2013年1月31日木曜日

Art Ubiquitous (2005年2月〜4月撮影 旧ブログから再出)


『腐食枯山水-1」/「腐食枯山水-2』
出所:資材置き場金属塀(at:散歩ロード)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『壁滝』 
出所:神社塀(at:近隣神社)

横尾忠則が一時期、「滝」をマイブームとし、何千枚にも及ぶ滝絵葉書を蒐集し、作品のモチーフにも使っていたことは知られているが、日本においては、滝は信仰の対象になったり、また、滝に打たれることを、信仰を深めるための修行にすることは一般的によく知られていて、滝というのは霊験あらたか、ということなのだろう▶まぁ、水しぶきが立つところは、マイナスイオンが発生し、空気も浄化されるそうだから、滝のそばに行くと気持ちいいのは科学的にも考証されているということか。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『壁滝(ナイアガラ・バージョン)』
出所:近隣民家塀

「ナイアガラ」と言えば、大瀧詠一 。彼の1stソロに収められている『びんぼう』という曲、好きだった。ウルフルズ、トータス松本クンのカヴァーもなかなかゴキゲンです▶♪汗だくになって、いくらがんばってみても、判で押したようにいつでも決まって貧乏、僕は貧乏▶森永卓郎さんという方が「年収300万の暮らし」を提唱していらっしゃるが、これには僕も賛成だ。いや、貧乏は僕も嫌だけど、僕なんかいい歳になってきたのと比例して物欲というものがあまりなくなってきた。基本的に安上がりだし、年収300万あれば、全然オッケーな暮らしぶりだ▶森永さんに示唆されるまでもなく、日本はこれから「ビンボー」になっていくことは目に見えていて、暮らしのスタンダードが高い人にとってはきつくなるだろうが、僕のように「底値安定」の人生を歩んでいる人間にとっては「いいんじゃない」と思うのだ▶「清貧」とか言うと無理してるなと思うが、「つましいけれど、心豊かな生活」というのはごくまっとうな生き方だと思う。「消費文化に踊らされるのはもういいや」とみんながこれに同感して、つましい生活を始めたら、不況の出口はますます閉ざされるだろうけれど▶貧乏というのは相対的な感覚だから、みんな貧乏になれば「負け犬」感もあまり感じないだろうし、大量消費文化が衰退すれば地球環境にもいいわけで、♪エヴリバディ・ビンボー、を提唱したい。(コメントは2005年当時の記載)

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



『錆富士』
出所:板金工場脇に設置された鉄製くず鉄入れ(at:散歩ロード)

これは、お分かりのように「噴火後」ですね。


 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『壁富士』 
出所:民家ブロック塀(at:近隣住宅街)

ゆうところのマチエールがものを言う絵画▶これを油絵でやるとすごくお金がかかる。乾くのにものすごい時間がかかる。イラストレーターには不向きな画法。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『前衛生け花-1」/「前衛生け花-2』

出所:資材置き場金属塀(at:散歩ロード)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『見つめる木、語る木、想う木』
出所:街路樹(at:駅前プロムナード)

左:『一つ目の木』▶この木が見てきたものは「街のうつろい」であろう。構築と破壊と再構築の繰り返しにより、僕達が得たものと失ったものを見据えている。

中:『語る木』▶木は饒舌ではないが、ゆっくりと淡々と話すことにより説得力を持つ。この木の吹き替えは「日本昔話」の常田富士夫。トークのテーマは、『街と人のうつろい』。「昔は、この通りを歩く人間達もゆーっくり、歩きよった。時間も今よりゆーっくり、流れておった」

右:『瞑目する横顔の木』▶木は過去を憧憬する。いつの時代も昔は今より輝いていた。まだ見ぬ未来に不安を抱くのは人間だけだ。すべてはなるようにしかならない、なるようになっていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『Tree Bird、または同化鳥』
出所:街路樹(at:鉄塔のある遊歩道入り口付近)

木と同化することにより、長い生命を得たが、もはや飛べない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『同化ネズミ』、または『根ネズミ』

散歩ロード入り口付近に棲息。
かつては風にそよぐ枝々を揺らし、泰然と川を眺めていたであろう古木の最後の番人。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『同化クジラ』、または『根クジラ』
近隣の神社境内脇に棲息

かつては大海を悠然と泳いでいたが、今は木の支配下にある。それが彼にとって不幸であるのかどうなのか、本人に訊いてみなければわからない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『八つ墓の木、または木の八つ墓状態』 
出所:宅地造成地(at散歩ロード)

「現場」は「町はずれの閑静な住宅街」である場合が多い▶語らぬはずの死者が、多くを語るのが「八つ墓村」だが、この木は何を語ろうとしているのかと言うと、頓挫された宅地造成地というランドスケープの不毛だろう。まぁ、草は生えていますが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アート・ユビキタス【Art Ubiquitous】 「アートを創り出す」のではなくて、「アートを見つける」姿勢です。アートはそこらに「遍在」しています。面白いです。

WeeklyTweets 2013 (1.21~1.27)


2013年01月21日(月) 
<尾骶骨打ってもんどり冬の修羅>とは父の句。駅からの帰路、まだ通りのあちこちには凍結した雪が残る。画像は昨日に続き、お寺の石碑「信じる」ラーメン食べた。
posted at 02:23:52

買い物がてらの午後散歩、今日もぽっかりアフタヌーン・ムーン、本日の空シドレミファ▶飛んでいるのはユリカモメ? カメラの起動が速くなったのでこういう写真が撮れるようになったぞ。嬉しいぞ。夕闇迫る境川上空、本日の空シドレミファ2
posted at 19:53:34

2013年01月22日(火)
何かの植物の実らしきものの種子をばらまいたか何かして枯れ果てた「事後」(*フヨウの枯れた姿と後に判明)。植物の清々しい達成感を感じる。鯵フライ、キャベツサラダ、納豆、豆腐と若布の味噌汁
posted at 01:55:12

朝方は雨が降っていたようだが(寝てたし)、午後から晴れたのでヒット・ザ・散歩ロード。今日は鳥をたくさん見たよ。クロサギ?飛ぶ本日の空シドレミファ▶いつものようにシラサギがいるので見てたら、水面からひょっこり現れたのは!(だよね)。サギ太郎もびっくり▶鵜はサギをからかうように現れては消え(水中に潜り)、消えては現れ、びっくりしているサギを残して飛んでいった。面白かったよ▶てなわけで、白い点となってシラサギが佇む境川&本日の空シドレミファ2
posted at 19:20:55

2013年01月23日(水) 
首都圏どか雪から1週間以上も経ったけどあまり日が差さないところではまだ残雪が。春よ来いはやく来い。もう少し早めに寝て早めに起きるようにするかな。カレーライス
posted at 02:10:49

昨夜は早めに寝たのに起きたら昼過ぎだった…。ぼんやりしてたら日が暮れた。アフター・ザ・ダークの本日の空シドレミファ▶暗がりの中でカモたちが熟睡中の図(しるこはすぐわかる)。カメラを替えて多少レンズが明るくなったのでこういうのも撮れるようになったぞ。ちょっと嬉しいぞ▶対岸から限界の明るさで息を止めて撮影。これでASA800、ノイズはあるが、一応撮れた。この暗がりでもやっぱりしるこはすぐわかる。笑
posted at 19:00:29

2013年01月24日(木)
<おやレイニー・ナイトですなと茶をすすり> ギョーザ、キャベツと小エビの炒め物、きんぴらゴボー、おから、粕汁「ひとりカモ寝む」、以前使ったおやじギャグ再出。
posted at 01:06:16

今日はちょっと早め(10時)に起きたが、やっぱりあっという間に日が暮れた。本日の空シドレミファ、空のポッケ▶天国への梯子。「天使の梯子」、「ヤコブの梯子」と呼ばれているらしい。「レンブラント光線」とも。本日の空シドレミファ2ユリカモメがいたよ。飛んでるのは見たけど、佇んでいるのは初めて見た▶りりしいお顔をしてるじゃないか▶カモのカップル、仲むつまじく遊泳中。しかし、一夫一婦なのはワンシーズンだけ、ということだ。そこらへん、「いいな」と思う正直者のぼくです。
posted at 19:55:20

遠く離れた特養にいる母から葉書が届いた。おそらく施設の人が作ってくれたのであろう母の写真入りのポストカードに、意外にしっかりした筆跡でぼくの誕生日を祝う文言が書かれてあった▶母から葉書をもらったのは若い頃以来、記憶がない。何十年ぶりのこと。思えば母は毎年ぼくの誕生日の時に電話をくれていたが、もう電話をかけることが難しくなって葉書でもと思い立ち、施設の人に手助けを乞いながら書いたのだと思う▶母は今年で八十九歳になる。三、四年前くらいから足腰が弱り車椅子の生活で、身体介助なしでは生活ができぬ身となったが、まだ内臓系は丈夫で大きな疾患はないようだ▶母よりずっと元気だった父が先に逝き、母の淋しさを思うと息子として大変すまなく思うが、母の介護にあたっている特養のスタッフのみなさんは本当に良い方ばかりなのでそれが気持ちの救いだ▶「身体に気をつけて、どうぞたのしく生きてください」と文は結ばれていた。「しっかり」でも「がんばって」でもなく「たのしく生きて」と。そうだね、母ちゃん、「たのしく生きる」ことこそが人生の目標だよね、と思った▶<落椿安堵の空のありにけり>というのは母の句▶画像はネット越しに赤い可憐な顔を覗かせる冬の山茶花。散った花弁からして椿ではないけれど。

2013年01月25日(金) 
今日は母から葉書が届いただけでなく、幼友達から何十年ぶりかの突然のメールがあった。過ぎ去った遠い日々を思い返すことに。大根と豚肉の煮付け、煮玉子、蕗煮。 画像は過ぎし日々を振り返る
posted at 02:39:57

本日の空シドレミファ&対岸護岸壁に影ホーガン▶今日の空はの存在感が際立っていて楽しかった。10tの雲と10tの鉄とどちらが重い? なんていうなぞなぞ。そりゃあ鉄の方が重いよ、と言ったS君元気だろうか▶以前もやった、ミレー作『種をまく人』の巨人バージョンをやってみた▶オールモスト・フルムーンのが出ておった。
posted at 19:17:14

2013年01月26日(土) 
♪そして君のベッドに山茶花の紅い花をしきつめて〜、サルビアでなく山茶花だといきなり童謡的なイメージになるなあ。塩鮭、肉もやし炒め、若布と大根の味噌汁
posted at 02:31:47

背中に電池が入ってるね。 YouTube
posted at 12:02:29

今日はちょっと早めの午後散歩。時刻表示付き本日の空シドレミファ▶いつものように空を見上げて歩いていたら、ユリカモメを囲むように二羽のカラス。なんとカラスはユリカモメに攻撃をしかけてきたではありませんか。... ▶本日の「あるよ・いるよ」、メジロがいるよ▶カモのシンクロナイズド・スイミング。デュエットですね。
posted at 18:29:20

2013年01月27日(日)
若い頃の友人がだいぶ前に亡くなっていたことを知った。優しくて温かい人柄の人物だった。今更だがご冥福を祈りたい。牛丼、中華サラダ。画像は即神仏となった
posted at 03:19:05

夕暮れ散歩。♪振り返ればそこには夕焼けがありました〜、という友部正人の歌のようでした。本日の空シドレミファ▶正しくは「ふと後ろを振り返るとそこには夕焼けがありました」でした。名曲だね。 YouTube ▶時刻表示付き写真@レナード公園。少しずつだけど日が延びてきたような。じっと待ってさえいればやがて春はやって来るでしょう。それが希望という名のあなた。 
posted at 19:44:44

2013年1月22日火曜日

WeeklyTweets 2013 (1.14~1.20)


2013年01月14日(月) 
昨夜はパラダイス本舗月例フォークデーに参加。遅ればせながら「パラ本フォーク部」に入部、諸先輩の方々に混じって久々に4曲ほど歌った。ソロでの人前ライブは実に2年ぶり。普段の生活でもミス多き我が人生、ライブでのミスは想定内で、しかも久しぶりだったので案の定、ぽろぽろと▶でも、楽しかったな。やっぱり歌は人に聞いてもらうことで命が吹き込まれる気がする。今年はライブ・リハビリの年にしたいと思っていて、そういう意味ではパラ本のフォークデーは格好の場所。ぼちぼちいこか、の気分であります▶昨夜のパラ本での写真。バディのだっちがアップしてくれた。彼に言わせるとぼくはライブでの写真写りがすごく良いそうだ。楽しそうに歌ってるから、と。いいことだ。
posted at 13:20:02

パラ本に行く前に雑煮を食って、パラ本で飲んでほろ酔いで深夜帰宅後、小腹が減っていたのでボンカレーなど食って、バタンQ。11時ごろ起床。起きたら、おやおや雪が降っているではありませんか▶まだまだ積もりそうだね。現在積雪5,6センチといったところか。♪雪は〜降る〜、あなたは来ない〜、雪が降ると真っ先にこの歌が脳内で再生される世代です。
posted at 13:24:24

雨に変わった雪(ずぶずぶべしゃべしゃ)の中を雪中行軍。エブリデー・ウォーカー、アルク・ホーガンの名においても行かざるをえない。雪景色が見たかったこともある▶長靴やらもっとらんので革のブーツを履いての行軍、しかしすぐに靴はびしょびしょ、川っぺりは風も強いし、そそくさと退散。本日の境川雪景色&空シドレミファ▶早速の雪だるま。三段になっているのは最近のトレンドか。もう少し創意工夫が欲しい。とりあえず炭団で目(炭団なんてないか)▶おやおや頭に雪を被って、寒くはないの? (って、これは作り物の犬。犬が苦手なぼくは夜歩いているときにこいつに何度脅かせられたか)
posted at 17:48:11

2013年01月15日(火)
最近ハマっている飲み物。こいつを温かくしてお休み前に飲むんです。練乳好きなオレ。ブリ大根、キンピラゴボウ、メカブ、コールスロー、ほうれん草の味噌汁
posted at 03:11:26

11時起床。今夜はパラレレ。レレ教室の準備をしてたらこんな時間。散歩はパス。横着して自宅ベランダから向かいの棟の屋根雪を撮って、本日の空シドレミファ
posted at 17:15:52

2013年01月16日(水) 
パラレレ終わり、帰路の歩道はあちこちにがちがちに凍ったでかいロックアイスのような雪が山積、砕氷船の足取りで深夜帰宅。帰宅後ちゃんぽん、しばしコタツ寝。 画像はカラス飛行中。
posted at 04:42:55

これが噂の山下がゲットした1500円カメラ「★動作品★キャノンIXY 220IS」。格安の理由は塗装の剥げと本体のみの出品による。でも今まで使ってたIXY55の電池が使えるのだ▶昨日届き、今日バシャバシャと撮った。IXY55に比べ、かなりスペックが上がっていて大満足。そんなわけで、本日の境川夕景空シドレミファ、1500円カメラ使用▶画素数、明るさ、ズームでの画質、広角度、スイッチを押したときの反応の早さ、何もかもIXY55を勝る。しつこいがこれで1500円、今年は春からラッキーだぜ。 画像は境川夕景▶嬉しいから連続アップ、許してくだされ。これで散歩写真もいちだんと楽しくなる。楽しいなったら楽しいな。残雪の夕景▶豆粒のような飛行機も引きでしっかり撮れてる。これは飛行機を撮ったのであって、歩いている女子高生を撮ろうとしたのではないが、結果面白い写真になった▶何度も撮った坂の上の夕日もなんだかグレードアップした感じ▶毎度おなじみ、カーブミラー・ホーガンもくっきりズーム。むふふふ。てなことで連続アップ、大変失礼いたしました。悪しからず。
posted at 21:33:31

2013年01月17日(木)
笑う月浮かぶマジックアワー、チェシャ猫は路地で爪を研ぐ>豚丼、鳥のつみれと豆腐、青梗菜のスープ、キャベツとトマトのサラダ
posted at 04:17:23

♪起きた〜ら〜昼過ぎだった〜、すぐに夜になっちまった〜、ちょっとブルースだぜ。今日も1500円カメラは快調だぜ。川面に空を映して本日の境川上空シドレミファ▶今日は鳥を中心に撮りました。群れ成す鳥とか▶孤高の鳥▶こやつも孤高のサギ▶で、本日の「あるよ・いるよ」、メジロがいるよしるこも撮ったさ。くわっくわっと鳴いているところ。可愛いなあ▶カラスがカアカアと横切る本日の散歩ロード上空シドレミファ2▶カラスが鳴くので帰りましょう。落日迫る午後4時前の本日の空シドレミファ3@レナード公園。
posted at 21:47:08

2013年01月18日(金)
残雪の路地を歩いていてふと目に留まった椿の蕾。蕾というのは愛らしいね、可憐だね。これから花になる要素をぎっしり詰め込んだ小さく固い希望の形状▶そしてその小さく秘めやかな希望は文字通り花と咲く。<凛という音が聞こえ冬椿 炒飯、もずくスープ
posted at 03:19:08

今日は良い天気だった。<青空を見上げる阿呆面我のこと> おなじみ、カーブミラーに映る全方位ピーカン青空の本日の空シドレミファ▶アフタヌーン・ムーンも中天に。本日の空シドレミファ2&リトル・ホーガン
posted at 23:56:26

2013年01月19日(土)
月とカラス」というタイトルの寓話があれば、それはたぶんカラスの狡猾さを戒める内容であろう。昔々、ずるいカラスがおりました、で始まる。その後は知らない▶スズメの成る木一列雀隊ミソソソミ♭レ▶本日の「あるよ・いるよ」。インコがいるよ▶ほらね
posted at 00:24:58

<生かされて波ばかり見る去年今年>とは父の句。60才、還暦となった。<生きてきて空ばかり見る人となり> ハンバーグ、オニオンスープ、ロールケーキ食べた。
posted at 03:39:49

近隣猫友「ちょび」のねんねこ姿。飼い主の愛情が感じられるね。この子、けっこうなお年みたいだ。ぼくは大好きなんだこういう老猫▶で、こちらはいつも寝ている「きよ」(たまたま起きて眠そうな目で寄ってきた)。ちょびときよは仲良し、おそらく同じ飼い主。この子もだいぶお年だね。お達者でな▶今日もいい天気だった。昨日同様、昼間のお月さまもぽっかり。本日の空シドレミファ
posted at 19:34:43

今日はぼくの誕生日でしたが、ジャニス・ジョプリン(Janis Lyn Joplin、1943年1月19日 - 1970年10月4日)の誕生日でも。そんなわけで。(だいぶ前に描いたものだけど)
posted at 20:17:56

2013年01月20日(日)
今日はたくさんの誕生日のお祝いメッセをいただき、とても幸せな気分であります。画像は近所のお寺の石碑、なんともストレートなメッセージ。牛筋丼、ホタテのマリネ
posted at 03:29:05

さてと今日はこれからレレ教室@ゆうむ荒木町。ウクレレ抱えた還暦渡り鳥、ばたばたと参ります。
posted at 13:06:15

レレ教室&ゆうむを和やかにポロリンコ♪してきて帰宅。「東京には空がない」と智恵子さんが言った、本日の空シドレミファ&曙町付近
posted at 23:54:02

2013年1月18日金曜日

WeeklyTweets 2013 (1.7~1.13)


2013年01月07日(月)
昨日はレレ教室終了後、地元スポットTERRY'SでSunset Old Gang Sessionを観戦。深夜帰宅、豚丼食ってバタンQで起床11時。良く寝太郎。昨日の空シド@曙橋付近
posted at 13:42:43

感涙の演奏をしてくれたSunset Old Gangs(ケニー井上、藤田洋介、恩蔵隆)のライブ光景。このライブが行われたTERRY'Sは自宅から歩いて5分のところ。ありがたや。
posted at 13:48:05

昨夜のSunset Old Gang Sessionの演奏を反芻しながらの夕方散歩。しかし「夕焼け楽団」というのは素敵なバンド名だね。カーブミラーに映る本日の夕焼け空シド▶小学生くらいの姉弟(たぶん)があろうことか、カモたちに面白がって石を投げていた。「ダメだよ、そんなことしちゃ!」とおじさんは叱ったよ。本日の空シド2▶二人はばつが悪そうな表情をしてぼくを見たが、「カモを可愛がってあげてね」と言うとコクンとうなずいた。カモに竜宮城に連れて行ってもらえるカモ。本日の空シド3
posted at 20:33:32


昨日の年初レレ教室@ゆうむ、以前から教室参加予定だったが諸事情あって参加が叶わなかったシェフKさんがご新規加入。明朗快活、まことに「ウクレレ的」なお人柄。楽器はほとんど初めてということだったが、既に立派なウクレレ(ケリー・ソプラノ)もお持ちで、自習のたまもの、基本はばっちり▶Kさんがどの程度のテクニックなのかわからなかったので、今回は超初心者でも、ある程度弾ける他の生徒さんでもこなせるようなメニュー(単音弾きのフレーズにコードを付けていく)を考案。メロディに対してコードがどういう役割をしているかということを体感してもらいながらのレッスンを主に▶たとえばウクレレの開放弦を4弦から順に鳴らすようなシンプル極まるフレーズにC、Dm7、Em7、Am7というコードをつけると、あーら不思議、ちょっとおしゃれなメロディーに聞こえてくるわけですね。その方法で、各キーのメジャー、マイナースケール(C、F、G、Am、Dm、Em)の練習を▶レッスンの流れで、へっぽこなりにベーシックな音楽理論(音階の構造、主要三和音、移調の方法、等)をやった。まあ、こういう話は「お勉強」になってあまり楽しくないかもで、生徒さん達にはちょっと辛抱していただいたが、ある程度、理解してもらえると今後役に立つであろうという思いがあって▶レッスン最後は、ロール・ストロークの練習もかねて「エーデルワイス」のコード弾き練習。次回はこの曲をソロパートと伴奏パートに分けてアンサンブル楽曲に仕立てるつもり。せっかく複数人数が集まるのだからアンサンブルの楽しさを知って欲しいというのが、今年のひとつの方針。


2013年01月08日(火)
<人日を一切空と言うて寝る>というのは父の句。人日とは1月7日、七草の節句のこと。好きな句のひとつ。レナード公園の午後5時前、少しずつ日が長くなったね。チゲ鍋。
posted at 02:39:30

いまもうかぶあの空を/二人して見てた/飛行機はぼんやりとんでって/君の話もあの空にとんでった いい曲だね。
posted at 23:36:10

ほぼピーカンの空を見上げながらの午後散歩。白く光る機体がゆったりと青空をまたいでいく。飛行機が飛ぶさまは、何度見ても不思議な感じがする。本日の空シド▶その青空を映しながら、とうとうと流れゆく川この光景も肌に感じている光や風も一期一会なのだと歩きながら思ったよ。
posted at 23:54:11

2013年01月09日(水)  
散歩がてら近所の神社で遅ればせの初詣で。おみくじを引いたら末吉だった。「苦しみを耐えて忍ぶ意思は尊い」だと。いいこと言ってるようだけど、言われる方はね。 http://t.co/Jl3ty7Tt
posted at 00:14:01

<人日や失せ物探し始まりぬ>とは父、<人の日のお粥の鍋を焦がしけり>とは母の句。正月も松の内を境に淡々とした日常が戻る。そんな一日の老夫婦の生活情景、脱力系のおかしみがあるね。昨日はだいぶ暖かい一日だったが、今日からまた寒くなるそうだ。肉うどん、キノコのソテー、ポテトサラダ。
posted at 03:45:13

夕方散歩。本日の空シドレミファ。町角のカリフォルニア・ドリーミン ▶三機一列でゆったりと夕空をまたぐように飛ぶプロペラ輸送機。まるで帰巣する鳥のようだね。基地が近くだから飛行機はよく飛んでいるが、こういうのは初めて見た。
posted at 23:52:13

2013年01月10日(木)
40年近く前にお会いしたピアニストの方、70年代フォークを愛する方とウェブ上でお友達になった。コメントのやり取りから、ぼくがまだ若く、日本という国も青年期にあったような70年代という時代に思いを馳せる、そんなレトロスペクティブな夜の底であります。烏賊大根、ポテサラ、納豆、味噌汁。
posted at 03:33:38

茜色染まる空/溶けたかき氷/思い出は焼けた肌/しみついている  空を見上げながらの夕方散歩にふさわしい歌だね。てくてく。
posted at 23:44:34

てなわけで、中山うりの「ドレミファ」を聴きながら、見上げる本日の空シドレミファ
posted at 23:48:54

2013年01月11日(金) 
「やあ、みなさん、毎日お寒い日が続きますのぉ」「おや、あんた、あったかそうじゃないか」「いや、羽根の下にホッカイロやら入れとるんじゃわい」ー鳥たちの会話▶裸木に留まり、暮れ行く空を眺めつつ思案する体の鳥、モズ(*指摘あり、ヒヨドリであった)かな。珍しくカメラを構えて寄っても飛び立たなかった。焼きそば、酢蓮、昨夜の残りのイカ大根。 
posted at 00:19:41

11時起床。レレ日和、でも今日もそこそこCm(サームイナー)。先日、注文したアコギ用のプリアンプ(ベリンガーのやっすいヤツね)が届いて、ここ数日ウクレレで試している。以前からコンタクトPUは持ってたんだけど、プリアンプがないと使い物にならないので、そのうちと思いつつ、ようやく▶ライブ用にと思ってPUを買ったんだけど、小さなウクレレからシールドがお尻から出てるさまはぼくの美意識に耐えられず、やっぱウクレレはマイクから拾うのがよろし、と思ってたんだ。でも、安いプリアンプを見つけたので衝動買いしたというわけ。それで、鳴らそうと思ったらまともなシールドがない▶どれもこれも断線していたりノイズがすごかったり。おかしいな、まともなのがあったはずなのにと思いつつ、しょうがないからウェブでシールドを注文したすぐその後で、ごていねいに布袋に入れてたまともなシールドを本棚の隅から発見。布袋に入れた記憶はほとんどない。そんなことばっかりです▶アンプから出るウクレレの音は、ピエゾのいやらしい音色をそこそこ消してくれて、まあまあなんだけど空気感に欠ける(安いからだろうけどね)。ギターはまだしもウクレレは空気感がないとなあ、と少し落胆。コンデンサーマイク欲しいなあ。でも高いんだよなあ。誰かくれないかなあ(一応言ってみる)。
posted at 14:31:30

黄昏散歩。歩いているうちにとっぷりと日が暮れた。息を止めて撮影、もう少し感度の良いデジカメ欲しい。誰かくれんかな。境川夕景&本日の空シドレミファ▶良い子はお家に帰る時間。お母さんのあったかい晩ご飯が待ってるといいね。さてとこれからぼくも秘書と晩ご飯をいただきまする。川面に映る今日という一日の歴史
posted at 19:23:02

2013年01月12日(土)
<バンザイの冬木へ歩く一直線>とは父の句(再掲)。おあつらえ向きの写真を撮ったので。鶏肉とピーマン炒め、塩鮭、卵焼き、蒟蒻ときゅうりの酢の物、茎若布
posted at 02:37:03

この男に「←注意」、本日のピーカン空シドレミファ&アルク・ホーガン▶行き交う人もまた散歩する人。犬を連れる人、走る人、自転車にまたがる人、休日午後の散歩ロードはなかなかの賑わい▶愛嬌を振りまくカモのしるべい改めアヒルのしるこ、人気者だね▶葉にあらず、これは裸木に群がる雀のシルエット。エビフライ、タコとワカメの酢の物、キャベツのサラダ、豆腐味噌汁。 
posted at 23:48:00

2013年01月13日(日)  
Facebookのアルバム「アート・ユビキタス」に写真を9枚アップロードしました
posted at 03:03:17

白い雲は青空のミルフィーユ、ってのは使ったので「青空のウナギパイ」ということにしておこう。本日の空シドレミファ。今日はこれからパラ本へ。ばたばた。
posted at 18:09:12

2013年1月11日金曜日

WeeklyTweets 2013 (1.1~1.6)


2013年01月01日(火) 
<鐘の音いんいんとして除夜となる>というのは父の句。百八煩悩はとりあえずリセット、大姪へのプレゼントのスティッチ・ウクレレの調整をしていて年が明けた。 画像
posted at 01:44:47

あけましておめでとうございます。2013年1月1日、本日の空シドレミファwith秘書。
posted at 23:29:50

横須賀方面(オクさんの親戚筋)へ年始お呼ばれ。ご馳走あり美酒あり、幼き子たちもいて和やかな元日となった。マグロ(大トロうまし)、酢だこ等のおせちリトル・パイナップル・プリンセスのオン・ステージに、リロ&スティッチ・ウクレレを抱えて伴奏するウクレレおじさん。曲目は「きらきら星」▶ウクレレもらってご機嫌なプリンセス。喜んでくれたようでウクレレおじさんも嬉しかったよ。
posted at 23:59:33

2013年01月02日(水) 
年賀状書きで終日。黄昏散歩となった。今年もよろしく境川上空、本日の空シドレミファ<この道はまだ坂のまま年終わる>というのは父の句。年初にあたって<この道はまだ坂のまま年明ける>という感じか。散歩ロード終点の坂の夕暮れ
posted at 18:00:11

2013年01月03日(木) 
昨夜はパラ本新年会。参加者のミュージシャン率が高い催し故、飲めや歌えの宴会に。楽しく飲んで歌って終電帰宅。コタツで朝までうたた寝。
posted at 10:29:43

兄宅での新年会。こちらでも甥の1歳8ヶ月の幼きお姫さまが主役。普段は愛想のない兄も孫を相手に相好を崩しっ放し。フグ刺し、フグちり、たまさかの美食▶帰路、兄宅近所の神社についでの初詣で。毎年祈ることは一緒、「金と健康」。後者だけはずっとそこそこ叶えてくれている。多摩方面神社上空、本日の空シドレミファ
posted at 23:46:48

2013年01月04日(金) 
昨夜は早めに寝たが10時半起床。よく寝た。三が日も過ぎ、「さてさて」と呟きながらの散歩ロード。今年の干支にちなんで影スネーク(カモ~ン!)とお散歩▶年末に(なぜか)護岸壁にへばりついていたネギがまだあった。カモがやってくるところを撮影。正月らしいおめでたい構図じゃないか▶「お空のケーキは生クリームのミルフィーユ」、還暦を迎えるおじさんの言葉としてはどうかと思うが、そんな本日の空シドレミファ
posted at 16:51:21

2013年01月05日(土)
<茶柱の斜め立ちして年来たる>とは父の句。まっすぐに立たないところが「めでたさも中くらい」。チリペッパー・チキン、ゴボウのマヨ和え、豆腐味噌汁。ご近所猫
posted at 01:27:54

9時半起床。極端な夜型にならないのは今年の冬がとてもちゃむいから。早めに布団に潜り込めばそれなりに眠くなり、それなりに早めに目が覚めるというわけ。起き抜けからいただいた年賀状の返事書き。今年からなるべくアナログ手書きでと書いているが、まあ、書き損じの多いこと。我ながら情けない▶漢字は忘れるわ、送り仮名は怪しいわ、字は汚いわ、文章は拙いわ、で普段アナログで文章を書かない弊害が如実に。キーボードを打つ速度で書こうとするからめためたになる。たまには手書きで文章を書かんとダメじゃな、と思ったね。
posted at 17:31:40

てなことで、年賀状を投函がてらにヒット・ザ・散歩ロード。「神、空にしろしめす。なべて世はこともなし」と言いたげな泰然自若の感あり、夕刻の境川<やれやれさてさてが口癖となり冬の落日>本日の夕焼け空シドレミファ&リトル・ホーガン。 http://t.co/43zbf4rD
posted at 17:44:20

2013年01月06日(日) 
<注連飾る失業長き独り者>とは母の句。実家の隣のアパートに長く引きこもりの中年男が住んでいた。この句は彼のことを詠んだものだろう。チキンライス、豆のスープ。 飛び立つ鳥
posted at 03:16:04

11時起床。今日はこれから初レレ教室@荒木町ゆうむ。今年もウクレレ担いだ渡り鳥、日々ポロリンコ♪で参ります。画像は「青年よ、大志を抱け!」の木(なんとなくね)。
posted at 12:59:27

2013年1月2日水曜日

Happy New Year! 2013.1.1


あけましておめでとうございます。 
本年が皆さまにとって幸多き年でありますように。 

2013年1月1日
山下セイジ