2012年12月25日火曜日

WeeklyTwitts 2012 (12.17~12.23)


2012年12月17日(月)
昨夜はレレ納会から帰宅後早くに寝オチ。爆睡9時半起床。冷たい雨も上がったので夕方散歩。やれやれ感たっぷりの落日であります▶隣のはよく柿食う鵙▶群れなす鳥もいれば▶孤高の鳥もいる。人生いろいろ鳥もいろいろ、いろいろすべてに居場所があるのが民主主義だよな、とか散歩しながら考えたのでした。本日の空シドレミファ
posted at 18:33:35

昨日のレレ納会@ゆうむ、午後1時からのレッスンは「サイレント・ナイト」、「ホワイト・クリスマス」、「赤鼻のトナカイ」、そしてジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」と時節柄、クリスマス楽曲大特集▶生徒さんそれぞれ、「今から練習すればクリスマスまでにはばっちりさ」の楽曲から、来年のクリスマスまでにはばっちり(かな)」まで取りそろえた。「今やらねばいつやる?」という季節物なので予定の時間は軽くオーバー、長時間レッスンに生徒さん、よく耐えてくれました▶今年最後の教室ということもあって、レッスン終了後、豚シャブ鍋を囲みながら飲めや歌えやのレレ納会。ご新規生徒さんT青年、中央林間パラレレ・クラスからKさんも駆けつけてくれ、ウクレレ酒池肉林の夕べを楽しく過ごした▶ギター持ち寄りの「居酒屋セッション」はかつて何回かやったが、ウクレレだと楽しい中にもほんわかとした「和やか要素」が加味されるんですね。狂喜乱舞には決してならない。そこがね、なんというか、「中庸リベラリズム」▶今回はアンサンブル楽曲を中心にやったので、みんなで一緒に音を出す楽しさを、参加したみなさんに感じてもらえたとしたら嬉しく思うな▶ともあれ、午後1時から7時過ぎまでのポロリンコ大会、主催者が一番楽しそうだったという声も聞かれそうだが、その主催者も今朝起きてからポロリンコしすぎで左指が痛いくらいでありました▶<レレ友とアンサンブルで年忘れ> 和やかで楽しい夕べでありました。
画像1
画像2
画像3
posted at 19:27:54

2012年12月18日(火)
<枯葎ときに阿修羅の眼となりぬ>というのは母の句。葎(むぐら)は雑草のこと。阿修羅が遍在する人の世。ブリ大根、竹輪の磯部揚げ、味噌汁。 
posted at 01:57:35

10時半起床。朝っぱらからやたら厚木基地から飛び立つジェット機、飛行機の爆音がすごかった。なんだろうね、アメリカさんもちょっと頭の悪い二代目ポチから、元の忠犬ハチ公に戻ったことでいい気になっているのかもしれん。オスプレイこそ飛ばないが、ここいらの騒音もけっこうなもんだ▶年を取るにつれ時間が経つのが早く感じるという「ジャネーの法則」(時間の心理的長さは年齢に反比例する)なんていうのを知ったのはだいぶ前だが、ここのところは1週間が3日くらいの倍速感覚で過ぎてゆく。つうことは心理的にはあと1週間くらいで今年も終わるわけで、なんだかなんだか、じゃね▶図書館の本の返却期間は2週間だが、まだしばらくあるかなと思っていたら既に返却期間が過ぎていたということがここのとこ連続してあった。ぼくは迂闊な人間だから、逆に返却期限とか待ち合わせ時間とかすごく気になる人間なんだ。意外にね。そんなわけで返却期限を2日過ぎた本を返しに図書館へ▶図書館帰りにスーパーに立ち寄り諸々買い物、散歩して、部屋に戻る頃は日が傾きかけている。今日やるべきことは今日中にできず、先送り先送りしながらただただ日々が過ぎてゆく。「こんなふうに過ぎてゆくのなら」by浅川マキの日々であります。まったく、本年が閉じようとしている実感はナッシング。
posted at 17:51:20

そんなわけでやたらヒコーキが飛び回る本日の散歩ロード▶空にはヒコーキ、川面にはカモ船団航行中▶ジェット機が切り裂く、何やら不穏な本日の空シドレミファ
posted at 18:19:48

2012年12月19日(水)
<日に一度浄土にあそぶ野紺というのは母の句。母にはこういうちょっと幻想的なイメージの句がある。父の句にはないもの。鯵フライ、辛子菜の胡麻和え、サラダ。 
posted at 04:09:41

10時半起床。「人生はチョコレートボックスのようなもの」とは映画「フォレスト・ガンプ」での台詞。毎年この時期、兄宅から届く。ずっと眺めていても見飽きない。
posted at 11:45:53

さてと南京レレすだれ、これから今年最後のレレ教室@パラダイス本舗。今夜はご新規さんお一人も参加予定。23日のクリスマス・フォークデーに備えての最終練習もせにゃならぬ。<ノリノリでウクレレ弾けばレレレノレ~> 寒い中、レレを担いで参ります。
posted at 17:40:10

2012年12月20日(木) 
昨夜はパラ本から帰宅後、ドライカレー&野菜コンソメスープ食ってテレビをたらたら見ているうちにコタツでうたた寝、そのまま本寝、爆睡10時起床。この寒い時期にコタツでうたた寝は風邪を引くパターンとしてありがちだが、ぼくは風邪はめったなことでは引きません。心は軟弱、身体は丈夫▶風邪を引いて病院に行った記憶があるのは20代の半ば頃、以来風邪を引いた記憶はほとんどない。花粉症とかもまったくないし、たぶん、身体の中がよっぽど汚くてウィルス、細菌、雑菌に対する抵抗力が強いのかも。心の風邪はときどき引きます。

今年の個人的な総括として、良きことの筆頭は長続きしている散歩習慣。春先からほぼ毎日欠かさずというのは我ながら。昼間のハーフムーン浮かぶ本日の空シドレミファ▶逆に今年のブルースな出来事としては年初の悪夢のぎっくり腰。これがあったから気を入れて散歩するようになったわけで災い転じるのが庶民の知恵。昼寝時のカモ家族▶ヒコーキ飛ぶ本日の空シドレミファ2。そんなわけで、今年はよく歩き、空を見上げ、カモ(カメもね)を見守り続けた年であったな。
posted at 17:08:41

昨夜の今年最後のレレ教室@パラ本、ウクレレは初心者だというご新規Oさん(Oさんが二人になったからとりあえず新Oさん)に、前もって30分ほどウクレレ・イントロダクションをレクチャーしようと思っていたが、時間になってもなかなか現れず、どうしたことやらと思っていたら、道に迷ったのだと▶新Oさん、パラダイス本舗が見つけられず、電話番号も持たず出たため、寒空の下、30分以上も歩き、結局いったん家に戻り電話番号を確認、再度パラ本に向かいようやく到着。ごくろうさまでありました。てなことで、予定時間をちょい過ぎて新Oさん、Oさん、Kさんでレッスン、スタート▶新Oさんはクラシック・ギターをやっているということで、基本はばっちり。ただ、左手がクラシック・ギター・スタイル(左手親指をネック裏中心に置く)なので、基本「抱え持ち」のウクレレでは右手だけでウクレレを支えることになる。だから右手は親指ダウンストロークのみという形に▶なじんだ指のフォームを変えることは難しいかもしれないが、ここはウクレレのホールディング・ポイント(ヘッド下部のくびれ部分)に左手人さし指を置くスタイルにシフトして欲しいところ。まあ、いろいろなスタイルがあっていいわけで、ご本人がそれでどんどん上達していけば問題はないのだけど▶新Oさん(男性)、ぼくと同年配くらいかな、と思っていたが、だいぶお年上だった。お世辞でもなんでもなくとてもルックス・ヤングなおじさん。で、レッスン最初の日にいきなり23日のパラ本デビューに(半ば強引に)参加してもらうことにした。歌うことが好きな方でそれはとても良かった▶とりあえず23日のデビューに向け、「休学中」の方がぱらぱらと出たパラ本の「ウクレレ部」もちょっと形になったかも。ユニット名は「パラダイス・クイーン&ザ・サーバンツ」(模範生徒の女性Kさんが「クイーン」でぼくらおじさんは彼女の「召使い」という体)▶いや、Kさんは遠慮がちで心優しきお方ですが、外見は「クイーン」然としたとてもスタイルのいい人です。今後、「プリンセス」が二、三人入ってくるなり、復活(休学中プリンセスが三、四人)してくれるといいのですが▶てなわけで、昨夜のメニューはまず、追加クリスマス楽曲の「赤鼻のトナカイ」、Kさんのリクエストで往年のカバーポップス「ルイジアナ・ママ」をやって、23日のライブ参戦曲「パイナップル・プリンセス」、「聖者の行進」、「ツイスト&シャウト」の最終練習。当然、新Oさんも巻き込んで▶人前で演奏するのは初めての経験となるKさんは「こんなんでいいのかしら」と不安そうだったが、いいんです。もとより、お金を取って演奏するわけじゃないし、演者が楽しんでなんぼのライブ、気楽にやるためにはあまり完璧な練習はしないつもりで最初から。ぼくも久しぶりに楽しみな心持ちでおります。
posted at 19:06:45

2012年12月21日(金) 
<音消して河口を遡る冬の潮>というのは父の句。光の粒も音もなく流れにさざめく。自然のサイクルの中では人の営みのなんとはかないこと。鶏手羽先、玉子の甘酢煮。
posted at 04:04:44

11時起床。桜の木もほぼフルヌードとなった本日は冬至の散歩ロード▶こちらもすっぽんぽんの裸木になり、寒空に開き直った体で立つサルスベリの木▶明日からはまた少しずつ日が延びていく。古来、冬至は新年の起点、春に向かう希望の起点、あけましておめでとう。 画像▶寒空に孤高の鳥が飛ぶ本日の空シドレミファ
posted at 16:26:41

2012年12月22日(土)
<浮かぬ顔浮かばせている冬至風呂>というのは父の句。ゆずのかわりに浮かんでいるのは(何があったか)浮かぬ顔という父のユーモア。豆腐と豚肉のチゲ鍋。画像
posted at 02:42:48

10時半起床。選挙に立候補する羽目になる夢。「日本清貧党」公認、原発反対、平和憲法堅持、スローガンは「清く正しく貧乏になりましょう。みんなで貧乏になれば怖くない」▶エアコン禁止条例(暖房はコタツ、冷房は扇風機のみ)、車禁止条例(交通手段は徒歩・自転車のみ、駕籠復活)、散歩の義務化(散歩で健康促進、医者いらず)、一汁一菜の奨励、北のミサイルは石つぶてで迎撃、中国が攻めてきたら竹槍で攻防、etc. 内心、正気の沙汰とは思えないなと思いつつ、なりゆきで担がれてしまって後戻りできない感じ。その上、党内で異論反論相次ぎ、それをまったくまとめられない▶結局、ぼくはリーダーの器ではないことをはっきり自覚し、投票日直前になって立候補を取り止めることに。「もう、やめた!」と叫んだところで目が覚めた。ときどき見る破綻願望系の夢。なんかね、ノダ君にシンパシーがあってさ。雨も上がりそうかな。
posted at 13:39:54

雨も上がったのでタバコを買いがてらの夕方散歩。ほぼ毎日散歩継続の秘訣、タバコの買い置きを止めたことによるニコチン・モチベーション。寒桜に夕月かかりて。
posted at 18:19:52

2012年12月23日(日) 
<急くこころ隠し通して海鼠かな>とは母の句。泰然自若に見える海鼠(なまこ)だけど、あれでけっこうせっかち、という母のユーモア。カマス塩焼き、納豆、味噌汁。 画像
posted at 02:49:37

10時半起床。国旗右にはためく本日、天皇バースデーの空シドレミファ▶なぜか川っぺりにネギが。カモの接近をしばし待つがカモは来ず。本日のしるべえ一家カモはけっこう長生きなのカモ。鴨長命。さてと今夜はXマス・フォークデー@パラダイス本舗。パラ本ウクレレ部「パラダイス・クイーン」のデビューじゃ。
posted at 15:45:24

0 件のコメント: