2012年11月26日月曜日

WeeklyTwitts 2012 (11.19~11.25)


2012年11月19日(月)
レレ教室を終えて、新宿から小田急小田原行きの急行に乗り、相模大野に着いたのが午後7時を回った頃。うとうとしていて乗り過ごしそうになり、ちょっと慌ててホームへ下りたんだ。向かい側ホーム、藤沢江ノ島方面行きの電車が来て、乗り込もうと思ったときに気がついた。ウクレレを車内に置き忘れた▶ちょうどウクレレのクラスで、生徒のMさんが愛器のウクレレをどこかに置き忘れて焦った話をして(そのウクレレは見つかったのだが)、見つかって良かったね、いやあ、僕のこのウクレレ(40〜50年代製のギブソン)をなくしたりしたら、ちょっと立ち直れないかもしれない。なんて話をしたのだった▶で、電車の網棚は良くないね、そうそう網棚は禁物ですね、なんて粗忽者同士(と言ったらMさんに悪いけど、そこらへん、似た匂いがする)で会話したばかりだった。ホントにそんな話をしたばかりだった。その電車の網棚にぼくにとってそれはそれは大切な宝物といってよいウクレレを置き忘れたのだった▶ただ、ぼくのウクレレは薄汚れたテニスラケットのケースに入っており、貴重&金目のものオーラはないので、誰かが持っていくとはあまり考えられない。また、置き忘れた電車は発車したばかりなので電車は特定できるし、乗っていた車両も大体わかっていたことから、まあ大丈夫だろうと高をくくっていた▶相模大野の駅ブースに行き、事情とブツの外観を説明。「テニスラケットのケースにウクレレ?ですか」とは言われたけど、そうなんだから仕方ない。親切そうな駅員さんが対応してくれて、本厚木で確認してみます言われ、待つこと十数分、「見つからなかったようですね」とすまなそうに▶「でも、停車時間が短いので探しきれないんです。秦野駅でも確認してもらいます」と言われ、また待つこと十数分、見つからない。新松田でも確認してもらったが見つからなかった。このあたりで目の前がだんだん暗くなってきましたね。あのウクレレがぼくにとってどれだけ大切か、ぼくにしかわからない▶最後の望みは小田原(小田原まで行けば全車内点検をするので、もしそのまま網棚に置かれてあるとすれば見つかるはず)ということになり、結局、相模大野に下りたってほぼ1時間後、ぼくの愛器ギブソンTU-1は小田原駅で無事「保護」されたことがわかったのだった。 嬉しかったよ。ほっとしました▶すぐに小田原に向かい、駅員室で愛器と対面、「ごめんな、父ちゃんがついうっかりして君を置きわすれてしまった。許してね」とぼくはウクレレに謝ったよ。そんなわけで想定外の小田原まで往復、帰宅は深夜となってしまったのでした。帰宅後、うどんとお寿司セット。関係駅員さん、ホントにありがとう。
posted at 02:43:53

ウクレレ置き忘れの件で、久しぶりに神様にマジで祈ったよ。願いが通じたのでまたしばらくはそんなにいいこともないであろう。昨日の曙橋付近、空シドレミファ
posted at 03:04:27

10時半起床。起き抜けに一年に数度くらいしか連絡を取らないが、なぜかウマが合い、ひとたび電話で話し出すと女子高生のごとく長電話をしてしまう友人から電話あり。昨夜のウクレレ置き忘れ事件がめでたく解決したこともあり、ぼくもテンションが上がっていたので、2時間近くの長電話となった▶彼もぼくと同様、ギターからウクレレへの「スイッチャー」で、ビンテージのマーチン・スタイル0を愛器としている人物。ただでさえ共通の話題が多い同世代の友人だが、レレ話をしていると止まらない。彼は老人ホームで働いていて、ときどきばあちゃんたちにウクレレを弾いてあげるそうだ。いい話だ。
posted at 16:58:37

ところで、昨夜の相模大野での1時間の間に思ったことで、仮に誰か(そういうやからがいるんだよね、目撃経験あり)が網棚の置き忘れものを(無価値に見えてもとりあえず)持っていったとして、塗装が剥げていたり、傷もたくさんあるぼくの古びたウクレレはほとんどの人にとっては価値はないわけで▶その人物はケースを開けて金目のものではないことを知り、どこかに捨て去るか、二束三文で処分するか、するだろう。彼が金目のものをゲットすれば、置き忘れた人物にとっては悔しい話だが、底辺で生きている人(そんな人物がいるんだね、「置き引き」だね)に施しと考えてもいいかもしれない▶粗忽者のぼくは過去に財布やらカメラやらを置きわすれた(ほとんどの場合、出てこなかった)経験があり、そういうふうに考えるようにしていた。ただ、今回のウクレレに関しては、もし捨て去られるようなことになれば、これくらいのぼくにとって悲劇はないわけで▶そうならなくてホントに良かったと一夜明けてしみじみと。別件電話でその話をして、電話相手は「(自分もそういう経験があり)大切なものは絶対、網棚に置きません」と。これから忘年会等でへべれけで電車に乗る機会も多くなるかと思いますが、「網棚に大切なものは置かない」。これを年末の標語に。
posted at 17:35:38

午後散歩。日中でもぐっと寒くなったが、見上げる空は哀しいくらいに青い。The sky〜 is not the limit..♪(Yokoさん、笑)、本日の空シドレミファ▶最近、顔なじみになった白黒子ガモ。こやつ、動きもちょこまかと元気いっぱい。クワックワックワッとよく鳴くんだ▶近づくと餌を欲しさに寄ってくる。かわいいでしょう? 名前をつけねば。白黒猫のシルベスターにちなんで「しるべえ」にするべい▶で、こいつも忘れてはならない。本日のカメジロー▶新シリーズ「誰でもできる形態影絵ーリオのキリスト像」。本日の影ホーガン。
posted at 19:01:23


レレ教室日記ー11月18日@ゆうむ

18日、日曜日のレレ教室@ゆうむ、今回はあいにく出席できない生徒さんが数人いたことから、午後1時からクラスと3時クラスで合同アンサンブル大会。音楽の楽しみ方は色々あるが、グループで演奏することが一番楽しいんじゃないかな。各人テクニックの差は多少あっても一緒に音を出す楽しさは格別教える立場として「これができれば」と一番に思うことが、生徒さんたちがウクレレを学んでいくモチベーションをいかに持続させるかということ。それは基本的には自分で見つけていくものだけど、そのお手伝いができるかということだね。習い始めた当初は色々と発見や達成感があって練習意欲もある▶でもそのうち、意外と難しいことに気付き(特にウクレレは最初が簡単そうに思えるので)、思うように上達しないことから練習にも熱が入らなくなる。まあ、何事も、最初は楽しそうなことでもしばらくやっていれば人間は飽きるんだね。そこで目標設定とか努力に対するリウォードがモチベーションになるただ、趣味としてウクレレをぽろろんとちょこっと弾けるようになればいいな、という動機で始めた場合、どんどん深みにハマって、毎日何時間もウクレレを懸命に弾くようになって、最終的にプロを目指すようになって、ウクレレ道を極めたい、というケースはあまりないように思う▶相当な実力があっても、この世界、そうそう簡単にはプロになれない。デザイン学校でデザインを学んでデザイナーになるとか、料理学校で料理を学んでシェフになるとか、そういうのも簡単ではないけど、普通、ウクレレを学んでどうなりたいかと言えば、ウクレレを弾いて楽しみたい、ということでしょう▶それで、ぼくとしては「うまくなればもっと楽しくなるよ、そのためにもっと練習すればいいよね」と思うのだけど、「それはそうだろうけど、練習してもすぐにはうまくならないし、仕事もあるから毎日何時間もウクレレを弾いているわけにもいかないし」というのが習う立場の気持ちでしょう▶で、漫然とウクレレを練習していても、目標もリウォードもなければ練習を続けるモチベーションが見当たらなくなるよね。前から思ってたことだけど、アマチュアの楽器練習の目標はやっぱりライブというか発表会、リウォードは「楽しさ」ということだよね。そろそろそれをやりたいな、やらせたいな、と▶「パラレレ教室」でも生徒さんたちを「デビュー」させることにしたので、こちらでもそういう機会を作ってやろうかな、てなことで、合同クラスを良い機会にして、今回の「アンサンブル大会」はその下準備、とりあえず細かいことは抜きにして、みんなで音を出す楽しさを知ってもらいたいという魂胆でね▶ぼくがアンサンブル課題として選んだ楽曲は、そこそこお上手な人もそれなりな人も一緒に楽しめる基本3コードの「聖者の行進」、「パイナップル・プリンセス」、そしてこのクラスで既に練習した「ツイスト&シャウト」。「リード・ウクレレ」とかのパート割りも決めて、もちろん歌もがんがん歌って▶まだ歌を歌うとウクレレ演奏がおろそかになり、演奏に気持ちを向けると歌が出てこないという感じはあったけど、それなりに楽しんでもらえたように思う。この教室では「ウクレレ忘年会」を企画中、そこでちょっとした「発表会」ができれば、とへっぽこ講師は思っているのでした。


*画像はへっぽこ講師とその生徒さんたちのレッスン風景@ゆうむ



2012年11月20日(火)
眠りに就いたのは午前5時過ぎ、起きたのは11時過ぎ。ほぼ完全にかつての夜型に戻ったとです。本日の暮れ泥(なず)む境川上空、空シドレミファ▶散歩タイムも朝散歩→午後散歩→夕暮れ散歩とシフト。この時間帯の散歩道(黄昏の散歩ロード)は好きなんだけど足取りがゆったりとしてしまう。夕日紅く心を染めて▶誰でもできる形態影絵ーエンパイアステートビル▶「エンパイアステートビル」をこうかな、ああかな、とやってたら自転車女子高生が。変なおじさんと思われたに違いない。そうです、わたしが変な影絵おじさんです▶<つるべ落とし誰の上にも落ちてくる>というのは母の句。「やれやれ坂」(散歩ロードの終点だから)の上の夕日。
posted at 18:37:08

2012年11月21日(水)
<菊に水たっぷりと掛け入院す>というのは父の句。この句は88歳で亡くなった祖父のこと。祖父は菊いじりがほぼ唯一の趣味で、なかなか見事なの盆養を作っていた▶父はよく祖父に小言を言われていたが、反論するわけでもなく黙って聞いていた。激高型の祖父と穏やかな父、小器用な祖父と不器用な父。容貌もあまり似てなかった。 画像▶父が祖父の実の息子だったのか疑わしいところがある。もうすぐ祖父の32回忌。塩鮭、酢蓮、蕗の煮付け、かぶとキュウリのぬか漬け、豆腐の味噌汁、もずく酢。 画像
posted at 02:36:36

10時半起床。今日は珍しく各方面から電話が相次ぎ、あれこれしてたらもうこんな時間に。午後散歩、今日もE天気。ハーフムーンが顔を出してる本日の空シドレミファ▶空を見上げることが多くなった。♪胸に〜染みる空のかが〜やき〜。境川上空、空シドレミファ2<青空を切り分けるかな飛行機雲>「しるべえ」とお母さん(たぶん)▶本日のカメのいる風景▶誰でもできる形態影絵ーコンパス
posted at 18:42:39

2012年11月22日(木)  
コタツでうたた寝、妙な時間に目が覚めた。<ときどき心がカタワになる夜の底朝の蓋> アジフライ、コロッケ、薩摩揚げ、レタスとトマトのサラダ、味噌汁、黒豆納豆。 画像
posted at 04:25:36

10時半起床。アマゾンでインクジェット画材用紙、ヤフオクで顔料プリンタ用純正インクをゲットしたので懸案だったカラーマッチングに再挑戦。以前は特に苦労しなかったカラーマッチングが難しくなったのはモニターを他社製のものにしたせいだろう。まあ、なんとかおおよそのことはわかった▶A3ノビ画材用紙にプリントしているうちに用紙の角っこに折れ目があるのを発見、確認したら20枚すべての用紙に折れ目が。外箱の角もつぶれていた。ありゃりゃと思いつつ、アマゾンサイトで返品交換手続きを。ところがなんどやっても記入ミス警告が出て手続きが完了しない▶ああいうところって問い合わせ電話番号とか(意図的にか)、わかりづらく表示しているのであれこれ探してようやく番号を見つけ、電話。当然しばらく待たされ苛ついたが、以前新聞で「クレーム処理担当哀史」を読んで(沖縄にある某家電メーカーのテレフォンセンター)同情するところもあり、穏やかに▶アマゾンの応対は丁寧で良かったが、ウェブでの問題は「一時的な不具合かと」という返事。返品交換の一件は落着したが、今度は紙送り不調で、だましだまし使っているプリンタが言うことを聞かなくなった。インクはけっこう揃えたので、この機種を買うしかない。それには中古しかない▶ヤフオクで同機種があったので、いくつかとりあえずウォッチリストに。で、そのために新たなネットバンクを開設したのだが、そこに入金しようと先日届いたカードを探すが見当たらない。散々探したが見当たらない。外に持ち出した記憶もなく「ないはずはない」(いつも探し物をするときはこう思う)▶探すこと小一時間、カードをスキャンしようとスキャナーの中に置きっ放しだったことを思い出した。やれやれと思って出かけようとしたら今度は財布が見当たらない。カードを探すため、さっき中を見たばかり。「なぜ消える」(探し物をするときはいつもこう思う)と思いながら探すこと30分▶なぜかあり得ない場所(探し物が見つかる場所は大体そういうところ)、台所のポットの裏側に置いていた(捜索中にコーヒーを飲んだのだった)。そんなことをやっているうちに晩秋の陽は傾きかけ、つるべ落としの落日となる。恋人よ、これがワタシのよくある一日。
posted at 18:52:02

陽もとっぷりと暮れてしまったが、ヒット・ザ・黄昏の散歩ロード。お空にぽっかりお月さま。ハーフムーンだね。やれやれ感を引きずってこの時間帯の散歩もおつなもの▶夜空にハーフムーン/7つの星/天国の目/7つの海からの7つの歌/あなたの甘い愛のすべてを私に というのはジャニスの「ハーフムーン」。かっこいい曲だよね。
posted at 19:17:18

2012年11月23日(金)
<弦月を搦めとろうと蜘蛛ありき> クモは大嫌いだけどね。鶏あんかけ南蛮、レタスとブロッコリーのサラダ、味噌汁。 
posted at 02:30:05

10時半起床。小雨、霧雨、こぬか雨、煙るような冷たい雨が降っておりまする。昨日は「いい夫婦の日」だったが、今日は「いい兄さんの日」かなと思ったら、やはりそうだった。11月は一年で最も「いい日」が多い月なんだろうね。ちなみに11月29日は「いい服の日」。だからどうだってことだけど▶で、今日は勤労感謝の日。<清貧を勤労感謝の日と申す>というのは母の句。「貧乏は正しい!」という橋本治の言葉があるが、ぼくも「清く」は自信はないけど、自分なりに正しく生きてきたかなあ、とは思う。ま、結果「正しくビンボー」だけどね。さてそこそこ勤労しなければ。
posted at 11:58:03

本日の(も)勤労はあまり捗らなかったが、雨も上がったので散歩だけは行って参った。夜散歩。寒かった。散歩は日があるうちに限る。光溢れるテニスコート▶雲の切れ間にぽっかりとお月さま@レナード公園。なんだか狼の遠吠えが聞こえてきそうで、ちょいとスプーキーではありますが。
posted at 19:31:19

2012年11月24日(土) 
今、シゴト以外で描いた絵を整理編集していて、自作のデジタル・リミックスみたいな。これは20年近く前に描いたアナログ・ペン画をデジタルで加筆したもの。
posted at 00:28:43

Facebookのアルバム「Queer People」に写真を7枚アップロードしました
posted at 01:06:16

<直立の棒に掴まる冬どなり>というのは父の句。「冬どなり」とは冬が近づいた気配を感じる晩秋のころ。「直立の棒」とは父が晩年愛用したステッキのことか。今日はうすら寒い一日だった。日々が過ぎるのは早いがやるべきことは遅々と。オムレツ、キャベツとウィンナーの炒め物、青梗菜のあんかけ汁。
posted at 02:30:57

2012年11月25日(日)
 11時起床。午後散歩。今日は近所の神社方面に。七五三を祝う家族が。晴れ着姿の女の子、何を祈っているのやら。7歳の女の子の頭の中身、さぞやカラフルでありましょう▶神社境内の春楡の木。インコがいるよ▶ほらね。この野生化したインコたち、二、三年前まではウチの近くにたくさんやって来てたが、ここのところ見ないと思ってたらこんなところにいた▶インコを撮ってたらおじさんに話しかけられた。春ごろはツミという小さな鷹が巣を作るらしい。ふくろうもいるとのこと。見たいものだ。鳥居の向こうに午後のお月さま▶神社付近からの昼下がりの月。本日の和風空シドレミファ。 http://t.co/Jjqz8lpx
posted at 00:25:49

花すすき手を差しのべてみたくなる>というのは父の句。天国には冬という季節はないのだろうな、父ちゃん。豚バラ大根、にぎり寿司、シメジとエノキと豆腐のお汁。 
posted at 03:23:49

うーむ、買ったはずのタバコが見当たらない。昨日散歩がてらの自販機で買った記憶はあるが、もしかして自販機の中に置き忘れたか。それ、何度かやったことがある。そんなことばかりだ、ここんとこ。しょうがないから寝るとする。そう言えば昨日地震があったのだった。久しぶりの震度4。びびったっす。
posted at 04:20:32

11時半起床。「沖田正午」復活も時間の問題か。うーむ。それでも散歩は続けんとな。今日は影カメの三吉(なんとなくね)とお散歩さ▶で、本日の亀サブローと亀シロー▶本日はカモのお友達も一緒に昼寝。亀次郎とカメ子▶本日のしるべえ。クワックワツと元気よく鳴いておったよ▶このアングルからの写真を何枚撮ったか。この木が好きなんだ。樫の木?(どなたか教えてちょ) 本日の「なべてこの世は事もなし」的境川上空空シドレミファ▶久しぶりの誰でもできる顔まねー遮光土偶
posted at 16:38:47

0 件のコメント: