2012年11月16日金曜日

WeeklyTwitts 2012 (11.5~11.11)


2012年11月05日(月) 
レレ・レッスン終了後、レレ生徒でありバディのダズ先輩と新宿でビール飲んで帰宅。本日ならぬ昨日の東京の空シドレミファ(曙橋付近)▶枝豆、手羽先唐揚げ、豚骨焼うどん、温玉シーザーサラダ、厚揚げ、生春巻き、中生×3。帰宅して柿食った。昨日の荒木町界隈のアルク・ホーガン。 
posted at 01:58:18

起きたのは11時近く。午後散歩となった。ウツレレ日和、思案しながら歩く、本日のセピア色ホーガン▶晩秋と呼ぶにふさわしい季節になりぬるを。本日のセピア色の空シドレミファ。
posted at 15:49:37

昨日のレレ教室@ゆうむ、午後1時からのクラスにご見学&ご体験の女性、Wさんが加わった。ウクレレを始めてまだひと月かそこらということだったが、飲み込みがよく、リズム感もいい感じ。聞けば過去にピアノや吹奏楽をやっていたとのこと。「手軽に持ち運べる弦楽器がやりたかった」ということで、ギター(しかもエレキ)も同時に購入、習い始めたとのことさんかおだやかで誠実そうな外見の女性だが、聴く音楽は「ヘビメタとか」。ウクレレではサザンとか弾いたり、エレキギターでは「バッハのカノンを弾けるようになりたい」と、なかなか簡単には読めない音楽志向をお持ちのようだ▶そんなWさんを交えての1時からクラスのメニューは、前回に引き続きストローク練習を中心に。「色々なリズムパターンを弾いてみよう」ということで、8ビート、16ビート、3連符、8分の6、ワルツ、シャッフルまでタンタンタカタン、タカタカーカタン、とリズムを声に出して歌いながらでの練習を▶〆は前回出席できなかったMさんのリクエストで、前回やった「ツイスト&シャウト」をみなさんでウクレレをかき鳴らしながらのコーラス。ストロークをしっかり身につけるには歌いながら弾くといいよね▶ストローク練習に偏ったので、〆の〆に左指トレーニングとして各弦を1324、4231という奇怪な旋律を各指で弾く練習を。ウクレレを習いたいという人の多くは「あの曲が弾きたい、この曲も弾きたい」ということはわかっているが、ここは敢えて地味な「素振り系練習」を今回も。基礎的なテクニックがついてくれば「あの曲もこの曲も」自分でできるようになるはず、というのがあるんだ▶3時からのクラスは諸事情あって、バディのDさんおひとりへの個人レッスンとなった。この機会にクラシック・ロック好きのDさんには1時クラスの流れで「色々なリズムパターン」のストローク練習を中心に。リズムを「肉体化」するために、散歩の際には色々なリズムで歩いてみるとかのアドバイスも。3連リズム(シャッフル系)で歩くと身体が上下に揺れる「黒人歩き」になるとか。リズムは「円」を描くようにイメージするとか▶Dさんは60〜70年代のロックが好きな人だから、シャッフルのブルース進行をやったり、ディランの「レイニー・デイ・ウーマン」のウクレレ・バージョンを教えたり。結果的に、この日は「リズム・ストローク」に終始したが、「始めにリズムありき」、なにはなくともリズムが肝心、とぼくは思うのであります。
posted at 20:23:15

2012年11月06日(火) 
川辺にぽつんと咲く黄色のケイトウ。日がな川面を見つめながら、<ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず>なんて考えてるね▶思案する花。ここ数日、夜型に戻っちまった。鮭の数漬け、焼き茄子、ハムとレタスのサラダ、豆腐汁、納豆。
posted at 02:32:03

10時頃起床。イラスト資料用に歌舞伎町、新大久保界隈を取材(グーグルアースで、だけどね)。なんか行った気になったぞ。 本日の散歩はお休み。
posted at 17:33:04

2012年11月07日(水)
いつもいつも思ってたサルビアの花。早川良夫の歌のイメージもあって、この花の赤い色は情念の血の色のように思える。血痕を大地に散らすように咲く▶夏頃に咲いていたのを見たが、今の季節にも見かける。けっこうしつく咲いている。往生際が悪い。歌と同じで「泣きながらでも追いかけてくる」執念の花▶でも、ぼくは「ストーカーの歌」とも思える「サルビアの花」がけっこう好き。雌猫を求める雄猫の歌だね、切実だよ。麻婆茄子、春雨と豆腐のお汁。 
posted at 00:54:14

10時起床。昨日とは打って変わってレレ日和。起き抜けちょこっとシゴトして昼下がり散歩。おや、顔なじみのシラサギくんが人目が多いこんなところに▶近くに寄ってシラサギくんを撮影。こやつにはなんだか親近感がある。シャイで偏屈、いつぞやの仲間はもうどこかへ行った。また、ひとりぼっち▶で、もう少し寄ろうとしたら察知して飛び立った。名前をつけねばな、何がいいかな、サギタローでいいや、ひとりぼっちのサギタロー▶ああ、天気の良い日はいつも会うあのカメにも名前をつけよう、ま、カメジローでいいや。で、カメジローは今日はいるかいな、と影ホーガンは歩くのでした▶いた、いた、カメジロー。今日は嫁さんはおらず。そっと背後から忍び寄るもすぐに水中にポチャン。カメなのに意外にデリケート。デリカメ、をデジカメで撮る▶しばらく歩いていると、河原に下りられる階段のところに、何やら▶Facebookのアルバム「2012年11月7日ーカメ」に写真を13枚アップロード▶そんなわけで、カメならぬカモならぬハトが飛ぶ本日の空シドレミファ。(なーんとなくカメとウサギがバトルしているような雲模様かめ、いや、かも)▶そんなわけで顔つきがちょっとカメっぽい本日のアルク・ホーガン。ところでオバマが勝ったようだね。それでよし。
posted at 16:47:13

2012年11月08日(木) 
夢の中で生きているのか、生きているのが夢なのか、もしもしカメよ、カメさんよ。大根、こんにゃく、こんぶのおでん、ちらし寿司、お吸い物。 
posted at 03:32:55

10時起床。起き抜け小シゴト後、昼下がりの散歩。おだやかな小春日和の中、お昼寝タイムのカモたち▶暖かい日差しは何よりの心の安定剤だね。ちょっとウツレレなこのごろでありますが。なかなかイケメンなヤング白黒カモ、初めて見た▶トリオ・ロス・カモラス。ネギではなくギターを持たせたい▶カモのカップル2組遊泳中。おそらく先頭の♂に続くのがそのツマの♀、そのお尻をびったりくっついて追う♂に呆れて、少し離れて泳ぐ最後尾のツマの図▶今日はカメ方面に行かず、カモ方面の散歩でござった。<浮寝鳥夢にオーロラ探しおり>というのは父の句。オーロラはさすがに見えない本日の空シドレミファ誰でもできる顔まねーカメ。本日のアルク・ホーガン。
posted at 15:14:27

2012年11月09日(金) 
長寿のカメの時間と短命のの時間、どちらも泡末夢幻の一生には変わりはないと思うのです@午前3時。マグロたたき丼、ハムサラダ、味噌汁、もずく酢。 
posted at 02:59:43

4時半就寝、10時半起床。ここのところ夜型体質がぶり返して来た。夕食後の猛烈な睡魔に襲われなくなって来たのが原因。そうなると深夜にパソコンに向かい、なんだかんだと真夜中の時間が音もなく(しかし、体感的に日中時間より速く)過ぎ去り、あれよあれよでどっぷりと夜の底まで着地することに▶散歩は続けているが、睡眠物質メラトニンを生成すると言われる日光摂取量が晩秋となり減ってきたせいか。また、部屋の構成を夏仕様(間仕切りなしのシゴト部屋+寝室兼居間)から寝室に間仕切りをつけた冬仕様に変更したことで朝寝がよくできるようになったことも夜型回帰の原因かも▶ともあれ、夏の初めから続いていた奇跡の早寝早起き習慣もほころびが見え始めたが、自分でもいつまで続くかと思っていたからこれは想定内。身体がそう言っているのだから身体の言う事に従えばいいわけで。しかし、12時頃に寝て7時頃に起きるというスタンダードな生活時間にはなぜかならないなあ▶さてさて諸々片付けていく案件が眼前にあれこれと。短日の時計は進むのが速い。あれよあれよと過ぎ去る時を、まあ待て待てとなだめすかしながら、折り合いをつけながらちゃんとちゃんとせねばなあと、キリギリスはそれなりに。
posted at 12:16:29

ここのところホーガンは宵っ張り、朝寝坊になっておりますが、散歩だけはきっちり続けておりまする、かしこ。本日は買い物がてらのチャルク・ホーガン▶本日のカメがいる風景。(こやつはいつもの亀二郎じゃないけど、亀二郎も同じ場所で元気にしてたよ)▶カメもいる境川上空、本日の(夕刻)空シドレミファ
posted at 17:29:44

2012年11月10日(土) 
ずっと女の脚を描くのに苦戦しておった。脚って描くのが難しい。まして美しい脚はね。ぼくは脚フェチとかじゃないですけど、どちらかというと尻フェチ。画像▶秋にバラが咲くんだね。咲いてた。秋バラというのだそうだ。知らなかった。知らないことばかりだ、動植物昆虫魚類アメーバー、生きとし生けるもののこと。 
posted at 04:23:02

<おむかえを待つ間熟柿を食べている>というのは母の句。母は最近ぐっと食が細くなったとの連絡があった。身体には特に問題はないようで、栄養剤を与えているとのこと。最近、母のことをよく思う。鱈としめじの煮付け、コロッケ、玉子入りの味噌汁、レタス、昆布の佃煮、黒豆。食後に熟柿。
posted at 04:33:39

女の脚をいじくり回し(いや、絵の話だよ)、5時半就寝、11時起床。黄昏の散歩ロードとなった▶起きてからも女の脚を再度いじくり(だから、女の脚を描いているんです)、とりあえず、まいいかというところで、散歩はせなばね▶隕石の落下! ではなくて飛行機雲。夕陽に反射してきれいであった▶久しぶりのこの時間の散歩。黄昏の空シドレミファ▶♪日が暮れてたどるはわが家の細道 http://t.co/d0s9BJSz
posted at 18:18:26

2012年11月11日(日)
昨日は午前11時に起きたが、昨夜は午後11時に寝た。よって昨日は短い一日であった。で、今朝は6時起床。夜型と朝型の中庸のセンスなきせめぎ合い。昨夜の夕食メニューは‥‥、一晩寝ると忘れる鳥頭、思い出した、チキンのフリッター、つみれと豆腐味噌汁、ブロッコリーとハムのサラダ、等▶昨日、さんざんいじくりまわした女の脚(注・絵の話)だが、なかなか満足しないようで(ぼくがね)、今朝もちょこっといじくった。絵を描いているとどつぼにハマることがあるが、今回、苦手な対象(美脚、ね)を知りつつ描き始めて、案の定どつぼにハマった。こうなるとなかなか抜け出れない。うーむ▶ちなみに資料にしているのはこんな脚。ただ、きれいなだけではダメなんだ。その女の性格、人生の背景(底辺水商売従事、しかし健気)が出せないと、ね。
posted at 08:54:15

女の脚をいじくり回すのも(しつこく、注・絵の話)、もういいか、となったので散歩。あいにく雨が降り出したが、傘を差して(エラいね、ホーガン)▶いや、タバコが切れたんで、散歩がてらにタバコを買うのさ。ニコチン切れは最大の散歩モチベーション(エラくないね、ホーガン)▶カモは雨が降っても平気カモ▶小雨にけぶる本日の空シドレミファ。本日の散歩ミュージックはケブ・モ、いやホントに。
posted at 15:52:41

0 件のコメント: