2012年8月28日火曜日

WeeklyTwitts 2012 (8.20~8.26)


2012年08月20日(月) 
夏の時期は/暮らしも楽/魚は飛び跳ね/綿花も育つ 夜になって涼しくなった。夏の黄昏時、黄昏時の夏麻婆茄子。
posted at 00:30:55

今朝は8時起床、朝散歩も継続中。生まれ変わろうとしているワタシ。画像は本日午前9時の散歩ロードカンナの花越しの夏空ひまわり。ひまあり。貧乏暇有り、シゴトは夏枯れ‥‥。誰かでかい仕事くれ▶<百日紅すべった果ては夏の空> ▶近隣公園@9:30。木陰は涼しいよ。今度ウクレレ持ってこようかな。
posted at 11:42:57

2012年08月21日(火) 
7時起床。朝散歩も三日坊主超え達成。変わりつつあるおれだぜ。(いつまで続くか自信はないぜ)▶すいか!なす!きゅうり!ごーや!(熟れ過ぎだぜ)▶とまと!かき!(まだ青い「がき」だぜ)▶こい!かも!せみ!▶訂正:「きゅうり!」じゃなくて「ごーや!」でした。すまんな▶相鉄線!
posted at 10:40:10

2012年08月22日(水)
今夜は遅くまで厚木基地、爆音、不穏。尖閣、竹島ことなかれ。暑い一日だったが夜になって涼しい。スパゲッティ、ナスのフライ、ゴボウの甘辛揚げ、等。昨夜は、ホッケ塩焼き、冷や奴、等Have a nice dream. 
posted at 00:35:34

Good morning! 
posted at 09:37:07

7時半起床。今日も散歩ロードはレレ日和。朝散歩がマイブームの僕であります。日差しは強いが風はそこはかとなく涼しい。さて今夜はレレ教室@パラダイス本舗。エンドレス・サマー、エンドレス・レレの季節。
posted at 10:08:49

2012年08月23日(木)
今日の空シドレミファ。(@散歩ロード対岸瀬谷地区)▶6時半起床。早起きも朝散歩も鋭意継続中。実りの秋もアラウンド・コーナー▶茂み越しの晩夏の空疾走する自転車野郎多し。
posted at 10:44:49

昨夜はパラ本でレレ教室。りえちゃんもツアーから戻って来ていて元気そうでなにより。いつものように教室終了後、生徒さんたちとレレ話ぶっこいて、軽く飲んであまり遅くならないうちに帰宅。牛丼食って12時過ぎるともう眠くて眠くてバタンQ。
posted at 10:58:23


昨夜のレレ教室@パラダイス本舗、メニューは(前回「素振り系練習」が多かったので)、きらきら星、アメイジング・グレイス、ラブ・ミー・テンダー、聖者の行進、の各ウクレレ・ソロ練習曲を。おまけに左指トレーニングのための小曲を3種類▶およそひと月ぶりの教室だったので、生徒さんたちには夏休みの宿題として「一日千本ウクレレ素振り」(基礎練習を少しずつでも毎日という意味ね)を課し、その成果を期待しておったが、残念ながら僕の期待は少しばかり外れたようだ。僕としてはやさしい課題を用意したつもりが思いの外、難しい感じ▶「あ、あまり弾いてなかったな」というのがすぐにわかるんだね。ま、日々忙しく働いていらっしゃる方々、夜しか時間が作れず、夜は騒音の問題あり、練習が難しいということはあるよね。なんでもそうだけど、何事かある程度の熱意を持ってやり続けるにはモチベーションを自ら作るということが大事▶録音してみる、動画を撮ってみる、で、YouTubeデビューしてみる、発表会をやる、そんな目標を持つと練習の良いモチベーションになるよ、というのは提案してるけど、なかなか。あとはほれぼれするような音色のウクレレを買う(ま、高いけどさ)とか。良い音色のものは弾いていて飽きないからね▶でも一番大事なのは、とにかくウクレレが好き、ずっと触っていたいという「ウクレレ愛」だよね。ハマる、というのか。僕の場合はこれだった。これって恋愛感情に似て他人がお膳立てするのは難しい。ちょっとテクニックの壁に当たって生徒さんたちの「ウクレレ愛」が冷めないよう工夫しなきゃね。


2012年08月24日(金) 
 6時半起床。朝散歩。今日もレレ日和♪ 本日の空シドレミファ(ヒコーキ、わかる?)▶境川朝景とんぼが飛んでたよ。フィナーレに向かう夏。
posted at 09:59:51

昨夜も夕食(カレイの唐揚げ、ナスの煮浸し、トマト、レタスとロースハムのサラダ等)後、このところ午前0時前には訪れる睡魔の案内で、たやすくとろとろと眠りの国へ。朝型になって(僕の場合)、頭がだんだんスカスカになり、世の中身辺諸々の問題意識も希薄に。「健康的」とは言えようが。
posted at 10:21:11

2012年08月25日(土) 
6時半、開け放した窓から聞こえてくるセミの鳴き声と共に起床。「寝る前つぶやき」で、やれやれと沈思黙考内省し、晩飯メニューを記す、というのが日課であった。が、朝型に移行して以来、パソコンを開かずに眠ってしまうことが多くなった。良くも悪くも心が軽めになったように思う▶どうも頭も風通しが良くなって、つまり能天気となり、考えるべき諸問題は脳みそにできた鬆(す)からみんなこぼれ落ちて行く感じ。とりあえず夏場はこれでいいかな、と思っている。自分に甘いキリギリス、自らにも寛容、他者にも寛容。吹く風が涼しくなればしゃきっとするさ。昨夜はあんかけ焼きそば▶さてと、ヒット・ザ・朝散歩ロード、してくるかね。
posted at 08:04:49

今朝の散歩ロード。シロサギがいるよ。わかるかなあ? わかんないだろうなあ(っていうフレーズも若者はわかんないだろうなあ)▶ほら、いたでしょう?▶サギがカモを狙っている図。(実際はお互い無関心な感じだった)▶ところで、昨日アップしたチョウセンアサガオかと思ったこの花。美人秘書が調べたところ、「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」ということであった▶この時期、いたるところにサルスベリ。スベリまくりの我が人生。ふと思ったが受験シーズンに咲いたら何かとあれだよね。
posted at 10:28:10

2012年08月26日(日) 
<コスモスは妻の勲章かもしれぬ>というのは父の句。コスモスは母の「おしるし」のような花だったのだろう。花言葉は「少女の純真」。老いてなお少女のようなところがある母ではある▶今夜は最近にしては珍しく宵っ張り。昼寝をしたんだった。カノコユリ▶♪昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういうわけだ。これはテッポウユリ魚のフライ、冷や奴、オクラのごま和え、野菜サラダ。桃を食べたよ。これはニチニチソウ▶テレビで大曲で行われた全国花火競技大会を見た。花火は素晴らしかったが派手なBGMを使うのはいかがなものか。これは花火ライクなペンタスおやすみ
posted at 01:23:23

おはよう。昨夜はちょいとヨイッパだったので、8時半起床。今日も朝からお日様絶好調。
posted at 09:40:15

日曜日の川っぺり散歩ロードは自転車野郎が多いので今朝は別ルートで散歩。本日の空シドレミファ▶処暑とは暦の上だけ。炎天下にすくっと立つムクゲ▶しかし、季節は移ろっていくわけで。青いミカン、見っけ▶散歩から帰還後、スイカを食った。ところで、牛乳は腰に手を当て45度上方の宙を見上げつつ飲むのが基本とされているが、スイカは流しのそばで食すのがよろし。顔は流しの下方に向け、口周辺びたびたになりながら、思い切りしゃくしゃくと食うのが基本(僕の場合ね)。事後、そのまま流しで顔を洗う。
posted at 12:22:10

2012年8月20日月曜日

「せっかくだからトリップ」熊本に行ったばい編


8月7日に父の一周忌&少し早めの初盆法要を終えて、さて今回の帰省はこれを済ますと他に特にやることはなかった。翌日、翌々日と母がいる特養を訪ねたが、母のためにしてあげられることは、そばにいて話を聞いたりしたりすることくらい。

実家にはウェブ環境など当然なく、テレビすらない。もとより、出不精で一人旅という趣味はなく、下関駅周辺をうろついても楽しそうなスポットがあるわけでもない。特養を後にし、下関駅近くのロッテリア(契約しているDocomoのW-iFiが使えるスポット)で遅くてフリーズしがちな無線LAN環境に苛立ながら、慣れないウィンドウズ・パソコンを開いて、メールチェックしたり、Twitterやったりして時間を潰すことになる。

旅というものは、観光であれ、ビジネスであれ、概ね目的というものがあり、訪ねるべきところ、するべき仕事などがあって成り立つもので、どこに行こうが、どこで何をしようが、すべて足の向くまま、気の向くままの状態というのは、なんだか自由で楽しそうだが、僕のような人間にとってはなんというか、ただ心もとない、正直つまらない。

父の法要が終わってさっさと帰ればいいのだが、早く帰ってやるべき急ぎの仕事も今回は特にない。新幹線で往復するだけで旅費が4万円かかるわけで、貧乏性(実際ビンボーだけど)故、「せっかくだから」という気持ちが生じて、帰省した週の週末から翌週にかけて、オクさんのお姉さんの娘さん(義理の姪だね)夫婦が農業をやっている熊本の菊池市というところを今回は訪ねたのだった。

下関から小倉に行き、小倉駅前の高速バス発着所からバスで2時間余り、熊本の北部、菊池市重味というところ(7月の豪雨水害があった近く。ここでも被害があった)が今回の「せっかくだからツアー」の目的地。姪のMちゃんのダンナY君は同郷下関の人で、実際に会ったのは数年前、横須賀のお義姉さん宅で一度しかないが、好人物だった印象があり、その後もミクシーなんかでやりとりをしてきたので、既に気心知れている感じはある。

最寄りのバス停にMちゃんが車で迎えに来てくれて、彼らのお子たち、ピカピカの一年生のAちゃんと1歳半年くらいのYクンが同乗。Aちゃんは「元気印電池」を直列4本背中に搭載したような女の子で、会う早々「こんにちは!」とフレンドリーな笑顔で迎えてくれた。

今回の熊本滞在で、このAちゃんと友達になったことが一番良かったかな。7歳くらいの女の子って問答無用に可愛いよね。適度に生意気なところもあったりで、「おしゃま」というのか、Aちゃんはよくおしゃべりもし、会話も楽しめたりできるんだ。

彼らの住まいは中山間地というのか、山あいの田畑が連なる地域にあり、大学で農業を学び、単身でブラジルの僻地農村にも農業研修にも行ったことがある(当時、朝日新聞で紹介記事にされたこともあり)Mちゃんと、脱サラして農業経営に夢をかけたY君との、僕流に言えば「人間としてまっとうな生活」の基盤がそこにあるというわけ。(農業を軸とした「まっとうな生活」は決して楽なものではないわけですが)

到着初日夕方は、Mちゃんとお子たちとで地元温泉へ。露天風呂もあり渓谷が眺望できる場所。ゆったりした気分になったよ。夜は畑で採れたてのピーマン(さすが、美味!)やナス(これも美味!)などの正真正銘の新鮮野菜や熊本名物馬刺などの夕食。今回は地元のお祭り関係であまり時間がなかったY君ともビール飲みつつ、歓談。

ところで、ここんちもテレビがないんだよね。これはY君の主義、なんだけど、山あいの静かな(それはそれは濃い静けさ)農家の夜は、テレビもないこともあってすぐに更けるのでありました。

翌日はMちゃんとお子たちで阿蘇山までドライブ。お盆休みに差し掛かっていることもあって、観光客はそこそこ多し。ちらほら中国語とかも聞こえてくる。雨こそ降らなかったが、視界はあまり良くなくて、本来なら絶景も薄雲がかかりもうひとつ。Aちゃんにとってこの日の阿蘇山観光の目玉は売店で食べたソフトクリームでありましょう。

この日の夜に地域のお祭りがあり、僕も「せっかくだから」見物した。グラウンドの特設ステージに入れ替わり立ち替わり、地元の「出たがりさんたち」の宴会芸が披露される、というのがこの祭りのメインイベント。年に一度の村の大宴会と言うべきか。盆踊りとかはなかった。

祭り開始直前に一雨あり、グラウンドがぬかるんでいるようなあまり好条件ではなかったが、老若男女けっこうな数の人たちが集まっていた。Y君曰く、「あそこにいた全員がお互いを良く知っているという関係」なので、ロン毛を後ろで結わえた怪しげな風体のおじさんは、集まったみなさんの「あれは誰?」という格好の話題になったであろう。

Y君の仲間の人に豚足をふるまわれ、久しぶりに食べるぷりぷりコラーゲンをぱくつきながら、ロング缶飲みつつ、よそ者らしくできるだけ目立たないように山あいの村祭りを「ふむふむ」と見学したのでありました。

で、その日の夜も早々と就寝(こういう状況であればがちがち夜型の僕もあっさりと眠れる)。明けて月曜日午前中、Y君夫婦&Aちゃんに見送られ、またバスで今度は博多まで。帰省客最盛期であったが、さすが新幹線始発駅、楽勝に座れて(そう言えば行きの新幹線では名古屋まで座れなかったんだ)、車内販売の駅弁食べながらビール(これだけが新幹線の楽しみ)飲みつつ、のぞみは時速270キロの旅情もくそもないスピードで東に東に。過ぎてしまえば夏の夜の夢のような「せっかくだから熊本トリップ」でありました。




初日に行ったY君宅近所の温泉から見える風景。入浴料500円、安し。

Y君宅から一歩外に出ると、


わけいっても、



わけいっても、




青い山(7月の豪雨のため、ブルーシートが崩れた箇所を覆っている)


Aちゃんに案内されて、Y君の畑に。山育ちのお姫様はずんずんと畑に入って行って、赤いピーマンをゲット。


それでAちゃん、もぎたて赤ピーマンを一個手に持って、弾むような足取りで楽しそうに山あいの道を歩いて行く(「元気印電池を直列4本背中に搭載」の所以)。なんだかトトロの里のめいちゃんみたいだった。(でも、Aちゃんはトトロはイマイチ、ディズニー・アニメの猫のマリーちゃんがお気に入りだと)


阿蘇では、阿蘇山周遊の小型ヘリ(でかいラジコンのヘリコプターみたいだった)がぶんぶんと飛んでた。「乗りませんか?」と呼び込みに言われたが、「ただでも乗りません!」ときっぱり。(僕は高所恐怖症)


お祭り模様。出し物は地元ブラバンの演奏から始まり、地元名士のカラオケ、地元少女のカラオケ、地元青年のブレイクダンス、地元青年の「すぎちゃんギャグ」、地元青年グループの「ひげダンス、女装ピンクレディ&キャンディーズ歌振り」等、つまりは大宴会。


Aちゃんにウクレレを聞かせてあげようとウクレレを持って行ったが、「貸して貸して!」とほとんどウクレレはAちゃんに取り上げられてしまったのだった。これは布団の上での「Aちゃんオン・ステージ」の模様。それなりにウクレレを弾きながら、「海は広いな」とか「キラキラ星」とかたくさん歌ってくれて楽しかったよ。


Aちゃんには来年お正月にこちらで会えそうだから、スティッチのウクレレ、プレゼントしようと思ってるんだ。

WeeklyTwitts 2012 (8.13~8.19)


2012年08月13日(月) 
熊本から高速バス2時間弱で博多、博多から新幹線に乗車5時間弱、先ほど帰還。父の一周忌&初盆法要&「せっかくだから熊本トリップ」、非日常浮遊感の旅、8日間の全行程無事終了。やれさて。
posted at 20:14:09

2012年08月14日(火) 
8時起床。非日常浮遊浮遊空間からホーム日常空間に戻り、旧盆中日ということで街も静か。西国もそれなりに暑かったが、今日はクールダウン、午後に至ってもしのぎやすい日となっている。「早寝早起きの国」に1週間あまりいて、とりあえず朝型体質持続中(いつまで続くかわからないけど)▶「早起きの国」はテレビのない国でもあって、ほぼ一週間、テレビレスで過ごした。だから、オリンピックも後半はまったく中継を見ることができなかった。昨夜は総集編などぱらぱらと見たが、やはりスポーツ中継はライブに限るわけで、「ふーん、盛り上がったんだね」という感じ▶諸々の一週間分のニュースもほとんど追ってなかったから、軽い浦島状態。ワールドワイドのスポーツの祭典も、全国各地の大小さまざまな夏祭りも順繰りに消化されてゆき、熱狂、興奮の余韻を残しつつ、今年の夏も黄昏れていくわけで。僕の小さな旅も終わってみれば一夜の夢のようでありました。さてと。
posted at 14:00:46

2012年08月15日(水) 
帰ってきた途端、ぐっと涼しくなって、旅の終わりと夏の終わりが重なったようで、そこはかとない寂漠感あり。午後はベッドに寝転んで、溜まっていた新聞を読もうとしたら本日の新聞、しかも途中まで読んだところで睡魔に襲われ夕方まで寝てしまった。アジの開き、そぼろ豆腐、キャベツの味噌汁。
posted at 01:28:50

早起き君継続中、8時起床。ウスレレ日和、そこそこ暑いね、昨日より。セミは朝から絶好調。僕はと言えば、プチ放心状態、やる気ナッシング、なーんにもしとうない。旅行中の写真整理でもするべかな。
posted at 11:41:51

<認識票肌よりはずす終戦日>というのは父の句。認識票というのは兵士が身につけるIDタグ。父は昭和17年秋に東京商科大学卒業、同年住友グループ企業に入社わずかひと月後に、会社在籍のまま山口西部4部隊入営、昭和21年6月中支派遣軍より復員という戦争体験がある。ほぼ学徒動員に近い▶父が兵役に服したのは、21歳から24歳にかけての、普通であれば新社会人となる年齢。父にとって学校を卒業して体験する「社会」が中支派遣軍ということになる。そして社会人として経験を積むべき最初の「職場」が戦場であったわけで▶復員後、就職した会社に復帰する予定であったが、会社は大阪にあり空襲による焼け跡を目にして依願退職、少年期を過ごした下関に戻り地元の企業に入社(下関の方が暮らしやすいという、これは祖父の希望だったらしい)、翌年結婚、下関に居を構え、昨年90歳で亡くなるまで当地で過ごすことになる▶父は戦争体験について多くを語らなかった(何事も多くを語る人ではなかった)が、入隊した部隊長が敵が攻めてくると「逃げろ、逃げろ!」という「人道的」な人で良かった、と言っていた記憶がある。その話を聞いたのは僕がまだ小学生くらいの頃、戦争というものについての認識も全く未熟な時期だった▶僕の世代周辺は、戦争に至る昭和史というものをあまり学校で教わらず、アメリカ主導の戦後民主主義教育にどっぷり浸かって育った世代だ。脱脂粉乳を飲まされ、アメリカ製の豊かで夢溢れるホームドラマをテレビで見て、アメリカの思惑通り、見事に洗脳され育った。暗い歴史を「なかったもの」として▶戦争が終わってたかだか20年後、中学生になった僕はビートルズに夢中になり、♪アイワナ・ホージュー・ヘーン(『抱きしめたい』ね)と歌っていた。それを聞いていた父が「哀れ補充兵、かあ?」と笑いながら言っていたのを覚えている。物静かだが、だじゃれ好きな父だったんだ▶<海征かば夜光虫となり還る>というのも父の句。父は戦争について多くを語らなかったが、父が遺した俳句集にいくつか戦争にまつわる句がある。それを読んで父の戦争に対する思いを感じ取ることができる。<鵜の首が浮かび軍艦なき平和>これも父の句。「哀れ補充兵」だった父。
posted at 13:09:58

父の一周忌&初盆帰省時の墓参り光景1。墓の背後にややくたびれたていのカンナが咲いていた(写真の墓は他人の墓ですが)▶父の一周忌&初盆帰省時の墓参り光景2。これはウチの墓。父と祖父、祖母、祖父祖母の幼くして亡くなった幼児、父の実母のみなさんが入居していらっしゃる▶ウチの墓のすぐ後ろで実を付けているイチジク。死者のそばで赤く熟れていく果実の生命。
posted at 13:27:12

2012年08月16日(木)  
昨夜は12時前に寝オチ。今朝は6時に目が覚めた。早起きクン、鋭意継続中(別に努力はしとらんが)。この勢いで早朝散歩なぞひらめいたが、そこまでやるとアイデンティティを失いそうなので思いとどまった。レレ日和の夏の朝でございます。今日は暑くなりそうだね。さてさて。
posted at 08:29:02

2012年08月17日(金)
6時半起床。朝散歩@散歩ロード、してきたよ。朝に散歩なんて僕にとっては希有なこと。ハマるかも。画像は今朝の散歩ロード▶近隣家庭菜園のスイカ(大きさはまだ野球ボールくらい)。成長を見守ろう▶こちらは散歩ロード脇の畑のスイカ(だよね)。こちらも成長を見守ろう▶こちらは散歩ロード脇の畑のナス。こちらも成長を見守ろう(見守った暁にはちょっと失敬‥‥、なんてことは考えてないよ)▶散歩ロード脇の公園の百日紅(さるすべり)。今日も暑くなりそうだね。
posted at 09:24:32

2012年08月18日(土)
ここのところ、夕飯食べたらずぶずぶと寝オチしていたが、今夜は宵っ張っておる。明日はレレ教室@ゆうむ、毎回のように直前であれやこれやとプリントを作ったりで。黒鯛の煮付け、がんもどき、トマトのマリネ、キュウリとカブの糠漬け、キャベツの甘酢漬け。昨夜は豚肉の塩麹なんとか、他諸々▶しかし今日は暑かった。真夜中になってもジージーと暑苦しくセミが鳴いている。明日は少しクールダウン&午後から雨も、との予報。タモリ倶楽部見て寝よ。
posted at 00:53:28

昨夜は「宵っ張った」ので本日は8時半起床。さきほどから雷がごろごろ、どーんと雨が来そう。今日は午後からレレ教室@荒木町ゆうむ、ウクレレ担いでお出かけなのになあ。さてさて。
posted at 09:48:08

2012年08月19日(日)
早起きクン継続中、6時半起床。ヒット・ザ・朝の散歩ロード、してきたよ▶夏色の散歩ロード川面を吹く風が気持ちE▶歩いていたら、眼鏡にこつんと飛翔物体が。てんとう虫だった。

昨日は雷雨の中、ウクレレ担いでレレ教室@荒木町ゆうむへ。着いた頃には雨も上がり、午後1時からと3時からの2セッション、ほぼノン・ストップ4時間、へっぽこ講師は、生徒のみなさんを相手に熱血指導(それだけが取り柄)をかましてきたのでした▶レレ教室が終わり、生徒でありバディのダズ先輩と恒例の打ち上げビール@新宿。時間制限ノミホで中1、大3、そこそこ酔って帰りの電車でうとうと、帰宅してからバタンキュー。今朝は6時半起床、散歩ロード人生2度目の早朝散歩をしたりと、「らしくない」一日の始まり。
posted at 10:49:38

昨日のレレ教室@荒木町ゆうむ、午後1時からのビギナークラスのメニューは、アップ・ダウンストローク、コードチェンジ練習、Cメジャーキーの循環コードいろいろ、基本的なリズムパターン練習、クロマティック音階による左指エクササイズ等。練習曲は「サントワマミー」、「スタンド・バイ・ミー」▶ビギナークラスのMさん、前回「ウクレレの神様」が降臨して以来、絶好調。ご実家でワンマンショーも連日開催、だとか。その勢いでKeliiのオールコア単板ソプラノを購入、やや薄めの胴だがいい感じでよく鳴ります▶午後3時からのクラスのメニューは、Beyond The Reefソロの演奏ポイントをデモ、「素振り系」トレーニングとして、フィンガーピッキングのバリエーション、ロールストローク、3連ファンストローク、2曲のソロ曲(My Bonnie、Amazing Grace)等▶3時クラスのハワイアン好きYさん、ウクレレ演奏の「筋」が良くて、音感やリズム感も良いのだが、音楽は「ハワイアン以外、ほとんど知らない」とのこと。今後の課題は彼女をもっともっと広い音楽世界に案内していくこと。ウクレレにとてもマッチするオールドタイミーなスウィング系ポップスとかね。
posted at 11:48:35

2012年8月16日木曜日

「太陽と番った海」を見たよ。(綾羅木海岸@下関)


ランボー(シルベスターの方じゃなくて、アルチュールの方ね)の詩に、

もう一度探し出したぞ
何を? 永遠を。
それは、太陽と番(つが)った
海だ。

っつうのがあります(L'eternite'ー「永遠」)。

ゴダールの映画『気狂いピエロ』でも主人公(J・P・ベルモンド)が爆死するところで朗読されたんじゃなかったかな。うろ覚えですが。

「太陽と番(つが)った」というところがいいね。これは堀口大学の訳。そして「太陽と番った」というイメージの太陽は、徐々に海に沈み込む夕陽じゃなくてはね。で、これは太平洋側海岸(湘南とか)では見ることができない。

ところで「番った」という言葉、「番(つがい)」という言葉があるように、「ペアになる」、「一体となる」というような意味だね。子どものころ、「犬同士が番っている」という言い方を聞いていて、だからこの言葉は多分にセクシャル・インターコースを表すわけで。夕陽が海に沈む様子を、「太陽と海との性交」とイメージすればなかなか素敵(?)でしょう?

それを見たかったんだ。ゆっくりとね。
そして、その光景は下関の海のそばで生まれた子どものときの記憶に重なるんだな。

3月にこの綾羅木海岸を訪ねたときは、タッチの差で夕陽は既に海に沈んでいた。今回、下関に帰省して、春に叶えられなかった「太陽と番った海」を見ることは念願だったんだ。

で、毎日この素敵な光景を見ることができるマイミク・ヤギーニさんがご夫婦でやってらっしゃる「Beat Cafe」@綾羅木海岸を再訪したというわけ。


サンセットまであと小一時間の綾羅木海岸。夏休みの最盛期でありながら訪れる人も多くはない。僕の子どもの頃は、松林を抜けて広い砂浜に海の家が建ち並ぶ、ポピュラーな海水浴場だった。 

ここが噂の「Beat Cafe」、店内海側に大きな窓があり、ビーチほぼ全景を独り占めできるビュー、店内はあくまで明るく(夕陽がダイレクトに差し込む)爽やかなウェストコースト風、壁にザ・バンドの写真とライ・クーダーの絵なんか飾ってあり、音楽のテイストも僕なんかにぴったり。

「太陽と番った海」(正確には「番ろうとしている海」だけど)、感じでしょう? 


ちょっと残念だったのは、水平線に厚い雲がかかっていて、「番る」その瞬間ははっきりと見ることができなかったこと。ま、それは次回に持ち越し。


親子連れが来ていて、おそらくお兄ちゃんと妹がずっと黄昏れて行く浜辺で遊んでいた。そんなシルエットも写っていて、この写真、なんだか「ストック・フォト」みたいでしょう?


Beat Cafeにはウクレレを持って行ったんだ。で、ウクレレを弾きながら、ヤギー二さんのご主人に会ったり、お店に来ていたお客さん(僕が通っていた高校の後輩でした)と音楽話(もうテイストぴったんこ)をして楽しく過ごしたよ。

もちろん(これも念願だった)、お店のバルコニーに出て潮風に吹かれながら、「太陽と番った海」を見ながら、ウクレレを♪ポロリンコと弾いたのでありました。

2012年8月15日水曜日

WeeklyTwitts 2012 (8.6~8.12)


2012年08月06日(月) 
昨日のレレ教室@ゆうむ、1時からのビギナーさんチームは、しょっぱなの話の流れで音叉を使ったチューニング方法を伝授。今はデジタル・チューナーを使ってチューニングするのが一般的だが、僕は音叉派。音感のトレーニングという意味で音叉を勧めるのだが、ビギナーさんにはなかなか難しいみたい▶僕は音叉を2本持ってるけど、そのうち1本は40年近くも使っているもの。物持ちの悪い僕(よくなくす、壊す)にしたら奇跡みたいなブツのひとつ。何の変哲もない500円くらいの音叉だけど、機能はまったく変わらず、そのシンプルな形状を見てるだけでほれぼれするよ。アナログの良さを感じる逸品▶音叉でのチューニングは自分で慣れてもらうことにして、今回はかんたんな3コード曲(ハッピー・バースデイ、森のくまさん、聖者の行進等)をゆっくり一拍ずつのダウンストロークでコード弾き練習、8ビート・ストロークでCをトニックにした基本的な循環コードをいくつか、右手親指の単音弾き練習等▶ビギナー生徒さんのMさん、最初はウクレレの持ち方もぎこちない感じだったが、練習してるうちに「なんか、楽しくなってきた!」と乗ってきて、構え方も自然にいい感じになってきたんだね。「いい感じになってきたよ」と言えば、本人曰く「降りてきた」(ウクレレの神様が)とのこと。嬉しかったな▶3時からのクラスは、セーハを使ったアルペジオの練習をいくつかのパターンで。これは地味な「素振り系」の練習だが、「ウクレレは右手」ということがだんだんわかってくると思う。そしてBeyond The Reefのソロを練習。このクラスはちょっと難しいかなと思われる課題を意識的に。
posted at 01:53:11

レレ教室が終わって、ビール飲みつつ生徒さん達とレレ話して、今回は直帰。オクさんが買ってきたてんやの天丼食べつつ、男子卓球見て(結果は残念だったけど、「卓球小僧」丹羽君、まだ高校生! やるね、いい感じだ)、明日からの帰省の準備などしつつ、盛夏8月第1日曜日のレレの一日は終わり。
posted at 02:08:19

やれやれ、早起きして早めに出発する予定だったが、寝坊しちまった。そんなわけでこれからばたばたと帰省いたします。こちらに戻るのは来週頭の予定。関係各位、ウェブチェック、メールチェックはできますのでよろしくポロリンコ♪
posted at 12:00:11

2012年08月08日(水) 
7日の亡父一周忌&初盆法要は無事終了。母は仏壇の父の遺影に向かって「ありがとうございました」と。兄がバリに行った際、現地の占い師に「父はどうしているか」と聞いたら、「幸せにやっている」との答えだったそうだ。晩年、趣味悠々だった父のこと、あちらでも悠々自適、幸せにやっていると思う▶お盆の最盛期は檀家から一日50件の法事依頼があると住職。それを住職一家三人の僧侶でこなす。分刻みのスケジュールらしい。AKBより忙しいのではないか。「この時期にやっていただけるのはありがたい」と。師走というのは八月を指す言葉だね、実際的には。
posted at 15:06:13

昨夜は激闘の女子バレー対中国戦、続く女子卓球団体決勝戦を「ラジオ中継」で(テレビがない環境なので)。これがなかなか盛り上がった。昭和初期の家庭の再現みたい。ただ、その前の体操種目別をラジオ中継で聞いたが、これはね、絵がないとイマイチでした。男子サッカーが始まるころには寝ていた。
posted at 15:13:16

今日は6時半起床。兄夫婦が早起きなので仕方なく。みなで母がいる特養を訪ねた後、さきほど一緒に昼食を食べ、彼らとは別れた。Mzone、下関駅前ロッテリアでウェブチェックをしているところ。さてさてこれから、土曜日の熊本トリップまでフリータイム。この妙な浮遊感というもの、悪くはないが。
posted at 15:22:26

2012年08月09日(木) 
ふだんの暮らしと全く違う生活リズム、環境なので妙な浮遊感というか、「どこにもいない」感が心を支配して、淋しいというのではないが、楽しいという感じでもない。今日は7時半ごろ起床、午後3時まで在宅せねばならぬ用件ができ、午前中は兄がやった庭の草むしりの片づけ等をして過ごす▶夕刻、母がいる特養へ。母が「あんた、どこで寝よるん?」と言うので「いつも父ちゃんが寝ちょったところで寝よるよ」と言えば、「家賃を払わんにゃいけんよ」と。実家が人の手に渡ったと思っているらしい。「あの家は今は母ちゃんのものだよ」と言えば安心したようだ。だいぶ、母ももうろくしたな▶その後、下関駅前までバスで。ひとりで何か食べるのも味気ないのでデパ地下でタイムサービスの中華総菜等を購入。ついでに軽めの(重量が)おみやげにふくせんべいというのと自分用にウニの瓶詰等を購入。さてこれから実家に戻り、妙な浮遊感、漂白感のまま、ロンリー・ディナーをいただきますか。
posted at 19:39:37

そう言えば、昨夜、直径12センチくらいの大きな灰色のクモが出たのだった。とてもとてもビビった。何が嫌いってクモはかんべん、なんだ。まだ家の中にいることだろう。嫌だなあ。夜なかにトイレに行ったらスリッパの中にゴキブリがいたし。古い家に一人でいるのは心もとないです。
posted at 19:44:05

2012年08月10日(金) 
8時ごろ起床。西日本は暑いです。昨日は少ししのぎやすくなったけれど、猛暑アゲイン。今回最後になる母を訪ねて、さてさてこれから海を見に行こうかと。海に沈む夕日ウォッチングは今回の目的のひとつ。
posted at 15:55:31

2012年08月12日(日) 
昨日から熊本。山頭火の<分け入っても分け入っても青い山>的環境。せせらぎはあくまで清く、セミ鳴き、トンボ群れ飛ぶ中山間地農業地帯におります。よかところですたい。心の洗濯をごしごし、やっとります。
posted at 11:13:08

現在、滞在しているのは熊本県の北東部、菊池市というところ。今日は阿蘇五岳が一望できる大観峰というスポットに連れて行ってもらった。観光客多し、でかいラジコンのヘリコプターみたいな阿蘇周遊小型ヘリがぶんぶん飛んでいた。ただでも乗りたくないけど▶阿蘇の眺望を愛でた後は地元温泉に浸かって(昨日に引続き)、夜は地域の夏祭り(村の大宴会という感じ)を見たり。夕方に一雨あったが、なんとか天気は持った。夜の闇がとても濃い。人間の存在が小さく感じる地域であります。さてさて、明日目覚めたら、荷物をまとめてゴーイング・バック・ホーム。
posted at 22:28:01

WeeklyTwitts 2012 (7.30~8.5)


2012年07月30日(月)
昨夜は柔道など見つつ、テレビつけっぱ、リモコン握りしめたまま寝オチ。サッカー、見ようと思っていたのだが。ロンドン時間で生活してたちょっと前までだったら、楽勝でオリンピック中継が見られたのだが、体内時計が夏モードにスイッチしたので、夜更かしができなくなった。今朝は8時半起床。
posted at 10:49:28

「父ちゃん、そちらの暮らしはどうかね?」と、つい今し方、天国方面に向かって黙祷した。今日は父の一周忌。母と兄と僕に看取られ、息を引き取ったのが一年前の今日、午前10時56分。あの日も今日のようによく晴れて暑い一日でありました▶蝉が鳴き始めた。父に黙祷を捧げたすぐ後、ホントだよ。近隣地域、今年はなぜかこの時期になっても蝉の声がせず、この地域の「蝉組合」のなんらかの申し合わせなのかと思っていた。というのはないだろうが、本来、鳴き始める時期に急に気温が下がったりしたのが出遅れの原因かも▶父が亡くなる直前の朝方、タバコを吸いに病院の外に出たとき、病院そばの木々から降るような蝉時雨が聞こえてた。父は一度、冬の蠅となって僕の前に現れた。今度は蝉となってあの世からの挨拶に来たのかもしれない。
posted at 11:46:35

2012年07月31日(火)
体内時計が夏モードになり、オリンピック中継も「寝オチ」傾向にあったが、昨夜はハマって明け方近くまで観てしまった。卓球、愛ちゃんのベスト8をかけたあの(いつもの)「ハラハラ熱戦」、強い! という印象がないのに世界ランキング上位にいる彼女って、やっぱり「持っている」んだね▶かたや天才肌の佳純ちゃん、彼女の卓球は勝ってても負けててもけっこう安心して観てられる。二人とも中国帰化選手カットマンが相手だったが、速攻タイプVSカットマンというのは、僕にはやっぱり観ていて一番面白い。中国選手を破って欲しい(中国人同士の決勝戦はもう‥‥、ね)▶卓球テレビ観戦で燃えたので、勢いがついて柔道とか体操とか見入ってしまった。やっぱりスポーツ観戦はライブに限るね。そんなわけで、夜更かし、今朝は10時起床。こんなとき「さしつかえるような明日」が特にない(夏枯れの零細フリーランス)ことについては、微妙な気持ちだけど。
posted at 13:12:28

このところ、パソコンに向かわず寝オチしているので、「夕飯記録」が滞りがちだな。昨夜のメニューは、カマスの塩焼き、冷や奴、キャベツと豚肉の炒め物、もずく酢、もやしの甘酢、とかだったかな。一昨日はチャーハン、その前は友人宅でお呼ばれごちそう。その前は、もう思い出せない。
posted at 13:20:10

2012年08月01日(水)  
昨夜は佳純ちゃんの準決勝を観戦、試合終了とともに寝オチ。やっぱ中国強し、だね。シングルスの出場選手が各国2名となったから、愛ちゃんもベスト8(岸川君も)果たせたけど、実力的にはベスト16くらいまで全員中国人(帰化選手も含めると)じゃないだろうか。まだ差がありすぎ、だな。
posted at 12:18:48

9時半起床。一昨日の父の命日、死亡時刻直後にようやく鳴き始めた近隣のセミ。今日はかすかにしか聞こえない。今夏はあれだな、「地区セミ組合」で活動自粛の取り決めがあったのかもしれない。あるいは、「鳴かないでも♀をゲットする方法」とか、セミ界で流行っているのかもしれない。
posted at 12:29:29

2012年08月02日(木)  
「メダルラッシュに期待」とか、なんかアウトオブデイトな言葉だね。メダルはあくまで個やチームに帰属するもの、だから「がんばれニッポン!」って違和感ある。もっと中継を淡々とやれんもんかな。オリンピックは好きだけど、テレビのお祭り騒ぎはどうもね。いつまでたっても成熟できんな、テレビ。
posted at 02:16:57

猛暑が続く中、なぜか始めてしまった部屋の模様替えもようやく一段落。断捨離もそこそこ実施、だいぶすっきりした。週明けに父の初盆法要のため帰省する予定なので、それまでにやるべきことがぱらぱらとある。それなりにちゃんとせねば、ねばねば水戸納豆。ほっけ、めんたいこ、もやし炒め、冷や奴。
posted at 02:32:40

昨夜はこのところの「午前2時の睡魔」に襲われず、だらだらとオリンピック中継を明け方まで。なんか競技多すぎじゃない?オリンピック。「世界の大運動会」の原点に戻って、陸上競技を中心にもっと競技を絞り、せいぜい1週間くらいの会期にしてもいいかも。お祭りも中くらいなりおらがオリンピック▶てなわけで、このところの早起き君も今日は11時起床。9時にいったん目が覚めた(暑いので)が、美人秘書がアイスノンを渡してくれたので二度寝しちまった。ところで、シャワー直後、すっぽんぽんで扇風機にあたるのって、おしっこちびりそうなくらい快感だね。今日もクソ暑い。やる気が出ないなあ。
posted at 14:09:51

2012年08月03日(金) 
昨夜、またぞろプリンター不調。クリーニングした当初は良いが、しばらくするとインク詰まり。リサイクルショップで2980円で買ったものなので、なにかしらの問題があるのではとは思っていた。ただ、問題は本体ではなく装填されていた互換インクにあるように思う。これから買いに走らねば▶プリンター不調に加えて、このところ(もう1週間くらいか)右肩の不調。五十肩に症状は似ているが、腕が全然上がらないというわけではない。目薬をさすときの腕の角度、あの位置で肩から二の腕にかけての鈍痛。普通にしている分には何でもないのだが▶五十肩は五十くらいのときに経験した。しばらく腕が見事に上がらなかった。ただ、痛みはそんなになかったように思う。今回は「六十肩」か。「右肩下がり」というわけで、僕のシゴト状況を表している。加えて最近腰の調子がイマイチ。肩の不調、腰の不調、連日の猛暑、これでは諸々やる気がそがれる▶そんなわけで昨夜は気持ちがやや塞ぎ、ふて寝オチ。夜半過ぎには寝てしまったので、本日は8時起床。物事はあまりうまくいかない、というのが我が人生のデフォルト状態、これがノーマル、大したことではない。気持ちを切り替えねば。さてとこれから近隣ヤマダに行ってプリンタ・インクを買ってこねば。
posted at 10:22:28

2012年08月04日(土) 
プリンタ不調はインクを換えて回復。この夏はパソコン故障から始まり、買ったパソコンにアプリが使えず、買い換え、その後のプリンタ故障と続き、もうデジタル機器のトラブルは勘弁して欲しいという感じであった。これってすごく心が消耗する。とにかくトラブルの原因がよくわからないということがね▶プリンター問題をクリアして、午後はウクレレ練習音源を宅録。土、日はあまり厚木基地のジェット機が飛ばないので宅録にふさわしい曜日なんだ。一応、曲がりなりにもウクレレを教える立場なので、そこそこの演奏しなきゃなんないんで、何度かテイクする。良い感じのときにジェット機が飛ぶんだよね。
posted at 02:11:08

日曜日は新宿でレレ教室、月曜日に帰省するのでいろいろやるべきことがあるのに、この暑さとオリンピックのせいではかどらない。今日は早く寝ようと思っていたが、なでしこ、やってるしこ。つい見てしまうしこ。チキン・フリッター、野菜サラダ、春雨サラダ。昨夜は餃子。なでしこ、見たら寝るしこ。
posted at 02:18:06

なでしこ見て、ずるずるとオリンピック中継見て、寝たのは明け方だったが10時には起きたしこ。今日は少しクールダウン&曇り空、いくぶん過ごしやすいしこ。やるべきこと、用意すべきこと、行くべきところ、買うべき物などあるしこ。しこしこやるしこ。
posted at 11:42:56

2012年08月05日(日) 
各方面へメールしたり、図書館行ったり、郵便物を出したり、買い物したり、あれやこれやと用事を片付け、明日のレレ教室の準備をして、やれやれと遅い夕食(肉うどん+五目いなり寿司)を摂って、卓球女子(ドイツに勝ったみたいだね)見つつ寝オチ、妙な時間に目が覚めちった。
posted at 03:19:09

9時半起床。少し涼しくなるとの予報だったが、けっこう暑いね。セミたちも朝からゴキゲンなようで。さてとこれからレレ教室@荒木町「ゆうむ」。楽しくハッピーにポロリンコ♪やって参ります。
posted at 11:04:17

2012年8月3日金曜日

WeeklyTwitts 2012 (7.23~7.29)


2012年07月23日(月)
昨日のレレ教室@ゆうむ。1時から3時までご新規3名様の体験教室、3時からレギュラーのクラスを終えて、生徒であり、バディのダズポンと新宿でビール。深夜近く帰宅、前日あまり寝ていなかったのでさすがに疲れ、バタンQ。ぐっすり眠って10時起床。気温はチベッタンから那須高原くらいに。
posted at 13:12:57

新入生のみなさんの内、おひとりはウクレレに触るのもほとんど初めてのベリー・ビギナー、何事も最初が肝心というのは定説だが、その最初の手ほどきを施す役割というのは嬉しいことだが、責任も感じるね。物事を始めるにあたって色々な入り口があり、僕はそのひとつを示しているに過ぎないわけで▶ともあれ、みなさん楽しんでいただけたようで、引き続き参加してくれそう。ウクレレ人口が、こうして少しずつでも増えていくのは「ウクレレ伝道師」を自認する僕としては嬉しい限り。まだまだへっぽこ講師ですが▶体験クラスでは、「ウクレレ・イントロダクション」としてウクレレの持ち方から始まり、コードダイアグラム、タブ譜、リズム譜の読み方、親指/人差し指ダウンストローク、ドレミの音階、C、F、G7のコードの押さえ方等、2時間弱。もっと教えたかったが、ケツカッチンだったのでここまで▶レギュラークラスはハワイアン好きのSさんが加入して以来、今まであまりやらなかったハワイアンを前回に引き続き。16ビート・ハワイアンの「パイナップル・プリンセス、国産ハワイアン「お嫁においで」のストローク練習。C6やG6等を使った「ハワイアンっぽい」コード進行、バンプのフレーズ等。
posted at 14:14:46

2012年07月24日(火)
アジサイの季節は過ぎたが、近所の墓地そばにひっそりと咲き、枯れ始めたロンリー・アジサイを発見。「孤独死」という言葉が頭をよぎる。
posted at 02:13:11

<退色し朽ちていくアジサイを見て見ぬふりして通り過ぎる路地寒き夏> 明日から夏が徐々に復活していくとの予報。当たり前のことが当たり前のように起き、過ぎてゆくことすら望ましく思う時代だな、と、ふと。手羽先と玉子の甘酢煮、薩摩揚げ(長崎産、美味だった)、春雨サラダ、もずく酢。
posted at 03:13:37

10時半起床。気温はチベッタンから那須高原、「日本の夏」まで上昇。明日には亜熱帯ベトナミーまでいくのだろう。しかしなんだな、異常とか正常、常識とか非常識というのはごく相対的な概念だっつうことだな。懐を深く持ってなきゃ心健やかに生きていけません。普通、当たり前が一番良いんだけどな。
posted at 13:18:14

2012年07月25日(水)
ブータンでは、人々は明日明後日、せいぜい三日後くらいまでのことなら約束できるが、1週間後、さらに1ヶ月後というのは「大体、そのくらいに」という感じでしか予定が立てられないそうだ。そうした緩めの約束の中で、人々は待ったり、待たされたりするわけだが、別にかりかりしたりしないそうだ▶それっていいなと思う。なかなか日本社会ではできないけど。明日はレレ教室@パラ本、今頃になってあれやろうかな、これやろうかなとか思いつくんだよね。事前にしっかり準備ができない、ていうかイメージが沸かない。直前型、ブータン型ですね。コロッケ、メンチカツ、キャベツサラダ。
posted at 02:29:07

暑いね。まだこれくらいなら扇風機でなんとか。僕は単にビンボーだからエアコンを我慢してるのだが、節電が美徳となって何より。さてと、今夜はレレ教室@パラ本に参りまする。いつもぎりぎりまで課題プリント作ったりしてドタバタするが、今回は少し余裕。それはそれで何か不安になる抜け作のオイラ。
posted at 16:43:22

10時半起床。少し寝違えたか、首が痛い。首を回すと頸椎あたりからごりごりと音がする。左を向くとちょっと痛い。慣用句的にも「首が回らない」、「左前」の生活だな。「左うちわ」といきたいところだが。
posted at 16:50:19

2012年07月26日(木) 
昨夜はパラレレ終え少し飲んで深夜帰宅タコライス食べながらなでしこ見つつ後半カナダに1点返されたあたりで爆沈8時過ぎには目が覚めて(開け放した窓から夏休みのパワー全開の近所の子供たちの声が耳に刺さってさ)なでしこの結果をウェブで確認逃げ切ったかよしよし今日も暑くなりそうだ。
posted at 10:01:12

昨夜のレレ教室@パラ本、あえて新しい練習曲には入らず、ひたすら「素振り」(基礎的な練習のこと)の2時間弱。スポーツ、芸事、あまり面白くない素振り的練習が後日役に立つんだね。僕はかつて卓球少年だったから素振りの大切さがよくわかるんだ。その辺の経験が温泉卓球の巧者と部活出身者の違い▶「素振り」の主な内容は、コード進行におけるトニック、サブドミナント、ドミナントの展開を体で覚えること。C、F、G、それぞれのキーをトニックコードにした場合の循環コード練習。シンプルな3コード曲(聖者の行進、漕げよマイケル、ユー・アー・マイ・サンシャイン等)の転調練習、等▶レレ教室をやり始めて、ベリー・ビギナーから中級あたりまでカバーするようになったが、やはりビギナークラスが一番教えるのが難しい。僕自身がビギナーだった頃の問題点を忘れていることもあるが、まだ楽器演奏における「共通言語」ができてないから、諸々説明しなければいけないこと。これが難しい▶へっぽこ講師なりに、お手軽に楽しくどんどんテクニックをマスターできる練習方法をあれこれ考えるけど、なかなかそういう方法はないね。あまり面白くなくても「素振り」を続けていると、どこかでブレークスルーみたいなのがあるんだよね。テクニックを「身につける」って、そういうことなんだろうと。
posted at 11:00:32

2012年07月27日(金)
♪きーのーぉは、畳の上で寝た〜。サッカー見終わって爆沈、暑くて寝苦しくてベッドからずるずると降下、パンツ一枚になって畳の上に直に寝たので、起きたら背中に畳模様の「もんもん」が。で、9時起床。ここにきて脳内目覚ましが夏モードになってきた。今日も猛暑か、もーしょうがない、なんつって。
posted at 10:28:58

ネットで注文した突っ張り棒棚が届いたので組み立て&セッティング。20年くらい使用してきたスチール棚は、地震の際、転倒の不安があって、やや奥行きの狭い突っ張り棒式に換えようとかねてより思っていたのだ。この類いの家具の組み立て、昔はああいう作業は好きだったが、年取って面倒で面倒で▶整理整頓も苦手。だんだん面倒くさくなって、部屋中に(計画性なく)散らばったブツをようやく設置した新しい棚に(計画性なく)ムギュムギュと押し込んで今日の作業は終了。結果、雑然とした以前の部屋とあまり印象が変わらない。猛暑(さすがにエアコンはつけたが)の日にやるべきことではなかった。
posted at 18:09:47

2012年07月28日(土) 
昨夜はプレ・オリンピックのバラエティ見ながら、どうしようかな開会式まで起きてようかな、と思いつつ爆沈。ずっと明け方の4時なんて「宵の口」だったが、ここ数日の体内時計の夏モード変化で夜更かしができなくなった。で、8時半頃には目覚め、開会式の録画を見ておったよ▶赤のブレザーに白のスラックスという日本選手団のユニフォーム、東京オリンピックのときのそれを彷彿とさせたね。♪ターンタタッタッタッターンタッタターン、古関裕而作曲「東京オリンピック・マーチ」に合わせて行進する日本選手団、あの光景は昭和史の一つのハイライトだったわけで▶あの頃の選手の入場は、行進曲に歩調を合わせ、胸を張り、いくぶん高揚緊張した面持ちで集団一糸乱れず、という感じだった。いつごろからか随分リラックスした入場になってきたが、昔風の入場行進もあれはあれで(見てる分には)良かったな、と思う僕は東京オリンピック・ジェネレーションであります。
posted at 12:54:19

2012年07月29日(日) 
昨日は葉山在住の友人Iさん宅でのホームパーティにお邪魔。若いカップル3組と熟年カップル2組で暑気払いのひとときを楽しんだ。海辺の町は吹く風が心地よく、エアコンなしでもノープロブレム。夕暮れ迫る頃から、ルーフトップに移動、ハーフムーンを眺めながらのビール飲みながらの日本の夏を満喫▶Iさんが最近購入した8弦ウクレレ(12弦ギターのウクレレ版)やらギター、Iさんの息子さん、K君のコンサーティーナ(イギリス発祥のバンドネオンみたいな楽器)等でセッション、旧世代音楽を若い世代に伝承する、みたいな形になった。近所で開催中の夏祭りの盆踊りの音も聞こえてきて愉快だった▶深夜近くに帰宅、テレビで女子重量挙げ(こういうスポーツが見られるので、オリンピックはいいね)など見つつ爆沈、今日もそこそこ早起きクン、9時起床。今日は昨日より気持ち涼しいか。猛暑ももうしょっと。
posted at 13:24:14

ところで、コンサーティーナってこんな楽器。僕は知らんかった。なりは小さいけど、音はでかい。ちょっと弾いてみたが、バンドネオンと同様、難しそう。K君はこれでアイリッシュ系の音楽を奏でるのが好きらしい。人はいろんな楽器に出会っちゃうんだよね▶ところで、8弦ウクレレ、昨日さんざん弾いたけど、あれはウクレレではなくて別の楽器だな。マンドリンに近い。やっぱりウクレレは4弦、それもハイGが基本、というのが僕の主張。あってもいいけど、欲しいけど。
posted at 13:41:18

「つっぱりラック」を購入、セッティング後、途中で投げ出したままであった部屋のプチ模様替え、なかなか決まらず、ブツをどかしたり、戻したり。でもやっぱり決まらず、大汗かいただけで、結局未完のまま。ごく雑然とした部屋の気温は気持ち、2,3度高いような。だから電気を消して本日の労働終了。
posted at 20:46:52

そんな徒労感の中、大和警察から電話。今回の不祥事(男性警察官4人による女性警察官への集団セクハラ問題)についてお詫びすると共に、市民のみなさんの意見を聞きたい、と言う。実直な感じの電話だったので、この事件に絡めて日頃警察に対して思っていることを、問われるままにごくマジメに答えた▶「ほとんどのみなさんは真面目に仕事をされていると思いますが、一部の警察官のこういう行動で警察全体のイメージを損ないますからね」と優等生的な答えをしたところで、「本当に申し訳ありません。ところで、○○はいるの?」と僕のオクさんの名前を。僕の友人のいたずらだった▶こういうことをやるのが好きな友人で(しかも、事前にリサーチ、準備をして)、以前も似たようなことをやられたが、今回もまんまと。名前も部署もしっかり名乗ったのでだまされちまった。ホントにまじめに答えたからとても恥ずかしかった。「振り込め詐欺に気をつけてね」と。わかっとるわい。
posted at 21:09:47