2009年8月18日火曜日

ミラクルトーンズ@大井町Groovers Paradise


昨日は我が師匠、ギタリスト藤田洋介氏(洋麻 ex. 夕焼け楽団)率いる”ミラクルトーンズ”のライブを見に、先月オープンしたばかりの音楽つながり友人のお店、大井町Groovers Paradiseへ。これがGroovers Paradiseこけら落としのライブとなる。

開演30分ほど前に到着、いつものことながら既に出来上がっている感のあるミラクルトーンズ、飯田雄一さん(from オレンジ・カウンティ・ブラザーズ)始め、お店は関係者及び関係者の関係者で良い感じの入りであった。その後も続々と、その他関係者が来店、関係者の関係者は当事者の関係者、で満員御礼の熱気に包まれた。

一部、「この季節にぴったりの曲を……」と洋介さんのMCが入り、インスト・ナンバー、”春がいっぱい”(笑)から始まり、今回はベースの方が事情により欠場、ドラムはお店の都合上、シンセドラムとなったことから、なんだかフォーキーなニュアンスも漂う。

「ミュージシャンがいっぱい来ているので、一部はさらっとやって二部はセッション大会にしましょう」という洋介さんの提案あり、二部は関係ミュージシャン達によるセッション大会となった。

僕にも声が掛かり、パラダイス・キャッツのナンバーである”Iko Iko〜バンバンバン”を歌った。「コピーモデル」ギターの宝庫であるお店には、残念ながらウクレレは置いてなく、ハンドマイクで歌ったのだった。

毎度の事ながら、音楽と酒と良き仲間(とそこそこの収入、ホントにそこそこでいいんです)さえあれば人生なんとかやっていける、と思わせる楽しい夜でありました。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: