2010年5月16日日曜日

さあ、煙草に火をつけて


先週金曜日の元はちみつぱい・ギタリスト本多信介さんとのジョイント・ライブ@菩南座、無事終了しました。

当日、誠に地味な動員ながら、オールド・バット・グッド、70年代な菩南座空間に「信介ワールド」がぴったりとマッチし、熟成されたチーズを肴に芳醇なオールドワインを味わっているような、しかし反面、ポテチをバリバリいきながら、ビールを飲んでいるような、繊細さとぶっきらぼう、リリシズムと大らかさ、クールとホットが入り交じるまったりと美味しい本多信介の音楽を満喫できた。僕が今まで見た中で一番良かったですよ、信介さん。

今回、僕は「露払い」としてウクレレ一本、ソロでやる予定だったが、遠路はるばる我が「猫町ジャイブ」のベーシスト、フジタヨシコが駆けつけてくれ、急遽のユニット「藤山コンビ」が実現、何曲かコーラス&ピアニカで参加してくれた。ありがとう、よっちゃ。

愛しの猫、ボブちゃんを亡くされて消沈されていた菩南座店主・太郎さんも、穏やかな笑顔を見せてまずまずお元気そうで何よりだった。ボブちゃんはお店の傍ら、小さな露地スペースに春の花とともに埋葬されていた。「墓標みたいなのは立てないんですか?」と太郎さんに聞いたら、「ここは大家の土地だからね……」と淋しそうに太郎さんは言った。元気を出してまだまだバリバリのロック爺さまでいてくださいね、太郎さん。

Jun-chanも来てくれてありがとう。

なにより、この日の収穫は本多信介さんと「藤山コンビ」も加わり、「煙草露地」をセッションできたこと。ぶっつけのセッションだけど、すごく良い雰囲気だったな。動画も撮ったので、本多信介バージョン「煙草露地」を(信介さん、いいよね? と本人に断りもなく)本邦初公開。ついでに、「藤山コンビ」デビュー動画も。







ところで、7月に本多信介さんと「猫町ジャイブ」のジョイントライブが@下北沢で実現しそう。この件の詳細はまた日記にアップします。

さあ、煙草に火をつけて、火曜から介護帰省に参らねば。

0 件のコメント: