2012年3月16日金曜日

WeeklyTwitts 2012 (3.5~3.11)


2012年03月05日(月) 
   ウクレレ教室終了後、生徒でありバディであり先輩(人生の)であるDAZS先輩と先週に続き、しんずくでみーの。若者のビール離れが言われているが、最初から最後まで「生」で通す、というビール好きおじさん同士であった。
posted at 01:54:14

<「幸福」という駅探す浅き春>というのは父の句。そして、「希望」という列車に乗り込む浅き春、という感じだね。新宿「天狗」で中生4,5杯、餃子やらソーセージやらチヂミやら肉豆腐やら。帰宅してオクさんが買ってきたバッテラ、茶巾寿司。
posted at 02:24:19

昨夜来の雨が降り続き、水没した世界にいるような感じ。水の中はよく眠れる。爆睡12時半起床。
posted at 13:15:20

昨日のウクレレ教室@荒木町「ゆうむ」、メニューは12小節3コードブルース進行基本形をC、G、F、A、E、D、の各キーをトニック・コードにしたパターンのストロークをハイポジションコードを使っての練習。左手指強化のための練習曲として「ワイプアウト」等、ソロ課題曲は「大きな古時計」▶ウクレレ伴奏において、コードカッティング(チャッ、チャッとコードを刻むことね)ができるようになることは大きなポイント。これが初心者にはなかなか教えるのが難しい。カッティングにふさわしいバレーコードも慣れない内は妙に力が入って辛そう。でも、ここを越えれば一気に伴奏のバリエーションが広がるよね▶僕も音楽理論はベーシックなことしかわかりませんが、音楽というのはすごく数学的なところがあり、コードの基本理論もそう。生徒の一人、DAZS先輩は理系の人なのでそのあたりの飲み込みがすごく早い。しかし、メージャーコードは明るく感じ、マイナーは暗く悲しく感じるというのは考えてみれば不思議だね▶ジャズで多用されるテンション・コードの響きなんかは明るいとか暗いとかシンプルではなくて、ちょっと複雑で微妙な感情。オシャレというか。現代人の感情の深化をテンションコードに感じたりします。古代人にアンニュイなんて気持ちはなかった、かな? #mixipage
posted at 14:09:35

2012年03月06日(火)  
<啓蟄や自画像壁を抜け出せず>というのは父の句。老年に油絵を趣味とした父は母の絵をたくさん描いたが、自画像も一枚だけだが描いた。そのやや暗い表情の帽子を被った自画像は実家にある。今度帰省したら持って帰ろう。今は黄泉の国の住人である父、ときどき抜け出してくるかもしれない。
posted at 01:55:53

<啓蟄や蠢く蜘蛛、蛭、螻蛄、蚯蚓、蛞蝓、蛇、蜥蜴(けいちつやうごめくくもひるけらみみずなめくじへびとかげ)> 虫偏の字は迫力あります。めちゃくちゃキモいけど。アジの開き、玉子焼き、納豆、生シラス、青梗菜と油揚げの炒め物。
posted at 02:18:34

うーむ、目が覚めたら時計は12時を回っておった。春期の宿題がひとつ片づいたので昨夜は「自分へのご褒美夜更かし」をしたのだった。だから睡眠時間としては7,8時間だけど、よく眠れるこのところ。
posted at 13:23:43

3月6日の今日は「弟の日」ということだ(姉妹型・兄弟型の提唱者畑田国男により制定)。僕は二人兄弟の弟。「兄弟型」で言えば、「真面目、保守的、正直」の兄に対して「協調性、世話好き、要領がいい」の弟、ということ。ほう。ちなみに兄の日は6月6日、妹の日は9月6日、姉の日は12月6日。
posted at 13:44:55

2012年03月07日(水) 
My new sounds: For Uke Lesson/Grandfather's Clock (arpeggio accompaniment)  on #SoundCloud
posted at 00:40:11
My new sounds: For Uke Lesson/Grandfather's Clock  on #SoundCloud
posted at 00:42:04
My new sounds: For Uke Lesson/3Little Tunes For Left Hand Exercise  on #SoundCloud
posted at 00:50:13

<死にまねを生きる術とし地虫出ず>というのは父の句。虫が身の危険を感じて動かなくなることを「擬死行動」と言うそうだ。人間も熊に襲われそうになったら死んだふりをする、っていうのがあるけど(効果はないそうですが)、虫は虫なりにいろいろと処世訓を持っているわけだね。鶏鍋。
posted at 01:58:51

12時ちょい前起床。昨夜、オクさんが、明日実家に行くから義父母に見せるため、写真(彼女が彼女の姪の子どもたち、姪孫【てっそん(って言うんだね)】を中心に撮ったもの)をプリントして欲しい、と言っていたので何十枚かプリントした。オクさんに渡すと「こんなにいらなかったのに」と言う▶「適当なのを選ぶからそれをプリントして欲しかった」みたいなことを言う。「聞いてない」と言うと「言った」と言う。こだまでしょうか。結婚35年経過しあまり喧嘩もしないが、「聞いてない」「言った」のディスコミュニケーションはよくある。大事なことは文書でやりとりしなければいかんなと。
posted at 14:21:55

HP「ウクレレ主義ウギ」LessonSoundを開設しました。ウクレレ初心者を対象にしています。よろしかったらご活用ください。 #mixipage
posted at 17:33:40

日も暮れかかった新・散歩ロード(タバコ買いがてらコース)を3500歩余りウォーキング。仕上げは川岸の手すりに掴まって屈伸10セット。人生最悪ぎっくりをやって、なんとか歩けるようになってほぼ毎日続けている。僕のヘタレ腰、実はまだイマイチ、良くなったと思えばちょっと悪くなったり▶今日はイマイチ。長時間座り仕事を避ければいいんだけど、そうも言ってられない。立ったり座ったりしながらパソコンに向かっていますのじゃ。ともあれ、強靱な腰、とまでいかなくても、そこそこ健全な腰の構築を目指して地道に努力をして参る所存。
posted at 19:04:34

ところで、川向こうの公園を抜ける新・散歩ロード、コースとしてはまずまずなのだが、かなり細い住宅街の道(道幅たかだか2mちょい)があって、そこを車がよく通るんですね。渋滞道路の抜け道になっているところ。車を避けるため壁にぴったり身を寄せなければいけない。ほんとに腹たつのり▶で、その小道の入り口に「住宅地につき、できるだけ車での通り抜けはご遠慮ください」という看板がかかっている。「できるだけ」って……。一応一通は一通だが、進入禁止にしろ! と言いたい。他にもこういう道は多い。日本の(特に都市部)道路事情は先進国中、ワーストの部類だと思う。
posted at 19:20:39

2012年03月08日(木)  
<梅咲いて笑いはじめし裏の山>というのは母の句。長引く寒さで全国的に梅の開花が遅れていたらしいが、昨日、今日の暖かさでようやく花をつけ始めたよう。今日、散歩途中で民家の庭先の梅がちょこっと咲いているの見たのだった。マグロのたたき丼、焼売、ハスとゴボウのマヨネーズ和え、豆腐汁。
posted at 00:39:13

11時半起床。僕の腰はヘタレだが、胃腸は頑健です。しかし、珍しく今日は胃が痛い。ちょっと気持ちが悪い感じ。心当たりは十分にあって、昨夜の寝る前食い(本を読みながらの、僕の悪癖)で、消化が悪いさきイカを食べ過ぎたこと。胃の痛さと膨満感。起きて2時間以上になるがまだ気持ちが悪い▶寝る前ポテチは控えようと思って、最近よく口にするのがさきイカ、カロリーが少ないからね。くちゃくちゃしながら読書が進むんです。寝ながら食べながら本を読むのは僕のつましい快楽。で、快楽の代償は大体においてあるもんだね。
posted at 13:46:42

また寒くなったけど、今日は腰の具合が良い。で、新・散歩ロードを少し迂回して4千歩余り、川っぺり小一時間のウォーキング。雄同士のカモが2羽、仲良く連れ立っていた。ホモかも。オカモかも。
posted at 17:58:24

2012年03月09日(金) 
ちょっと暖かくなったかと思うとすぐに寒くなる。まだしばらくは寒いそうだ。なかなか懐柔するのに手強い女性のようだ、今年の春。いや、女性を懐柔しようとしたことなんてありませんけどね。でも、今日は腰の調子は良かったから、よしとしよう。
posted at 01:02:09

<似非ホーボー疑似放浪の散歩道ワルツィン・マチルダを歌いながら>  オクさん、外出につき、彼女が買ってきた幕の内弁当、いなり寿司、キャベツの味噌汁。
posted at 01:43:29

11時起床。(冷たい)雨がしとしと金曜日(オクさん仕事につき)ぼくはひと〜りで〜、冷めたコーヒー飲んでいる♪ 起きてしばらくしての散歩が腰に良いように思うがこの雨ではね。シゴトしよ。
posted at 12:25:31

2012年03月10日(土) 
<花の雨けぶるがごとく生き残る>というのは父の句。父は90才と4か月余りで他界した。身体の変調があり、原発性脳腫瘍が認められたのは死ぬ二ヶ月前。それまではまずまず元気に過ごしていた。晩年を「けぶる」ように生きたのが長寿の秘訣だったのかもしれない。鶏の唐揚げ、春雨サラダ。
posted at 02:15:42

11時半起床。雨は上がったが、曇天寒空。ひと雨ごとに暖かなる季節に「ひと雨降ってまた寒くなってどうする?! ええ?! どうなんだ、そこんところ!」と近年まれに見る「出し惜しみの春」にクレームのひとつも。
posted at 13:02:32

3月10日の今日は予想通り「砂糖の日」であった。全国苗字ランキング・トップの佐藤さんの日にしてもいいかもしれないが、それはまだ制定されてないようだ。「佐渡の日」でもある。語呂合わせ記念日は一年に何日あるのだろう。ちなみに昨日は「ありがとうの日」、サンキュー。
posted at 13:14:59

散歩に出かけたが途中でぱらぱら来たので道半ばで撤収。そのまま来た道を帰るのも癪なので、ちょっと迂回して通ったことがない道を通ってみたり、疑似放浪体験。近所だが知らない道を歩く、ってのはいいね。僕はひどい方向音痴なので、そういうのもちょっとした冒険なんだ。
posted at 16:15:24

2012年03月11日(日)
<万霊の海見え摩文仁の丘芽吹く>というのは父の句。摩文仁の丘は沖縄戦、終局の地。沖縄戦での死者は兵士、民間人合わせ20万人とも言われている。十年ほど前、父は母と一緒に沖縄旅行に行ったが、その際に詠んだ俳句だろう。万霊の海」は、今、三陸海岸の果てに広がる。黙して万霊に祷る今日。
posted at 04:17:51

11時半起床。「『ジムに行ってくる』とオクさん。おばあさんはジムで脂肪消費に、おじいさんは事務で脂肪を溜める。posted at 14:11:08」というのは一年前の今日のつぶやき、この35分後だった。オクさんは駅前のジムに行っていて、僕はパソコンを前に浄書書きの仕事をしていた。
posted at 13:14:38

0 件のコメント: