2010年1月30日土曜日

還暦T氏を祝う


火曜日のことになるが、古くからの友人であり、国立大学通りに面したおされでシックでアダルトなヴォーカル系の音楽を聴かせるお店、Cafe "Sings"のマスターであるT氏の還暦を祝う会に参加、国立まで行って来た。

還暦を祝う会、と言っても、集まったのは還暦ご当人とご当人と共に還暦を迎えた奥さまと「アラカン」タメの同い年、H君、K君、と僕の三人、あとからおいでましになったH君の奥さまと高校受験を翌日に控えた娘さんの、計7人のささやかな会。

会場は国立駅北口のうどん屋「やすけ」の座敷、久しぶりに還暦+アラカン仲間が集まり、やれ、誰それが死んだ、だの、病気になった、だの、仕事が厳しい、だの、まさに時代を反映して景気の悪い話がメインとなった。

それでも、全員音楽好き、共通の話題はたくさんあって、還暦+アラカンで、女子高生がマックなどにたむろし際限なくしゃべるように、うどん屋で酒を飲みながらの会話に話が咲いた。

K君が同じメンバーでT氏のところで餅つきをやったときの写真を持ってきて、それは20年近く前の写真であったが、写っているメンバーの若いこと。みんな髪も黒々ふさふさ。このとき、僕は杵を4,5回振り上げた段階でぎっくり腰になった。這々の体で帰宅したことを覚えている。ルックスヤングでもあの頃から腰は軟弱だった。

僕はT氏に自作イラストのプリント額絵と、ついでにたぶん赤いちゃんちゃんこなど用意してないだろうからと、赤いフリースでできた帽子も一緒にプレゼント、還暦ご当人に被せて記念写真を撮った。

ウィークデイのうどん屋は客もまばらで、閉店近くになると我々だけになったので、おもむろに持参したウクレレで何曲か歌なども歌った。お店の人にもウケたようで、こういう場合、ウクレレという楽器は大げさにならないのがいい。

その後、河岸を替えて、みんなで、以前「居酒屋セッション」でお世話になったギネスが旨いパブ、NO BORDERへ。ワンパイント、980円也のギネスはホントに旨い。

とりあえず、還暦ご当人+アラカン仲間もまずまず健康であることに感謝し、次は「アラカン」三人の合同還暦を祝う会をやろう、それぞれ決して楽な状況ではないが、ま、がんばるしかないな、と誓って解散。

還暦なんて遠い先のことだと思っていたら、アラウンド・コーナーではないか。だからといって焦っても仕方ない。自分の置かれた状況を誰のせいにもせず、「寄りかかるとすれば それは 椅子の背もたれだけ」という茨木のり子的な還暦を迎えたいと思う。


画像は「還暦当事者」のT氏夫妻、赤い帽子のドラえもんみたいなT氏。

0 件のコメント: