2011年3月30日水曜日

WeeklyTwitts 2011 (3.21~3.24)

2011年03月21日(月)
深夜煙草を買いにコンビニまで。妙に生暖かい風が吹いていて、少し気持ちがそぞろになった。月は出ていても街は暗く沈んでいるかのよう。そこそこシゴトをしたが、あまりはかどらなかった。キムチ鍋
posted at 04:03:25

以前からダイエットに最も効果があるのは「心痛」だと思っていた。シャワー後体重測定は測定を始めて以来の最軽量。「被災者の方々に比べれば」という気持ちはもちろんあって、計画停電以外にさしたる日常生活に不便のない僕ごときが弱音を吐くべきではないと思うが、軽微ストレスも積もれば山となる。
posted at 15:03:38

週末の帰省の際、特養に入所中の母を病院に連れて行くことになり、そのための介護タクシーをこちらから手配した。老いた両親が暮らすケアホームと特養は被災地から遠い本州西端なので、これには幸運を感じる。被災者に老人が目立つ。人生の終末期になにもこんな、と胸が痛む。
posted at 15:14:17

90年代半ば、不登校や学級崩壊の問題が浮上したとき、マスコミはこぞって学校側の責任を追求した。僕は小さな、学校とも言えぬようなようなフリースクールのようなところで授業を持っていたが、学級崩壊のような問題は、社会全体(家庭、地域等)の複合的な要因から来るものだと実感していた。

学校ばかりを責めるマスコミ論調が多かった中、マスコミに対して「現場を見たんかい?」という憤懣を持った。今回の大災害関連についての報道の姿勢については、すべてがそうではないけれど、全体的に人間としての奥行きの足らない多くの輩が「報道」に携わっているように思う

また、そういう資質の多くの人間が政界、官界、名指しすれば「東電」等の組織のトップにいることは日本の不思議。
posted at 15:38:21

2011年03月22日(火)
88年にロサンゼルスでそこそこ大きめな地震を体験したとき、当時飼っていた猫三匹は地震発生直後からいなくなって、最初に泰然自若系のヨーダ、次に普通猫ニンニン、と一日以内で帰ってきたけれど、でかい図体のわりには気の小さいマックは三日くらい帰ってこなかった。

そのマックをオクさんと毎日探し回って、家のすぐ近くでびびってうずくまっていたのを発見。今回の震災報道で被災者の犬に関する情報には何件か触れたが、猫についてはどうなんだろう。04年の新潟県中越地震では取り残された家屋に残っていた猫(チャグ)と被災者の4か月ぶりの再会の話があった。
posted at 03:50:36

夜と朝の間のこの時間、雨がしとしと降っている。人生は「やれやれ」と「さてさて」の日々の積み重ねだろうけど、今回のとてつもなく大きな「やれやれ」には、かなり気合いの入った「さてさて」を繰り出さねばなるまいね。キャベツとソーセージの炒め物、ブロッコリーの酢味噌和え、味噌汁、納豆。
posted at 04:20:00

6時就寝11時起床。小糠雨というのか、冷たい小雨模様。僕の地域の午後からの計画停電は回避。テレビ、ウェブ等で震災、原発関連情報をチェック。地震発生からしばらくの、ある種「高揚感」も失せ、どんよりとした鬱っぽい感情が心を占めるようになった。天気のせいもあるな。
posted at 14:47:53

「計画停電は愚の骨頂」という意見も散見する。(大前研一ライブ579:http://bit.ly/fQ8ifi)国、東電に対し、批判するのは簡単だが、他の良案も検討されるだろう、という期待は持ちたいよね。子どもなんかも厳しく叱るより、期待して誉めて伸ばす方が効果があると思うし。
posted at 15:07:11

君たちがやってきた今までのことは、今回いろいろ知って、相当ガッカリしたけどさ、もういいよ、責めないよ。だから、反省してさ、心を入れ替えて、これからのこと、しっかり頼むよ。なあ、トーデン君。
posted at 15:12:30

2011年03月23日(水)
震災発生以来、喫煙本数が増加。昨年秋ごろからの減煙努力もしだいになし崩し的になってはいたが、一日一箱以内というのはキープしていた。が、ここのところは一箱半くらいに。茨木産ほうれん草よりはずっと「健康を害するおそれがある」煙草を何十年も吸い続けている身としては風評は屁とも思わない。
posted at 01:49:54

戦後復興のようなわけにはいかないでしょうね。すでに「三丁目の夕日」のような、ある意味ナイーブな夢や希望は持ち得ないだろうし。成長至上主義を排除し、国民総幸福を国政の基本指針とするブータンのような国を目指すか。それにつけても「バブル」はうたかたであった。カレーライス。
posted at 02:07:00

4時半就寝11時起床。7時ごろの2度の地震(神奈川中部は震度3)で目が覚めたが、情報をテレビで確認した後、再度少し眠れた。どこかに旅に出るのだが、持ってゆくべきものをなにもかも置き忘れていたことに気づき、なぜ俺はいつもこういうふうに抜け作なんだ、と歯がみするような夢を見た。
posted at 14:18:33

昨夜は未定だった僕の地域(第2G)の夕方から夜にかけての計画停電は回避、明日の夜から帰省の予定だが、まだ準備をしていない(直前にならないと準備ができない体質)ので、助かった。ロン毛おじさんとなっている僕だが、これから久しぶり(10か月ぶり!)に髪を切りに行こうと思う。
posted at 15:07:59

2011年03月24日(木)
髪を切った。ロン毛アイデンティはとりあえず返上。「若くなった」とオクさんには好評。夜ばたばたと帰省準備。K君から電話、「そのまま、田舎に住んじゃえば?」と。いや、だから、「脱出」じゃないんだって。肉豆腐。
posted at 03:28:02

さて、これから校了した本の監修をしていただいた赤羽にある発達障害クリニックの先生に会いに行く。その足で新宿から一路、帰省先下関まで長距離バス14時間デスマッチの旅。行って参ります!
posted at 14:54:13

0 件のコメント: