2009年12月29日火曜日

白い○ンコ


白い○ンコをした夢を見ました。白いブランコだったらロマンチックだけど、白い○ンコ。で、その白い○ンコ、ウサギのフンのようにコロコロしていて小ぶりの球状でして、そしてそれをタッパかなにかの容器に詰めて母親に見せている。母親は「ホントに白いねえ」と言いながら笑っておりました。

すみません、のっけから尾籠な話で。

なんでそんな夢を見たのか、起きてしばらく考えたら思い当たることがあった。昨夜、タイ料理屋「イーサン食堂」で食べた「イサーンの腸詰め」(タイ、イサーン地方の豚肉ソーセージ、ちょっと白っぽくてコロコロした球状形態)という料理がこの夢のオリジンであることは間違いない。

一昨夜はフリー編集者I氏(+彼のご友人)と、昨夜はやはりフリー編集人のH氏と飲み会、I氏とH氏は古くからの知人同士だが、日をまたいで別々の飲み会となった。

I氏とは横浜の魚割烹の店、H氏とは南林間のタイ料理屋「イーサン食堂」で、連日美味しいものをいただいた。

「イーサン食堂」については、過去何度か日記にもアップ(悪魔の酒「メコンウィスキー」に関する記述:http://blog.goo.ne.jp/seijiyamashita/e/e08b6a3b08d2b071a7aff41c5fecc9ad)したことがあるが、昨夜もチンハービールから始まり、生ビール、最後はメコンで締めた。

メコンウィスキーは特に好きな酒ではないが、すごく「タイ」を感じさせる酒(湿気のある暑さとか人々の素朴さとか、行ったことないけど)なので、イーサンに行くと飲みたくなる。

イーサンのオーナー、ナカムラさんが「メコン川は蛇行してるから、これを飲むとみんな蛇行して歩くことになる」と言っていたが、それはつまり悪酔いする酒ということで有名なのであった。

昨夜は最後にメコン×2を飲んだがさほど悪酔いすることもなく、いい感じで酔っぱらった。何度か飲む内、メコンを飼い慣らしてきたのかも知れない。

画像はイサーンの腸詰め(ウェブで発見)


「行き当たりばったり連載小説『Dっち』」日々更新中、これが今一番ハマってやっていること。覗いてみてくださいね。
http://blog.goo.ne.jp/hottaheru

0 件のコメント: