味噌汁。

てなことで、写真は「ヨコシマーズ」@四谷大好き祭り(その2)路上レレ教室編。若い女性の二人連れ、子どもと一緒に参加のご夫婦、お母さんとお子さん、お父さんとお子さん、プロのモデルかと見まがうスレンダーな美人を連れたドイツ人若者(二人とはその後の打ち上げで友達になったよ)、そして、小さい子どもたちにウクレレを教えることになった▶かんたんな3コードの曲を用意していったけれど、幼い子どもにはCコード以外は無理。急遽、1コードで弾いて歌える歌、「カエルの合唱」を思いつき、子どもたちと路上でウクレレを弾きながら、♪カエルの歌が聞こえてくるよ〜、の輪唱をやったり。これも楽しかったな。みなさん、にこにことウクレレを弾いているでしょう。思わず、微笑みがこぼれるのさ、ウクレレを持つとね。

お二人とも初めてウクレレを持つ▶あくまで楽しくレッスンを▶用意したのはハッピー・バースデーの替え歌、「ハッピー・ウクレレ」と「森のくまさん」▶エンディングの決めポーズ楽しんでいただけたようで▶こちらは母子で参加▶ウクレレは意外に難しいという意見が多数▶弾けなくても弾いてるふりをすればよろし▶ドイツから来た若者も参加。01:10

2013年10月10日(木)
昨日は大和レレ教室水曜午前・午後クラスでポロリンコ♪ 「お達者レレ教室」も回を重ねるごとに良い感じになってます。好調に推移、ってところかな。生徒さんのお友達を紹介いただけるケースも多く、ありがたいこっちゃ▶今回のご新規生徒さんは80歳のパワフルおばあさま。愛器はコアロハ(高いんだよ、すごくいい音でした)、ウクレレ教室に通っていたことがあるそうだが、ぼくの教室は「他とは全然違う、楽しいです!」とほめられたよ。嬉しいこっちゃ▶彼女は中央林間在住で、大和まで自転車で来たんだと(けっこう距離あるんだよ、自転車で小一時間はかかる)。それくらいお元気なんですが、やおら柔軟体操を始めて、ぺったりと両手が床に着くことを披露してくれた▶姿勢もしゃきっとしてるんですね。普段の健康的な生活もお元気の秘訣なんだろうけど、ぼくはとウクレレがね、お元気の秘訣として大きいのではないか思っておるのね▶そんなわけで、ここのところ、昼間のクラスは年齢層がどんどん高くなっていますが、むしろよりパワフルになってるんだ▶みなさん、1セッション2時間のレッスンを(しかもぼくのレッスンはけっこうテンション高目)疲れた様子もまったく見せないで受けてくれるんですね。嬉しいね。しかし、それを連続して、計4時間やってるぼくも、還暦おじさんとしては体力的にイケてるんじゃないかと、プチ自慢でした。親子丼。

てなことで、写真は「ヨコシマーズ」@四谷大好き祭り(その3)。ヨコシマーズ企画のグッズ、なかなかいいでしょう? 通販でもお求めできますよ(たぶん)。メンバーのしずえちゃんからの借り物写真もあり。この集合写真は、ホントはぼくは入ってないのね(ぼくが遅刻したため)。だから合成してぼくを入れ込んだんだ。間に入る隙間がなかったので、僭越ながらセンターに配置させてもらいました▶ヨコシマーズ・ライブ@祭りステージ。紅白の垂れ幕が似合うグループでありますね▶これが噂の「どんぐりーず」、ヨコシマーズ内の別ユニットというのか、つまり「ミニモニ」みたいな感じね▶左はお世話になった「ゆうむ」のママ、眞理子さんです▶ヨコシマ紋付きヨコシマ髪留めヨコシマ手ぬぐいヨコシマ靴下ヨコシマグッズ販売所 12:10


いったいなんですの? この暑さ。この時間になっても扇風機、つけてます。ハンバーグ▶祭りの余韻を引きずりながら、さて明日は代官山でポロリンコ・ライブをやります。
美味しいタコスと楽しいウクレレレの夕べ(略して「タコレレの夕べ」)を、よろしくポロリンコ♪▶藤山コン美★Live de Pororinko!:フジタヨシコ(Pianica & Vocal)、山下セイジ(Ukulele & Vocal)@「カブリータ リバラパーティ」▶日時:2013年10月11日(金)19:00~24:00▶場所:代官山「山羊に、聞く?」▶エントランスフィー:1000円(「タコス食べ放題!」だそうです)▶主催:"Baja Yaro!"  23:10

2013年10月11日(金)
あの、明晩ライブをやるぼくとフジタヨシコさんのユニット「藤山コン美」、前にもコメントしましたが、この名前は往年の名喜劇役者「藤山寛美」の洒落なんですね。自分では良いネーミングだと気に入ってるんだけど、50歳以下の人はほとんど藤山寛美を知らないんだな。娘の藤山直美の方が今は有名だよね。一応、こんな人▶でも、ウクレレ弾いて、ユニット名が「藤山こん美」ではどうしても「色物系」という印象を持たれるかもだな。しっとりと切々に歌う歌もあるです。これは3年前のライブでの浅川マキの「少年」。大好きな歌なんだ。00:10

2013年10月12日(土)
昨日は代官山「山羊に聞く?」でのパーティに呼ばれ、「藤山コン美」の相棒、よっちゃとポロリンコ♪ ヨコシマーズの面々や何人か友達も来てくれて、とてもゴキゲンな夜になったよ。「山羊に聞く?」は初めて行ったのだけど、雰囲気最高、ステージの感じも良く、PAもばっちり。久々の「藤山コン美」のステージだったけれど、良い感じで演奏できました▶パーティの主催者はクレイグ・ヤマシタくん(たまたま同姓)という日系アメリカ人で、ぼくがLAにいた頃、通っていたアートスクールの仲間。ぼくと同時期にアートスクールを卒業して、しばらくして日本にやって来た。それから日本に住んでグラフィック・デザイナーをやってる。彼が日本にやって来た90年代半ば頃、一度会ったのだけど、今回はそれ以来の再会、お互い元気で何より。ちょうどこの日が彼の誕生日ということで、パーティは大いに盛り上がったよ▶再会、と言えば、昨夜来てくれたK子さんという女性がおりまして、彼女はぼくがフォーク歌手をやっていた20代の前半頃のぼくの「ファン」だったというお人。その頃、高校生だったという彼女は何回か、当時のぼくのライブに来てくれて、話をしたこともあると言うんだね▶残念なことにぼくは彼女のことを覚えてなかったんだけど、facebookで彼女がぼくを見つけてくれて、それ以来、コメントをやりとりするようになった間柄なんだ。そのうち、ぼくがライブをやるときに見に行くと言ってくれてたのだけど、昨夜、それが実現したというわけ▶だからクレイグと彼女と、共に何十年ぶりの再会という、昨夜はそんな日でもあったわけで、とても楽しい夜を過ごすことができました。タコス、タコス、タコス、ビール、ビール、ビール、深夜に帰宅途中、駅前でラーメン食った。

山羊に聞く?」のステージ。良い感じでしょう?▶「祭り」で着たボーダーTシャツが似合う、と何人かに言われたのでこの日のステージに着用。よっちゃにもヨコシマを着てくれるように頼んでおいたが、今回はなんとなく色合いで合わせました▶よっちゃはピアニカとコーラスと大忙し。ついにピアニカを口にくわえながら歌うという技を編み出したよ▶よっちゃが歌っているときはピアニカの音が出せないということがあって▶弾いているウクレレはメタル・ボディの「リゾネーター・ウクレレ」。こんなのもあるんだよ。ポロリンコ♪なかなかシブイねえ、いや、ウクレレが▶手製のストラップはマジックテープで留めてある(実用新案出願は面倒だからしないけど)けっこうハードにウクレレを弾いている。写真は来てくれた友人の一人、Oさん撮影によるもの。19:10

2013年10月13日(日)
さてと、今日はこれから荒木町「ゆうむ」でポロリンコ♪ 祭りの余韻冷めやらぬところで、「ヨコシマーズ」の更なる進化に向けて、「ヨコシン理事」として協力を惜しまない所存であります▶そして夜はパラ本で大和水曜夜クラスの生徒さんユニット、「ピンク・デ・ポロリンコ」のフォークデー・デビューも監督にこれ、努めるつもり。このユニットもヨコシマーズに大いに刺激を受けて張り切っております。鶏のつみれ鍋。

写真ヨコシマ・バッジをつけたぼくのウクレレケース。そう、テニスのラケットケースなんですね。ちょうどいい大きさでしょう? 13:10

WeeklyTweets 2013 (9.30~10.6)

2013年09月30日(月)
昨日は荒木町「ゆうむ」でポロリンコ♪ 生徒さんのユニット「ヨコシマーズ」の10月6日(日)「四谷大好き祭り」でのミニステージ・パフォーマンス(メインステージじゃないですけど)に向けての練習がメイン▶前回投稿でもコメントしたように、ぼくも今回はヨコシマーズの*「ヨコシン理事」として、サポートメンバーに加わることになりました。楽しいことを本気(マジ)でやるヨコシマーズ、ぼくもこの日が楽しみです▶演奏は「ヨコシン理事」としての厳しい目線からするとまだまだですが、「楽しそうオーラ」出まくりのユニットですので、よろしくヨコシマ。当日は、「ブースでの路上パフォーマンスやヨコシマ・グッズ(缶バッジ、等)販売、ウクレレ体験レッスンなんかやりますので、ご用とお急ぎでない方はぜひ四谷荒木町に来てオクレレ▶練習終了後、生徒さんたちと飲み会。あらためて「ヨコシマーズ」誕生のなりゆきなどヨコシマーズの生みの親、マチカ団長から聞いたり、今後の活動予定、例えば「ヨコシマ法被」(プロトタイプは既に完成)、「ヨコシマ暖簾」、「ヨコシマ手ぬぐい」、はては地場産業振興のための「ヨコシマ酢」生産等、ウクレレ楽団の枠を超え、企業体としての活動を、邪(ヨコシマ)に目論んでいる話など、抱腹絶倒なヨコシマ話に花が咲いたのだった▶*ところで、「ヨコシン理事」というのは「ヨコシマ審議委員会理事」ということ。練習後の飲み会で、ぼくのヨコシマーズにおける役職が正式に決まったんだ。ウクレレ親方ということですね。今後はヨコシマーズの「土俵(ライブ等)」をあたたかくも厳しい目で監査し、しっかりとそこに「邪」なセンスが含まれているか、注視しつつ、助言監督にこれ努めようという所存▶そんなわけで、昨夜は楽しく飲んで遅い帰宅、カレーライス食ってバタンQ、今朝もそこそこ早起き8時起床。

写真は散歩ロードのおしゃれ案山子。後頭部を向けて立っていたのでリアルでありました(一瞬、びっくりした)▶雲行きを心配して思案の案山子。13:09

2013年10月01日(火)
村のまつりは夏のころ、ひるまも花火をたきました。
秋のまつりはとなり村、日傘のつづく裏みちに、
地面(じべた)のしたに棲むひとが、線香花火をたきました。
あかい あかい 曼珠沙華。

金子みすゞの詩ですね。「地面のしたに棲むひと」というのは死人(しびと)のことだろうけど、ダークなイメージはなくて、とても優しい。FBフレンド、羽鳥さんの金子みすゞについてのコメントがあったので、今朝は起き抜けにみすゞに関するウェブをパラパラ見ていたら、みすゞの詩が脚光を浴び始めていた頃のNHKの番組のYouTube動画1に遭遇、じとっと見てしまい、朝っぱらから涙ぽろぽろに▶金子みすゞと、ほぼ同時代を生き、共に不幸な最期を迎えた夭折の詩人、中原中也は同郷(山口県)の人たち。みすゞの生地、仙崎にも行ったし、中也の生地、湯田温泉には半年ほど住んでたんだよ。これは昨年の春、仙崎の「金子みすゞ記念館」に行ったときのレポート▶てなことで、ここんとこやるべきことがちょいと溜まっておりますが、普段猫並に過ごしているので、まあはかどらない。一日で片づけようと思っていることに3日くらいかかる。どうも「世界」の時間がひそかに早く進むように仕組まれているとしか思えない▶昨日は終日、レレ教室のための譜面作り。これがもっと早くできるようになればいいのだけど、すげえ時間がかかるんです。アカデミックな音楽的素養があまりないからねえ。猫並の頭でうんうん唸りながら作ってるから、夜になると疲れてすぐ眠くなる。昨夜も11時前には眠りに落ちて、今朝は6時ころに目が覚めた。で、金子みすゞでひと泣きしたと(笑)。エビフライ、ブロッコリーと生ハムのサラダ、キャベツとワカメの味噌汁、イモ天。頂き物で「生ギンナン」(新鮮なものをレンジで軽くチンしたもの)というのを食べた。実が青くて薄皮ごと食べるのだけど、素朴な味でまあ美味しかった(基本的にギンナンは嫌いだけど)。

写真は曼珠沙華の向こうに上限の昼月がかかる、の図。10:10

2013年10月02日(水)
昨日はレレ教室@大和火曜夜間クラスでポロリンコ。このクラスの練習曲は、ぼくが今まで耳コピしてレパートリーにしていたものをピックアップしてやってるのだけど、それを譜面に起こすのがけっこう大変で、いつも時間直前まで譜面作りをやってるんだ。もっと前からちゃんちゃんとやっていればいいんだけど、練習曲を思いつくのはいつも直前、この傾向、なんとかならんかと思うのだけど、いつもそうなんだから仕方ない▶だから、センセーが練習曲の練習をあんまりやってないんで、みなさんに教えるときにミスばっかりしてしまう。それじゃいかんよね。なので、終了後はいつも反省。昨夜もそんな感じだったかなあ。しかし、考えてみればぼくはライブでもよくミスをする方だなあ。人生においてもそうだなあ。粗忽迂闊のミスの多い人生だ。日々精進せねば▶昨夜も早めに寝た。早めに寝ようとしているのではなくて、深夜近くになるともうまぶたが重くて重くて。で、今朝も早起き、7時前には起床。最近は秘書よりも早起きだな。秘書が起きるのは8時ごろ、寝るのは12時前、彼女はずーーーーっとそうなんだ。ぼくとはまるで正反対、規則正しい御仁でござる。チキンの甘酢揚げ、レタスとブロッコリーのサラダ、味噌汁。

と・こ・ろで、前から欲しかったVOXウクレレ、買ってしまった。スピーカー付エレウクだよ。でも、けっこうウクレレらしい優しい音が出るんだ。ボリュームを絞るか、オフにしてれば深夜のポロリンコもばっちりさ。アンプにも繋げるしね。昨日、秘書が仕事のときにタイミングを合わせて配送してもらったんだ。可愛いよ▶写真がそれ。(ストーンズの)ブライアン(ジョーンズ)・ギター(VOXティアードロップ)として覚えている人も多いだろうか。それのウクレレ・バージョン。ブライアンのに合わせて白を買った。むふふだね。11:10

2013年10月03日(木)
なんだか今日は暑いね。夏が戻ってきた感じ。起き抜け、VOXウクレレに続いて、また欲しいブツが目に留まり、ポチッとしてしまった。ずっと封印していた病気がまた再発してきたんだ。困ったもんだ。ま、金額的にはたいしたもんじゃないけどね。また秘書への言い訳を考えなきゃいかん。うーむ▶昨夜はレレ教室@大和水曜夜間クラスでポロリンコ。生徒さんのユニット「ピンク・デ・ポロリンコ」のパラ本デビューにあたり、みなさん練習を重ねてきたけれど、その仕上げ練習が昨夜の主なメニュー。何かの縁でぼくの教室に来てくださった方々でありますが、たぶん教室に入ったときはグループで人前で演奏するということはあまり考えてなかったかもしれない。いいこっちゃ▶新宿クラスの「ヨコシマーズ」もそうだけど、今までライブ経験がなかった人たちにライブの手ほどきをするのはなんだか嬉しいね。カウントの取り方からエンディングのリズムの合わせ方、息を合わせることの大事さ(みなさん、自分の演奏に手いっぱいで他のメンバーの演奏を聞いてなかったり)、ミスをしたときのごまかし方(かく言うぼくはこれが下手だけど)、ライブ用譜面の作り方に至るまでアドバイスしてきた▶音楽って、やっぱり複数で演奏するのが一番楽しいよね。ひとりでやってもつまらない。今度の日曜日の「四谷大好き祭り」での「ヨコシマーズ」ミニステージ&路上ライブ、来週金曜日の代官山での「藤山コンビ」、13日のパラ本「フォークデー」(このユニットにはぼくは加わらないけど)とお楽しみが続きます▶それに備えてやんなきゃいけないことが溜まってる。ちゃんちゃんとせねば。レレ教室から帰宅後、牛丼、味噌汁。六本木方面に彼女の友達と美術展&食事に行ってきた秘書(彼女は最近美術展通いがマイブームなようで)が食事をしたお店で買ってきた「山芋のわさび漬け」というのを食った。すごく美味かった。ここだね。粕漬けが美味しいところらしい▶秘書もけっこう好きなことしてるから、ぼくがブツを買うのも、ま、いいかってことで。

写真は帰ってきたサギ次郎。わかる? 川と護岸壁の境にある小さな白い点がそうです。
12:10

2013年10月04日(金)
昨日は夏が戻ったような感じだったけど、今日は「小さい秋み〜つけた」的曇り空。昨夜は少し遅くまで起きていたが、今日も早くに目が覚めた。もう少し寝たかったが眠れずやれやれと8時前には起床。そこそこ早起き継続中。鶏のつみれ鍋▶ところで、秘書がいる午前中にブツが届いたので、隠しようもなく平然としていたが、秘書は特に何も言わず、フツーだったので、逆に何か突っ込んで欲しかった。で、「これ、いくらだと思う?」と聞いたら「さあ?」と言うので、「8千円だよ、安かったんだ」と正直に申告したです(高そうに見えて、ホントは安いものは申告する)。彼女は「ふーん」と言っただけだった▶さてと今日はこれから、レレを担いで下北沢へ。「藤山コン美」のフジタヨシコさんとデートじゃ。(ホントは来週金曜の代官山「山羊に聞く?」でのライブのためのリハ)。よっちゃと会うのは春以来、久しぶり。楽しみ。

写真は散歩プレイス、境川のアオサギ。この間も見たけど、アオサギが境川に来るのは今年が初めて。コサギのサギ次郎もそうだけど、サギってサギだけに猜疑心が強いのか、カメラを向けるとすぐ逃げる。一連の写真は嫌がって逃げるアオサギくんをしつこく追いかけたもの。カメラマンに必要な性格は執拗さだね。「やめてよ、撮らないでよ、もぉ〜」と言っている。パパラッチ山下撮影。13:10

2013年10月05日(土)
昨日は午後から、下北沢のカラオケ屋で「藤山コン美」の相棒、よっちゃと来週の代官山ライブに向けてのリハ。以前合わせた曲が中心のセットリストを用意したので、リハはスムーズに進行。ぼくと違ってよっちゃは音楽的素養もしっかりあって、またきっかり覚えてるんだね。ちょっとした移調やアレンジの提案にもすぐに応えてくれる。コーラスもばっちり。頼もしい限り▶本来はベーシストの彼女だが、「藤山コン美」ではピアニカ担当。ただ、ピアニカを吹いているときはコーラスができない。なんとかピアニカを吹きながら歌えんもんか、とよっちゃに頼んだが、さすがのよっちゃもそれは無理。しょうがないけど▶機会あれば、よっちゃと一緒に演奏したいなあ、と常々思っているが、彼女は埼玉、ぼくは神奈川なのでお互いに近い場所でのライブとなると都内になる。都内でライブをやる方で、集客力のある方(ここが肝心)、タイバンしましょう(「丸投げ」及び「他人のふんどしで相撲を取る」のは得意です。笑)▶リハ後、よっちゃと居酒屋。お互いの近況、音楽話に花が咲いた。深夜帰宅後、チゲ鍋食ってバタンQ。今朝は8時半起床。よー寝た。

写真は昨日、届いた「ブツ」。VOXのミニ・アンプ、MINI3 G2、VOXエレウクとぴったりじゃろ? アンプ・シュミレーター、各種エフェクター装備、バッテリーでも使用可、ボーカルマイク端子もついてるんだ。早速、明日の路上ライブで使用予定。VOXのシールドもついでに買った。むふふ。12:10

2013年10月06日(日)
明け方近くまで、じたばたどたばたとようやく準備完了。さてと今日はこれから「四谷大好き祭り」でポロリンコ♪ お昼過ぎから杉大門通りのブースにおります。14時45分くらいに「ヨコシマーズ」のミニステージあり▶てなことで、♪お暇なら来てよね〜。しかし、むちゃくちゃ眠い、だいじょぶか? 09:10

WeeklyTweets 2013 (9.23~9.29)

2013年09月23日(月)
昨日は午後から、水曜夜間レレ教室の生徒さんたちのユニット「Pink de Pororinko」(ユニット正式決定!ーー昨日の投稿で「ピンク・ポロリンコス」としてましたが、このユニットの紅一点、Kさんが「ピンク・ポロリンコス」では「ちょっといやらしい感じがするわ」と。Kさんの意見を取り入れて「ピンク・デ・ポロリンコ」に。メンバーは演奏時にはピンク色のシャツを着るというシバリがあります)の自主練習におつき合い▶今回は特にコーラス強化をはかったが、あらためてみなさんの歌声がいいことに感心。ぼくは歌があってこその楽曲だと思う人間なので、この方向性はとても好ましいです。みなさん、カラオケなどでは歌うことを楽しんできた方々のようだけど、楽器を弾きながら歌うということはあまりやって来なかったような▶Kさんなんて「人前で歌うなんて、今までの人生において考えられなかった」とおっしゃるが、いやいや歌もお上手だし、ちょっとアルトな声質も魅力的なんだね。そんなわけで、それぞれがリード・ボーカルを取るレパートリーにコーラスやハモりを入れてぐっと良くなりましたよ。お手伝いのしがいがあったな。昨日の練習はとても充実したね▶練習後、大和の居酒屋で飲み会。ぼくはウクレレとビールがあれば、それだけで至福になれる人間なので、楽しい夕暮れどきを過ごしました。前回のこのメンバーでの飲み会のときもそうだったけど、ちょいと酔いが回ったレレおじさんはウクレレを取り出して、ちょっとした路上ライブになったのでした。帰宅後、鉄火丼食べてバタンQ。早起き続いてるよ。

ここはマイ・ホームタウン大和の「昭和通り」。この通りに面したレトロな雰囲気の「昭和酒場」がいつもの飲み処▶飲み会でウクレレを取り出してしまうのはよくあること。一応、周囲のみなさんに気を遣いながらね。でも、ウクレレはわりと許してもらえることが多いような▶これがレレおじさんの「至福の顔」。Kさん撮影。14:09

2013年09月25日(水)
昨日は、火曜「お達者」(そこそこ若い方もいらっしゃいますが、平均年齢70歳前後)ウクレレ教室の午前・午後ダブルヘッダーでポロリンコ♪ 教室最高齢、84歳のKさん(男性)も「ドレミがねえ、だいぶ弾けるようになりましたよ。楽しくなってきました」と嬉しいお言葉。「ところで、この曲、どうやって弾いたらいいでしょうか?」と差し出されたのが「船頭小唄」(♪俺は河原の枯れすすき〜、ってやつね)の譜面▶その楽譜、キーがCmなのでまだまだKさんには難しい。もう少し簡単に弾けるキーにして譜面を作ってあげることを約束した。楽器は自分の好きな曲で練習するのが一番だよね。でもウクレレで船頭小唄とはね、いいけど。「故郷」とか「赤とんぼ」とかをこのクラス用に練習曲に仕立てようかな。そういうのもまた楽しい感じがする。ぼくはわりと童謡・唱歌の類い、好きなんだ▶てなわけで、レレ教室ダブルヘッダーがあった日の夜は、さすがに疲れてバタンQ。昨夜は11時前に寝ちまった。今朝も早起き、7時起床。鮭のホワイトソースがけ、野菜サラダ、豆腐の味噌汁▶さてと、今日もこれから水曜昼間クラスのダブルヘッダー。小雨模様だけど、張り切ってポロリンコと参ります。

写真は、ヘブンリーブルー(西洋朝顔)、ぼくがあまり興味のないいわゆる園芸種の花だけど、名前がいいやね。朝散歩(珍しく)の町角に咲いてた。09:09

2013年09月26日(木)
昨日は小雨降る中、水曜レレ教室午前・午後ダブルヘッダーでポロリンコ♪ ぼくのウクレレ教室は2時間一コマでやっておりますが、けっこうびっちり、濃いめ、テンション高目でやってるんですね(自然とそうなってしまう、基本「熱血系」のサガ故)。年配の方もけっこういらっしゃるんで、当初は2時間の間、休憩を挟もうかなと思ってたけど、みなさん熱心でレッスン中もお疲れの感じはしないんだね。いいこっちゃ▶ただ、昨日はリズム・トレーニングを中心にやったんだけど、みなさんリズムを身体で取るということをあまりしない。身体でリズムを取るということに照れがある世代なのかな、じっと譜面を見て不動の姿勢で弾いていらっしゃる。それに気がついて、「みなさん、身体を動かしましょうよ」と▶身体を動かすようにしたら、俄然リズムが良くなった。若い人たちを教えていても気がつかなかったこういうポイント、発見があったよ。だからぼくの教室は身体のエクササイズにもなるんじゃなかろうかと、年配の方にはよろしいんじゃないかと、今後、こういう点を意識的にやっていこうと思ったのだった▶しかし、テンション高目で、2時間一コマを連続で二コマやるぼくはさすがにちと疲れます。大きな声で歌ったりもあって、ぼくにとっても身体のエクササイズになっていいこっちゃと思ってる。そんなわけでお達者ポロリンコ・レッスンは意外に疲れるのだった▶昨夜も夜11時前にはバタンQ。今朝は6時には目が覚めたよ。いつまで続くか、この早寝早起き。鱈の煮付け、温野菜、納豆、キャベツの味噌汁。

写真は散歩ロードのまだ青い毬栗。しかし、栗というヤツ、イガまでくっつけて外界をプロテクトしてひきこもっちゃって、とことん臆病なヤツだと思う。ただ、その実のほっこりした味わいを思うと、意外に朴訥とした性格なのかもしれん。でも、火にくべるといきなりはじいたりするので、キレやすいところもあると。人間にもそういう性格の人、いるかもね。12:09

2013年09月27日(金)
<秋冷の郵便受けに何もなし> というのは父の句。冷ややかな空気を肌に感じる秋の日、老人は郵便受けを開けてみるが、そこには何の便りも届いていない、という状況。一抹の淋しさと、しかし、老境に至ることのある種の解放感も感じられる▶「秋冷」のころというのは、人生においては第4コーナーを回ったあたり。仕事もリタイアし、社会との接点もやや希薄になり、各方面からの便りも次第に少なくなってくる。ピークを過ぎた人生ではあるけれど、郵便受けに便りがないことを確認することで、老いていくことを静かに受け入れる感じがする▶この句は母が好きだった。まだ元気だった頃、ぼくに電話を寄越し、この句を電話口で朗読した。「父ちゃんの句よ。ええやろ?」と母はちょっと自慢気に言ったものだ。もう10年くらい前のことになるだろうか。今朝のように「秋冷」を感じる頃、決まって思い出す父の句▶ぼくも年齢的には人生の秋に差し掛かったが、老境を感じることはないねえ。基本的に昔と変わっとらんなあ、と。進歩がないとも言える。ま、外見的には老けたなあ、と思うけどね。あと、いろんなことが若い頃に比べて面倒くさくなったとか、時間が過ぎるのがどんどん早くなったとかね、そういうことはある▶てなことで、あれやこれやとやるべきことが山積しているわりには、なかなか思うように片づかないのが目下の問題点。そもそも片づけは苦手だし。ちゃんちゃんとやらねば。豚肉、ピーマン、キャベツの回鍋肉、もやし付け合わせのシュウマイ。

写真は散歩ロード沿いにある小学校のひょうたん棚。昨年はこのひょうたんがどんどん大きくなることを期待していたが、小さいまま、枯れてしまった。今年は立派なひょうたんに育て上げて欲しいところ。09:09

2013年09月28日(土)
<饒舌のあとくらくなる曼珠沙華>というのは母の句。トワ・エ・モアというデュオがいましたね。♪あーる日、突然、ふたり黙ーるの、あんなにおしゃべり、していたけーれどー、ってヤツね。この歌詞で歌われた「ふたり」はやがて恋を意識するようになるというわけだけど、「饒舌のあとくらくなる」というニユアンス、ちょっとそれに似ていると思う▶ふと訪れる沈黙、フランスではこういう状況を「天使が通る」なんて言う。何があったわけでもないのに、空気がふっと変わる沈黙の瞬間。そこで「曼珠沙華」、異次元の闇をふと垣間見る、という感じか。この句は母の句の中でも好きな句、ちょっとダークな印象もあるよね▶昨日はあまりに天気がよろしく、気温も低めで絶好の散歩日和。珍しく午前中散歩などして、彼岸花の写真など撮ったりした。基本、「黄昏散歩」のぼくだけど、光が満ちている昼間の散歩もたまにはいいよね。その後にシャワーを浴び、レレ教室用の譜面作りとかなにやらかにやら▶秋の気配を感じ始めた頃からなぜか早寝早起きになったここのところ、昨夜も11時前にはバタンQ。なんだろうね、飯食ったら、もう眠くて眠くてまぶたを開けていられなくなる。で、そのままベッドへ直行、即眠りに落ちる。だから、朝も早くに目が覚める。今朝はそれでも8時起床、9時間寝たな。まあ、よく眠れること▶こういう時期、去年も一昨年もその前もあった。でも、大体、一、ニヶ月、そのうち夜型に戻るとは思うけど。昼間が長くて良いところはあるけれど、習慣である寝る前日記アップと寝る前読書ができなくて、頭がだんだんすっからかんになっていく気がする。ま、それも良いこともあるように思いますが▶今日も良い天気だね。ちゃんちゃんとやらねば。鶏の唐揚げ(ウチはチキンの出番多し)、レタスとトマトのサラダ、玉子かけご飯。

写真は散歩ロードの畑の畔に植えられた彼岸花。同じ構図で同じ発想(「彼岸」と「此岸」の境界に咲く花、という)でここ、3,4年くらい毎年、写真に撮ってる。今年のここの彼岸花は例年に比べ、少し痩せているような気がするけど。Photoshop加工あり。10:09

2013年09月29日(日)
<曼珠沙華色(しき)多ければ空(くう)多し>というのは母の句。色即是空だね。「『色』はこの世のすべての事物や現象。『空』は固定的な実体がなく空無であること」ということ。つまり、「現世に存在するあらゆる事物や現象はすべて実体ではなく、空無であるということ」ということ(goo辞書)。つまり、幻世(まぼろよ)と言うべき現世に、ぼくらはかりそめに生きているということ▶ならばとぼくは思うんだ。エンジョイ・ライフ! でもね、楽しむにはいろいろとちゃんとちゃんとやってそれなりに努力をしなければいけないんだね。楽しいことは歩いてこない、だから楽しいことに歩いてゆくんだね。人生は ワン・ツー・パンチ▶最近には珍しく夜更かしをしておる。今日はやることがたくさんあって、しかしはかどらなかった。そんな日が大半のぼくの毎日だけど、ま、いいかとぼちぼちとやるしかない。あまり反省しないのがウクレレ主義。肉ジャガ、納豆、韓国海苔、豆腐とワカメの味噌汁。

写真は曼珠沙華に導かれるように接近する揚羽。なかなかグッド・ショットじゃろ? 置きピンでパシャパシャやったら上手い具合に撮れた。デジカメさまさま。02:09


さてと今日はこれからレレ教室@荒木町「ゆうむ」にレレを担いで参ります。生徒さんのユニット「ヨコシマーズ」は10月6日の「四谷大好き祭り」で野外ステージに立ちます。ぼくもこのときはサポートメンバーとして加わるつもり▶路上パフォーマンスもやるし、路上ウクレレ・ワークショップなんつうのも考えておるのね。食べ物、飲み物、フリマなんかもありますよ。よろしかったら覗きに来てくださレレ▶メンバーのしずえちゃんがフライヤーを作ったので、参考にしてくださレレ。よろしくポロリンコ♪ 13:09:15