2011年12月31日土曜日

WeeklyTwitts 2011 (12.26~12.31)


2011年12月26日(月)  
午後に母が居住する特養に電話。「今日はクリスマスやね」と母は言い、「ケーキやら食べたよ」と。「具合の悪いところはないかね?」と聞けば「頭が……、いよいよ……」と。「父ちゃんがおらんようになって淋しいね」と言ったら、母はしばらく黙っていたが、「ありがとう」とぼそっと。親子丼
posted at 02:48:47

11時半起床。冬晴レレ日和。今年のザ・ラストウィークとなった。この辺まで押し迫ってくると焦ってもしょうがねえやな、という気持ちになってくる。さてさて。
posted at 13:00:16

2011年12月27日(火)  
「歳晩やピカソの多面体となる」というのは父の句。年も押し迫り、さて何からどうしたものかと思案する内に、心がキュービスムの混沌に陥る感じがよく伝わる。自分の父ではあるが、なかなかおもしろいことを言う人物だったと思う。チキンライス
posted at 03:08:16

11時起床。今日も冬晴レレ日和。ところで、僕は概ね寝る前にベッドで活字を読むのだが、一昨夜、シゴトのために読んだ文章をほとんど覚えていなかったので、昨夜(と言っても今日の未明ですが)再読した。で、起きたらやはりほとんど覚えていなかったので、起き抜け小一時間、再々読したのだった。
posted at 13:37:15

とりあえず読んでおこうと思って、一昨夜も昨夜も睡魔と戦いながら読んだのだが、そういう読み方って見事に記憶に残らないね。ま、「とりあえず、読んだ」という記憶はあるんだけど。ただでさえ、いろんな事を端から忘れる性向あり、楽しかったことだけ覚えていたいけれどね。
posted at 13:48:44

この前、パラ本で同年配か少し上くらいの紳士から「ウクレレ、上手いね。ウクレレ教室やりたかったんだ」と話しかけられた。てっきりパラ本でやってるウクレレ教室に参加希望なのかと思って、「是非是非、超初心者も大歓迎ですよ」と答えたら、その紳士、「いや、僕が講師としてここで教室をやりたかったんだ」と▶よくよく聞けば、その方、ハワイ音楽を伝える日本の代表的なバンド、山内雄喜さんの「パイナップル・シュガー」のメンバーの方でございました。そういう方に「ウクレレは持ってるんですか? ウクレレは簡単だし、楽しいですよ」と言ったオレ。後日、非礼を詫びるメールを送ったら、ご丁寧な返信が来ました▶いやはや、ティピカルな言葉の誤解であったが、お知り合いになれて良かった。 #mixipage
posted at 17:21:22

2011年12月28日(水)  
10時頃に電話で起こされた。夜型の僕を知る友人・知人から午前中に電話があることはあまりないが、唯一人それを知りながらかけてくるのが僕の兄。兄は今、母の所に行っていて、そこからの電話。母とも話したが、こちらは半覚醒、あちらは半認知で会話にならず。ともあれ、変わりはないようで一安心。
posted at 15:30:37

昨夜はパラ本から軽く酩酊して深夜帰宅。カレーを食べてコタツでうたた寝。早朝5時頃に目が覚めてパソコンに向かったが、あまりに寒いのでベッドに潜り込んだ。で、10時頃の兄からの電話のあと、天気も良いので起きようかと思ったがまた眠りの国へ。で、再々度目覚めたのが午後1時。時々やる爆睡。
posted at 16:26:12

年の瀬となり、人並みにやるべきことは諸々あるが、そうなればなるほど、まったりウクレレなど弾いてしまうオレ。ものぐさ心とウクレレは相性が良い。
posted at 16:31:19

昨夜のウクレレ教室@パラダイス本舗のメニューは、コード・カッティング(左手、右手)、ブラッシング(「チャッ!」ってヤツね)、それぞれの技法、それをふまえた練習曲は「Tahuwa Huwai」(「あ〜ん、やんなっちゃった」の原曲ね)。そして、3フィンガー・ロールストローク(ポロロロンってヤツね)▶それをふまえた練習曲は「エーデルワイス」。これをメロとコード・ストロークの各パートに分けてアンサンブルでやってみた。勢いで、「聖者の行進」もメロとコード伴奏でアンサンブル演奏を。2時間弱はあっという間でござった。 #mixipage
posted at 16:52:59

生徒さんのお一人にア・ヌエヌエのマンゴーテナー(これね→http://www.youtube.com/watch?v=wLzyCCVsDTs&feature=related)をお勧めしたら、ウェブ・ショップから即買いしたという件、在庫切れ入荷待ち状態とのこと、次回教室には見れるかな。僕も早く見たい。 #mixipage
posted at 17:22:07

2011年12月29日(木) 
「『駄目なことの一切を時代のせいにはするな』という詩人がいてこっくり頷く年の瀬」 洋風トマトスープ鍋(鶏肉、ウインナー、豆腐、キャベツ、人参等を細切りチーズトッピングで)、フランスパン
posted at 02:45:10

5時半頃就寝11時半起床。冬晴レレ日和。「ジャネーの法則」(生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する)というのがあるが、これに加速度の数式を加えて欲しい(物理のことはよくわからんが)と思う、今年も残すところあと3日。
posted at 13:10:15

本日朝日の天声人語、金正日死去にまつわる「神秘現象」を紹介している。「聖地白頭山では、湖の氷が音を立てて割れ、平壌のハトは弔問所に入ろうと窓をつつく」。これがあの名物「人民放送員」のおばちゃんの詠嘆調で朗読されるところを想像してみた。今年最大のブラック・ユーモアだなあ、と。
posted at 13:34:07

で、「三代目」の呼称に「21世紀の太陽」「愛の化身」というのがあるそうだ。あの肥満児かりあげ君が「愛の化身」……。北朝鮮という「フィクション」、ブラック・ユーモアという点では秀逸というしかない。不謹慎ですまんが。
posted at 13:42:31

2011年12月30日(金) 
「自画像のにこりともせず年暮るる」というのは父の句。父は老境にさしかかり、絵筆を取ることを趣味とした。俳句の才に比べればごく凡庸な素人絵画だったが、風景、静物等、けっこう熱心に描いていたようだ。人物画は母を描いたものが多かったが、自画像も知る限り一点だけあった▶帽子を被ったその自画像の父はなんだか陰鬱な表情をしていた。「にこりともせず」という自画像はその絵であろう。年の瀬に鏡を覗くように自分の老境を映す自画像を眺めて、「やれやれ」と思う気持ち、そういう気持ちがわかる年齢に僕もそろそろ。鱈の粕漬け、キャベツと肉炒め、あんかけ挽肉豆腐
posted at 03:32:36

5時半就寝11時半起床。冬晴レレ日和が続く。クリスマス寒波も少し緩んだのか、今日は比較的暖かいような。日が暮れない内に、ほっておくとすぐに積層化する机上周りだけでも「小掃除」するかな。
posted at 13:46:46

2011年12月31日(土)
積層化する仕事机周り、蛸足化するパソコン周り、乱雑拡散化する本棚周辺を整理整頓掃除機雑巾掛け、仕事部屋のフローリングの剥げを補修用木目シールで隠蔽工作、その後ウクレレ教室のためのサンプル音源製作、イラスト仕事の資料集め、等、本年残すところ一日となってやっとそこそこの仕事をやった。
posted at 03:27:35

「この道はまだ坂のまま年終わる」というのは父の句。この句の坂は上り坂だね。えっちらと坂を上っていくがまだ頂上にはだいぶある。人生は重き荷物を負うて遠き道をゆくがごとし、なんて言うけど、それも上り坂なんだな。そして「まだ坂のまま」、人生も終わるということだね。やれやれ。豆腐チゲ鍋
posted at 03:45:00

今年最後の日も夜型に推移し、12時起床。世情はことのほかしょっぱいが、「んなこと、わしゃ知らんよ」と、今日もあっけらかんの冬晴レレ日和。さてさて。
posted at 12:53:27

ウクレレ教室の生徒さんのために練習用音源を宅録、アップ。ビギナーのためのものだが、シンプルなものだけに完璧にこなすのは意外と難しかったりする。今年もウクレレ、お世話になりましたポロリンコ。 #mixipage
posted at 18:51:58



(何があろうと)人間は食べる葦である。「2011年晩ご飯」ブログアップ
posted at 19:16:25

0 件のコメント: