2011年6月14日火曜日

WeeklyTwitts 2011 (5.30~6.5)

2011年05月30日(月)
僕らは、「ホ」ソノさんと「ホ」にアクセントを置くけど、若い世代はホ_ソ_ノさんとフラットに言うのね。若い音楽世代にとって、ホソノさんはホ_ソ_ノさんというミュージックアイコンになってる感じがする。近所の「ホ」ソノさんとは違うホ_ソ_ノさん。
posted at 01:05:14

部屋の「断捨離」実行中。今日は過去イラストが掲載された小説誌、雑誌等の処分が中心。けっこうな量になった。いったん見切るとどんどん捨てられる気がする。起きて半畳、寝て一畳、本当に必要なモノなどごくわずか。これもひとつの震災津波からの学習効果。
posted at 03:39:48

ヤフオク出品、思っていたより値が付きました。ありがたいけど、なんだか申し訳ないような。今日はいろいろ良いことがあった。各方面に感謝しながら寝ます。にぎり寿司にちらし寿司、腸詰めやら豆腐しんじょ、ザルうどん。食後に、何と言うのだろう、乾燥した羊羹のようなアズキのお菓子。
posted at 03:50:08

5時半頃就寝、11時半起床。オクさんが窓を開けたまま外出したので、風で部屋のドアがバタバタとし、「地震か!」と目が覚めた。風がびゅーびゅー、風小僧(古!)がテンション高めに活動中。
posted at 13:59:32

ヤフオクで落札いただいた商品をヤマトの営業所までチャリで。ばあちゃんが、自転車でけっこうな急坂をすいすいと上っていく様を後から見て元気をもらった。ばあちゃんが乗っていたのは電動機付き自転車だったけど。
posted at 17:07:33

2011年05月31日(火)
本日の断捨離:かつてイラストパズルが掲載されていた新聞日曜版3年分、書籍段ボール3箱分、作品のデータCD150枚くらい。一応取捨選択しながらなので逡巡もあり疲れる。本については「自炊」用高速スキャナがあればいいかなとも思うが、電子化したところでどうせ再読することなどないだろうし▶思えば僕は昔所有していたモノをあまり持っていない。それは若い頃はよく引っ越しをしていたから。下関→東京→山口→東京→神奈川→埼玉→久留米(九州)→東京→神奈川→米国→神奈川→東京→神奈川ときて、今いるところに14年間継続して住んでいる(一番長くなった)ことがモノが増えた原因かと▶理想はあれだな、小さなテレビに卓袱台、あとパソコン一台、部屋の隅に布団を丸めてソファ代わりにすると。眠くなればそれを敷くと。それだけ。六畳一間で足りるような生活空間。忘れちゃいけないウクレレ一本。かさばらない生活をしたいね。鶏の唐揚げ、味噌汁、玉子かけご飯。
posted at 01:23:58

昨夜は断捨離疲れで早めに(3時過ぎ)就寝、10時半起床。「刻む人生」、このところ、刻むべき(キャベツの玉のような)目標を失っていたが、ぼちぼちと眼前に並べられた感じ。手始めに小振りのキャベツからざっくざっくといこうかな。
posted at 12:51:49

2011年06月01日(水)
関係方面から頂いた本(読むこともなく「帯付き美本」状態)を、オクさんの「古本屋に持っていけば煙草代くらいにはなるかもよ」とのアドバイスに従い、段ボール一箱分(十数冊)を駅前古書店に。千円くらい値が付けばいいかなと思っていたら「300円です」と。煙草代にすらならなかった▶ま、しかし、どこぞの人の手に取られ、読まれる機会を与えたことは、本(本を作った人々)に対する最低限の敬意を示した、ということにしよう。すみません、関係各位。カツオのたたき丼、お吸い物、モヤシ炒め、黒豆。
posted at 02:12:19

4時就寝12時半起床。また寝過ぎた。脳から腰にかけて「メルトスルー」、腰痛が収束するのにまだしばらく。
posted at 14:19:06

ああ、おれは死んでいくんだなあ、と自覚しつつ病床にいる夢を見た。なぜか若い両親が死にゆく僕を看取っているんですね。パラレルワールドの僕は夭折の人だったのかもしれない。この世界にいる僕はだらだらとそこそこ長生きしそうだけど。
posted at 14:25:23

2011年06月02日(木)
本、雑誌の処分を中心にここ数日行ってきた「断捨離」(単にちょっとした整理、ですけどね)もとりあえず一段落。雑然の極みだった仕事部屋も多少はすっきりとしたかな。あまりすっきりとさせるのも嫌なんだ。多少の雑然さは必要。人間も多少の雑味がないと可愛げがない。「雑」というのは大事なんだ。
posted at 02:11:07

「しかしなんだかうすら寒いのぉ、婆さんや」とテンション低めに番茶でも啜りたくなる6月の入り。麻婆丼、茄子と茸の煮浸し、春雨サラダ。
posted at 02:30:33

4時就寝12時起床。このところよく眠れる。寝る子は育つ、と言うけれど、育ちすぎた僕の場合、いいことなのか、どうなのか。でも、少なくとも省エネ・節電にはなるな。がんばらないでたっぷり寝よう日本。
posted at 14:56:01

猫は1日平均14時間寝るそうだ。で、飼い猫の平均寿命(近年、伸びていると思うが)は10年から15年くらいか。人間も猫を見習って、多くの睡眠時間を取り、そこそこ早く死ねばほとんどの諸問題は解決すると思うが、そこそこ早く死ねというのは何なので、せめてたっぷりと寝るにこしたことはない▶僕のような「小人」は「閑居して不善を為す」傾向があるので、暇なときはいくらでも寝ていたいのですが、僕の場合、寝過ぎると腰が痛くなる。これが解決されればなあ、と。
posted at 15:35:37

2011年06月03日(金)
某所から依頼された職業に関するセミナーに呼ばれることになったが、その前段としての(仕事に関する)アンケートに答えた。仕事の質はともかく、多様性という意味では「いろいろやってきましたよ」と語れるかもしれんなあ。仕事との出会いも一期一会だなあ、とか▶「仕事とは第一義に生活の糧を得るための手段であり、それ以上のことをあまり期待しないこと。肝心なのは『糧』を得て築く個々人の生活の質」とセミナーに参加する若者たちに言うと鼻白むだろうか。でも、仕事ってそういうことだよね。白身魚のタルタルソースがけ、干瓢と油揚げの煮付け。どら焼き。
posted at 03:01:09

5時就寝10時半起床。爆睡傾向から一転、早朝覚醒(10時台でも僕にとっては「早朝」)。いや、飛行機の爆音で目が覚め、なんだか暑苦しいので、ままよ、と起きたわけです。気温変化も唐突、不規則だが、我が生活習慣もイレギュラーでおます。
posted at 13:16:37

「天網の疎へ六月の猫が跳ぶ」というのは俳句をやっていた僕の親父の句。「天網の疎」というのは天空を粗い目の網に例えた表現か。身内ながら好きな句。今日になってようやく「猫が跳ぶ」にふさわしい六月になった。
posted at 13:40:15

2011年06月04日(土)
ぐらっと来て、家の中で一番安全な寝室に行き、ベッドに腰掛け、耳を塞ぎ、身体を小刻みに揺らしながら(ショックアブソーバー法)の「安全態勢」を取るまでほぼ3秒、さすがに流れるようなムーブメントを会得したと思う。さしたる被害は今のところないようだが、福島方面、深夜の震度5弱はお気の毒。
posted at 01:37:20

仕事部屋の本棚周りはだいぶすっきりしたので、本日は机周りを。両袖の引き出しは書類やらなんやらでぎっしり、溢れた紙類が机上に積層していくという状態。大半が「賞味期限」が怪しい書類なのだが、食い物と同様、賞味期限というのは微妙な基準なので「匂いを嗅いだり」とか、作業に時間を要した▶そこそこ本格的な部屋の整理・整頓をしたのは十年ぶりくらいかも。僕は「几帳面」と言われる血液型「A型」だが、少なくともそれは(まったく)違います。(「A型には見えないよね」と言われること多々。)アジフライ、キャベツとトマトのサラダ、冷や奴、納豆。
posted at 02:03:34

4時就寝11時起床。いい感じのウクレレ日和だね。これから本格的なウクレレシーズンだね。こんな日に人々はウクレレと出会うんだね。……そんなわけで、Oki-Luck! ウクレレ・ワークショップ 、おかげさまで明日(ようやく)始動。準備せねば。
posted at 12:51:32

2011年06月05日(日)
そこそこ広くなった仕事部屋の窓を開け放ち、今日は諸々作業にいそしんだ。カーテンを揺らし/時折ふらりと訪ねてくるのは/そよ吹く初夏の風/遠慮もしないが/あつかましいわけでもない/君とは友達になれそうだ (ロールキャベツ、ウィンナー、玉葱、人参、玉子のポトフ。
posted at 01:59:02

4時半就寝10時半起床。どこかから赤ん坊の泣き声が聞こえる。以前なら「うるさいな」と思っていたが、なんだかしみじみといい感じに聞こえるじゃないか。これもひとつの震災体験効果か。さてさてこれから四谷荒木町、ウクレレの魅力を伝授しに参ります。
posted at 12:44:10

0 件のコメント: