2013年9月21日土曜日

WeeklyTweets 2013 (9.9~9.15)

2013年09月9日(月)
昨日は、午後から大和レレ教室水曜夜間クラスの生徒さんたちの自主練に参加。来る9月15日のパラ本フォークデー参戦に向けて、みなさん張り切ってるんです▶音楽の楽しみ方は様々だけど、ライブ初心者に「ライブ指南」をするのもすごく楽しいよ。なんというか、プロデューサー的な楽しみだね。ぼくもまだまだへっぽこだけど、今までの経験からいろいろとアドバイスした▶練習が終わって、Kさん、「練習の時間が全然足りない」と。うん、わかります、そんなもんです。だから何度も何度も練習するんですね。でも、肝心なのは「楽しむこと」。プロじゃないんだしね。楽しまなきゃ、何のためにやるのかってこと▶人前で演奏するからには、少しでもお上手な演奏を聞かせたい。よーくわかります。でも、伝わる音楽ってうまい下手じゃない、「お上手な」演奏でもなんも伝わらんものはたくさんあるもの。結局、表現っていうのは表現者の人間性に帰結するんではなかろうか▶練習後、駅近くの居酒屋で飲み会。楽しうございました。ウクレレ教室が縁で集まったメンバーだけど、こうした出会いがあるのもいいよね▶帰宅後、冷食のスパゲッティ食べて、バタンQ。今朝は7時起床。ここんとこ、早寝早起き、続いておるよ▶ところで、ようやくiPhotoの最新バージョンをインストールすることができたので、パソコン不調以降の写真が取りこめた。てなことで、8月17日のパラ本ライブのときの写真をアップ。ぼくはボケボケだけど気に入ってる写真(このとき、来てくれたKさん撮影)。しかし、おれはホントに楽しそうにやってるなあ。(一緒に写っているのは、バディ・のだっちと由美子夫人)

2013年09月10日(火)
<あれ まつ虫が ないている/ちんちろ ちんちろ ちんちろりん/あれ すず虫が なきだした/りんりん りんりん りーんりん/秋の夜ながを なきとおす/ああ おもしろい 虫のこえ> てな感じで虫の合唱も絶好調な夜ですいっちょん▶この歌の題名、なんて言うか知ってる? 「虫の声」っていうんだ。ストレートな題名でありますね。題名が知りたくて調べたら、作詞:文部省、作曲:文部省だと。文部省の役人が集まって協議しながら作ったのだろうか。著作権印税は(もう切れているだろうけど)文部省に入ったのだろうか。まあ、どうでもいいようなことだった。ざるうどん&秘書が買ってきた巻きずし、にぎり寿司。

写真は7月末に帰省した折、「せっかくだから小旅行」で熊本の義理の大姪一家を訪ねた際の一コマ。朝、家の前で気持ちよくポロリンコ♪の図。この一家も父・娘とウクレレ・ファミリーに。もちろんワタシの「折伏」の成果なのさ。

2013年09月12日(木)
一昨日、昨日と大和「お達者ウクレレ教室」でポロリンコ♪ 「お達者」なんて言うとまだまだお若い生徒さんも多くいらっしゃるから失礼だけど、生徒さんの平均年齢は60代半ば、若い人たちに教えるのとはだいぶ勝手が違う(と言うと、また失礼だけど)▶万事、ゆっくり、ゆっくりなんですね。新しいことを学ぶのにそれなりに時間を要します。これについては、当初から想定していたけれど、正直なところ、想定を超える感じではあります。だから、教えるのもとにかく「ゆっくり、ていねいに」を心がけている(これがぼくにはわりと難しい。どんどん新しいテクニックを教えたくなるんだね。そこをぐっとこらえるところが)▶それから、グループレッスンの難しい点(どうしても、個々の生徒さんのテクニック差が出てくるところ)があって、この初心者さんクラスをオープンして5ヶ月近く経ったけれど、当初はみなさんのレベルはほぼ同じでもだんだんと差が出てくる(やっぱり若い方は早いです。つまり、そういうことです)▶これも想定内ではあったから、テクニック差があってもみなさん、それなりに楽しめるように課題内容を考えてはおりますが、特に「ゆっくりさん」の中には「レッスンの内容がどんどん難しくなって、ついていけない」という不満が出てくるんですね▶そこで、「ゆっくりさんクラス」を開設したのが、ふた月ほど前。ここんとこ、このクラスへの「移籍組」が増えてきて、「とにかくゆっくり、ていねい」の指導法を自分なりに身に付けてきた感じはあります▶でもね、シルバーエイジのみなさんにウクレレを教えるのは、若い人たちに教えるのとは違った喜びがあるんだな。年を重ねて、ゆっくりでも、新しいことを覚えていく喜びを共有できる喜びというのか▶It's never too late to learn. という言葉があるけれど、「60、70、80の手習い」のお手伝いをすることは嬉しいこと。かく言うぼくもシニアエイジに仲間入りしたわけで、何につけ、Never too late. の心意気は持ち続けたいとね、思っとるの▶メニュー、一昨日はカツ丼、昨日はチキン南蛮漬け、鶏のつみれ汁。

写真は前回アップに続き、レレおじさん@「ごもく農園」の「引き」のスナップ。この家屋は築50年〜60年くらいの農家様式。柱や梁はしっかりしてるし、エアコンなんてなくてもけっこう快適なんだ。冬場はちょっと寒いかもしれないけど、「住まいは夏を旨とすべし」という吉田兼好の言葉に沿った、これもそうした日本の古い家屋の典型かな。なかなか、いいですよ。落ち着きます。(撮影はこの家のご主人、ウクレレ菌に感染された人のひとり)

2013年09月13日(金)
今朝も早起き、7時起床。このところ、飯(昨夜は、アジの開き、豚肉とモヤシの炒め物、冷や奴)、食ったらすぐ眠くなるので起きるのも早くなった。別に早寝早起きをしようとがんばっているわけではなくて、今はなんだか身体が早寝早起きモードになっているんだね。それだけのこと。毎年、夏場はそんな感じだったけど、今年は秋口になってそうなった。ぼくは頭より身体の指令に従う人間です▶でも、ぼくは基本的には「寝る前日記」が習慣なので、「起き抜け日記」はどうもしっくり来ないんだな。で、基本一日一食(+お菓子)のぼくも朝7時ごろ起きると、さすがに夜までまともなものを食べないとお腹が空く(というより、すごく怠くなる、でも日中はあまり食欲がないんだ)▶ぼくにとって一番しっくりするのは夜中の3時頃寝て、10時ごろ起きる感じかな。その辺、極端にシフトしがちなんで、そこんところがね、ぼくの身体の身勝手なところ。ま、そのうち適当に夜型に戻るとは思うけど▶昨日は久しぶりにカメラを持って散歩に出かけた。朝散歩は柄じゃないから、いつものように夕刻散歩。パソコンが完全に回復してようやく撮影した写真をパソコンに取りこめられるようになったからね。散歩写真ができなくなって散歩もさぼりがちになってたんだ▶そうすると、しっかりとお腹の周りに肉が......。いかん、いかん。てなことで、写真は昨日の散歩写真。トンボの群れ飛ぶ散歩ロード稲穂越しの夕日、空にはぽっかりお月さま。日が短くなってきたね。それはそれでちょいと淋しい。

2013年09月14日(土)
今朝も早起き、6時起床。しかも早朝散歩に行ってきたよ。誰だい? 雨が降る、なんて言うのは。ーてなこと書いたら、ホントに雨が降ってきた。散歩してるときはまずまず良い天気だったのに、神様も「おや、珍しい」と思ってござる。昨夜はビーフン▶写真はややくたびれたカンナ越しの、今朝の空シドレミファ

2013年09月15日(日)
しばらくは茫然としてたね。事態を受け入れることができなかった。悪夢であるのなら、覚めて欲しかったが、どうやら現実のようだ。「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせながら、工具箱の中のアロンアルファを探した。手が震えてたよ。いや、ホント。子どもだったら大泣きしてるね。ま、子供じゃないから泣きはしなかったけど、泣きたかったですよ▶愛器のウクレレ、ギブソンTU1を誤って床に落として、ボディ側面がぱっくり割れてしまったんだ。ボディ下部から側面上部にかけて40センチ近くの亀裂が入った。大怪我だね。なんとかくっつけて、とりあえず、命には別状はない(音に影響はないようだ)感じかな▶それが夕方のこと。今はだいぶ落ち着いたけど、傷跡に触るたびに切ない気持ちになる。ぼくと同じか、ぼくよりも年上のウクレレ。買おうたって買えない、ワン&オンリーのウクレレ。大怪我を負わせたことが申し訳なくてね。傷口を撫でながら、ごめんね、ごめんねとまだ謝り続けてる▶オムレツ、野菜サラダ、しらす干しトッピングの冷や奴。

0 件のコメント: