2010年12月3日金曜日

中原中也の曲&ライブ告知



明日のパラダイス本舗でのライブで何をやるか、けっこう迷った(まだ若干迷っている)。今回は猫町Jiveではなく、一応ソロ(バンドメンバーのノダッチに少しサポートしてもらう予定)ということで、このところ復活してきたギターを弾こうかな、とはぼんやり思っていた。

それで、ちょっと前、音源をアップした「さかな」(http://twaud.io/qpgd)が(ごく狭い)周囲に好評だったので、この際、この大昔の曲もやってみようかなとかも思っていた。

で、どうせ大昔の曲をやるのなら、もう一曲くらいやろうかなと思って、急遽、昨日ちょこっと練習してみたら、コードやら何やらかなり忘れてしまっていたのが、この「詩人の顔〜汚れちまった悲しみに〜わが半生」という詩人・中原中也へのオマージュのような曲。

この前、33年前のライブ音源を「発見」したとき、1974年に出た僕の2ndアルバムを録音したカセットテープも見つけていた。これを聞き返している内に、ふと中原中也のポートレートをウェブで検索したら、とても雰囲気のある画像を拾うことができた。

この曲の「詩人の顔」という部分は、当時持っていた中原中也の詩集に小さく掲載されていた写真に触発されて作ったものだ。「白々と醒めきって/それでいて熱っぽい瞳/ふてくされたように閉じた唇」という歌詞はこの夭折した詩人のポートレートを見たときの印象だった。

36年の時を経て、またこの詩人の顔をまじじと見て、当時21歳の僕がこの詩人の顔に抱いた印象は変わってないなあ、と思った。

この歌は中原中也の顔を背景に流れるべきだと思い、YouTubeにアップすることを思いついたのでした。アレンジは当時、全米公演なんかもやった実績のあった「ブラウンライス」というバンドの惣領泰則さんや江夏健二さん。この曲で洪栄龍さんも参加してます。

ちなみに僕は中原中也と同郷の山口県出身、彼の生誕の地、山口湯田温泉には一年弱住んだこともある。

以前、当時同じ音楽事務所だった中山ラビさんに30年ぶりくらいに会ったとき、「あの時はお互い暗かったわねえ」と言われた。確かに。この曲を聞いて頂ければ、当時の「暗かった」感じが想像できるかもしれません。


というわけで、明日はやや「暗め」のライブになるかもしれませんが、よろしかったら。(初めて演奏するような曲が半分以上、ちゃんとできますか、どうか……)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山下セイジ●ソロ・ライブ@中央林間「パラダイス本舗 」

■日時:12月4日(土)Open:17:00/ Start:19:30(2ステージ)
■場所:中央林間「パラダイス本舗」(http://www.niginigi.jp/)
大和市下鶴間1541-5 〒242-0001
Tel/Fax 046-274-3948 
★小田急線、田園都市線 中央林間駅 徒歩 6分★
スーパー サミットを過ぎてクリーニング屋さんと新聞屋さんの間



■料金:投げ銭
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0 件のコメント: