2012年3月6日火曜日

WeeklyTwitts 2012 (2.20~2.26)


2012年02月20日(月)
<コスモスの種播いておくよもつひらさか> というのは母の句。「よもつひらさか(黄泉比良坂)はイザナギが死んだ妻・イザナミを追って通った道、黄泉の国に通ずる。コスモスという花を母は愛した。<コスモスは妻の勲章かもしれぬ>という父の句があった。ハンバーグ、目玉焼きトッピング
posted at 02:05:35

最近は犬を飼う人のマナーも向上し、道端で犬のウンチを踏むこともあまりなくなったが、ウェブ世界の道端でスパムというのを踏むようになった。昨夜、twitterのダイレクトメッセージ(英文)を装ったスパムを踏んだようです▶今朝方から、フォロワーのみなさんに僕から英文のダイレクトメッセージが届いているかと思いますが、連鎖的に広がるスパムメールの仕組みにはまったものです。僕の関知しないことですが、ご迷惑をおかけしました。僕自身もフォロワーの方々から大量のスパム・メッセージが届いています▶「釣りサイト」のURLがついたこちらが関知しないつぶやきも発信されてますね。対処策はこちら https://t.co/jK5SI0dQ パスワードを変えるといいようです▶この件について、ご親切にダイレクトメール(スパムではない)をくださったフォロワーの方々に返信を試みましたが、現在それが出来ない状況になっています。悪しからずご了承ください。
posted at 12:22:21

10時起床。やれやれ朝っぱらからtwitterのスパム問題で時間を取られちった。通常のメールでは開けないが、twitterのダイレクトメッセージでフォロワーからだとつい開けてしまう。スパムメッセージの英文の内容は「君のことでこの人が言っていること見た? ひどいよ……」みたいな▶ウェブ世界の魑魅魍魎、こういう事が出来る技術と努力をまっとうな事に向けなさいね、という平凡なことしか思いつかない。メールのほとんどがスパムだったり迷惑メールだったりする現況、なんとかならんかな、とまるっきり無力な平凡な願いしか思いつかない。
posted at 13:24:58

今日は意地悪な寒波も少し遠慮して引き下がったようだ。サンクス、ラッキー・オールド・サン、腰の調子も悪くないみたい。天候に見事に左右される我がヘタレ腰だが、僕の(実は)素直な性格を反映していると思う。さてさて。
posted at 13:42:58

2012年02月21日(火)
<着ぶくれて己失くしてしまいけり> というのは母の句。この辺のわかりやすいユーモアが母の句の良いところ。ああ、早く一年の内で最も好きな「半ズボンの季節」は来ないものか。鶏の唐揚げ、ポテトサラダ、塩じゃけ
posted at 00:38:49

9時半起床。さてさて今日はこれから飯田橋。ちょっとトークしに。
posted at 10:54:45

2012年02月22日(水)
昨夜は飯田橋でのトークの後、ガッコウ時代の元同僚たちと町田「デフレ酒場」で飲食。酩酊して深夜帰宅。丸太のように(村上春樹風に言えば「実直な木こりが日当たりの良い場所に整然と並べた丸太の一本のように寝息も立てずに」)寝た。で、目が覚めたのは正午近く。時折やる爆睡。
posted at 14:06:20

「飯田橋でのトーク」とは昨年もやった就労支援NPOが主催する「職業人セミナー」に招かれてのトーク。セミナー参加者は18才から30才くらいまでの、多くはごく普通に見え、穏やかな印象の若者たち20人程度。それぞれ何かしら抱えていて思うような就労ができないでいる、いわゆる「就労弱者」▶多くの人が聞きたいであろう「サクセスストーリー」ではなく、さして脚光を浴びることもなく、概ね行き当たりばったりの「零細自営業」の現在に至るまでの個人的な職業遍歴を語ったわけだが、僕の子どもほどの年齢の彼らにしてみれば興味深い話も少しはできたかもしれない▶いくつかの質疑応答を終え、最後にウクレレを弾きながら、オリジナル2曲を彼らの前で歌った。人前で歌うことをしなくなってほぼ1年、自分自身のリハビリも兼ねて、というのがこういうセミナーでは唐突な印象を与えるであろうミニ・ライブを試みた動機。これがけっこうウケたようだ。良かった。
posted at 14:43:23

2012年02月23日(木)
<忘れよと降るようであり思い出せと降るようでもある日をまたぐ雨> 鶏のフリッター、モヤシ肉炒め、納豆。
posted at 03:02:29

11時起床。まあよく降る雨だこと。ここ数日、ダイレクトメッセージに大量のスパムメールが届いていたが、今朝は1件もなし。全削除もした。ようやく沈静化したかな。やれやれ。
posted at 12:12:15

腰痛、就寝中と寝起き時にときおり神経に触る痛みあり、まずまず普通に歩けるようになってからも、この痛みが残るのは長いぎっくり経験の中でも初めて。痛み自体はたいしたことはなくても、いつ来るかという不安が消えないので、日常的動作もごく緩慢な亀並みに。特に起き抜け数時間▶「いつくるかという不安」と言えば地震だが、僕の第5腰椎は分離があるのでいわば「活断層」。思えばここを震源として過去20年くらいの間、何十回と「腰痛地震」が発生してきた。今回は過去最大の「揺れ」を経験したわけだが、前回発生から1年半ぶりだったので歪みエネルギーも溜まっていたわけで▶この、かつて未経験の「歩けるようになっても時折ある神経に触る痛み」、今回の「腰痛地震」がでかかっただけに長引く「余震」とも考えられる。早期に治まって欲しいものだ。腰にナマズでも飼うか。
posted at 12:36:46

♪雨も降り飽き〜て、青空も見えてきたので最近開拓した「タバコ買いがてら川向こう散歩コース」をテクテクと3000歩余り。お供はディランの「テーマタイムラジオ」からのセレクション。散歩の仕上げは川岸にある手すりを掴んでの屈伸運動。おじちゃん、おばちゃんたちがやってるのを見て真似っこ▶昨夜からの雨で川は増水、茶色く濁った水がかなりの勢いで流れ、その流れに乗り、カモの一群がものすごい勢いで下流に向かっているので「そのまま行くと海に出ちゃうよ、大丈夫かいな」と見ていたら、途中でじたばたと岸に上がって避難した。見れば護岸壁のそこここにカモが所在なげに佇んでいる▶特に苛立ってる感じも、嘆いている感じもない陸に上がったカモたち。「こういうときはしょうがないカモ」と漫然と。見習わないとね、そういう姿勢。「自然がなさることは仕方ない。いずれ水は引き、また餌にありつける川になるカモ」とカモ達は達観しているようだったカモ。
posted at 16:15:05

2012年02月24日(金) 
<竹の子にまだ煩悩はありません> というのは母の句。言われれば、竹の子をしゃりしゃりと食えば煩悩まみれの心も少し軽くなるような。なんとなく無心にさせる食感ではあるね、しゃりしゃり。竹の子の挽肉はさみ揚げ、五目ご飯、豆腐汁
posted at 01:25:38

「大変長らくお待たせしました。春の匂いをふんだんに散りばめた最高のお天気をお届けします」と天界筋からのアナウンスが聞こえてくるようなE天気。そんなお天道様に申し訳ない正午近く起床。ここ数日、なぜか猫並に眠ってしまう。春眠症状。寝過ぎで腰の調子がイマイチなのがあれだけど。
posted at 13:34:48

2012年02月25日(土)
<鵜のごとく夫が待ちおり春岬> というのは母の句。父が退職してから二人はよく旅行に行った。この句は二人してどこぞの岬を訪ねたときの情景を詠んだものだろう。母が何らかの理由(トイレとか)で父を待たせている。父はぼうっと海を見ながら母を待っている。父が見ているのは光に満ちた春の海だ▶母を待っていた父はもう先に行ってしまった。特養で最晩年を過ごしている母がこの句に詠んだ「春岬」を再び訪ねることもないだろう。柔らかい春の陽射しに包まれた岬に佇み、「鵜のごとく」自分を待っていた父の姿を、母は思い出すだろう。春になれば。焼売、塩鮭、ほうれん草の白和え、大学芋。
posted at 01:47:35

10時半起床。昨日とはうって変わって寒々しい天気。しかし雨は上がった模様。起き抜け腰の調子がイマイチなのでそこらを散歩。コルセット依存が良くないかもと思い、ハードながっちり型コルセットからソフトな腰痛ベルトに替えてみた。心許ないがしばらく試してみよう▶長時間の座り仕事は腰に良くないことはわかっているが、座らねば仕事にならない。で、まだ2時間くらい座りっぱなしだと腰が固まる感じ。先送り先送りしてきたやるべきことが溜まっている。ほとんどが机に向かい座らねばやれないこと。やれやれ。
posted at 14:24:01

2012年02月26日(日)
<考えている球根はヒヤシンス> というのは母の句。ヒヤシンスというと花よりあのごつごつした球根の方が印象が強い。水栽培のガラス容器で育つヒヤシンスは、球根から白い根が無数に伸びて、培養液に浮かぶ脳から神経細胞が伸びているようにも思える。なかなかSFチックな句。ロールキャベツ。
posted at 01:22:11

10時過ぎ起床。昨夜の天気予報ではそこそこ寒いが晴れるようなことを言っていた(ように思う)が、今にも泣き出しそうな寒々とした曇天。家猫でいる分には雨が降ろうが雪が降ろうがかまわないけど、今日は午後から新宿方面に出かけるので雨は降らないで欲しいところ。
posted at 11:45:43

僕は紅茶は余り飲まないが、時折ミルクティーを飲む。昨夜、大ぶりのマグカップに半分ほどの紅茶を作り、穴を開けた缶入りのコンデンスミルクをカップに引っかけてそのまま忘れてしまい、缶に半分ほどあったコンデンスミルクを残らず紅茶に注いでしまった。どろどろの濃厚ミルクティーの出来上がり▶甘党の僕にもさすがに甘過ぎ、とりあえず他の容器に「濃厚ミルクティー」を移し、薄めて飲んだ。で、今朝、コーヒーに残して置いたその濃厚ミルクティーを入れてみたんですね。カフェモカとかはあるけどティーコーヒーは聞いたことがない理由がわかった。紅茶味のコーヒー、イマイチです。
posted at 11:59:01

起き抜け、腰が不安定な感じがあり、一、二度神経に触る痛みがあって安定する感じ。寝ている間、僕の「腰痛震源」である第5腰椎断層が伸び、起きて荷重がかかると痛みと共に安定位置に戻る感じ。痛み自体は大したことはないがいつ来るかという恐怖は地震のそれに似ている。嫌な癖がついてしまった。
posted at 12:14:17

今日は久々の荒木町「ゆうむ」でのウクレレ教室。腰痛寝たきり期間中、それだけはやろうと思って、ウクレレウェブ関係いろいろチェックし、練習ネタはけっこう取りそろえた。そろそろ準備をして出かけるかな。さてさてと。
posted at 12:21:30

0 件のコメント: