2010年11月27日土曜日

なんだこりゃ〜?!

いろいろめんどくさいことはありましたが、光回線導入も無事終わり、ネット環境もだいぶ快適になりました。特にYouTubeは最近重くなってイラつくことが多かったが、けっこう改善された感じ。

ところで、一昨日の光ケーブル導入工事の際、クリビツテンギョウすることがあったのでご報告を。

工事の人から、ウチの住居の場合、光ケーブルを部屋に引き入れるのはエアコンダクトから通す方法でやります、と、じゃそうして下さい、と。

この住居に越してきて以来、未使用のダクトがあり、それはプラスティックのカバーで覆われていたんですね。

工事の人が配線準備をしているとき、僕もお手伝いをと思い、そのカバーを開けると何やら灰褐色のものが穴に詰まってるんですね。

こういうダクトというのは何か詰め物をしてるんだなと思い、工事の人に見せたら「普通はぽっかり開いてるんですけどね」と言いながら、「うん? ハチミツの匂いがしますねえ。あ! これハチの巣ですよ」と。

それを聞いた瞬間、去年の夏の終わりの「ハチ騒動」のことが思い起こされたのだった。

ハチ騒動顛末 Part 1
ハチ騒動顛末 Part 2

ハチの巣はけっこう穴全体にびっちりくっついていて、取り除くのにドライバーでこそぎ落とす必要があったが、取り出されたそれは紛うことなきハチの巣、それがアシナガバチの巣であることは確認しなくても体験的にわかるというもの。

僕はあれ以来、ちょっとした「ハチフォビア」になってしまい、生来のクモ嫌いに加えてハチ嫌いになっていたので、巣(もちろん廃棄された巣で「空き家」ではあったが)の除去にも怖気が走る思いだった。

なぜ去年の夏、ウチのベランダに頻繁にハチが飛来し、ベランダの植物に大量に密生していたか(十分に)納得したのだった。(今年の夏はハチの飛来はほとんどなかったが。)

もし、光回線を導入するということがなければこの巣は発見されることはなかったと思うがが、ひょんなことから今年最大の「発見」となったのでありました。

このダクト、外からしっかりとパテで塞いでもらったことは言うまでもない。

カバーを取った状態のエアコンダクト






これが去年の夏の「ハチ騒動」の元凶。

0 件のコメント: