2010年10月24日日曜日

サルビアの花



朝日be on Saturdayに早川義夫「サルビアの花」にまつわる話が掲載されていた。あの狂おしくも切なく惨めな「ストーカーまがい」の歌の歌詞は相沢靖子さんという女性によって書かれたものであった。

ファンであれば当然知っているようなことだろうが、僕は知らなかったんですね。ちょっと愕然としたね。もう、あれは徹頭徹尾オスの歌だと、雌猫を狂おしく求める雄猫の歌だと。あの執着と女々しさは男のものだと(「女々しさ」が男のものだ、というのは変ですが)。だから僕は疑うことなく「サルビアの花」は早川義夫が作詞作曲したものだと思いこんでたんです。

僕がこの歌を最初に聞いたのはヒットした「もとまろ」バージョンだったと思うけど、当時「もとまろ」の3人は女子高生、「*ヤング720」の勝ち抜き歌合戦で歌う曲がなくなって早川義夫には何の断りもなく「サルビアの花」を選んで演奏して、それがきっかけで30万枚ヒットした、と。

*僕がジャックスを初めて見たのもこの番組、♪ぼく、お●になっちゃった〜、テレビから堂々と流れてきたときは当時でもちょっと「おおっ」って感じだったな。あの頃は放送コードも緩かったのだろう。ま、生放送だったろうから流れてしまったらどうにもならんということはあったかもしれない。そんなわけでジャックス・オン・ヤング720はとてもよく覚えてます。この番組のせいでよく学校を遅刻しそうになった。

で、「もとまろ」は一枚だけレコードを出して解散、メンバーのひとりはレコードリリースから30年以上たった2003年にようやく早川義夫の「サルビアの花」をライブできくことになる、と。それで、彼女は歌の凄さに衝撃を受けて「女子高生が歌うような曲ではなかった」と思った、と(確かにね)。

この歌は好きですが、とてもウクレレ的とは言えない。ウクレレでは歌えない歌のひとつ。まして早川義夫のようにテンションを込めてやったらウクレレがばりんと破れそう。やっぱりこの曲はピアノかギターだな。そんなわけでギター「も」弾こうと思っている昨今。

0 件のコメント: