2011年3月16日水曜日

WeeklyTwitts 2011 (2.28~3.6)

2011年02月28日(月)
H氏とミー痴ング@町田、昼下がりのファミレスでジョッキ生×4、河岸を変えようと、以前行ったことのあるハイボールバーを探すが、お互い方向音痴&ほろ酔いで、町田迷宮小道を彷徨い、タイ屋台ライクの飲み屋にふらふらと入店。僕は悪魔の酒「メコンウィスキー」を×2。談論風発、女子高生の如く。

町田迷宮小道にあったタイ屋台を出て、H氏と駅に向かう途中で帽子を忘れてきたことに気づき、H氏に別れを告げ、タイ屋台にきびすを帰すが、今さっき出てきたタイ屋台がどこにあったのか、わからなくなってしまった。その店もあの迷宮小道も忽然と消えてしまったかのようだった。

店を出てから50メートルも歩いていない。入ったときからタイの歌謡曲がひゃらひゃらと流れていて異空間な雰囲気だったが、本当に異空間だったのかと、狐に包まれたような気持ちになったが、その周辺をぐるぐると周り、結局人に聞いてようやく探し当てた。それくらい僕は方向音痴だ。

町田迷宮を抜け、駅に再度向かおうとしたが、「長浜ラーメン」という看板が目に入り、てっきり本場の九州ラーメンの店だと思い、入店。食ったら豚骨醤油の魚介系スープで、麺も普通の縮れ麺だった。煮干しの風味も生臭く、スープは妙に舌にざらざらとして、久々のまずいラーメンで、とても残念だった。
posted at 03:04:04

雨が降っている。昼間はあんなに良いお天気だったのに。Rainy Days and Mondays always get me down. あと、お金を出して不味いものを食ったときもね。
posted at 03:25:41

5時就寝12時起床。よく寝たす。雨降り。しょうがない、雨の日は。過去動画ですが。
posted at 14:07:13

僕にとって九州ラーメンとは、豚骨白湯ストレート細麺、ほのかな獣臭(慣れると香しい)、トッピングは紅ショウガ、胡麻、青ねぎ(関東白ネギは不可)、焼き豚。器は小ぶりの丼、替え玉あり。これ以外は「九州ラーメン」と呼称されるべきではない。

ああ、キクラゲの細切りもトッピングとしてよろしい。油で炒めた高菜が載っているのもよろし。フライドガーリックを載せるのは熊本ラーメン、個人的にはこれが一番好き。
posted at 15:06:14

2011年03月01日(火)
ディランの恋人だったスージー・ロトロさんが先頃亡くなったことで、あのジャケットがまた注目されてますが、僕が描かせてもらったこの本の表紙絵はあのジャケットの引用でありました。モデルは若き日の本田信介氏(元はちみつぱい)。

ああ、またやっちゃった。本田信介じゃなくて、本多信介。間違えると本人から怒られちゃう。関連ブログ記事
posted at 02:00:14

昨夜食べた不味いラーメンと、よせばいいのにまた飲んでしまった「悪魔の酒」メコンウィスキーの後味の悪さがずっと残って今日はちょっと不調だった。が、飯食って直った。かき揚げトッピングのうどん、焼き豚とキャベツのサラダ、ご飯
posted at 02:30:37

5時就寝11時半起床。曇天の霹靂、げ、もう3月かい? Time waits for no one. だねえ。だよ。
posted at 14:41:29

今にも泣き出しそうな空模様だったが、堪えきれず涙が滲むように小雨が降り出した。図書館に行こうと思っていたがパス。
posted at 17:13:06

2011年03月02日(水)
だいぶ前に「facebook、ふーん」というのがあって、とりあえず登録だけしておいたのをちょっと更新していたら、懐かしい人からメッセージが来た。さらに懐かしい人もちらほらと見つけることができたが、「〜さんと友達になりました」とお知らせされるのがちょっと恥ずかしうござる。
posted at 02:44:05

薄ら寒い3月場所初日となった。気を持たせつつ、じれったくさせつつ、出し惜しみのテクニックに長けた女のようだな、春というやつは鶏のフリッター、キャベツのサラダ、豆腐とワカメの味噌汁
posted at 03:37:55

5時就寝11時半起床。眠りの国のドアチャイムが何度も鳴っていたのを夢うつつに聞く。オクさんはいないようだ。しつこくドアチャイムを鳴らすのは郵便屋さん。わかっていた。普段音楽を鳴らして仕事をしているから、チャイムが聞こえ辛く「すみませんがしつこく鳴らして下さい」と頼んだことがある。

しかし、ドアチャイムの音は眠りの国の門の外、門を開けるまでには至らなかった。郵便屋さん、ごめんよ。
posted at 13:43:25

「起源に帰結するというのは自然の摂理にゃ。今、彼の地で起きていることは大きな新しい始まりのほんのイントロ1小節」と老猫は言い、こっくりと頷いた。Salif Keita - "Africa"  
posted at 14:07:43

今朝起きたら、部屋に生乾きの洗濯物が干されていた。オクさんは仕事に出かけていない。普段めったにそんなことはやらないが、天気も悪くないようなのでベランダに干し直した。いや、日頃の甲斐性なしの罪滅ぼし。で、今は止んだが、先ほどいきなりざーざーとみぞれ混じりの雨が降った。

図書館からの帰り道、自転車に乗っていた僕はずぶぬれ。帰宅したらベランダの洗濯物もぐっしょり。「洗車をすれば雨が降る」というのはマーフィの法則。僕が「洗濯物を干すと雨が降る」というのは普段やりつけないことはやらんでよか、という神様のお告げ。家事をやらないことへの今後の弁明にしよう
posted at 16:10:16

2011年03月03日(木)
夕食は、鶏の手羽と玉子、キャベツ、にんじん、玉葱に酢を加え、醤油で甘辛く煮たヤツ。ウチのオクさんがよく作る料理で、初めはまあまあおいしいかな、と思っていたが、だんだん飽きてきた。しかし、そういうことはなかなか言えない。それとカボチャとマカロニのサラダ、これも以下同文。

料理を作ってくれる人がいるだけでも感謝すべきなのに、「なんとぜいたくなことを抜かす」という声が聞こえる。仰有るとおり。しかし、そのとき食べたいものをコンビニなんかで買って食べる、という独身食生活が羨ましく思うのも正直なところあるんだな。わかるよね。

以前、占いの得意な知人からあなたは結婚してなきゃ、とっくに病気になって死んでます」と言われたことがある。「どんな病気?」と聞けば、「栄養の偏りからの生活習慣病」だと。確かに、ジャンクフード、好きだしなあ。ということで、ホントはオクさんに感謝しているということで、今日のところは。
posted at 03:11:26

「考えてみれば」と老猫は好物の煮干しをぼりぼりと食べながら言った。「食べることも罪深い行為だにゃ。この小魚だって食べられるために生まれてきたのではなかろう。でもうまいもんは仕方にゃい」 Randy Newman - Guilty 
posted at 03:29:40

6時就寝12時起床。今月末に帰省の予定で、そこは(極端に)早寝早起きの国。つまり老人たちが起居するところ。だから、少しずつ早寝早起きにシフトしようと思っているがなかなかできない。
posted at 15:30:28

朝日朝刊トップに例の「ネットカンニング」の「犯人」特定の記事が踊る。白抜き横大見出し+4段見出しにする記事かね。うすうすはわかってはいたが、人間性の奥行きに欠ける「何様?」という人物がこういうマスコミの上層にいることを感じるね。
posted at 15:47:17

僕は長い間、ボーダー児と呼ばれる生徒たちが集まる小さな学校で授業をやっていたが、カンニングはときどきあって、彼らのやることだからすぐに露見した。大抵は隣に座った子の答案をのぞき見るというシンプルな方法。それを可能にする机のセッティングなど、こちらにも非がある。

まあ、ごく「牧歌的」な試験のやり方だったが、カンニングを見つければ、「悪いことは悪い」としっかり指導しましたよ。でも、試験の結果なんてどうでもいいような生徒が多かったので、ある意味「良い点を取りたい」という「向上心」を感じて、それはそれで内心、ちょっと「評価」したり。

少人数だったから、どの生徒がどの程度、授業内容を理解しているのか普段の授業でもわかっていたので、試験はひとつの「イベント」としてやっていた感がある。それでも緊張感を伴った集中して考える機会を生徒に与えるという意味で、試験をやる意味はあったと思う。試験問題、作るの好きだったし。

あるとき、H君という子が、カンニングペーパー(3ミリ四方くらいの文字で小さな紙片に予想解答をびっしり書き込んでいた)を試験中に隠し持っていたことが発覚。ウチの学校でそういうことをしたのは後にも先にも彼ひとり。内心、めちゃくちゃ感心しながらも、当人には厳しく注意はしたけれど。

後日、H君のお母さんとの面談の際、「正直、感心しましたよ。あれだけ書き写すのは本人にとっても勉強になったでしょう」と笑いながら語れば、お母さんも「私も厳しく叱りましたが、あれで、けっこうずるがしこいところあるんですよねえ」と笑いながら。まあ、牧歌的な学校でした。

ウチの学校で前代未聞のカンニングペーパーを作ったH君、自閉傾向があった。障害者合同就職面接会で「ときどき、ちょっとだけ残業がありますが、それでも働きたいですか?」と面接官に聞かれ、「それは困ります」とはっきり言った。残念ながら就職は果たせなかった。
posted at 17:20:09

2011年03月04日(金)
夕食は、鶏のつみれ鍋。具材は他に、白菜、しいたけ、シラタキ、竹輪、うどん、餅、等。「等」というのは、他に甲斐性なしの夫を持つ妻のそこそこの愛情というのも鍋の味に含まれていたかな、と思うからです。
posted at 03:31:43

「叶わぬ恋をしたこと? ああ、そりゃあったさ」と老猫は遠くを見る目をして言い、「老いた者が秘める若い頃の恋の葛藤の記憶は、それが叶わなかったからこそ永遠になるんにゃ」と続けた。Carrickfergus-Van Morrison 
posted at 04:14:29

5時半就寝12時起床。晴天but気温は低め。過去のことを思いだそうとすると、なぜ静止画としての記憶しか取り出せないのだろう。「あの時のあの時間帯の僕」という5分くらいの動画がYouTubeにアップされていればいいのに。
posted at 13:10:42

2011年03月05日(土)
机に向かって長文が読めない体質故、4月刊行予定の発達障害関連本、再校の素読みを@炬燵で。何度も読み返した文章だから、さすがに飽きてしまって身が入らず、また炬燵読書にありがちな読みながらのうたた寝もあったが、それでもいくつかのミスを発見。この期におよんでのミス発見はけっこう嬉しい。
posted at 04:13:01

深夜過ぎ、件の本のカバーの袖の紹介文、オビ文面などの編集案がちょっとしっくり来ず、アレンジ案をメール送付。僕は人の意見に唯々諾々に見せて、実はそうでもない。しかし寒いな、明日からは少し暖かくなると予報では言っているが。鶏のフリッター、キャベツのサラダ、冷や奴、生シラス、味噌汁
posted at 04:34:42

6時就寝13時起床。春眠昼すぎを覚えず。晴天、昨日よりはいくぶん暖かいか。10時半頃、チャイムの音が眠りの国の彼方から聞こえたが、今日はオクさんがいると思ってうっちゃった。郵便屋さんだったが、オクさんは散歩に行っていた。いつも手間を取らせてすみませんね、ミスター・ポストマン。

なので二度寝して、嫌な夢を見た。生活破綻者になって空き家に無断で住みつくという夢。「ここは空き家のはずだけど」と隣人の男(黒縁眼鏡をかけた知らない男)の訪問を受け、詰問されてうろたえるワタクシ。このところ、セルフエスティームが低下しているワタクシ。
posted at 16:17:27

2011年03月06日(日)
マイ・フレンド、のだっちとちゅう君のライブがあるというので、いつもよりちょっと早めの夕食(中華風あんかけロールキャベツみたいのと味噌汁)を済ませ、我が心のパラダイス、中央林間「パラダイス本舗」へ。新年ドドスコディスコパーティ以来、ご無沙汰しておった。

シンガーソング・イラストレーター同志、イサージくんの歌やよーすけさんのゴキゲンなギターも聞けたし、リエちゃんの誕生日だということで、お店は和やかに盛り上がり、ライブもとても楽しうござった。ホント、あそこはいつ行っても楽しいところ。僕もちょこっと歌ったぞな。

で、お店に来ていたふーちゃんという女性(独身)とずっぽり意気投合したんですね。お互い初めて話したんだけど、なんかすごく盛り上がったな。ふーちゃん、生ビールぐびぐび、煙草スパスパ、笑顔が可愛くて、いい感じだったな。ふーちゃん、83才だけど。僕はばあちゃんにモテるタイプだと思う。

ふーちゃんは3年前に大好きだったダンナさんに先に逝かれて、今は一人暮らし。パラダイス本舗はふーちゃんにとっても心のオアシス。「ここはホントにいいところ、集まってくる人たちもみんないい人」と。83才のおばあちゃんと「生活の柄」を歌いながら、友達になれるロック酒場は他にありますまい。
posted at 03:23:49

5時就寝12時起床。そこそこ良い天気だがそこそこ寒い。起きてふと、昨夜ゆみこちゃんと話した「2月29日生まれの人は4年に一度しか誕生日がないのか」という話題について調べたりした。僕は出生届けを3月1日とかにずらすのじゃないかと思っていたが、現在ではそういうことをするのは違法だと。

誕生日というのは「前日の24時に1歳加齢する」ということになっていて、つまり2月29日生まれの人は2月28日24時にオフィシャルに年を重ねるわけですね。年齢が4分の1になることはもちろんないわけで。で、誕生日会とかは2月28日にしたり3月1日にしたり、という感じみたいだ。

2月29日生まれの人は、だからそれなりにたくさんいるわけで(僕は出会ったことはないけど)、原田芳雄とか赤川次郎がそうみたい。まあ、人から覚えてもらいやすくて悪いことはないように思う。

僕の父の誕生日はずっと10月12日だったが、いつ頃からか(本当は)3月12日ということになった。それは、祖父が早生まれの父を小学校に入れる際、ハンデを感じて誕生日を故意に10月に変え、本来であれば一学年下の学年に入れたことに由来する。

それを父が正したのは比較的近年、子どもの僕は父の誕生月を10月だとずっと思っていたが、父の誕生日はオフィシャルには3月12日ということで決着はした。今月の12日、父は卒寿(九十才)を迎える。
posted at 14:49:32

0 件のコメント: