2012年3月6日火曜日

WeeklyTwitts 2012 (2.27~3.4)


2012年02月27日(月)  
荒木町でウクレレ教室の後、生徒さんの一人(ってマイミクでありリアルバディのDAZS先輩だけど)と新宿ハモニカ横丁で軽く一杯。世代間音楽ギャップについて等おしゃべり。例えばボブ・ディランやニール・ヤングといったリビング・ロック・レジェンドの若い世代での知名度が思いの外低いこととか▶日本って世代間文化の継承がうまくいってないのか、仮にロックを聞くのが好きな若者が例えばボブ・ディランを知らない、聞いたことがない、というのでは損失以外の何物でもないと思うわけで。でも、若者が聞く音楽を僕がよく知ってるかというとあんまり知らないけどさ。帰宅してから鍋焼きうどん。
posted at 01:09:57

11時起床。E天気。昨日のように電車に乗ってどこかへ出かけて、で、ちょっと一杯やって帰宅した翌日は、起き抜けどんよりと腰が重い感じがあったが今日はそうでもない。腰の神様がいるのなら、どうぞこのまま完全回復させてくださいねと祈願しながら、さてさてと。
posted at 12:48:03

昨日は久しぶりのウクレレ教室@荒木町「ゆうむ」。メニューは、ソロウクレレのための「スマイル」、3連ストローク、アルペジオ3パターンの練習、コードカッティング、ブラッシングの復習、等▶生徒さんの課題のひとつ、コードチェンジがスムーズにいかないというのがあって、原因はコードを押さえる際の、左親指の位置にあるように思う。その辺、僕自身が自然に備わったことなので見落としがちになる。正面から見ていてもわかりにくいし。自分が特に苦労もなく身につけたことというのは教えるのが難しいなあ、と▶楽器をマスターするのに肝心なのは一に練習、二に練習であることは言うまでもないが、練習するモチベーションをどう保つか、というのは大切だよね。特に初心者の方で自分が思っていた以上に弾きこなすのが難しいことがわかり(ウクレレは特にそんな感じかな)、挫折しそうになったときに練習し続けるためのモチベーション▶練習のモチベーション、ある程度上達すれば人前で演奏する機会を持つ、というのが一番良いように思うけど、そこに至るまでのね。動画を撮って、YouTubeなんかにアップするっていうのはいいと思うな。人前で演奏するのもそうだけど、カメラを前にすると自分の実力を嫌というほど知りますからね(笑)。 #mixipage
posted at 14:47:55

2012年02月28日(火) 
<無慈悲な冷たい風が吹く夜更けに/どこかで猫の鳴き声/ニャオ〜ンのオ〜ンが♭してる/猫だってブルースを歌いたくなる/こんな夜は> 細切り牛肉丼、ほうれん草の白和え、きんぴらゴボウ、豆腐汁。
posted at 01:57:15

12時頃起床。いい年をして9時間近くぐっすり眠れるのはまだ若い証拠でしょうか。で、寝過ぎると不安になる僕の腰だが、昨日、今日と起き抜け「腰痛地震」(第5腰椎を震源とした神経に触る痛み)はない。人生において記録的に長かった今回のぎっくり腰地震、そろそろ収束宣言を出してもいいかも。
posted at 13:26:05

さてさて今日はこれからパラダイス本舗へウクレレ持って。日が暮れるとぐっと寒いが、そこんとこウクレレで心はあったかく、といきたいね。
posted at 17:58:04

2012年02月29日(水)
ほとんどそれだけのために持っているような僕の携帯、さきほどバッグに入れっぱなしのそれがそれを知らせるためのキュインキュインキュインという不穏で不吉で心底嫌な音を発した。緊急地震速報。もうホント恥ずかしいくらい胸がばくばくして身構えたが不発。やれやれ。
posted at 02:16:59

今夜はパラ本に行ってウクレレ教えてちょこっと飲んでE気持ちで深夜帰宅。オクさんが用意してくれていた天丼。
posted at 02:33:11

正午近く目覚めれば、戸外は妙に深閑としているので、もしやと思ったら外は雪画像は我が家のベランダの手すりに積もった雪。午後1時現在、6,7センチはあるだろうか▶日本海側豪雪地域ではもうたくさん! という雪だろうが、3月を間近にしてようやくのお裾分け。さて、猫はコタツで丸くなる、か。
posted at 13:12:32

昨夜のパラダイス・ウクレレ教室は個人教授の形になった。せっかくだから、復習の意味で生徒さんの苦手克服を主体に。例えば、特定コードへの移行(いったん指を置き換える必要のあるF→GmとかG→Emとか)がスムーズにいかないこと。これは新宿の生徒さんと同様▶コードフォームを作るときに、まだ指が一本一本ばらけてフレットに乗っかる感じ。例えば三本指コードの場合、三本の指が同時にコードフォームを作ってフレットを押さえる必要があるのにそこんとこがまだ不完全。ローポジション・コードは指板を見ないで押さえられるように練習あるのみ、とアドバイス▶気がついたのだが、初心者の方はどうしても指板を斜め上から覗き込むように見ながらコードを押さえるので、左手親指がネック裏に置かれる傾向があるみたい。そういう左手の形だとコードの移行がスムーズにいかないよね。教則本なんかではあまり触れられない左手親指の位置、教えていて勉強になります▶でも、言葉で言われて脳は理解していても指は思い通りに動かないのが初心者さんの常。脳からの運動指令ではなく脊髄あたりからの運動指令になるようにスムーズな運指ができるためには、シンプルな反復練習しかないのだけど、それをいかに楽しくやってもらうかが教えることのポイント。なかなか難しいです▶
一通りの練習のあと、生徒さんのウクレレ(マンゴー材)の弦を交換してあげた。マンゴーはコアに似て涼やかで透明感のある音質だが、出荷時、張られていた弦は硬質なサウンドのアクイラで音質が硬すぎ、生徒さんはもう少し柔らかいサウンドを望んでいたのね▶張ったのは僕が使っているダダリオJ−92、コンサート用だが、テナーに張ってテンションもちょうどいい感じ。クリアーナイロンなので適度にソフトでウクレレらしい音がするんだ。で、弦交換は大成功。生徒さんのマンゴーウクレレ、涼やかでいてウクレレらしいほっこりした音も出た。生徒さんも満足。良かった。 #mixipage
posted at 13:56:36

2012年03月01日(木)  
既に月が変わり3月だ。もう3月、はや3月、そして去年のあの3月。この1年は個人的にも停滞したが、人生の第4コーナーに向かう準備期間だったようにも思える。震災と父の死。いい感じで老いていく(死んでいく)にはどうしたらいいかのヒントは多く拾ったように思えるのです。
posted at 01:16:40

<急くこころ隠し通して海鼠かな>というのは母の句。海鼠はナマコ。究極の泰然自若を形にしたようなナマコに、急く心というものがあるとは思えないが、母はそれを「隠し通して」いると見る。「意外とあの海鼠、せっかちなんだ」みたいな。オクさん仕事につき、冷食ビビンバ、インスタントの味噌汁。
posted at 01:28:40

朝の地震でいったん目が覚めたが、二度寝し、10時半起床。予報ではぐっと暖かくなるようなことを言っていたが、そうでもないな。屋根に残る雪のせいか。さてさてさてさてさてさて、さては軟禁すだれ髪。
posted at 12:02:03

2012年03月02日(金) 
郵便不正事件で冤罪を被り、無罪を勝ち取った元労働官僚の村木さんが、国から得た賠償金のうち約3000万円を「累犯」障害者らの立ち直りを支える活動に寄付することを決めたそうだ▶知的障害者の犯罪については(軽いものだが)、僕は個人的に関わった経験が何度かある。罪は罪として厳粛に受け止めなければいけないが、彼らが罪を犯す経緯を知ればシンパシーを感じることは多い。僕は官僚に対する偏見を強く持つ者だが、村木さんという人は偉いなあ、と。尊敬できる日本人の一人▶辛い思いをした人間こそが、同様に辛い思いをしている人間に同じ目線で手を差し伸べることができるというもの。そうしたシンパシー(憐れみ、ではなく共感に似たもの)がなければ支援なんてできないよね。なあ、ノダ君。
posted at 01:47:26

<天の川おいしかったと言う幸せ>というのは母の句。つましい生活の中でおいしいものを食べたときに感じる小さな幸せ、そんな幸せ感を母の世代はよく知っているのだろう。そういう幸せ感が、震災以降、今のトレンドになっているようにも思う。高菜と豆腐チャンプルー、厚揚げ、モヤシ炒め、もずく酢。
posted at 02:08:09

起きたのは正午。雨降りの日はよく眠れる。「悪い奴ほどよく眠る」という黒澤映画があったが、言い換えれば、「善人は睡眠障害に陥る」という時代かもしれない。いや、僕は悪行も善行も大してしませんが。
posted at 13:07:36

2012年03月03日(土) 
腰の不安で怖くてなかなか思い切りできなかった「クシャミ」。イキそうになったときに無理にこらえるような、例えがあれですが、あれを止めるのはなんとも忸怩たる思いというか、中途半端なもどかしさがあります。で、さきほど来そうになり、思い切って思い切りクシャミをした。気持ちいかった。
posted at 01:53:32

<つくしんぼ汝も競って出でしかな>というのは母の句。今年ほど春が来るのが待ち遠しい年はないね。「どーもすいません、長らくお待たせしました」とやって来るのはもうすぐかいな。鶏のフリッター、キャベツサラダ、人参のグラッセ、胡瓜とカブの糠漬け。
posted at 02:23:47

11時半頃起床。天気もマイナートーンからメージャートーンのE天気。だいぶ暖かい。昨夜、思い切ってクシャミをしても大丈夫だった腰、思い切って靴下を普通に前屈して履こうとしたら(ずっとベッドに横になって履いていた)、軽くクキッと。うーーーーーむ。完全復活はまだだなあ。
posted at 13:26:43

居間(らしき所)に用水路が流れている家にいて、その用水路に赤緑のオオサンショウウオのような生き物(体長1mくらい)がいて、そいつがもぞもぞと上がってきて、僕の膝の上に乗った。気持ちが悪かったが、そやつのフレンドリーな気持ちが伝わってきて、すぐに慣れた▶で、場面は変わって歩道を歩いていて振り返ると、そやつが後ろにいたので、僕はそやつの名前(なぜか「ザイミ」という)を呼ぶと(「ザイミちゃーん!」)、嬉しそうにオオサンショウウオのザイミちゃんは僕を追ってくるのだった。そんな夢を見た。どんなことを暗示しているのかなあ。
posted at 13:36:20

2012年03月04日(日)  
<浅き春曲がり角にて思案する>というのは父の句。僕は方向音痴だが、さて、どちらに行ったものかと思案することはあまりない。確信を持って道を間違える。それはともかく、春は行くべき道の選択肢を問うような季節のように思う。さてさて、だ。カレーライス。
posted at 01:43:56

10時半起床。春先の日本列島というのは昔から三寒四温というのが相場だが、最近は寒寒寒暖寒寒寒暖寒寒寒みたいな三寒一温みたいだ。今日は曇り空でうすさ寒いっす。寒は嫌だね、官もね。菅は最近もカリカリしてんのかな。
posted at 12:39:48

さて、今日はこれからウクレレ教室@新宿荒木町「ゆうむ」へ。前回ウクレレ教室が1週間延期になったので、今回は通常シフトに戻して先週に引き続きの開催。今日はコードについてみっちりばっちりやるつもり。
posted at 12:51:50

0 件のコメント: