2011年6月14日火曜日

WeeklyTwitts 2011 (6.6~6.12)

2011年06月06日(月)
ウクレレ・ワークショップ。初老紳士、妙齢美人、マジメそうな青年、控え目で礼儀正しい若い女子、の面々。みなさん、いい頃合いの初心者(つまり何も染まっていない感じの)であったが、つい伝授に熱が入りすぎ、疲れさせてしまったかもしれない。少し反省。
posted at 01:30:01

荒木町「ゆうむ」に置きウクレレとして預けていたフェイマスが地震の時、棚から落下したとのことで、そのせいかどうか、ネックとボディの接合部分が剥がれてしまった。ボンドでくっつければいいと思うが、この際だから、「折りたたみ式ウクレレ」にしてみようと持ち帰った。いや、マジで。
posted at 01:38:36

さて、明日は飯田橋に仕事支援組織のセミナーに行ってくっちゃべる予定。ちょっと早起きせねばならん。てことはちょっと早めに寝るとする。牛丼、巻き寿司。
posted at 01:46:33

3時半就寝9時起床。今日は早起きクンだ。さて、これからお江戸は飯田橋へ。
posted at 10:44:06

2011年06月07日(火)
飯田橋でのセミナー、就活中の若者たちに「先輩職業人」として仕事をテーマに語ったが、僕にとってそれはそのまま紆余曲折の、我ながら「ネタの宝庫」とも思える「生き様」を語ることになる。「このおじさん、まあ、よくしゃべるなあ」と(たぶん)思われながら、みなさん、楽しく聞いて頂けたようだ▶実は、セミナーを受講した若者たちの多くは発達障害を抱えている。彼らの仕事に関する夢や希望と現実との摺り合わせは、定型発達の若者たちのそれより厳しいと言わざるを得ない。だからといって「現実を直視せよ」と彼らに言うには、あまりに不条理な現実がある。それは「先輩大人」が作り上げたもの▶「仰げば尊し」の「身を立て、名をあげ、やよ励めよ」という一節を僕は彼らの前で歌って、「明治以降、日本人にとって自己実現というのはそういうことだったんだね」と言った。それは長い間、日本人の就労理念だったかもね。でも、それは終わったと思うよ、3.11を経て、と僕は彼らに言いました。
posted at 03:18:27

セミナーが終わって、スタッフの方々と近くのうどん屋でざるうどんとじゃこ天、茄子の天ぷら&缶ビール。帰宅後、夕食の用意がしてあったので、野菜天ぷら、竹輪天ぷら、五目ご飯。しろくまアイス。イエスタデイ、食い過ぎたデイ。
posted at 03:26:35

5時半就寝10時半起床。昨日よりクールダウン。ふと目が覚めて、思い出すべき人名が3つほど思い出せず、気になってパソコン立ち上げたりして本格的に起きることに。我が脳の記憶中枢部位におけるメルトダウンが起きつつあることは以前から自覚しているが、この進行を食い止めるにはどげんしたらと。
posted at 15:11:52

昨日のセミナー、聴講してくれた若者たちの感想メッセージを読んだ。概ね好評で良かった。中での一通、「要為るに波瀾万丈である。だが失敗談も爽快に語る」、こういう漢字の使い方は高機能系のひとつの特徴。「出世払いが可能なら頼みたい絵も有ったりして」と続く。おお、描いてやるぞ。
posted at 15:27:43

2011年06月08日(水)
ひと仕事片づけて、さして急ぐ用事もなし、あれとこれは明日以降(たらたらと)やればいいかなと、とりあえず晩ご飯をいただきます。というのが僕のGross Personal Happinessの指標的日常。あんかけ塩焼きそば、鰹のタタキ。アイスまんじゅう。
posted at 03:07:34

4時半就寝11時半起床。いつの頃からか、窮している人に「がんばろう」って言うのは酷だよなあ、というのがあって、でも「がんばんなくていいよ」っていうのもなあ、とか思っていて「がんばるときにはがんばろう」というのがふさわしいかなと、起き抜けに思った。「がんばるときにはがんばろう日本」
posted at 13:54:32

2011年06月09日(木)
図書館。午後はたらたら、夜はだらだら。鱈の粕漬け、水菜サラダのごま油風味竹輪入り、しめじのソテー、納豆。
posted at 01:08:40

3時半就寝10時半起床。降ろうか降るまいか、思案している空模様。メール返信数件▶ああ、今日はロック(69)の日。「ロックかロックでないか」を価値観の基準にン十年、生きて参りましたが、微老年に至り、「ウクレレ的か、そうでないか」が価値観の新基準となりました。おじさんもメロウになったということじゃよ。
posted at 13:17:53

2011年06月10日(金)
このところ、夏に向かっていることもあるけど、徐々に心が「ウクレレ的」に戻りつつある。いいことだ。タイ風というのか、ココナッツ風味の娑婆娑婆カレーライス。
posted at 02:53:49

3時半就寝12時起床。比較的短めの睡眠時間が続くと爆睡してしまう。身体が求めるモノは概ね正しい、と思う。それは頭が求めるモノよりもね。
posted at 14:49:45

今日も、降ろうか降るまいかと優柔不断な空模様。僕も半ズボンを穿こうかどうしようか、しばらく躊躇したが、結論を先送りしていつものジャージの長ズボンを穿いた。調べたら昨年の「半ズボン解禁日」は6月12日だった。
posted at 14:59:55

2011年06月11日(土)
ハルキ・ムラカミさんのスピーチ、カタルーニャの文化人には受けるかもしれないが、被災地で絶望の淵を彷徨っている方々の心には響くだろうか。実際に手を差し伸べる立場の人間は「非現実的な夢想家」じゃ困る。ジョン・レノンのイマジンが何ミリオン売れようと戦争はなくならなかったじゃないか▶「『効率』や『便宜』という名前を持つ災厄の犬」とハルキ・ムラカミさんは仰有るが、あまりにも非効率で便宜を図らない震災後の政策というものを僕らは目にしているわけで。犬にも失礼だし▶今、必要なのは「理念を持った現実的な行動家」、少なくとも「非現実的な夢想家」ではない。そして「脱原発」は夢想でも、「反効率主義」からの提案では、もはやないでしょう。それは非常に「現実的」な体験から僕らが学んだこと。
posted at 02:20:22

明日は拙著『発達障害 母たちの奮闘記』に登場して頂いたお母さんたちが一堂に会する。場所は文中にも記載した授産所喫茶店。とても楽しみ。シメジのオムレツ、水菜と油揚げの炒め物、厚揚げ豆腐、塩鯖。井村屋のあずきカップアイス。
posted at 02:32:45

4時就寝9時半起床。生憎の雨降りだが、これから「奮闘の母たち(そして慈愛の母たち)」に会いに茅ヶ崎へ。
posted at 10:57:50

2011年06月12日(日)
昨日の「母たちと集う会」、会場となった授産所喫茶店は「慈愛の母(+父お一方)たちオーラ」に満たされ、ごく穏やかにかつ親密に終始しました。みなさんにはありがとうを100回言っても足りないくらい。あらためて本を出版できたことをありがたく思いました▶お母さんたちとは夕方にはお別れしたが、帰路、かつての同僚たちと海老名で飲み会。いつもの「ホーダイ系居酒屋」でたらふく飲んだ。深夜帰宅、久しぶりに深めに酩酊、就寝前の日課となっている「つぶやき」もできず撃沈▶で、爆睡、本日12時起床。シャワー後、迷うことなく半ズボン着用、昨年「半ズボン出しておいたよと君が言ったから、今日は半ズボン記念日」とつぶやき、半ズボン解禁日とした、奇しくも今日は同日。そして今日は結婚34周年記念日なのだった。
posted at 15:59:43

0 件のコメント: