2010年3月20日土曜日

“I ONLY LIVE TWICE”

というのは、あのフォークルの「帰ってきたヨッパライ」の英語タイトルだと。「007は二度生きる」、仏教的死生観も盛り込んであるというのは仏教系大学出身の加藤和彦らしい



シゴト関連で、昨年秋自死した加藤和彦についていろいろとウェブをあたり、写真資料を集めたり、音源を集めたりする日々だった。

↓追憶 加藤和彦とフォークル
http://www.youtube.com/watch?v=nRIVrcRCFVc
http://www.youtube.com/watch?v=4F2Mz2lTaGg&NR=1

僕は正直なところ、加藤和彦にはそんなに思い入れはないが、フォーク・クルセダーズはけっこう好きだった。「帰ってきたヨッパライ」については、あのテープの早回しを使ったホンキートンクなイントロ(加藤和彦の12弦ギターによるもの)から始まるコミカルな歌(「シャボン玉ホリデー」ライクなユーモアセンス)はお調子者の中坊だった僕の心をぐっと掴んだもんだ。

アマチュアの大学生の自主制作盤が何かの弾みで注目を浴びて、結局280万枚のセールスを記録したという事実は、今さらながら「ひとつの奇跡だなあ」と思うし、ある意味、日本で起きた「バース・オブ・ビートルズ現象」という感じがする。

「ヨッパライ」に続く「イムジン河」が発禁になったり、その代わりとして急遽リリースされた「悲しくてやりきれない」は、加藤和彦が東芝音工の社長室に「軟禁」されながら、「リアルタイム(歌の実際の長さ)」と同じくらいの時間で作った(イムジン河のメロディを逆に辿った)とかの逸話もビートルズっぽい。影響力のわりに活動期間が短い(たった1年弱)とかも。

何十年ぶりかで「ヨッパライ」を何度も聞いて、なかなか良くできているなあ、と感心した。少なくとも当時のアマチュアの大学生(まだ20歳前後だよねえ)が何人か集まり、その辺にある機材(英語学習用のオープンリール・テープレコーダー)を使って、おもしろ半分に作ったにしてはかなり完成度が高い。加藤和彦は音楽的才能とプロデュースの才能に溢れた人だったんだなあ、と思う。

これがヒットした1967年ころ、僕は中学3年生で、僕の場合、高校に入ると途端に「灰色の青春」になってしまうので、思えば人生において心底お気楽だった時代の最後の思い出の楽曲のひとつだ。そんな時代も懐かしい。

加藤和彦の使用ギターについてもいろいろと調べた。彼はギブソンも弾いていたが、やっぱりマーティンの方が「らしい」。彼のアイコン的なギターというとやはり死ぬちょっと前にシグネチャード・モデルが出たスロテッド・ヘッドで12フレット・ジョイント、ノーピックガードのD45S(280万円!)か。

フォークル時代に、やはり、スロテッド・ヘッド、12フレット・ジョイント、ノーピックガードの00系、「ニューヨーカー」らしきギターを使っていた。その辺が彼のこだわりなのだろう。
(↓この番組でそのどちらのギターも登場する。)
http://www.youtube.com/watch?v=TUmXdC6CaRk&feature=related

坂崎幸之助とのユニット「和幸」ではウクレレも弾いていた。こちらもYouTube動画があり、坂崎幸之助が弾いているのがマウイの8弦ウクレレ、加藤和彦のはメレのソプラノか。
http://www.youtube.com/watch?v=5sew54ZnVoA

吉田拓郎が加藤和彦について語っているラジオ番組の音源もあり、彼のギブソンJ-45は加藤和彦が見繕ったものだたいう逸話とか、こちらも興味深かった。
http://www.youtube.com/watch?v=-KJbkcUSnno
http://www.youtube.com/watch?v=sQTSfthX2DE&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=aUpXsOIHAE0&NR=1

2010年3月15日月曜日

猫町Jive-Live! ★無事終了★

猫町Jiveライブ@中央林間パラダイス本舗 on 3月13日、無事終了しました。来てくださった方、サンクス・ア・ロット。

当日セットリスト
一部
1.ロンサム・ロード
2.Such A Night
3.生き方の基本は猫に学べ
4.猫町ジャイブ
5.I'll See You In My Dreams
6.終末のタンゴ
7.Mr. Bojangles
8.For You Blue〜海と男と女のブルース

二部
1.ラブハンター(Vo.石井啓介)
2.バナナボート(Vo.フジタヨシコ)
3.朝の雨(Vo.野田タカスミ)
4.陽のあたるところへ
5.デンデンムシノカナシミ
6.スマイル
7.少年
8.Dっち
9.Iko Iko〜バン・バン・バン

昨年4月に”Paradise Cats”としてデビュー、”猫町Jive”にシフトして約一年、ぽつぽつとライブを重ね、再度「デビューの地」、パラダイス本舗でライブを終え、一区切りがついた感じがあります。

「ずっと鬱だった」というライブに来てくれた友人のひとりが、「でも、昨日のライブで救われたよ。元気が少し出てきた」というメールをくれました。嬉しい言葉でした。

「芸術というものは何の役にも立ちはしない。しかし、生きる上で必要なものである」(by吉本隆明)という言葉があります。僕らがやっているライブを「芸術」だという認識はありませんが、僕自身が演奏すること、歌うことは生きる上で必要だという思いがあって、拙いながらそれが聞き手に伝わるということが冥利という気がします。

こうした言葉を、聞いてくれた方からもらうことが演奏していくモチベーションになります。今後も自分たちが「かくありあたい」という理想の音を目指してこつこつと前向きにやっていきたい、と思っています。

今後ともよろしくお願いします。


*来られなかったみなさんのために、友人が撮ってくれた動画を以下にアップします。









2010年3月12日金曜日

猫町Jive-Live! ★明日です★

いやあ、春めいて参りました。
心うきうき春咲小町猫町。
そうだ、ライブに行こう! 
というわけで、猫町Jiveライブ@中央林間パラダイス本舗、明日に迫りました。

今回はいつになく腰の調子がよろしい。
歯医者通いも完了した。
トリプルアクセル&4回転ジャンプも決まるかも知れない。
もう、たっぷり、やっちゃいます。

どうかひとつ、よろしくおねがい申し上げます。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
猫町Jive★ Live@中央林間●パラダイス本舗

■日時:3月13日(土)Open:17:00/ Start:19:30(2ステージ)
■場所:中央林間「パラダイス本舗」(http://www.niginigi.jp/
大和市下鶴間1541-5 〒242-0001
Tel/Fax 046-274-3948 
★小田急線、田園都市線 中央林間駅 徒歩 6分
スーパー サミットを過ぎてクリーニング屋さんと新聞屋さんの間
*地図は画像参照

■料金:投げ銭

猫町Jive are:
山下セイジ (Vo.&Ukulele)
野田 高澄(Guitar, Mandolin & Vo.)
石井 啓介(Accordion & Melodica)
フジタヨシコ(Bass & Vo.)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
猫町Jive(ex-Paradise Cats)の過去ライブYouTubeサイトはこちら。
http://www.youtube.com/hottaheru?gl=JP&hl=ja

2010年3月11日木曜日

イヌイットの生活もFinaleか


基本的に明け方にベッドに潜り込み、昼頃起床という生活パターンだが、ここのところさらにずれ込み、昨夜、いや昨朝はオクさんが起き出す8時過ぎまで起きていた。同居すれ違い夫婦。

極北に居住するイヌイットは昇りっぱなしの太陽と沈みっぱなしの太陽をシーズン単位で体感するので、普通の人間が一日単位で体感する朝と夜という生活概念がないのだそうだ。だから、早朝もなければ深夜もない。お昼時もなければ黄昏時もない、ということですね。

それでもシーズン単位で寝起きすることはできないので、好きなときに寝て、好きなときに起きると。で、人間の体内時計周期は25時間くらいと言われるから、まあ、そんな感じで暮らしているとだんだんずれ込むわけですね。

カレンダー上の昨日、今日、明日、というのも意味を成さなくなる。目が覚める前に過ごした日、目が覚めた後に過ごした日、次に寝るであろう後にやってくる日、という感じか。それでその一日は、一日中昼間か、一日中夜なわけです。

人と約束するのは大変だ。

「じゃあ、次のミーティングは、私と君がこれから七回寝起きを繰り返した直後にやろう」
「でも、あなたと僕では体内時計の個人差がありますから、七回の寝起きのズレが生じ、どちらかがかなり待つことになるかもしれません」
「じゃあ、ズレが一致する頃にやろう」

となると、ミーティングは何年先になるかわからない。

現代のイヌイットの人々の暮らしがこうだとは思わないが、こんなことを書いているのは、僕のこのところの生活パターンがそんな感じなので。そのうちずれ込んで見事な「早寝早起き」になるかもしれないとか。

そんなよっぴいて何をやっているのかと言うと、Finaleという楽譜制作ソフトを使って譜面の「浄書」の仕事をしているのでした。さして音楽的素養もないのに受けた仕事だったが、音符等の記載はオリジナルの楽譜を参考にすればよく、それはそんなに難しくないけれど、譜面の割付、組段設定、小節数の増減、反復記号の設置、等、「見栄え」の問題で大変に使いづらいソフトであることが判明、ひと言で言えば「直感的」ではない。それでも格闘約一週間、おおよそこのソフトに関してはクリアした感じがある。

ウィキ「フィナーレ」解説:http://ja.wikipedia.org/wiki/Finale

このソフトが、グラフィック系のソフトを使って譜面を浄書するのとの決定的な違いは色々あるが、完成した譜面をMIDI音源で鳴らせるところが大きなポイント。音符、休符や反復記号の打ち間違えがあるとすぐに分かる。慣れてみるとなかなか面白い。

今さらだが、譜面というのはよく考えられてできているなあ、と感じた。音という実体のない波動のようなものを紙に書き写すという発案、発明は考えてみれば凄いことだなと。レコーディングという技術がない時代は音楽家にとっては必須な技能だったろう、譜面の読み書き。

僕なんか、ひとつの曲を覚えるのに基本的に「耳コピ」だから、歌詞とコードさえあれば良かったが、バンドなんてやるとある程度、曲構成なんかを譜割りしたり、バンド間コミュニケーションで多少の音楽的な知識は必要になる。そういう意味でだいぶ勉強になりました。

でも、譜面はあくまで道具、手段であって、譜面の読み書きが堪能であれば素晴らしい曲が書けるというわけでは、当然ない。ビートルズだって、ストーンズだって、ボブ・ディラン(たぶん)だって、スティーヴィー・ワンダーだって(これはちょっとあれだけど)、多くの凄腕のロック系、フォーク系のミュージシャンで譜面が読めない人はたくさんいる。ブルーズ系ミュージシャン・シンガーは言わずもがな。だからこそ(つまり、正規の音楽教育を受けてないからこそ)ユニークな音楽を創ることができたとも思える。

まあ、そんなことで、Finaleと格闘した日々もようやくフィナーレを迎えたということでした。

2010年3月10日水曜日

歯医者通いオーラス&傘の取り間違えアゲイン


火曜日は歯医者の日。

夕刻、降りしきる雪の中を歯医者まで。やや距離があるところなので、傘指して自転車で行くか、徒歩で行くかちょっと思案したが、めちゃくちゃ寒かったので徒歩で行くことにした。雪中行軍、大嫌いな歯医者への道筋、さだまさしの「海は死にますか〜」という「八甲田山」のテーマソングが脳内BGMとなる。

前回、ようやく左上奥歯に「三連銀歯」がめでたく入り、右上奥歯も三連銀歯なので、微笑めば銀歯こぼれるおじさんとなった。で、今回はウェイティング虫歯の治療。

痛みも何にもない箇所だが、これまでの経験からあと二、三回通う必要があるかと思っていたところ、ガリコリ数分、あっさり治療終了、「これでとりあえず全部治療しました」と医者から告げられた。昨年晩秋からの歯医者通いのオーラスとなった。

人に言えた義理ではありませんが、虫歯は(も)「早期発見、早期治療」が良いようで。僕は身に染みて分かっているのだけれど、虫歯はほっておいても治らない。こと歯に関しては近年話題の自然治癒、ホメオパシーやらの類は効果がないように思う。

帰宅後、やれやれ、やっと歯医者通いから解放されたなあ、としみじみ感慨にふけっていると歯医者から電話あり、「傘を間違えて持っていかれたのでは」と。僕の後に入ってきた患者から言われたらしい。

指摘されて持ち帰った傘(ありきたりのベージュ色の傘)を見ると、似ているが確かに違う。歯医者を出てから帰るまでまったく気がつかなかった。僕に傘を間違えて持っていかれた人はとりあえず僕の傘を差して帰ったので、「都合のいい日に傘を持ってきてください」となった。その方は次の予約日に僕の傘を持ってくる、と。

似たような傘で、しかも僕の持っていた傘の方が少し上等かなと思えたので、その方も「交換」ということで納得してくれれば良かったが、愛着があるのだろう。元々、間違えた僕の方が悪いのだけれど。

それで、はたと思い出したのだが、以前も同じような傘の取り間違えをやらかし、それも同じ状況下、同じ歯医者での取り間違えだった。以前、日記にそのことを書いたのだった。

で、今回取り間違えられた方と前回取り間違えられた方と同一人物かも知れない、とふと思った。場所は同じ歯医者だし。というのは、僕が今回取り間違えて持ってきた傘は、僕のオリジナル傘(オクさんが買ってくれた傘)に似ているように思うから。

そうなると、巡り巡って元のサヤ、ということになりはすまいか、と考えたが、取り間違えられた方が「戻して欲しい」と言うので、それはないだろう。

僕のものは君のもの、君のものは僕のもの、という美しい共同所有の概念が、この世知辛い世の中において、傘くらいにはあってもいいのではないか、と思った。自転車とか(それはまずいか)、配偶者とか(それはもっとまずいか)。


画像:こんな傘であれば取り間違えることはないと思う。