2011年3月16日水曜日

WeeklyTwitts 2011 (3.7~3.13)

2011年03月07日(月)
一時期そこそこの減煙努力を続けていたが、このところ喫煙本数が増えてきた。一時期そこそこの減量努力をしていたが、このところなし崩し的にどうでも良くなってきた。僕の人生において、努力目標というものは大体そんな感じになる。あじのフライ、竹輪の天ぷら、キャベツサラダ、ワカメの味噌汁
posted at 03:25:56

5時就寝11時半起床。僕が寝ている間に雨は雪に変わり、雪はまた雨に変わったようだ。服を脱ぎ始めたかと思うとまた着てみたり、焦らす春。
posted at 14:26:56

2011年03月08日(火)
シバレールの月曜日でござった。HPをいじること終日。おでん(薩摩揚げ、ゴボウ天、がんもどき、ソーセージ、大根、ジャガイモ、こんにゃく、玉子、その他、糟糠の妻のそれなりの愛)
posted at 02:28:52

4時半就寝12時半起床。10時半ごろ、いったん目が覚めたが、二度寝しちまった。僕は、基本的に、寝たいときに寝て、起きたいときに起きるという生活をしていますが、羨ましがられてもちょっと困る。そうなろうと思えば誰にでもできます。いろいろ捨てなきゃいけないけど、まず生活の向上とか。

「生活の向上」と言うより「生活の安定」だな。いや、それは僕だって欲しいですけどね。僕の人生において一番幸せだった時期は、フルタイムの仕事を辞めて8ヶ月間、失業保険を受給していた時期
posted at 14:56:10

この間は、空き家に無断で住みつくという夢を見たが、今朝はむちゃくちゃ広い家(夢の中では自分の家)に住んでいて、知らない人も部屋のあちこちに僕に無断で住んでいるという夢を見た。広いリビングで卓球かなんかやってるんですね、知らない人たちが。僕の家なのにに、もう! という夢。
posted at 15:04:49

2011年03月09日(水)
発達障害関連書き物、再校の(プロによる)再校(三校)で指摘された「両耳と両耳を腕でふさぐ」という箇所あり。僕を含めて三人の男が二度(以上)精読した結果の見落とし。正しくは「両目と両耳を腕でふさぐ」、この間違いには「両目を疑った」。
posted at 04:08:14

facebookで遊んでいたらこんな時間に。深夜0時以降は時間が経つのが早いよね。まあ、毎日そんな感じだな。いえ、毎日が充実してるからなんてことはないですけど。塩鮭、冷や奴、昨夜のおでんの残り。
posted at 04:16:15

昨夜というか、今朝の早朝は珍しく眠れず、朝7時くらいまで起きてたかな。で、起床は11時45分、はい、地震で目が覚めました。晴天、三寒四温の四温目の入り口かな、いくぶん暖かい。
posted at 13:43:00

不治の病にかかってとても苦しんでいる猫の首を絞めて安楽死させる、という大変にヘビーな夢を見た。起きたらなんだか全身筋肉疲労気味で、普段は調子の悪い左側の腰じゃなくて右側の腰が痛い。
posted at 13:48:34

今月25日から5日間ほど、郷里で暮らす父の卒寿のお祝いに合わせた「介護帰省」を予定しているが、丸一日の逡巡の末、無謀にも「長距離夜行バス」で帰ることにした。先ほどチケット予約サイトで予約を完了。

「長距離夜行バス」の利用を思いついたのは、一昨日の新聞に関連記事が出ていたことによる。第一義に「安い」ということ。新幹線の半額以下、飛行機チケット(割引チケットでもこのシーズンは高め)+空港からの運賃の3分の1以下、僕のような経済的に余裕のない人間の長距離移動手段としては最適だ。

が、「長距離夜行バス」というのはいまだ未経験で、かなり過酷な旅程だと聞く(今回は新宿からおよそ14時間強乗車予定)。その辺は僕の好きなテレビ番組「水曜どうでしょう」で想像できる。でも、乗ってみようかな、この歳で初チャレンジもいいかもしれない、と思ったんですね。そんなわけで。

それにつけても、新幹線の料金の高さには納得できない。飛行機のような大幅な割引制度もなく、せいぜい往復運賃の1割引くらい。僕の場合、郷里まで4時間半の旅程で往復ほぼ4万円。それで「のぞみ」には旅情なんて、とてものぞめないし。
posted at 18:47:12

2011年03月10日(木)
このところ、三寒四温ではなく五寒二温くらいだな、明日は寒いそうだ。本日ちょこっと腰痛につき、早めに朝まで直行深夜バスに乗車することにするする。メンチカツ、コロッケ、キャベツサラダ、ワカメと豆腐の味噌汁、玉子かけごはん。
posted at 01:54:20

4時就寝11時半起床。そこそこ晴天。夢に坊さんが現れて、後を向いていたが、僕はその坊さんが空海であることを知っていた。で、彼に何か食べ物を差し出しながら「食うかい?」と言葉をかけるギャグを思いついたが、食べ物を持っておらず、どこかに食べ物がないか探していた、という。
posted at 12:53:35

「……」。老猫はうっすら目を開け、何か言おうとしたがわずかに頭(かぶり)を振って、また目を閉じた。浅い春の日だまりで、ぼろ雑巾のようにうずくまる老猫の見る白昼夢。Lovin' Spoonful - Daydream 
posted at 13:24:27

2011年03月11日(金)
楽譜浄書作業&階層化した机上整理。ブリ大根、ほうれん草とソーセージの炒め物、野菜スープ。食後に甘納豆。コシノ チョウシ イマイチニツキ ハヤメニ ネルトスル。
posted at 03:01:32

5時就寝11時45分起床。晴天。だいぶ暖かい。なし崩し的にモチベーションが喪失してきた「カロリーをちょっと気にするだけ」ダイエットだが、久しぶりに体重を計測、予想通りの(中幅の)増加。「小太り爺さん」の道を着実に歩んでいる。
posted at 14:00:15

「ジムに行ってくる」とオクさん。おばあさんはジムで脂肪消費に、おじいさんは事務で脂肪を溜める。
posted at 14:11:08

まだコートを羽織って室内履きを履いております。こちら神奈川中部は震度5弱、CD棚からたくさんCDが落下したくらいで、僕のところはライフラインは問題なし。電話が通じないのが何とも歯がゆい。東北、北関東方面、被害が拡大しないことを祈るのみ。
posted at 19:10:16

2011年03月13日(日)
終日テレビ等で情報を追う。何本か電話を受けたり、電話をしたり。被災地域の明日は晴天、やや気温も上昇するとの予報、せめてもの吉報。
posted at 02:34:50

4時就寝10時起床。晴天。二夜開けて、ようやく再会できた家族、夫婦の映像のいくつかをテレビで。もらい泣き。
posted at 12:19:30

取り残された家屋から救出された年配男性、「チリ津波も体験した。また再建しましょう」と笑顔で。敗戦に至る大空襲、2度の被爆、多くの自然災害体験を通じて、復興、再建してきた日本の昭和史を体現するような言葉。
posted at 12:37:44

0 件のコメント: