2013年9月21日土曜日

WeeklyTweets 2013 (8.12~8.17)

2013年08月12日(月)
昨日からメイン機、Mac miniの調子がおかしくなり、本日朝一でアップル・サポセンに連絡、諸々対応策を講じるも、復旧せず。結局、業者に修理依頼をすることに。過去の故障より今回はシリアスかも。つまり、HDクラッシュの可能性あり。バックアップはまともにしとらんのだ。めげておる▶とりあえず、Win(Vista)のノートパソコンでしのいでおりますが、これでは仕事もなんもできん。やれやれ、まったく。
posted at 17:24:50

2013年08月13日(火)
雨が降って少し涼しくなった。♪しょうがない~、雨の日はしょうがない~。パソコンが壊れるのもしょうがない~。物事良きに解釈すれば、ぼくは身体は恥ずかしいくらい健康で病気一つせずにここまで来た。ときどき、ぼくの代わりにパソコンがぶっ壊れてくれてんのかなあ、なんてことを考えたよ▶しかし、今日は消耗した。猛暑、消耗、しょうもないがもうしょうがない。夜遅く、マックミニを箱に詰め、コンビニまで修理業者のところへ送付手続き。明日は朝からレレ教室、気持ちを切り替えよう。スパゲティ・ナポリタン、ベーコン&ブロッコリー。
posted at 02:11:43

2013年08月14日(水)
大和ウクレレ教室で午前、午後とダブルヘッダーでポロリンコ♪ 年齢層の高いクラスだけど、いい感じだよ。78歳、Nさんはグラサン姿で登場、不良老人風でいい味を出しているお方。明日は82歳男性も初参加。塩サバ、モヤシと豚肉炒め、冷ややっこ、茸のお汁。
posted at 01:00:45

2013年08月15日(木)
昨日に続き、午前・午後ダブルヘッダーレレ教室@大和。「敬老ウクレレ教室」の様相を帯びてきた初心者クラスだが、70歳~80歳超の方々、2時間のレッスンにもお疲れの様子はなく、楽しくウクレレを学んでいただけているようで、嬉しいですよ▶期せずしてお年寄りにウクレレを教えることになったわけだが、ぼくは以前からお年寄りにウクレレを教えたいと思っていたんだ。そして、密かにお年寄りに教えることについては漠然とではあったが、自信はあった。シニア世代専門のウクレレ講師としてちょいと頑張るかな、なんて思っておる▶そうだ、「ウクレレ(と、きれいな女性を見ること)は長寿の秘訣」と言って、101歳まで現役でプレイしたビル・タピア翁のこと、今度生徒さんに教えてあげよう。ウクレレに限らず、歳を取っても音楽をすること、そのことに楽しみを見出すこと、良いことだとホントに思うね▶しかし、微老人のぼくは猛暑日の中、連日の4時間ノンストップ・レッスンでいささか疲れました。でもね、やっていて本当に楽しいし、良い出会いもたくさんあって、ありがたいですよ、このウクレレ教室の仕事。パソコンの神様には冷たくされてるけど、ウクレレの神様のご加護は感じるね。塩焼きそば。
posted at 01:34:04
 
ライブのお知らせ:明後日17日の土曜日、午後7時くらいから中央林間「パラダイス本舗」で久しぶりのライブ・コンサート をやります。ウクレレを弾きながらオリジナル曲を中心に唄う予定です。ギター弾き&シンガーで音楽仲間の野田高澄さんとのジ ョイント・ライブになります▶山下セイジ&野田高澄ジョイント・ライブ 日時:8月17日(土)19:00~(open:17:00)■ 場所:中央林間「パラダイス本舗」 http://niginigi.jp/Bar.htm Tel/Fax 046-274-3948■ミュージック・チャージ:投げ銭
posted at 14:12:21

2013年08月16日(金)
<原潜が黙ってとおる夏座敷>というのは父の句。父にとって終の棲家となったケアハウスの窓から、関門海峡が眼下に見えた。海峡を隔てた向こう岸は北九州小倉。狭い海峡を大小の船が行き来する様子を部屋にいながらにして眺めることができた▶そうした父の住環境がこの句の背景にあるわけで、それを知らなければこの句は理解し難い。「黙ってとおる」この原潜が米軍のものではなく、中国海軍のものであったとしたら。不吉でありながら、どこか筒井康隆風のシュールな句。終戦記念日、しかしあらたな戦争の匂いがする嫌な時代になった▶平和ボケと揶揄されようが、「戦争ボケしてる奴らに、平和ボケがどんなに楽しいか教えてやろうよ」とは参院選に立候補した三宅洋平の言葉。ぼくは楽しいことを一生懸命やるよ。神妙な顔ではなく、にこにこと楽しそうに平和の誓いをね、唱えようではありませんか。ザルそば、ちらし寿司。
posted at 02:21:03

2013年08月17日(土)
<まどろめば口中くらき晩夏かな>というのは父の句。日中はうだるような暑さだったが、夜になって涼しい風が開け放した窓から入ってきた。「こんばんは、秋の気配と申します」。同時に虫の声も。お盆も過ぎれば夏も徐々に終りに向かう▶もう一度、少年期に戻って夏休みを過ごしてみたいねえ。50年前の夏休み。しかし、今の時期は溜まった宿題をやってたかなあ。いまだあの頃の宿題をやり残している感じはあるが。塩麹豚肉のソテー、レタスとトマトのサラダ。
posted at 02:09:53

0 件のコメント: