2009年10月16日金曜日

お隣猫等のエサやり業務

video

お隣のトヨコさんちには、チーちゃん♂、モモちゃん♂、ミャーちゃん♀という3匹の猫がいる。チーちゃん、モモちゃんとは、ウチのニンニン(2004年7月に齢17歳で死んだ)がまだ元気だった頃からのお付き合いだ(ミャーちゃんは2005年生まれ)。

この3匹の「お隣猫」についてはこれまで何度となく日記に書いたが、九州小倉にいらっしゃるトヨコさんのお母さんが今年春頃から具合が悪くなって入院、一人娘である彼女はお母さんのお世話のために小倉まで行ったり来たり、ダンナは普段夜遅くまで仕事があったり、出張も多いことから、オクさんと僕はトヨコさんがいないときに猫等のお世話をすることになった。
http://jinruinekokakeikaku2.blogspot.com/2009/05/blog-post_08.html

以来、トヨコさんが小倉にいる間は、ダンナが終日家にいる土、日を除いてほぼ毎日夕方、オクさんと僕とで3匹のエサやり担当として任務を遂行してきた。

基本的に夕方に一回だけお隣にちょこっとお邪魔し、エサをあげる(朝と夜遅くはダンナがエサをあげている)わけだから、全然大変じゃなく、むしろ僕らは大の猫好きだし、過去日記にも書いたが、ニンニン亡き後、「猫禁断症状」を癒すのに格好の機会となっている。

3匹ともとてもいいコだし、誰にでもなつくチーちゃんは別格として、モモちゃんは僕にめちゃくちゃなついている(「ダンナよりも」トヨコさん談)。ミャーちゃんは、思春期を迎えた頃からトヨコさん以外には非常に人見知りな「少女」となり、特に男は嫌いなようで(「ダンナにも寄りつかない」トヨコさん談)、僕の顔を見るだけで逃げ回っていたが、最近急接近、抱かれてゴロゴロと言うまでになった。


ここ二ヶ月くらい、トヨコさんのお母さんの容態はさらに芳しくなく(末期の肺ガン)、トヨコさんもこちらに二、三日帰宅しては、きびすを返すように小倉に向かい、二週間くらいお母さんの看病をするというという日々が続いていた。

昨日、いつものように猫等のエサやりのためお隣に行ったら、ダンナの書き置きがあって、トヨコさんのお母さんが亡くなったとのこと。彼も急遽小倉に向かうことになったので、しばらく猫たちをよろしくお願いします、と書かれてあった。

他界されたトヨコさんのお母さんのご冥福を祈ると共に、神奈川、九州間を頻繁に行き交いし、看病を続けてきたトヨコさんのご苦労を、彼女が帰ってきたらねぎらいたいと思う。僕も小倉とは海峡を挟んでお隣同士とも言える下関に老いた両親が暮らしているので他人事ではない。

先ほども主なき部屋にお邪魔し、猫等の面倒を見てきたが、飼い主が大変なことになっていてもいつもと変わらず、食欲旺盛元気いっぱいの3匹であった。「トヨコさんが帰ってきたら3匹でトヨコさんを慰めてあげてくれよな」と3匹に言い含めておいたのだった。


動画は今年夏ごろの撮影、モモちゃんは僕が帰るときにちゃんと「バイニャ」と言う。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: