2012年1月30日月曜日

WeeklyTwitts 2012 (1.23~1.29)


2012年01月23日(月)
<「腰ぢゃよ基本はやっぱり腰なんぢゃ」と老猫は僕の目をまっすぐに見据えて言いました> おでん、おにぎり、オン・ザ・ベッド。
posted at 03:36:43

11時半頃覚醒。起き上がって、トイレ、洗顔、毛づくろい(はしないけど)、コーヒーを入れたり、部屋を歩きまわって本日の腰の状態をチェック。で、昨日とさして変わらず、まだ戸外に出てすたすたと歩ける感じではない。軽く落胆▶前回、ぎっくり腰になったのが一昨年の秋頃、昨年は腰に関しては大過なく過ごし、久しぶりにやったものだから溜まっていた分がどっと出たのか。溜まっていたというのは、「濃縮ぎっくりエッセンス」みたいな。治りが遅いのは明らかに加齢もある。加齢なる人生。とほほ。
posted at 15:14:02

2012年01月24日(火)  
<老猫が耳を立て聞く雪の夜の深きサウンド・オブ・サイレンス> つみれ団子、唐揚げ、プチトマト、海苔巻き、干瓢巻き、稲荷寿司、イン・ザ・ベッド。 
posted at 04:21:12

11時過ぎ覚醒。ぎっくり腰発症から1週間が経つが腰はまだイマイチ。今までは1週間も経てばほぼ完全に回復していたと思うが、今回は長引いている。回復が遅いのは歳のせいもあろうが、冬場の寒い時期ということもあるかもしれない▶どうかするとグキッっと鋭い痛みが走るようなことはなくなったが、起き上がってしばらくすると身体が次第に左傾し、腰の左側の筋肉が固まる感じがあり、なにしろだるくなってくるんですね。昨日からあまり進展がないのが残念。治る時はすっと、わりと短時間に楽になる感じなんだけど。
posted at 14:39:47

今日はパラダイス・ウクレレ教室の日なのだが、まだ腰がへたれ状態なので、残念ながらキャンセルとしました。僕のベッドサイドに生徒さんを呼んで、「寝たきりウクレレ奏法」を伝授することはできるのだが。 #mixipage
posted at 14:57:27

2012年01月25日(水)  
<生まれつき自堕落な腰ですまんな神様僕はどうしてこうも> ウインナー、マイタケ、いんげん、サツマイモの天ぷら、大根の煮つけ、玉子焼き、おにぎり
posted at 03:29:36

お昼頃覚醒。久しぶりに机の前に座り、やるべきことを始めたが、腰はまだイマイチ。幸いに、現在〆切シゴト関係はエアポケットの状態、不調の腰にかこつけての自堕落生活はもう少し続く感じであります。
posted at 13:56:49

2012年01月26日(木)  
ベッドで食事をするのは(腰の問題は置いておくとして)、慣れたらなかなか快適です。食べたら横になりたくなる、というのがありますが、始めから横になっているのだから都合が良いわけで。ちなみに僕のベッドは自堕落仕様の電動式。

一日中、仕事もせずたらたらとベッドで横になっている自堕落なオットの枕元に、仕事から帰ってきたツマが、そっとちらし寿司(パックの、帰り道のスーパーのタイムセールで半額だったという)かなんか置くわけです。それを「いつも、すまないねえ」(シャボン玉ホリデー、ですね)とか言いながら▶むしゃむしゃ食べるわけです。糟糠のツマと自堕落なオットの愛とペーソスが溢れるシーンですね。というわけで本日の晩ごはんは、カニちらし寿司(京樽、けっこう美味しかった)、竹輪の磯辺揚げ、ゴボウのマヨネーズ和え、水菜
posted at 03:00:23

つぶやきで引用したのは、寝たきりの老父(ハナ肇)に、「お父っつあん、おかゆができたわよ」と健気に介護する双子の娘(ザ・ピーナッツ)が登場する昭和の傑作TVバラエティ「シャボン玉ホリデー」のシリーズ・ギャグのシーン。このシーンの後、場違いなタイミングで「お呼びでない?」と▶出てくるのが植木等。日本のテレビお笑い史に残る秀逸なギャグだったと思う。今だったら、老人介護の現場をおちょくっていると批判が出て、制作テレビ局はすぐに自主規制するだろうな。ことお笑いに関しては、つまらない時代になったと思うね。
posted at 03:28:10

一日の大半をベッドで過ごすという自堕落生活に多少のギルティを感じ、せめてもう少し早めに起きようと思っているのだが、目が覚めたのは正午。冬晴れの良い天気だが、腰の方はいまだ曇り空▶とりあえず家の中で行う日常的行為にはそんなに支障はないが、まだ戸外に出てすたすた歩ける感じではない。そんまわけで今日、人と会う予定があったがキャンセルさせてもらった。やれやれ。
posted at 13:00:15

かつて腰痛が長引いたときに、鍼もやったし、整体にも行った。どちらも(やったところがイマイチなところ、という解釈もできるが)、僕にはあまり効果がなかった。結局、安静にしていて自然に治るのを待つしかない、というのが長年の腰痛持ちの結論。よく腰痛持ちに勧めるキネシオテープは貼っている▶今回ぎっくり腰になったのがおよそ1年半ぶりで、今までで一番長い「ぎっくりフリー」の期間だった。そんなことで「治り方」を身体が忘れている感じがする。いっそ、新しいパーツに交換できればどんなに良いことだろうか、とか思うね。
posted at 13:11:27

2012年01月27日(金)
<「とりあえず丸くならせてもらいます」と老猫はコタツの中へ> 白身魚の塩焼き、大根とこんにゃくの煮つけ、青梗菜、おにぎり。(なんか病院食のようであった)
posted at 03:46:42

11時半起床。腰はまだイマイチ。机のパソコンに小一時間ほど向かっていたが、徐々に腰から背中にかけての筋肉が固まる感じ。またグキッとやりそうな恐怖(これが大きい)から無意識に不自然な体勢を取っているように思う。結局、再びベッドに潜り込む。寒いし▶腰痛、横になっている分にはなんともないんだ。テレビも見れるし、ノートパソコンでネットもできる。ベッド周りに食べ物、飲み物、新聞、本等持ち込んで、そこそこ快適な寝たきり生活ではあります。(でも、いい加減うんざりしてきたけど)
posted at 15:27:43

そんなに遠くない将来、リアルに寝たきりになることもあろうかと。その時のための予行練習、シミュレーションとしては、腰痛寝たきりは最適な体験学習ではある。いろいろと快適に過ごすためのテクニックは身に付けた。何といっても「寝たきりウクレレ」とか。
posted at 15:34:51

2012年01月28日(土)
<へたれ腰抱えて沈む沈みこむ冬の夜の底の底を抜く> 豚カツ、野菜サラダ
posted at 02:52:19

ふと目が覚めて寝返りを打ったところで朝の地震(最初の)。やだな大きいの来たら、今、腰の調子イマイチだし、と思っていたところへ、そこそこ大きいのが(こちら神奈川震度4くらいか)来たね。おまけの軽い余震もあって、完全に目が覚めたが結局二度寝。11時半起床。
posted at 12:03:28

この歳になってもたまに(たまーにだよ)見る艶っぽいというかつまりスケベな夢を見た。詳細な記述は(覚えているが)風紀上のことを考え(というか僕の人格が疑われるので)自主規制するが、夢の中のその相手がオクさんだったことに、目が覚めてからとても残念な気がしたのでした。
posted at 12:13:23

冬晴レレ日和、良い天気。腰の方は昨日よりは良くなっている感じだが、まだ腰回りののヘタレ感は依然として残る。後でちょっと散歩でもしてみんべかな。
posted at 12:17:57

2012年01月29日(日)
<なんだかなあと言う俳優がいてあの感じ世の中とか他人の言説とか(おれ自身もね)> 中華丼、シュウマイ、モヤシ炒め。
posted at 03:00:39

11時過ぎ起床後、トイレ洗顔毛繕い、しばらく机上パソコンに向かい調べものなど。ある程度の時間、椅子に座っていることはできるようになったが、腰周辺ヘタレ感いまだ有り。そのちょっとしたヘタレ感がやるべき事へのモチベーションを奪う。相変わらず寒いし。
posted at 13:56:09

0 件のコメント: