2012年11月26日月曜日

WeeklyTwitts 2012 (11.19~11.25)


2012年11月19日(月)
レレ教室を終えて、新宿から小田急小田原行きの急行に乗り、相模大野に着いたのが午後7時を回った頃。うとうとしていて乗り過ごしそうになり、ちょっと慌ててホームへ下りたんだ。向かい側ホーム、藤沢江ノ島方面行きの電車が来て、乗り込もうと思ったときに気がついた。ウクレレを車内に置き忘れた▶ちょうどウクレレのクラスで、生徒のMさんが愛器のウクレレをどこかに置き忘れて焦った話をして(そのウクレレは見つかったのだが)、見つかって良かったね、いやあ、僕のこのウクレレ(40〜50年代製のギブソン)をなくしたりしたら、ちょっと立ち直れないかもしれない。なんて話をしたのだった▶で、電車の網棚は良くないね、そうそう網棚は禁物ですね、なんて粗忽者同士(と言ったらMさんに悪いけど、そこらへん、似た匂いがする)で会話したばかりだった。ホントにそんな話をしたばかりだった。その電車の網棚にぼくにとってそれはそれは大切な宝物といってよいウクレレを置き忘れたのだった▶ただ、ぼくのウクレレは薄汚れたテニスラケットのケースに入っており、貴重&金目のものオーラはないので、誰かが持っていくとはあまり考えられない。また、置き忘れた電車は発車したばかりなので電車は特定できるし、乗っていた車両も大体わかっていたことから、まあ大丈夫だろうと高をくくっていた▶相模大野の駅ブースに行き、事情とブツの外観を説明。「テニスラケットのケースにウクレレ?ですか」とは言われたけど、そうなんだから仕方ない。親切そうな駅員さんが対応してくれて、本厚木で確認してみます言われ、待つこと十数分、「見つからなかったようですね」とすまなそうに▶「でも、停車時間が短いので探しきれないんです。秦野駅でも確認してもらいます」と言われ、また待つこと十数分、見つからない。新松田でも確認してもらったが見つからなかった。このあたりで目の前がだんだん暗くなってきましたね。あのウクレレがぼくにとってどれだけ大切か、ぼくにしかわからない▶最後の望みは小田原(小田原まで行けば全車内点検をするので、もしそのまま網棚に置かれてあるとすれば見つかるはず)ということになり、結局、相模大野に下りたってほぼ1時間後、ぼくの愛器ギブソンTU-1は小田原駅で無事「保護」されたことがわかったのだった。 嬉しかったよ。ほっとしました▶すぐに小田原に向かい、駅員室で愛器と対面、「ごめんな、父ちゃんがついうっかりして君を置きわすれてしまった。許してね」とぼくはウクレレに謝ったよ。そんなわけで想定外の小田原まで往復、帰宅は深夜となってしまったのでした。帰宅後、うどんとお寿司セット。関係駅員さん、ホントにありがとう。
posted at 02:43:53

ウクレレ置き忘れの件で、久しぶりに神様にマジで祈ったよ。願いが通じたのでまたしばらくはそんなにいいこともないであろう。昨日の曙橋付近、空シドレミファ
posted at 03:04:27

10時半起床。起き抜けに一年に数度くらいしか連絡を取らないが、なぜかウマが合い、ひとたび電話で話し出すと女子高生のごとく長電話をしてしまう友人から電話あり。昨夜のウクレレ置き忘れ事件がめでたく解決したこともあり、ぼくもテンションが上がっていたので、2時間近くの長電話となった▶彼もぼくと同様、ギターからウクレレへの「スイッチャー」で、ビンテージのマーチン・スタイル0を愛器としている人物。ただでさえ共通の話題が多い同世代の友人だが、レレ話をしていると止まらない。彼は老人ホームで働いていて、ときどきばあちゃんたちにウクレレを弾いてあげるそうだ。いい話だ。
posted at 16:58:37

ところで、昨夜の相模大野での1時間の間に思ったことで、仮に誰か(そういうやからがいるんだよね、目撃経験あり)が網棚の置き忘れものを(無価値に見えてもとりあえず)持っていったとして、塗装が剥げていたり、傷もたくさんあるぼくの古びたウクレレはほとんどの人にとっては価値はないわけで▶その人物はケースを開けて金目のものではないことを知り、どこかに捨て去るか、二束三文で処分するか、するだろう。彼が金目のものをゲットすれば、置き忘れた人物にとっては悔しい話だが、底辺で生きている人(そんな人物がいるんだね、「置き引き」だね)に施しと考えてもいいかもしれない▶粗忽者のぼくは過去に財布やらカメラやらを置きわすれた(ほとんどの場合、出てこなかった)経験があり、そういうふうに考えるようにしていた。ただ、今回のウクレレに関しては、もし捨て去られるようなことになれば、これくらいのぼくにとって悲劇はないわけで▶そうならなくてホントに良かったと一夜明けてしみじみと。別件電話でその話をして、電話相手は「(自分もそういう経験があり)大切なものは絶対、網棚に置きません」と。これから忘年会等でへべれけで電車に乗る機会も多くなるかと思いますが、「網棚に大切なものは置かない」。これを年末の標語に。
posted at 17:35:38

午後散歩。日中でもぐっと寒くなったが、見上げる空は哀しいくらいに青い。The sky〜 is not the limit..♪(Yokoさん、笑)、本日の空シドレミファ▶最近、顔なじみになった白黒子ガモ。こやつ、動きもちょこまかと元気いっぱい。クワックワックワッとよく鳴くんだ▶近づくと餌を欲しさに寄ってくる。かわいいでしょう? 名前をつけねば。白黒猫のシルベスターにちなんで「しるべえ」にするべい▶で、こいつも忘れてはならない。本日のカメジロー▶新シリーズ「誰でもできる形態影絵ーリオのキリスト像」。本日の影ホーガン。
posted at 19:01:23


レレ教室日記ー11月18日@ゆうむ

18日、日曜日のレレ教室@ゆうむ、今回はあいにく出席できない生徒さんが数人いたことから、午後1時からクラスと3時クラスで合同アンサンブル大会。音楽の楽しみ方は色々あるが、グループで演奏することが一番楽しいんじゃないかな。各人テクニックの差は多少あっても一緒に音を出す楽しさは格別教える立場として「これができれば」と一番に思うことが、生徒さんたちがウクレレを学んでいくモチベーションをいかに持続させるかということ。それは基本的には自分で見つけていくものだけど、そのお手伝いができるかということだね。習い始めた当初は色々と発見や達成感があって練習意欲もある▶でもそのうち、意外と難しいことに気付き(特にウクレレは最初が簡単そうに思えるので)、思うように上達しないことから練習にも熱が入らなくなる。まあ、何事も、最初は楽しそうなことでもしばらくやっていれば人間は飽きるんだね。そこで目標設定とか努力に対するリウォードがモチベーションになるただ、趣味としてウクレレをぽろろんとちょこっと弾けるようになればいいな、という動機で始めた場合、どんどん深みにハマって、毎日何時間もウクレレを懸命に弾くようになって、最終的にプロを目指すようになって、ウクレレ道を極めたい、というケースはあまりないように思う▶相当な実力があっても、この世界、そうそう簡単にはプロになれない。デザイン学校でデザインを学んでデザイナーになるとか、料理学校で料理を学んでシェフになるとか、そういうのも簡単ではないけど、普通、ウクレレを学んでどうなりたいかと言えば、ウクレレを弾いて楽しみたい、ということでしょう▶それで、ぼくとしては「うまくなればもっと楽しくなるよ、そのためにもっと練習すればいいよね」と思うのだけど、「それはそうだろうけど、練習してもすぐにはうまくならないし、仕事もあるから毎日何時間もウクレレを弾いているわけにもいかないし」というのが習う立場の気持ちでしょう▶で、漫然とウクレレを練習していても、目標もリウォードもなければ練習を続けるモチベーションが見当たらなくなるよね。前から思ってたことだけど、アマチュアの楽器練習の目標はやっぱりライブというか発表会、リウォードは「楽しさ」ということだよね。そろそろそれをやりたいな、やらせたいな、と▶「パラレレ教室」でも生徒さんたちを「デビュー」させることにしたので、こちらでもそういう機会を作ってやろうかな、てなことで、合同クラスを良い機会にして、今回の「アンサンブル大会」はその下準備、とりあえず細かいことは抜きにして、みんなで音を出す楽しさを知ってもらいたいという魂胆でね▶ぼくがアンサンブル課題として選んだ楽曲は、そこそこお上手な人もそれなりな人も一緒に楽しめる基本3コードの「聖者の行進」、「パイナップル・プリンセス」、そしてこのクラスで既に練習した「ツイスト&シャウト」。「リード・ウクレレ」とかのパート割りも決めて、もちろん歌もがんがん歌って▶まだ歌を歌うとウクレレ演奏がおろそかになり、演奏に気持ちを向けると歌が出てこないという感じはあったけど、それなりに楽しんでもらえたように思う。この教室では「ウクレレ忘年会」を企画中、そこでちょっとした「発表会」ができれば、とへっぽこ講師は思っているのでした。


*画像はへっぽこ講師とその生徒さんたちのレッスン風景@ゆうむ



2012年11月20日(火)
眠りに就いたのは午前5時過ぎ、起きたのは11時過ぎ。ほぼ完全にかつての夜型に戻ったとです。本日の暮れ泥(なず)む境川上空、空シドレミファ▶散歩タイムも朝散歩→午後散歩→夕暮れ散歩とシフト。この時間帯の散歩道(黄昏の散歩ロード)は好きなんだけど足取りがゆったりとしてしまう。夕日紅く心を染めて▶誰でもできる形態影絵ーエンパイアステートビル▶「エンパイアステートビル」をこうかな、ああかな、とやってたら自転車女子高生が。変なおじさんと思われたに違いない。そうです、わたしが変な影絵おじさんです▶<つるべ落とし誰の上にも落ちてくる>というのは母の句。「やれやれ坂」(散歩ロードの終点だから)の上の夕日。
posted at 18:37:08

2012年11月21日(水)
<菊に水たっぷりと掛け入院す>というのは父の句。この句は88歳で亡くなった祖父のこと。祖父は菊いじりがほぼ唯一の趣味で、なかなか見事なの盆養を作っていた▶父はよく祖父に小言を言われていたが、反論するわけでもなく黙って聞いていた。激高型の祖父と穏やかな父、小器用な祖父と不器用な父。容貌もあまり似てなかった。 画像▶父が祖父の実の息子だったのか疑わしいところがある。もうすぐ祖父の32回忌。塩鮭、酢蓮、蕗の煮付け、かぶとキュウリのぬか漬け、豆腐の味噌汁、もずく酢。 画像
posted at 02:36:36

10時半起床。今日は珍しく各方面から電話が相次ぎ、あれこれしてたらもうこんな時間に。午後散歩、今日もE天気。ハーフムーンが顔を出してる本日の空シドレミファ▶空を見上げることが多くなった。♪胸に〜染みる空のかが〜やき〜。境川上空、空シドレミファ2<青空を切り分けるかな飛行機雲>「しるべえ」とお母さん(たぶん)▶本日のカメのいる風景▶誰でもできる形態影絵ーコンパス
posted at 18:42:39

2012年11月22日(木)  
コタツでうたた寝、妙な時間に目が覚めた。<ときどき心がカタワになる夜の底朝の蓋> アジフライ、コロッケ、薩摩揚げ、レタスとトマトのサラダ、味噌汁、黒豆納豆。 画像
posted at 04:25:36

10時半起床。アマゾンでインクジェット画材用紙、ヤフオクで顔料プリンタ用純正インクをゲットしたので懸案だったカラーマッチングに再挑戦。以前は特に苦労しなかったカラーマッチングが難しくなったのはモニターを他社製のものにしたせいだろう。まあ、なんとかおおよそのことはわかった▶A3ノビ画材用紙にプリントしているうちに用紙の角っこに折れ目があるのを発見、確認したら20枚すべての用紙に折れ目が。外箱の角もつぶれていた。ありゃりゃと思いつつ、アマゾンサイトで返品交換手続きを。ところがなんどやっても記入ミス警告が出て手続きが完了しない▶ああいうところって問い合わせ電話番号とか(意図的にか)、わかりづらく表示しているのであれこれ探してようやく番号を見つけ、電話。当然しばらく待たされ苛ついたが、以前新聞で「クレーム処理担当哀史」を読んで(沖縄にある某家電メーカーのテレフォンセンター)同情するところもあり、穏やかに▶アマゾンの応対は丁寧で良かったが、ウェブでの問題は「一時的な不具合かと」という返事。返品交換の一件は落着したが、今度は紙送り不調で、だましだまし使っているプリンタが言うことを聞かなくなった。インクはけっこう揃えたので、この機種を買うしかない。それには中古しかない▶ヤフオクで同機種があったので、いくつかとりあえずウォッチリストに。で、そのために新たなネットバンクを開設したのだが、そこに入金しようと先日届いたカードを探すが見当たらない。散々探したが見当たらない。外に持ち出した記憶もなく「ないはずはない」(いつも探し物をするときはこう思う)▶探すこと小一時間、カードをスキャンしようとスキャナーの中に置きっ放しだったことを思い出した。やれやれと思って出かけようとしたら今度は財布が見当たらない。カードを探すため、さっき中を見たばかり。「なぜ消える」(探し物をするときはいつもこう思う)と思いながら探すこと30分▶なぜかあり得ない場所(探し物が見つかる場所は大体そういうところ)、台所のポットの裏側に置いていた(捜索中にコーヒーを飲んだのだった)。そんなことをやっているうちに晩秋の陽は傾きかけ、つるべ落としの落日となる。恋人よ、これがワタシのよくある一日。
posted at 18:52:02

陽もとっぷりと暮れてしまったが、ヒット・ザ・黄昏の散歩ロード。お空にぽっかりお月さま。ハーフムーンだね。やれやれ感を引きずってこの時間帯の散歩もおつなもの▶夜空にハーフムーン/7つの星/天国の目/7つの海からの7つの歌/あなたの甘い愛のすべてを私に というのはジャニスの「ハーフムーン」。かっこいい曲だよね。
posted at 19:17:18

2012年11月23日(金)
<弦月を搦めとろうと蜘蛛ありき> クモは大嫌いだけどね。鶏あんかけ南蛮、レタスとブロッコリーのサラダ、味噌汁。 
posted at 02:30:05

10時半起床。小雨、霧雨、こぬか雨、煙るような冷たい雨が降っておりまする。昨日は「いい夫婦の日」だったが、今日は「いい兄さんの日」かなと思ったら、やはりそうだった。11月は一年で最も「いい日」が多い月なんだろうね。ちなみに11月29日は「いい服の日」。だからどうだってことだけど▶で、今日は勤労感謝の日。<清貧を勤労感謝の日と申す>というのは母の句。「貧乏は正しい!」という橋本治の言葉があるが、ぼくも「清く」は自信はないけど、自分なりに正しく生きてきたかなあ、とは思う。ま、結果「正しくビンボー」だけどね。さてそこそこ勤労しなければ。
posted at 11:58:03

本日の(も)勤労はあまり捗らなかったが、雨も上がったので散歩だけは行って参った。夜散歩。寒かった。散歩は日があるうちに限る。光溢れるテニスコート▶雲の切れ間にぽっかりとお月さま@レナード公園。なんだか狼の遠吠えが聞こえてきそうで、ちょいとスプーキーではありますが。
posted at 19:31:19

2012年11月24日(土) 
今、シゴト以外で描いた絵を整理編集していて、自作のデジタル・リミックスみたいな。これは20年近く前に描いたアナログ・ペン画をデジタルで加筆したもの。
posted at 00:28:43

Facebookのアルバム「Queer People」に写真を7枚アップロードしました
posted at 01:06:16

<直立の棒に掴まる冬どなり>というのは父の句。「冬どなり」とは冬が近づいた気配を感じる晩秋のころ。「直立の棒」とは父が晩年愛用したステッキのことか。今日はうすら寒い一日だった。日々が過ぎるのは早いがやるべきことは遅々と。オムレツ、キャベツとウィンナーの炒め物、青梗菜のあんかけ汁。
posted at 02:30:57

2012年11月25日(日)
 11時起床。午後散歩。今日は近所の神社方面に。七五三を祝う家族が。晴れ着姿の女の子、何を祈っているのやら。7歳の女の子の頭の中身、さぞやカラフルでありましょう▶神社境内の春楡の木。インコがいるよ▶ほらね。この野生化したインコたち、二、三年前まではウチの近くにたくさんやって来てたが、ここのところ見ないと思ってたらこんなところにいた▶インコを撮ってたらおじさんに話しかけられた。春ごろはツミという小さな鷹が巣を作るらしい。ふくろうもいるとのこと。見たいものだ。鳥居の向こうに午後のお月さま▶神社付近からの昼下がりの月。本日の和風空シドレミファ。 http://t.co/Jjqz8lpx
posted at 00:25:49

花すすき手を差しのべてみたくなる>というのは父の句。天国には冬という季節はないのだろうな、父ちゃん。豚バラ大根、にぎり寿司、シメジとエノキと豆腐のお汁。 
posted at 03:23:49

うーむ、買ったはずのタバコが見当たらない。昨日散歩がてらの自販機で買った記憶はあるが、もしかして自販機の中に置き忘れたか。それ、何度かやったことがある。そんなことばかりだ、ここんとこ。しょうがないから寝るとする。そう言えば昨日地震があったのだった。久しぶりの震度4。びびったっす。
posted at 04:20:32

11時半起床。「沖田正午」復活も時間の問題か。うーむ。それでも散歩は続けんとな。今日は影カメの三吉(なんとなくね)とお散歩さ▶で、本日の亀サブローと亀シロー▶本日はカモのお友達も一緒に昼寝。亀次郎とカメ子▶本日のしるべえ。クワックワツと元気よく鳴いておったよ▶このアングルからの写真を何枚撮ったか。この木が好きなんだ。樫の木?(どなたか教えてちょ) 本日の「なべてこの世は事もなし」的境川上空空シドレミファ▶久しぶりの誰でもできる顔まねー遮光土偶
posted at 16:38:47

2012年11月21日水曜日

WeeklyTwitts 2012 (11.12~11.18)


2012年11月12日(月) 
女の脚をいじり倒した後、新大久保コリアンタウンを徘徊(絵の話ですけどね)後、モニタとプリンタのカラーマッチングに苦戦、こんな時間となってしまった。思えばmac mini+他社製モニタにしてからなんか違うなと思っていたが、設定をフォトショップ側からして少し改善。と・て・も、疲れた▶ヤフオクで4、5日前から狙ってたブツがあって、昨夜が終了日。絶対落とそうと夕方くらいから意気込んでいたが、終了3時間前のところでいきなりオークションが終了、その時点の価格の2倍くらいの即決価格で落としたヤツ、それをやっちゃいかんでしょ。がっかり。玉子入り肉豆腐、味噌汁。
posted at 04:14:47

今日あたりから寒くなると聞いてたが、いい天気じゃないか。女房の小春日和。本日のピーカン空シドレミファ&影を慕いてホーガン▶5時半就寝10時半起床。一昨日は遅起き早寝、昨日は早起き遅寝、今日はシンプルに寝不足。日替わりのでたらめ生活時間であるなあ。今日は影ワンコをお供に▶どうもあれだね、スランプだね。かめへん、かめへんといきたいところだが。本日のカメ▶こんなとき、生き方の基本を猫に学ぶ。本日の
posted at 16:50:35

2012年11月13日(火)
<美術館出て短日の時計巻く>というのは父の句。午後に館内に入り、ひととき絵を鑑賞して戸外に出ると既に日が暮れかかっている。静謐感、寂寞感漂う、そんな秋の日の情景だね。父は手巻きのグランドセイコーを何十年も愛用していた。ぼくが一時保管していたが、今は母のところにある▶一日が一週間がひと月が一年が矢のように過ぎてゆく。荒淫矢のごとし、というのは筒井康隆の造語。こんなふうに過ぎてゆくのなら、というのは浅川マキの歌。どうもね、このところスランプなんだ。じりじりと頭のネジを巻かねばな。ブリ塩焼き、モヤシとキャベツ炒め、豆腐とワカメの味噌汁、納豆
posted at 01:45:26

9時半起床。起き抜けからブツの取引(ヤフオクね)やら、それに絡んでネットバンキングのチェックやらメールの返事やら送信やら、なぜかリンク切れがあっていじっているうちにカテゴリーごと喪失して「んもー」となったウェブHPの修正業務やら、やらやらで秋の日の一日は忽ち暮れていくのだった▶年を取るとゆったりと気長に構えられようになる、というのは嘘でむしろせっかち気短かになるケースが多いそうだ。ぼくもそうかな、と思うこのごろ。いろいろと思うようにいかないことが多くてさ。「おれはダメだな感」がこのところね。「物事は思うようにいかないのが人生のデフォルト」と思わねば。
posted at 17:20:13

♪あ〜きの日は〜つるべお〜と〜し、というのはこの時期に脳内でよく再生される小坂忠の歌。夕方散歩。日が短くなったけど、影は長く、の足長ホーガンさん▶仲睦まじく遊泳する夫婦鴨。ところでカモ類はシーズン毎に繁殖のペアを代えるので、一夫一婦ではないとのこと。ちなみにオシドリも同じ、だと。‥‥だろうなあ▶青空のもと、ゆっくりと車椅子の老婆を押す男性老人と中年のおばさん。「カモがいるねえ」と穏やかに爺様は車椅子の婆様に話しかけていた。なんだか涙が出そうに▶レナード公園(とぼくは呼んでる)上空、平筆で無造作に塗り付けたような雲一片。見渡す限り雲はこの一片のみ、本日の空シドレミファ
posted at 17:52:23

2012年11月14日(水)
コスモスを括り晩年まっしぐら>というのは父の句。明日からぐっと寒くなるそうだ。秋風蕭々なれど、晩年というにはもう少し。かき揚げうどん、小田原の揚げ天。
posted at 01:46:45

9時半起床。あれこれやって散歩→図書館→買い物、それこれ片付けて、さてと今夜はパラレレの日。なぜか知らないが、いつも直前になって思いつく練習課題、ばたばたと準備して、レレ担いで、チューオーリンカンまで、ポロリンコ♪
posted at 18:03:42

2012年11月15日(木) 
パラ本deパラレレ終えて10時半ごろ帰宅後、ブツ取引業務、メール関連業務、ファイル送付業務等、ぱらぱらと。なんだか今日はあれこれそれと雑務多であった。牛肉丼、茸野菜春雨汁、冷や奴。
posted at 02:53:55

<裸木となって思念の瘤見せる>というのは父の句。そして「思念の瘤」から生える希望と再生の細枝。昨日の空シドレミファ▶菊の冠を戴いた昨日の影ホーガン▶昨日のカメ
posted at 03:07:04


昨夜のパラダイス・ウクレレ教室、ご新規Oさんが加入。Oさんとは6、7年前になるだろうか、友人の友人という関係でアマチュアのライブで一緒に演奏したことがあった。以来、リアルにお会いする機会はなかったが、最近facebookを通じて交流が復活、ぼくのレレ教室に参加表明という運びに▶Oさんは当時、ベースを弾いていたが、ギターも弾く。ぼくもそうだが、ギターを弾く人がウクレレも弾くということは多い。基本的には同じだからギターの素養があればウクレレはすぐに弾けるようになる。ただ、ぼくの場合はウクレレにハマってギターをほとんど弾かなくなった「スイッチャー」▶Oさんはさすがに初心者とは違ってストロークの基本はばっちりだが、しょっぱな気がついたことに、ウクレレを「ギター持ち」していたんだね。小さなウクレレの側胴底面を膝に乗せ、サウンドホールよりブリッジ側を弾く感じ。これはギターを弾く人がウクレレを持ったときにありがちなこと▶ウクレレは赤ちゃんを胸に抱くように持つ。愛おしいものを大事に抱くようにね。このへんがギターに比べ、より親密というか、楽器に対する愛着が強くなるように(ぼくの場合は)思う。で、その構えだと自然にストロークする部分はサウンドホールよりネック側になり、弦の鳴り方としては柔らかくウクレレらしい音が出るというわけ▶Oさんはすぐにコツを掴んだようだが、ここいらへんから徐々にウクレレとギターの違いに気がついてもらって、ぼくのように「スイッチャー」、もしくはウクレレの方に比重を置いたプレイヤーになってほしいなあ、と密かに思っている▶ぼくにとって、ギターは長い間、「良い友達」だったが、ウクレレは「恋人」になったんだね。「ウクレレは軽いし、手軽に持ち運べるのがいいですね」とOさん。Oさんはぼくと同世代、年を取るとこのことはホントに大きなポイントになります。棺桶に入れるのもお手軽、ノープロブレムだしね(笑)▶昨夜のレッスンは、一番気にかけている休みがちの初心者さんが久々に出席するということでメニューに悩んだ(生徒さんのテクニック差問題)が、その生徒さんが事情により来れなくなって、基本ばっちりのOさんと同じくばっちりのKさんのお二人となって、ややぎこちないレッスンとなってしまった▶思い描いていた段取りが崩れるからね。でも、こういうことはよくあること。思い描く事がそのままポンと実現する事の方がまれなのであって。いろいろな条件下でもそれなりにこなすのが、ありがたくお金をいただいているプロ(一応ね)の仕事。へっぽこなりに精進せねば▶さて、そういうわけで昨夜のメニューはストローク練習中心の「素振り系」。後半、アンサンブル練習としてTwist & Shout(前回、新宿教室のレッスンで盛り上がったので)を。ずっと生徒さんたちをパラ本でライブデビューさせたいという思いがあったが、とんとん拍子で年末デビューが決定▶ユニット名は「パラダイスクイーンズ」(思いついた当初は生徒さんは女性ばかりだったので)。おじさんが混じろうとも「パラダイスクイーンズ」でいこうと、これは教室主催者の専権事項。さて、年末に楽しみが増えた。

posted at 13:13:58

朝晩はだいぶ寒くなってきたが、晩秋の日差しは透明感があってよろし。午後散歩。川の水も夏場より澄んでいるように思える。クリーデンス・クリア・ウォーター・リバー。カメ・ウォチングしてたら、ぼくより少し年配のおじさんから話しかけられた。「今日はけっこうカメ、出てますね」▶「この間なんか、いっぱい6、7匹出てましたよ」「はいはい! 僕も見ました」とカメ・ウォッチャーとして同好の士に出会い、嬉々として僕は答えたのさ。「ここらを散歩し始めて何年にもなりますが、カメを見たのはここ最近が初めてなんです。いるんですね」と言えば、「昔からいますよ」とおじさん▶「へえ、そうだったんですか。カメは見てると和みますよね」という会話から、サギもいますよね、そうそうサギもいる、カワセミだってときどき来る、カワセミ?すごいな、鵜だって来ますよ、え?鵜って鵜飼いの鵜?そうそう、けっこう大きいですよ、へえ、見たいな、と会話が弾んだ▶ここいらの鯉は赤いのがいないでしょう? そう言えば赤いのが一匹いたけど最近見ないですね、赤いのは釣って持って帰っちゃうのがいるんだよね、私はインコを飼うのが趣味でね、そう言えば野生化したインコがこの辺いますよね、ああでっかいヤツね、柿食っちゃうんだ、と会話すること15分ほどそして二人して川の護岸壁に張り付いてのんびり甲羅干しをしているカメをしばし鑑賞して別れたのだった。おじさん、たくさんの情報をありがとう。カメ・ウォッチャー仲間ができて嬉しかったね。
posted at 17:41:08

そんなわけで、本日のカメ。左から1カメ、2カメ、3カメ▶光る川、光るカメ▶夫婦亀。亀次郎とカメ子▶今日は影ウサギのピョンコ(影キツネのコン吉とほぼ一緒だが)と連れ立って歩く影ホーガン▶紅葉を仰ぐ本日の空シドレミファ
posted at 18:02:27

2012年11月16日(金)
「まあ、なるようになるもんさ、Don’t think twice, it’s alright」老猫は言う。おでん(こんにゃく、大根、玉子、厚揚げ、はんぺん、ゴボウ天、竹輪)。 
posted at 02:55:43

4時半就寝10時半起床。朝型ロングランも終了宣言したほうがいいかな。昼下がり散歩。一片の雲なし、本日のド・ピーカン空シドレミファ▶仲良きことは美しき(いやらしき)かな。本日の夫婦亀▶今日はアヒルのガア子とお散歩さ。本日の影ホーガン
posted at 15:32:16

2012年11月17日(土) 
長々し夜をひとりカモ寝む。白身の魚の塩焼き、もずく酢、豆腐とキノコのお汁、昨夜の残りのおでん各種。 
posted at 03:10:05

2012年11月18日(日) 
半日仕事と思っていたら丸一日かかるのはどうしてでせう。時間が絶対的に短くなっているとしか思えない。雨降りであったがアナザー散歩ロード、サルビアの小道を▶時間がどんどん早くなり、やがて滝のように流れ落ちていく、というのは筒井康隆の小説。「朝便所に入って出てくるともう夜になっている」という。これはアカツメクサ? (*「ヒメツルソバ」と判明)▶足早に過ぎ去る日々を ひととき止めて ため息のように 通り雨」というのは大昔歌っていた歌の1フレーズ。しかし時間は止まらない。水たまりに枝を伸ばす木▶ちゃんちゃんとやるべきことはやらねばと思いつつ、なかなかちゃんちゃんといかないのがね。ともあれともあれ。水たまりに映し出された昨日の空シドレミファ▶さてと、「おれは大丈夫、エイメン」と唱えて、明日のために今日も寝る。明日の天気はハレルヤ。昨日の水たまりホーガン鱈鍋。
posted at 01:26:29

いい天気だ。さてと今日はこれからレレ教室@新宿ゆうむ。出かける前はいつもバタバタ。レレを抱えた渡り鳥、バタバタと参ります。
posted at 12:56:09

2012年11月16日金曜日

WeeklyTwitts 2012 (11.5~11.11)


2012年11月05日(月) 
レレ・レッスン終了後、レレ生徒でありバディのダズ先輩と新宿でビール飲んで帰宅。本日ならぬ昨日の東京の空シドレミファ(曙橋付近)▶枝豆、手羽先唐揚げ、豚骨焼うどん、温玉シーザーサラダ、厚揚げ、生春巻き、中生×3。帰宅して柿食った。昨日の荒木町界隈のアルク・ホーガン。 
posted at 01:58:18

起きたのは11時近く。午後散歩となった。ウツレレ日和、思案しながら歩く、本日のセピア色ホーガン▶晩秋と呼ぶにふさわしい季節になりぬるを。本日のセピア色の空シドレミファ。
posted at 15:49:37

昨日のレレ教室@ゆうむ、午後1時からのクラスにご見学&ご体験の女性、Wさんが加わった。ウクレレを始めてまだひと月かそこらということだったが、飲み込みがよく、リズム感もいい感じ。聞けば過去にピアノや吹奏楽をやっていたとのこと。「手軽に持ち運べる弦楽器がやりたかった」ということで、ギター(しかもエレキ)も同時に購入、習い始めたとのことさんかおだやかで誠実そうな外見の女性だが、聴く音楽は「ヘビメタとか」。ウクレレではサザンとか弾いたり、エレキギターでは「バッハのカノンを弾けるようになりたい」と、なかなか簡単には読めない音楽志向をお持ちのようだ▶そんなWさんを交えての1時からクラスのメニューは、前回に引き続きストローク練習を中心に。「色々なリズムパターンを弾いてみよう」ということで、8ビート、16ビート、3連符、8分の6、ワルツ、シャッフルまでタンタンタカタン、タカタカーカタン、とリズムを声に出して歌いながらでの練習を▶〆は前回出席できなかったMさんのリクエストで、前回やった「ツイスト&シャウト」をみなさんでウクレレをかき鳴らしながらのコーラス。ストロークをしっかり身につけるには歌いながら弾くといいよね▶ストローク練習に偏ったので、〆の〆に左指トレーニングとして各弦を1324、4231という奇怪な旋律を各指で弾く練習を。ウクレレを習いたいという人の多くは「あの曲が弾きたい、この曲も弾きたい」ということはわかっているが、ここは敢えて地味な「素振り系練習」を今回も。基礎的なテクニックがついてくれば「あの曲もこの曲も」自分でできるようになるはず、というのがあるんだ▶3時からのクラスは諸事情あって、バディのDさんおひとりへの個人レッスンとなった。この機会にクラシック・ロック好きのDさんには1時クラスの流れで「色々なリズムパターン」のストローク練習を中心に。リズムを「肉体化」するために、散歩の際には色々なリズムで歩いてみるとかのアドバイスも。3連リズム(シャッフル系)で歩くと身体が上下に揺れる「黒人歩き」になるとか。リズムは「円」を描くようにイメージするとか▶Dさんは60〜70年代のロックが好きな人だから、シャッフルのブルース進行をやったり、ディランの「レイニー・デイ・ウーマン」のウクレレ・バージョンを教えたり。結果的に、この日は「リズム・ストローク」に終始したが、「始めにリズムありき」、なにはなくともリズムが肝心、とぼくは思うのであります。
posted at 20:23:15

2012年11月06日(火) 
川辺にぽつんと咲く黄色のケイトウ。日がな川面を見つめながら、<ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず>なんて考えてるね▶思案する花。ここ数日、夜型に戻っちまった。鮭の数漬け、焼き茄子、ハムとレタスのサラダ、豆腐汁、納豆。
posted at 02:32:03

10時頃起床。イラスト資料用に歌舞伎町、新大久保界隈を取材(グーグルアースで、だけどね)。なんか行った気になったぞ。 本日の散歩はお休み。
posted at 17:33:04

2012年11月07日(水)
いつもいつも思ってたサルビアの花。早川良夫の歌のイメージもあって、この花の赤い色は情念の血の色のように思える。血痕を大地に散らすように咲く▶夏頃に咲いていたのを見たが、今の季節にも見かける。けっこうしつく咲いている。往生際が悪い。歌と同じで「泣きながらでも追いかけてくる」執念の花▶でも、ぼくは「ストーカーの歌」とも思える「サルビアの花」がけっこう好き。雌猫を求める雄猫の歌だね、切実だよ。麻婆茄子、春雨と豆腐のお汁。 
posted at 00:54:14

10時起床。昨日とは打って変わってレレ日和。起き抜けちょこっとシゴトして昼下がり散歩。おや、顔なじみのシラサギくんが人目が多いこんなところに▶近くに寄ってシラサギくんを撮影。こやつにはなんだか親近感がある。シャイで偏屈、いつぞやの仲間はもうどこかへ行った。また、ひとりぼっち▶で、もう少し寄ろうとしたら察知して飛び立った。名前をつけねばな、何がいいかな、サギタローでいいや、ひとりぼっちのサギタロー▶ああ、天気の良い日はいつも会うあのカメにも名前をつけよう、ま、カメジローでいいや。で、カメジローは今日はいるかいな、と影ホーガンは歩くのでした▶いた、いた、カメジロー。今日は嫁さんはおらず。そっと背後から忍び寄るもすぐに水中にポチャン。カメなのに意外にデリケート。デリカメ、をデジカメで撮る▶しばらく歩いていると、河原に下りられる階段のところに、何やら▶Facebookのアルバム「2012年11月7日ーカメ」に写真を13枚アップロード▶そんなわけで、カメならぬカモならぬハトが飛ぶ本日の空シドレミファ。(なーんとなくカメとウサギがバトルしているような雲模様かめ、いや、かも)▶そんなわけで顔つきがちょっとカメっぽい本日のアルク・ホーガン。ところでオバマが勝ったようだね。それでよし。
posted at 16:47:13

2012年11月08日(木) 
夢の中で生きているのか、生きているのが夢なのか、もしもしカメよ、カメさんよ。大根、こんにゃく、こんぶのおでん、ちらし寿司、お吸い物。 
posted at 03:32:55

10時起床。起き抜け小シゴト後、昼下がりの散歩。おだやかな小春日和の中、お昼寝タイムのカモたち▶暖かい日差しは何よりの心の安定剤だね。ちょっとウツレレなこのごろでありますが。なかなかイケメンなヤング白黒カモ、初めて見た▶トリオ・ロス・カモラス。ネギではなくギターを持たせたい▶カモのカップル2組遊泳中。おそらく先頭の♂に続くのがそのツマの♀、そのお尻をびったりくっついて追う♂に呆れて、少し離れて泳ぐ最後尾のツマの図▶今日はカメ方面に行かず、カモ方面の散歩でござった。<浮寝鳥夢にオーロラ探しおり>というのは父の句。オーロラはさすがに見えない本日の空シドレミファ誰でもできる顔まねーカメ。本日のアルク・ホーガン。
posted at 15:14:27

2012年11月09日(金) 
長寿のカメの時間と短命のの時間、どちらも泡末夢幻の一生には変わりはないと思うのです@午前3時。マグロたたき丼、ハムサラダ、味噌汁、もずく酢。 
posted at 02:59:43

4時半就寝、10時半起床。ここのところ夜型体質がぶり返して来た。夕食後の猛烈な睡魔に襲われなくなって来たのが原因。そうなると深夜にパソコンに向かい、なんだかんだと真夜中の時間が音もなく(しかし、体感的に日中時間より速く)過ぎ去り、あれよあれよでどっぷりと夜の底まで着地することに▶散歩は続けているが、睡眠物質メラトニンを生成すると言われる日光摂取量が晩秋となり減ってきたせいか。また、部屋の構成を夏仕様(間仕切りなしのシゴト部屋+寝室兼居間)から寝室に間仕切りをつけた冬仕様に変更したことで朝寝がよくできるようになったことも夜型回帰の原因かも▶ともあれ、夏の初めから続いていた奇跡の早寝早起き習慣もほころびが見え始めたが、自分でもいつまで続くかと思っていたからこれは想定内。身体がそう言っているのだから身体の言う事に従えばいいわけで。しかし、12時頃に寝て7時頃に起きるというスタンダードな生活時間にはなぜかならないなあ▶さてさて諸々片付けていく案件が眼前にあれこれと。短日の時計は進むのが速い。あれよあれよと過ぎ去る時を、まあ待て待てとなだめすかしながら、折り合いをつけながらちゃんとちゃんとせねばなあと、キリギリスはそれなりに。
posted at 12:16:29

ここのところホーガンは宵っ張り、朝寝坊になっておりますが、散歩だけはきっちり続けておりまする、かしこ。本日は買い物がてらのチャルク・ホーガン▶本日のカメがいる風景。(こやつはいつもの亀二郎じゃないけど、亀二郎も同じ場所で元気にしてたよ)▶カメもいる境川上空、本日の(夕刻)空シドレミファ
posted at 17:29:44

2012年11月10日(土) 
ずっと女の脚を描くのに苦戦しておった。脚って描くのが難しい。まして美しい脚はね。ぼくは脚フェチとかじゃないですけど、どちらかというと尻フェチ。画像▶秋にバラが咲くんだね。咲いてた。秋バラというのだそうだ。知らなかった。知らないことばかりだ、動植物昆虫魚類アメーバー、生きとし生けるもののこと。 
posted at 04:23:02

<おむかえを待つ間熟柿を食べている>というのは母の句。母は最近ぐっと食が細くなったとの連絡があった。身体には特に問題はないようで、栄養剤を与えているとのこと。最近、母のことをよく思う。鱈としめじの煮付け、コロッケ、玉子入りの味噌汁、レタス、昆布の佃煮、黒豆。食後に熟柿。
posted at 04:33:39

女の脚をいじくり回し(いや、絵の話だよ)、5時半就寝、11時起床。黄昏の散歩ロードとなった▶起きてからも女の脚を再度いじくり(だから、女の脚を描いているんです)、とりあえず、まいいかというところで、散歩はせなばね▶隕石の落下! ではなくて飛行機雲。夕陽に反射してきれいであった▶久しぶりのこの時間の散歩。黄昏の空シドレミファ▶♪日が暮れてたどるはわが家の細道 http://t.co/d0s9BJSz
posted at 18:18:26

2012年11月11日(日)
昨日は午前11時に起きたが、昨夜は午後11時に寝た。よって昨日は短い一日であった。で、今朝は6時起床。夜型と朝型の中庸のセンスなきせめぎ合い。昨夜の夕食メニューは‥‥、一晩寝ると忘れる鳥頭、思い出した、チキンのフリッター、つみれと豆腐味噌汁、ブロッコリーとハムのサラダ、等▶昨日、さんざんいじくりまわした女の脚(注・絵の話)だが、なかなか満足しないようで(ぼくがね)、今朝もちょこっといじくった。絵を描いているとどつぼにハマることがあるが、今回、苦手な対象(美脚、ね)を知りつつ描き始めて、案の定どつぼにハマった。こうなるとなかなか抜け出れない。うーむ▶ちなみに資料にしているのはこんな脚。ただ、きれいなだけではダメなんだ。その女の性格、人生の背景(底辺水商売従事、しかし健気)が出せないと、ね。
posted at 08:54:15

女の脚をいじくり回すのも(しつこく、注・絵の話)、もういいか、となったので散歩。あいにく雨が降り出したが、傘を差して(エラいね、ホーガン)▶いや、タバコが切れたんで、散歩がてらにタバコを買うのさ。ニコチン切れは最大の散歩モチベーション(エラくないね、ホーガン)▶カモは雨が降っても平気カモ▶小雨にけぶる本日の空シドレミファ。本日の散歩ミュージックはケブ・モ、いやホントに。
posted at 15:52:41

WeeklyTwitts 2012 (10.29~11.4)


2012年10月29日(月)
昨夜は10時過ぎにはねたそうそう。なんだろうな、あのいきなりどろろんと来る睡魔。昨日は天気もよくなかったから、散歩しても日光をたくさん浴びたわけでもなく(それが主たる原因だと思いたかった)、つまり覚醒力の衰えはメラトニンの増加というより、やはり脳の老化と認めざるを得ない▶覚醒力と老人力は反比例する、というわけか。で、あまり目覚める事なく今朝は7時半起床、9時間くらい寝た。実によく寝た。持続して眠れる力、睡眠圧は若者並みなので「まだいける」感あり。早朝覚醒は残念感があるが、これだけたっぷり眠れると「お得感」がある。今日はいい天気だ。
posted at 09:01:21

昨夜の夕食は、甘塩鮭(甘塩鮭は好きじゃない、って何度も秘書に言うのだが、「でも安かったから」と何度もウチの美人秘書は言う)のソテー、人参グラッセ(も、あまり好きじゃないと言うのだが、「私が好きだから」と秘書は言う)、野菜スープ、もずく酢。食後に黒糖かりんとうをばりぼり。
posted at 09:08:57

儲かる話は一切ないが、儲からないことについては多事多端な今日このごろ。多事マハールのゴキゲンな音楽を聞きながら今日もヒット・ザ・散歩ロード▶東西南北ぐるりとピーカン、本日の空シドレミファ▶こんな日はやっぱり、カメがいた。いつも同じ場所、同じ岩だから遠目でもすぐわかる。で、実はもう一匹カメがいるんだ。これは難問だよ、Yokoさん▶こいこく100人分、カモ鍋10人分、餌付けしているおじさんのそばにいる物欲しげなカモが可愛いじゃないか▶それをさらに遠巻きにして物欲しげに佇むハト。泳げたらなあ、と思っている▶本日のアルク・ホーガンは、昨日光量不足でイマイチだった「合わせカーブミラーの術」の改訂版。今度はくっきりと後ろ姿ホーガンがわかるよね。
posted at 13:03:26

2012年10月30日(火)
昨夜も11時過ぎにはねたそうそう。4時ごろ目が覚めたがあれこれ思案していいる内に再度夢の国へ。アメリカで通っていたアートスクールにロバート・ジョンソンが来て彼のトークを拝聴したが、サインをもらわなかったことを(ものすごく)後悔した夢を見た。トークの内容は忘れた。7時起床▶この夢には心当たりがあって、そのアートスクールにキース・ヘリングが来てレクチャーやらペインティング・デモなんかやったことがあった。彼は生徒たちに気安くサイン(生徒が着ていたTシャツとかに)をしてあげたりしていた。そのとき、ぼくはサインをもらわなかったことをいまだに後悔してるのね▶いつだったか、何でも鑑定団にキース・ヘリングの落書きみたいなのが出て、法外な値段がついた。Tシャツにちょこちょこっと落書きしてくれたのを持っていれば、高額な「お宝」になったのになあ、という不純な後悔ですけど。昨夜の晩飯は、煮玉子&豚の角煮、キノコ汁。
posted at 09:04:37

「もう一匹のカメ」の解答を。
posted at 09:12:38

河原まで下りてカメのツーショット撮影に及んだが、一匹は気配を察して水中に。夫婦亀か。ツーショットはいずれ挑戦する所存▶今日は散歩がてらに買い物&図書館コース。よって散歩ロードの途中までチャルク・ホーガン▶自転車を置いて、ディープ散歩ロードをてくてくと。で、また別のカメを発見。この風景の中にカメがいるよ。また難問だよ。すまんな▶ほらいた▶こやつは下流にいるのとちょっと種類が違うような。後ろ足をべたっと投げ出してアンニュイな雰囲気をかめし出してる。いや、醸し出してる▶こちらはカモにオーバースローで餌を投げてるカモおじさん。ぼくも先日やったが、投げ方といい、カモの集まり方といい、おじさんに一日の長を感じた▶サギも飛んでおりまする。そんなわけで本日はカメ・カモ・サギ・ウォッチングの散歩でございました▶電柱の上、ロンリー・サギが佇む本日の空シドレミファ。(小さな黒い点はヒコーキ)
posted at 14:33:33

2012年10月31日(水)
晩飯食って夜10時ごろ、そういう時間帯、ぼくはテレビを見ながらウクレレをポロポロ弾いてるんですね。で、弾いているうちに瞼がだんだん重くなる。ウクレレの音色というのは催眠効果があるんだね。不眠にお悩みの諸兄、是非ウクレレを。(ま、自分の奏でる音で眠くなるには多少の練習は必要だけど)▶そんなわけでウクレレをポロリンコしつつ、昨夜も11時頃には眠りの国へ。6時半起床。秋が深まり、ぼくの睡眠圧も増大。よく眠れる事はありがたいね。窓を開ければいい天気じゃないか。金はないがこの年でいたって健康だし、散歩効果で腰の具合もよろしい。ありがたいね。と殊勝な気持ちの朝である。
posted at 08:02:15

午後の散歩となりぬるを。10月31日午後1時48分の時刻表示付き本日の空シドレミファ▶本日の「あるよ・いるよ」。蝶々がいるよ。2頭(チョウチョは1頭、2頭って数えるんだよ、ホントだよ)いるよ▶ほら、2頭ならんで恋人同士かなあ。かわいいね。(口調が子どもに話しかけようになってきたな)▶ネコジャラシとキバナコスモス。猫もいるよ(いないよ)▶マジ、がいるよ▶また白黒猫に遭遇。しかし、外猫が少なくなってきた昨今ではある▶凸面鏡効果で少し脚が長く見える本日のアルク・ホーガン
posted at 16:19:35

2012年11月01日(木)
(秋の夜更けの)しずけさや胸にしみ入るビリーの声
posted at 01:56:44

ビリー・ホリデイ(Billie Holiday, 1915年4月7日 - 1959年7月17日)を描きくけこ。
posted at 01:58:54

<夢だけが自由奔放冬に入る>というのは父の句。「冬に入る」は少し気が早いかもしれないが、もう11月。いやはや、まったくもってあれよあれよ、だな。ちゃんとちゃんとせねばな、と思いつつ今夜はなぜか眠れない夜であります。オクさんが買って来たにぎり寿司セット+たぬきうどん。
posted at 02:23:33

昨夜寝たのが4時半、起きたのが10時半。最近の早寝早起き時間と真逆。そんなわけで午後散歩。穏やかな日差しをありがとう本日の空シドレミファ▶(しつこく)カメがいるよ。2匹いるよ。今度はしっかり写っているよ▶夫婦亀、めでたく撮影成功。でも河原に下りてさらなる接写を試みるも左のヤツがすぐに水中に。思いのほか敏感なカメであった▶なんだろうね、カメを見つけると心が安らぐ。までカメに見えて来た(ちょっとカメっぽくない?)▶本日は買い物がてらのチャルク・ホーガン。なに、買い物たって、大体お菓子とタバコですけどね。
posted at 17:51:44

2012年11月02日(金) 
一昨日は午前4時半に寝て10時半に起きたが、昨夜は午後10時半ごろに寝て、今朝は午前5時前に目が覚めた。起き抜け、眼鏡が見当たらず、普段寝る前に眼鏡を置くベッド脇の小机の上にはなく、さては眼鏡をかけたまま寝てしまい布団のどこかに紛れ込んだかと思い、布団周辺を探すが見つからない▶父は晩年、よく物を探していて、あるとき、「眼鏡をどこにやったかいのう」と部屋中を探していた父を見たら眼鏡を首から吊るす紐が後ろに回っていて、父の背中に眼鏡はあった。まるで漫画のような話だが、ぼくもこの年で失せ物を探すことが多い。もともと迂闊粗忽な性格ではありますが▶探し物をしているとすごくイライラするんですね。見つからないイライラと自分の記憶力減退に対するイライラ。で、その探し物がすぐに必要な物ではなくても、別になくてもいいようなものでもこだわって探し続けてしまう。でも、眼鏡はすぐに必要だし、なければとても困るんで、父のように部屋中探した▶探し物が眼鏡だけに近眼老眼の裸眼で探すわけだから今回の失せもの探しは難航した。こんなとき頼りの美人秘書はまだ就寝中。で、探す事およそ30分、コタツ布団(焦げ茶色で眼鏡の保護色、2度ほど探したのだが)にくるまって、それはあった。昨夜は今期初コタツ、コタツでうたた寝したのであった▶昨夜の夕食メニューは、鮭の粕漬け、ほうれん草のお浸し、おから、こんにゃくと厚揚げの煮付け、納豆、きゅうりとカブの糠漬け、味噌汁。ドーナツ。ところで夕食メニューを毎日記載するのは単なる習慣でもあるが、衰えていく記憶力鍛錬の目的も最近においてはあるわけで。
posted at 08:35:05

柿の木々上空の本日の空シドレミファ。そう言えば昨日柿を食ったのだった。<柿食えば金がなくなり放浪児>チョビにまた会ったよ。チョビの後ろに前のと別の猫がいるよ▶この子はたぶん、チョビの兄弟。眠そうである。眠り狂四郎からキヨシローと命名▶チョビとちょびっと遊んだ。ときどき猫粒子を身体に入れ込まないとな▶今日も買い物がてらのチャルク・ホーガン。プリンタインク(純正)を買った。毎度ながら純正インクは高杉晋作。
posted at 13:27:28

2012年11月03日(土) 
今日はプリンタ不調でいらつきまくった。ちょいと高品位で出力する必要あり、A3ノビが出せる顔料インクのプリンタを使用するにあたってしばし思案した。というのはそのプリンタは給紙が不調で文字通りの「手差し」(最初に手で紙を送ってやらないとダメ)式、そろそろ買い替えかなと思っていたもの▶しかもインクが1色切れている。思案した結果、とりあえず1色だけ買って今回のプリント用件をすまし、新規購入案件は先送りしようと。買ってきました、1本1050円。インクを補填してようやく各色の残量がわかるのだが、あともう1色も残りわずか。試し刷りやらしているうちにそれもアウト▶で、またチャリにまたがり買ってきましたもう1本、1050円(小出しで買うのは今回必要なプリントを出した後、新規購入案件ありの理由)。で、今回はカラーマッチングに苦労して(モニターを変えたせいか)、何度も試し刷りをしているうちにクリーニングの必要が出て来てさらにもう2本も黄色信号▶あと1枚だけのところでアウト。(泣く泣く)またまた買ってきました2本分、2100円。結局A43枚分のプリントのために4本の新しいインクを買ったことになる。しめて4200円。あと少し足せば7色セットが買えた。いっそ新しいプリンタ、買っちゃえば良かった、と後悔することしきりであった▶結局、買い替えるべき半端な「手差し」プリンタにはけっこうたっぷりとインクが残ってしまった。新規購入案件はまた先送りか。しかしこの世に理不尽なことは多けれど、純正インクの値段の高さはこのデフレ時代、理不尽の最たる物よなあ。サンマの塩焼き、キノコとつみれのお汁、茄子の煮浸し。
posted at 00:51:49

今日は探し物のイライラに始まってプリンタのイライラで終わった、ではなんだから気分を変えて秋の夜長のマヌーシュ・スウィングを。
posted at 01:36:37

てなわけで、ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt, 1910年1月23日 - 1953年5月16日)楽団を描きくけこ。テーマはノスタルジア。
posted at 01:39:20

昨夜は午前4時半頃に寝て今日は10時半起床。一昨日は午後10時半頃に寝て午前5時前に起きた。中庸というセンスに欠ける日々の暮らし。画像▶今日は午後散歩。安(というかタダ)近短の最たる近隣散歩。祝日の散歩ロードはそれなりに賑わっておりまする▶日本国国旗もこのところの世界情勢の中でうなだれ気味の本日、文化の日の空シドレミファ▶ところでシャワー後体重測定においてずっと切れなかったラインを切っていた。たぶんここ4、5年で最軽量、散歩効果だね。本日の住宅街をアルク・ホーガン
posted at 17:20:30

2012年11月04日(日) 
やれやれ、なんだかんだとしてたらこんな時間。夜型の虫が秋の深まりとともにうごめいてきたか。なにがあったわけではないがちょっとウツレレカマスの干物、シュウマイ、豆腐汁、ブロッコリーとレタスのサラダ、おからと茄子の煮浸しは昨夜の残り物。
posted at 03:13:25

9時起床。いい天気。今日はこれからレレ教室@新宿荒木町。毎回、直前にならないとレッスン内容が思い浮かばす、どたばた準備のため、本日は散歩お休み
posted at 10:29:42

2012年11月2日金曜日

WeeklyTwitts 2012 (10.22~10.28)


2012年10月22日(月)  
昨夜も夕飯(中華丼、野菜スープ)食ってしばらくしたらもう眠くて眠くて10時頃に就寝。で、5時ごろ覚醒、新聞を読んでたらまた眠なって二度寝。8時ごろ起床。よく寝た、というか寝過ぎか。覚醒力は衰えたが、睡眠圧は盛り返したようだ。たっぷり眠れると気分がよろしい▶ただ、二度寝の場合、レム睡眠になるので脳は半分起きている状態。だから夢をたくさん見た。道ばたでタバコを吸っていると、コキントウがすたすたとやってきて、ぼくからたばこを奪い、火がついている方をいきなり口にくわえ、ニヤリと不適に笑って去っていった▶翌日(夢の中でのね)、新聞に「中国国家主席コキントウ氏が口内を火傷」という記事が出ていた。付随の記事として「コキントウ氏は日頃から目薬を飲むなど、奇異な行動をすることがあって、今回の火傷はそうした性癖が原因か」とか書かれてあった。バカなやつだなあ、と思った(夢の中でね)。
posted at 09:30:07

昨日、レレ教室に行く途中で撮った写真。電線の上にいるのは鳥にあらず▶「電線の人」であった。ごくろうさまである。電線音頭を踊ってくれたらさらに良かった。
posted at 09:45:52

一日おいて散歩復活。今日もいい天気だね。柿畑上空、本日の里山(っぽい)長閑な秋の空シドレミファ▶せっかく農業を営む山田さん(仮名)が撒いた種をカラスたちがほじくってたので、こらこらチミ等、いかんよ。とカメラを向けたら、▶ものすごい数のカラスがぶわーっと飛んだんだ。ちょっとビビったね。ヒッチコックの鳥、だったね▶あとで、「おい、あのときは邪魔をしてくれたな」とカラスにすごまれた。ぼくはカラスが苦手です▶本日の「いるよ・あるよ」、チョウチョがいるよ▶誰でもできる顔まねーキングクリムゾン。本日のアルク・ホーガン。
posted at 14:03:50

2012年10月23日(火)
昨夜もねたそうそう。10時を回ると脳内にどはーっと睡眠ホルモン、メラトニンだかが分泌されるようだ。夜早々に眠くなるのは脳の老化もあるだろうが、散歩を日課とするようになって朝の陽光をたくさん浴びるようになったことによるものだとも考えられる。物事は自分に都合良く解釈するべきだ。ねえ▶で、けっこう眠った感じで目が覚めて時計を見たら午前2時過ぎ。ちょっとなあ、と思いつつ本など読みつつ二度寝、それでも5時起床。確実に生活リズムが変わりつつある。夜型アイデンティティは返上だな。昨夜の夕食メニューはカレイの味醂干し、豆腐と野菜の味噌汁、ひじきと油揚げの煮付け▶昨日アップしたキバナコスモスにとまっていた蝶、羽を広げているのでもしかして蛾なのかな、と思って調べたら「ヒメアカタテハ」というチョウチョであった。
posted at 08:05:12

今日は雨が降ったりやんだりで散歩に行きそびれていたが、先ほど決行。が、途中でまたぱらぱらと。そそくさと歩いたのさ。本日の空シドレミファ&そそくさホーガン。
posted at 17:45:41

2012年10月24日(水)
 <秋冷の郵便受けに何もなし>というのは父の句。人生の晩秋においては背負っていたものも次第に軽くなり、一抹の淋しさと引き換えに得る老の境地という自由、てな感じか。今日はよく絵を描いた。まぐろのたたき丼、豆腐と茸の味噌汁▶今夜はこの秋一番の冷え込みになるそうだ。さてと久々に一日のピリオドをとーんと打って、カモのように丸くなって眠るとするかもかも。
posted at 00:54:45

昨夜はちょいと宵っ張りしたので今朝は7時半起床。寝る前にカモナ・マイ・ハウスを聞きながら鴨長明を読んだのでよく眠れたかも。今日はいい天気だ▶空気が透明で光りに溢れたいい秋晴れじゃないか。いつも見る散歩ロードの景色も輝いて見えるよ。境川上空、本日の空シドレミファ。
posted at 13:07:44

Facebookのアルバム「10.24-カメ」に写真を5枚アップロードしました
posted at 13:17:54

これはホトトギスという花。美人秘書に教わった。小さな一見地味な花だけど、クロースアップしたらけっこうどきつい感じだね▶本日の下校途中の自転車女子高生。今日は学校はお昼までみたいだった▶誰でもできる顔まねーヤマシタタツロウ。(ロンゲの利点あり)
posted at 13:29:04

さてとこれからレレ担いでパラレレへレレレのおじさんは行く。ちょっと寒いから今期初ジャケットで行くことにしる。
posted at 18:04:21

2012年10月25日(木)
パラレレでレレレッスンを終えられたヘタレレレレおじさんは天津丼とメロンパンを食べられてねむくなりぬるをそろそろ寝るれれらりるれろ。
posted at 01:22:49

水にまつわること、風にまつわること、母の大きくて温かい羽毛の記憶。そうしたことがおそらくカモの見る夢
posted at 01:37:39

昨夜は宵っぱしたので9時近くに起床。早寝早起き傾向は続いてはいるが、起床時間は日々まちまち。その点、ウチの美人秘書は12時前に寝室に行き、もう何十年も毎朝きっかり8時頃起きている。時折起床時間が重なるとトイレ、洗顔、身繕い、重なるので時間差があった方がよろしい。
posted at 10:11:18


昨夜のパラレレは先週に引き続き、K子さんへの個人レッスン。オープンコードの場合のミュートの方法を左指、右親指、右手のひらのバリエーションでの練習から入り、スタッカートによるスケール練習、ハンマーリング・オン、プリング・オフ、スライド、グリッサンド、と主に左指鍛錬系の練習を前半に▶その後、薬指、中指、人差し指に親指を加えたロール・ストローク、三連ファン・ストロークと右手ストローク系の練習を。〆にそうしたテクニックを使っての練習曲を用意していたが、今回は「素振り系練習」でタイムアップ。左右10本(右手小指は基本的に使わないので9本か)の集中鍛錬となった▶何事も基礎力というのは大事で、1年以上レッスンを続けているK子さんはそのことをよくわかっているから、こうした地味な練習も熱心に教わろうとする気持ちが伝わり、教えやすい。教えることは与えることではなく生徒の能力を引き出す事と言われるが、先生の能力を引き出すのも生徒の力でもあると▶ところでぼくは、かっこいいようなことを言うようだけど、金や財産を所有したいという気持ちは昔からなくて(ビンボーは嫌ですけどね)、無形の能力(特に芸事における)を所有したいという欲はすごくあって、それも一方向じゃないから結果、まあ器用貧乏みたいなことになったが、すこしでもそうした経験をお裾分けできるのは幸せなことであるなあ、と▶要は教えることが好きなんだね。ウクレレ教室も生徒さんが増えたり減ったりで仕事としてはなかなか軌道に乗らないけれど、日々の暮らしを少しでも豊かにする「能力」をつけるお手伝いだと思って地道に継続していきたいという所存であります。

posted at 11:29:21

相鉄のガード下をくぐり、迂回して川沿いの道にたどり着くと、川周辺の様相は一変。このあたりから川は深くなり、住宅迫り、遊歩道もなくなって車も通る。 ▶護岸壁の植生はこちらの方がバラエティがあり、おなじみの散歩ロードでは見かけぬ花も咲いていた。でも散歩にはイマイチだな。実はここに来るのは初めて▶買い物がてらの散歩だから、ふとこちらに来てみようかと。だから今日は「チャルク・ホーガン」。自転車を置いて未知の道をしばらく徘徊。 ▶この道をずっとずっと南下していけば江ノ島まで行けるはず。いつかチャリで行ってみようかいな▶そんなわけで♪知〜らない街を歩いてみた、本日の(名の通り、レスラー体型になった)アルク・ホーガン
posted at 17:12:10

2012年10月26日(金)
秋の夜長はブルースだね、ぶーん、ぶーん、ぶーん▶てなことで、ジョン・リー・フッカー (John Lee Hooker, 1917年8月22日 - 2001年6月21日)を描きくけこ。
posted at 00:22:47

昨夜もちょいと宵っぱしたので9時起床。まだ暗いうちに目が覚めるのはなんだか、なんで。早朝散歩は寒いし‥‥。で、本日の見事なピーカン空シドレミファ▶うららかな日差しのもと、いつものようにのんびりと日光浴しているカモたちでありますが、▶彼らの安息なひとときをちょいとかき乱したくて(ぼくは根は意地悪だから)、パンを持って来た▶楽しかった▶本日の「いるよ・あるよ」。ばったがいるよ▶トノサマバッタかな。冬支度もそろそろかからねばな▶ぼくの影の頭のところに蝶がとまるの図▶誰でもできる顔まねーキツネ目の男。
posted at 14:34:05

2012年10月27日(土)
やれやれ3時半に目が覚めただ。ちょと早すぎ、だな。でもこれ以上眠れないので観念して沖田未明。昨夜は夕飯(メンチカツ、白身魚のフライ、ほうれん草の酢みそ和え、レタスのサラダ、キュウリとワカメ、タコの酢の物)食べて11時前に寝オチ▶よく晴れた日(昨日のような)に散歩したときに、早々の寝オチ傾向があるような。睡眠ホルモン・メラトニンは太陽の光を浴びることでよく生成される、というのは正しいな。で、夜明けとともに目覚めるのだったらいいんだけどな。4、5時間かそこらで目が覚める早朝覚醒はなんだか残念感あるな。
posted at 05:47:26

午後散歩となりにける。本日の東、西、南東方面空シドレミファ&ちっちぇえホーガン、オールインワン。
posted at 17:07:41

2012年10月28日(日)
シゴト以外で絵を描くことは久しくなく、ぼくは絵を描く事がそんなに好きじゃなくなってしまったのだろうと思っていた。「何を描いてもいいですよ、ただノーギャラですけど」という状況で絵を描くモチベーションを持つのが難しいというのは、ちょっと鼻持ちならない理由だが、正直そんなところだった▶最近、これじゃいかんなと、またちょっと心する事もあって、このところぼちぼちと描くようになった。散歩もそうだが、絵を描く事を特になんでもない日課としての行為としようと。描いているうちにだんだん取り戻しつつあるかな。ただただ絵を描く事が好きで楽しかった頃の感覚▶シゴトとしての諸々のシバリがないってのは逆に描けないよ、って思い込んでたけど、そうでもないね。好きなように描くのは単純に楽しいってことを再認識。で、テクニック的にもまだまだだな、てことも再認識。そんなわけで、最近のマイブームは絵を描く事。餃子、チキンと玉ネギのマリネ、豆腐味噌汁。
posted at 00:45:28

愛とは悩ましき古くさい心の病、まったくもって愛する人を喜ばせるのは難しいこっちゃ、と。 http://t.co/BtSNVhjY http://t.co/ueUKWQS2▶サン・ハウス/Eddie James "Son" House, Jr. (March 21, 1902 – October 19, 1988) を描きくけこ。
posted at 01:01:33

昨夜は宵っぱ、9時起床。♪雨がしとしと日曜日♪しょうがない雨の日はしょうがない、だから散歩は♪雨がやんだら。もう一匹猫がいるよ。
▶ほら、茶色いの。同じ向きで同じ格好でやんの。おもしろいね▶この黒白くん、溺愛した飼い猫ニンニンに毛並みがよく似ている。「ニンニン、どうだい調子は?」と後ろから話しかけてみた▶はちわれ、鼻が黒いところもね▶ちょびひげがいいね。この子の名前は「ちょび」にしよう。シー・ユー・アゲイン。
posted at 10:21:45

雨が止んでる間にそそくさと午後散歩。この間、仲間を見つけたと思っていた顔なじみのシラサギくんが、またロンリー・オーラを出しつつぽつねんと▶フレンドリーなカモさんが「また、ひとりぼっちになったの?」とシラサギくんに話しかけたんだね。 ▶サギくん「ほっといてくれよ」、カモさん「あら、そう」▶カモさん「強情なサギだこと。ふん、だ」‥‥‥。
posted at 17:20:53

ヒロさんの秘技「合わせカーブミラーの術」をパクってみた。向こうのミラーに黄色い帽子、わかる?。(弟子の発案はパクる・ホーガン)▶「空のイワシ」、今期初ムクドリの群れ。鳥は概ねそうだが、こいつらとことん群れをなして飛ぶよね。集団行動の規範とも言えるが、なんかやだねえ▶雨がまたけっこう降り出した。あたふたでも散歩して良かった。本日のムクドリ群れ飛ぶ空シドレミファ。 
posted at 17:43:54