2009年4月28日火曜日

嵐の月曜日@サムズアップ


昨日月曜日は、気温はやや低めであったがまずまず穏やかな春の日で、もちろん「嵐」ではなかったのだけれど、「嵐の月曜日」と名付けられたライブステージを見に、横浜サムズアップに行ってきた。

月曜日に「嵐」という冠言葉が付くのは、ブルースファンであれば、当然のように知っているStormy Mondayという多くのブルースシンガーがカヴァーしている曲があるからであります。

They call it stormy Moday
But Tuesday's just as bad
They call it stormy Moday
But Tuesday's just as bad
Wednesday's worse
And Thursday's also sad

という感じの歌詞で、まあ救いようがないです。

それはともかく、昨夜のライブ、西広ショータさんというシンガーのソロ・パフォーマンスと、我らが石井啓介君がキーボードで参加している「西日本マンダム」、そして我らが藤田洋介さんの「ミラクルトーンズ」の三本立てでありました。

開演少し前、サムズアップ店内に入ったら、ステージ前の「かぶりつき席」に若い女の子たちがごちゃっとおりまして、しかもなかなか可愛らしい感じの女の子たちが多かったんですね。

すごく失礼なんですけど、ホントに失礼ですけど、ミラクルトーンズのファン層ではないなと、僕は思ったのね。で、これは啓介君とこの西日本マンダムのファンかと。西日本マンダムは初めてだったので、へえ、すごいじゃん、マンダム、と思ったのでした。

でも、あとで彼女たちは最初に出た西広ショータさんのファンであったことがわかりました。うーむ、マンダム……、と僕はちょっと残念でございました。ブルース基調の演奏はパワフル、ボーカルの方がむちゃくちゃパワフル、男臭い「マンダム」の歌世界でありました。

ともあれ、ともあれ。

洋介さんのミラクルトーンズも考えてみれば、初めて見ることになったのかな。この日は「いきなりチークタイムになりますが」という洋介さんのMCで「スリープ・ウォーク」から始まり、アンコールの「ラ・バンバ」まで、途中、ギターの飯田さんの「おしっこタイム」(演奏中に行きたくなったみたい)をはさみ、ソリッドでしかも温かく艶やかな洋介ギター満載で楽しめました。

ゲストとして、洋介さんがプロデュースしているブルースフレーバーたっぷりの有馬忍さんが2曲ほど彼らをバックに歌った。(有馬忍さんは土曜日にパラダイス本舗に聞きに行った。いい感じだよ。)

で、実は僕も彼らをバックに「陽の当たるところへ」を歌ったのだった。出番前、いきなり洋介さんから「歌いませんか?」と言われ、それじゃあ、と歌ったのでした。

これは想定外だったのだけれど、楽器を持たずにスタンドマイクの前で歌うのはめちゃくちゃ照れくさかった。というか、イントロ、間奏、どんなポーズを取って良いのか間が持たず、困った。特にこの曲は後奏が長くて、ホントに困った。あとで啓介君に「なんか寂しそうでしたね」と言われた。

人気ブログランキングへ

0 件のコメント: