2010年4月27日火曜日

ジョウロ君

3月の終わり頃に、絵コンテというか、TV用ストーリーボード・イラストの依頼があった。動物園にくちばしがぽっきりと折れてしまったコウノトリがいた、と。鳥はくちばしが折れると補食が困難になり、やがて死んでしまう、と。そこで獣医さんの機転によって「ジョウロ」の注ぎ口を、そのコウノトリの「義嘴(ぎし)」として取り付けるという「手術」を敢行、手術は成功し、そのコウノトリは生きながらえることができた、めでたし、めでたし、という話があった、と。そのストーリーをイラストで絵解きして欲しいというのが依頼の内容であった。

この話はメディアでも取り上げられていた。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/feature/hachioji1197619269359_02/news/20071214-OYT8T01176.htm
以下、記事抜粋
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多摩動物公園では67羽のニホンコウノトリが飼育されているが、例外的に来園者に愛称で呼ばれる1羽がいる。飼育員の大橋直哉さん(33)らが「左・赤」と呼んでいる7歳の雄だ。その名は「ジョウロ君」。銀色の人工くちばし(義嘴(ぎし))がりりしく光っている。

2003年10月、ケージの金網にくちばしを引っかけた若鳥がいた。旋回しようとして引っかかったらしい。約25センチあった上のくちばしは、根元の約5センチを残してポッキリと折れた。コウノトリは、魚などの餌をくちばしを使って器用に飲み込む。上くちばしが折れた状態では食事ができず、やがて死んでしまう。

その命を救うため、悩んだ獣医師が施した処置が人工くちばしだった。園内にあったプラスチック製のジョウロの注ぎ口を縦に割き、針金と樹脂を使って、残っていた上くちばしに取り付けた。ジョウロのくちばしを持つ「ジョウロ君」は多くのマスコミに取り上げられ、すっかり人気者となった。

(2007年8月18日 読売新聞)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この、多摩動物公園の「ジョウロ君」の逸話について、
1,くちばしの折れたコウノトリを見て、どうしたらよいか悩む獣医さん
2.何かくちばしの代わりになるものはないかと、園内を探し回る獣医さん
3.コウノトリにジョウロの注ぎ口を取り付ける「手術」をしている獣医さん
という展開で、それぞれの場面をイラストにすることが僕に依頼された仕事だった。

これが、今週の木曜日(4月29日)午後8時、NHKの「クエスタ」(http://www.nhk.or.jp/questa/)というクイズ番組のコーナーで挿入イラストとして使用されるということ。よかったら見てください。たぶん、その獣医さんが出演してその時のことを語るのだと思いますが、イラストはその話の補足として使われるのかな。まあ、一瞬だと思いますが。



ところで、 このジョウロ君、読売新聞の記事(全文)にあるように、当初のプラスティック製のくちばしでは情けない「クラッタリング」しかできず、「引っ込み思案で気弱な性格の青年」となったが、その後、アルミ製の「フルメタル嘴」を取り付けてもらい一人前になることを期待されていた(写真左:プラスティック義嘴のジョウロ君、右:メタル装備のジョウロ君)。

この仕事をして以来、春めいてくれば多摩動物公園に行って、是非ジョウロ君に会いたいものだと思っていたが、この日記を書くにあたり、関連ブログを読んでいたら、既に2年前、彼は死んでいたことがわかった。
http://pub.ne.jp/snowleopard/?cat_id=63516

とても残念だ。

0 件のコメント: