2013年9月21日土曜日

WeeklyTweets 2013 (8.26~9.1)

2013年08月26日(月)
昨日は午後から、大和レレ教室の水曜夜生徒さんたちの自主練習現場(パラ本フォークデーに参戦予定)に音楽ディレクターとして参加。日ごろ、生徒さんたちに「音楽することの最大の楽しみはライブ出演にあり」と説いているので、みなさんが自主的に動き出したことには大歓迎。ライブ指南を買って出た▶既に新宿クラスの「ヨコシマーズ」のデビューライブに際して、諸々指導したので、ライブ未経験の生徒さんたちにどういうアドバイスをしたら良いかは経験済み。「人前でやるのならちゃんと練習して」というのは言わずもがなだが、アンサンブルの場合、カウント出しからうまくできないわけで▶そして、頭(イントロ)とケツ(エンディング)の重要性を。始まりと終わりがばっちり決まれば、中身は多少へろへろでもなんとか成立するのが楽曲だと思うんだな。で、多くのライブ初心者さんはそのことをあまり気に掛けない。テキトーに始まってテキトーに終わるような練習の仕方をするんですね▶それから、楽曲のアンサンブル用アレンジ。歌中のストロークをサビ部分で変えるとか、ブレイク部分の仕掛けを作るとか、ウクレレをパーカッションみたいに叩いてみるとか、ちょっとしたアイデアで楽曲に変化をつけて、より楽しく聴かせるように工夫するわけですね▶それから、多くのビギナーの方々は自分のテクニックよりちょっと難しいものをライブに向けて選曲したくなりますね。「あれ、かっこいいからやってみたい」、気持ちはわかります。でも、ライブは普段の実力が出ないものと考えた方がいいわけで。十分にできる範囲の曲を選ぶ、ということも大事かな▶そして、一番大事なのは心をこめて演奏すること。これに尽きます。人の心を動かす音楽というのは、演奏テクニックが上手いだけでは届かないわけで。むしろ、ビギナーさんたちは「下手うま」を目指すべきでしょう。照れやてらいを捨てて、メンバーと呼吸を合わせ一生懸命プレイすると、伝わります▶とは言っても、完璧に満足のいく演奏が特に最初のライブでできることは難しい。凹むことも多々あるでしょう。それを克服するのは練習と場数を踏むこと。そして楽しんでプレイすることを大事にする。その辺を昨日は講師としてではなく、音楽ディレクターとしてアドバイスしたのでした▶昨日の練習アドバイス、生徒さんからの「ライブに向けて自主錬をするから、ちょっとお付き合いしてくれますか?」というのが発端だったので、教室としてではなく喜んではせ参じたわけだが、練習終了後、みなさんから高額の「謝礼」をいただいてびっくり&困惑。そんなつもりではまったくなかったので▶途中で用事で帰られたり、他の予定があり帰られた人もいたが、「謝礼」が申し訳なかったので、これを機会に「先生のおごり」で、残りのメンバーと大和の居酒屋でお疲れ飲み会。それでも夕刻、飲み物半額時だったので、たいした金額ではなかったけれど。素敵な生徒さんたちを持って、ぼくは幸せです▶てなわけで、昨夜はほろ酔いで帰宅。居酒屋でちょっと食べた(ぼくは居酒屋ではしゃべるのに忙しく、飲むのが専門であまり食べられないんだ)ので、ソバなどたぐりつつ、12時前にはバタンQ、10時前に起床。時折やる爆睡、ぐっと涼しくなったのでまあよく眠れたこと。
posted at 13:21:50
 
動画は比較的最近にもアップした、ぼくの新宿の生徒さんたちのユニット「ヨコシマーズ」のデビューライブでの「ヨコロップ」(「ロリポップ」の替え歌)。大和教室の生徒さん達の目標になってる。このユニットも今後、続々ライブを控えてます。
posted at 13:29:39

2013年08月27日(火)
<この世にて一番さみしい蝉の穴>というのは母の句。穴から這い出て、羽化し、ひと夏の生を終える蝉の生きる目的は、ひたすら種の繁栄保持に貢献することなので、藤圭子さんのように生きづらさを抱えることもなく、それはそれであっぱれ健気であることよなあ、と思う夜の雨降りに。豚肉の生姜焼き。
posted at 02:05:34
 
<思い出すよ/俺たちが座っていた/トレンチタウンの共同炊事場/俺たちは偽善者たちを見ていた/やつら、善人の中に紛れ込んでた/この壮大な未来があっても/過去は忘れられないもの/だから涙をふいて/泣かないで/リトル・ダーリン/涙をふいて>
posted at 02:23:38

2013年08月28日(水)
火曜初級ウクレレ教室午前・午後ダブルヘッダーでポロリンコ♪ 年齢層は40代くらいから80歳超まで。婆さまパワーには常々感心するが、爺さまパワーもなかなかのもの。78歳Nさん(男性)の本日のいでたちは、タンガリーシャツに黒Tシャツ、細身のジーンズにナイキのスニーカー、参りました▶教室を終えて久々に歯医者へ。挿し歯が取れたのだった。でも、土台の歯が割れているとのことで、再装着はできず。どうも部分入れ歯とかになりそう。奥歯なので別になくても不自由はしないが。とりあえず欠けて尖っている部分を削って本日の治療は終わり▶取れた金属の挿し歯はけっこう重くて20グラムはありそう。だから現在ぼくの体重はー20グラム。マグロ丼、ざるうどん。
posted at 01:13:53
 
<君のことは好きじゃない/でも愛してる/いつも君のことを考えてるみたいだ/君はとてもつれない女/でもどうしようもなく愛してる/君はぼくの心をしっかり捕まえて/ぼくを恋のとりこにしちまった>
posted at 01:25:05

2013年08月29日(木)
昨日は水曜初級ウクレレ教室午前・午後ダブルヘッダーでポロリンコ♪ ご新規のおばさま2名が参加。お二人ともそれぞれ別の生徒さんのご紹介、ありがたい。で、お二人ともウクレレ教室に通っていた経験ありで、二人ともウクレレはカマカ。テナーとソプラノ。で、ソプラノの方は垂涎もののビンテージ▶メイド・イン・ハワイのカマカというウクレレ・ブランド、ウクレレ弾きにはおなじみのブランドだが、ロック・フォーク系の音楽に長く親しんできた人たちには意外と知られていない。ギター少年(おじさんも)が憧れるマーチンやギブソンといったブランドのウクレレ版といったところか▶材としてはコア(ハワイアン・コア材はその中でも希少、ギターで言えばハカランダ材)が多く、ハワイのウクレレの代表格で、もっともハワイらしい音(高音域がよく響き、涼やか)がする。ウクレレの材は主にこのコアとマホガニーがあって、マホガニーはコアに比べ、柔らかく甘い音がします▶ぼくは個人的には、コアの音はあまり好きではなく、マホガニー派でありますが、昨日のご新規おばさまが持ってらしたカマカのビンテージ(おそらく50年代製)は弾いてみて、マジに欲しかった。涼やかな中に枯れた味わいがある音だった。聞けばお知り合いから譲ってもらったものということ▶「なんだか知りませんが、良いものらしいです」とそのおばさま。「いやいや、良いもの、どころか素晴らしいウクレレです!」とぼくは言いましたね。しかし、他にもかつてウクレレ教室に通っていたというみなさん、みなさんカマカとかGストリングスとか高価なウクレレをお持ちなんですね▶それで、みなさんそういったカマカとかが初めて持つウクレレ、聞けば教室の先生に勧められたからというのが購入の動機。で、ひそひそ、みなさん、実力のほどはまだまだ初心者に毛の生えた程度、ひそひそ。普通のウクレレ教室の先生は初心者にいきなり「カマカを買いなさい」と言うのだろうか▶ところで、カマカは安いもので10万円前後、昨日のもうひとりのご新規さんが持っていたテナーは20万近くすると思う。ぼくは貧乏人だから、ウクレレの初心者さんにカマカを買いなさい、とはとても言えない。できれば単板、とりあえず3万円以上のものがいいかなあ、なんて言ってる▶まあ、良い楽器を最初から持つことは悪いことではない。特にウクレレはおもちゃみたいなレベルのものが多いから(また、それでいいみたいな間違った見られ方をするからね)、しっかりした音の出るウクレレを持つことが上達のポイント、とは生徒さんたちには言っておりますが▶そんなわけで、立派なウクレレに見合うテクニックを身につけていただこうと教える方も気合を入れてがんばる所存。昨夜はダブル・ヘッダー2連チャンで、いい感じに疲れて11時過ぎにはバタンQ。チキンの南蛮漬け、野菜サラダ。今朝は、ここんとこの最早起き7時起床。
posted at 09:27:21

2013年08月30日(金)
昨夜も晩飯(酢豚、春巻き、玉子焼き、シラス干しトッピング豆腐)食って、テレビつけっぱでバタンQ。眠りに落ちたのは11時過ぎ、今朝は6時半にいったん目が覚めたが、二度寝して8時起床。不眠に悩む諸兄には申し訳ないっす。このパターン、昨夏がそうだった。やや遅れてやってきた早寝早起き▶しかし、このパターンがいつまで続くか。秋口ともなればどうぜ夜型になる。基本、寝たいときに寝る、起きたいときに起きる暮らし。お勤めの方々には申し訳ないが、自堕落な暮らしをしているわけではありません。働くときには働いております。あまり時間に拘束されないだけでね▶しかし、ぼくの「労働」は概ねパソコンに向かってなされるわけで、修理中メイン機マック・ミニはまだ手元に戻っておらんので、なんだか手持無沙汰の日々が続いておる。実は既に修理完了、本来であれば本日中にもゲットできたはずなのだが、修理費振り込みに手違いあり、戻ってくるのは明日となった▶やるべきことがどんどん溜まって、個人的には厳しい夏の終わりとなりそうだが、世界はそんなことなどまったく関係なく動いているわけで、少しは「世界」もぼくのこの個人的な問題を考慮し、執行猶予的に動いてほしい、つまりもっとゆっくりと日々が過ぎてほしいと願うのだが、あれよとあれよと8月も。
posted at 11:50:30

<君の愛が欲しいんだ/君はわかってるよね/ぼくを愛して欲しいんだ/ぼくが君を愛するようにね/君の愛なしではダメなんだ/一週間に八日分の愛/それでも足りないくらい> 一週間に八日、欲しいねえ。愛する時間ではなくて、生活する時間。
posted at 12:02:43

2013年09月01日(日)
<八月は水母の傘で終わりけり>というのは母の句。朝一で新しい1T(壊れたのは500GBのHDDだったが、せっかくだから1Tのものと交換してもらった)のHDDを搭載したマック・ミニが(ようやく)修理返送されてきたので、各種諸々設定作業を開始。しかし、トラブル多く、いまだに道半ば▶まず、このマック・ミニの元の持ち主が付属してくれたOS10.6のバックアップDVDに問題があるのか、オリジナルの状態の10.5から10.6にアップグレードできないことでつまずき、Mailの設定でつまずき、損傷した旧HDDのマウントでつまずき(修理業者が言ってたように不安定なんだ)、なんとか数百ギガ単位のファイルをほぼ一日中かかってコピー移行したものの、各種アプリ設定にあれやこれやとトラブル▶移行再設定作業は何度もやってきたが、こんなにすんなりいかないのは初めて。くそ暑い中、すんごく苛々しちまった。パソコンってこんなことがあるから嫌なんだ。「なんで〜!?」とか、ついパソコンに向かって毒づいてしまう▶なにもかも、むちゃくちゃ中途半端でなんか消化不良いいとこだけど、ファイルはなんとかコピーできたようなので、それだけでも良しとせなばな。今日のところはここまで。10.6はオーダーしたので、そいつが来てからだな▶てなわけで、<八月はりんごの「へた」で終わりけり>といったところでありましょうか。やれやれ。白身の焼き魚、豚肉とキャベツの炒め物、温泉卵、シラス干し、冷ややっこ▶なんかしらん、写真もアップできんし。。。

0 件のコメント: