2008年11月27日木曜日

警察博物館と陸上自衛隊広報センターに行って来た。

昨日は、提携校主催の月いち社会科見学スクーリングにウチの生徒を引率してきた。今回は「安全・治安に関わる仕事見学」ということで、午前中に京橋にある「警察博物館」(http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no3/welcome/welcome.htm)を見学、その後小一時間も電車に揺られ、午後は埼玉県和光市まで足を伸ばし、陸上自衛隊朝霞駐屯地に併設されている「陸上自衛隊広報センター」(http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter/)を見学というメニュー。

警察博物館については、メインな対象が小学生という感じで、全体的に子ども向け学習絵本「けいさつのしごと」的な展示演出の印象はぬぐえない。こういう施設は、小学校の社会科見学授業の一環、あるいは親子連れで利用し、先生、あるいは親が子どもに「警察ではね、こんな仕事をしてるんだよ、ああ、覚醒剤の本物が展示されてるよ、いやだねえ、こわいねえ」というノリで見せるということになっているようだ。

「鑑識グッズ」や「麻薬捜査グッズ」、「銃器、刀剣類」、二・二六事件において殉職した巡査が着ていた制服(胸元にぱっくり切り傷が開いている)や、浅間山荘事件のときの「銃痕付きジュラルミン盾」等の展示物は「大人の」僕はそこそこに興味を覚えた。が、すべて撮影禁止。

平日の午前中ということもあってか、館内に我々以外の見物客はおらず、丹念にガラスケースを磨いていた清掃担当らしきおばちゃんが館内を仕切っていて、ついガラスに手を触れた僕を見とがめ、「ガラスには触らないで」と叱られ、言い方が「官憲的」だったので少々むっとした。

教習所にあるようなドライビング・シミュレーターというのがあって、生徒の一人にやらせようとしたが、またこのおばちゃんが現れ、「免許証を持ってないとダメです」と。運転免許に憧れる世代だから、そばで教えるいい機会だと思ったのに、別にホントの事故を起こすわけでもなし…。おばちゃん、婦警上がりで再就職先としてこの博物館で働いているのかもしれない。


次に「陸上自衛隊広報センター」に行ったが、こちらも対象はヤング・アダルトというのか、「りっくんランド」と名付けられた展示会場には、本物の戦闘ヘリと戦車が展示されており、見学者は迷彩服(申し出れば貸し出ししてくれる)を着て、シューティングゲームや戦闘ヘリの搭乗シミュレーター(生徒と乗ってみたが、これはなかなかリアルだった)に乗って爆撃体験のシミュレーションに興じることができる、という小テーマ・パークみたいになっていた。

3Dシアター(座席も映像に合わせ振動する仕組み有り)では、円谷プロダクション製作の「レンジャー部隊の訓練の記録」(体育会系しごきのひとつの頂点)がヒロイックな情感をこれでもかと高める演出の元上映され、家族で「屈託なく」楽しむ事ができる工夫がされていた。警察博物館よりはるかに金がかかっている印象を受けた。

タモガミ元幕僚長始め、近年「右より知識人」から批判かまびすしい「戦後民主主義教育の弊害」をたっぷり受けてきて、あれは公平に見ても侵略戦争であったという認識を持つ(でも、別に「自虐史観」を植え付けられた記憶とか、ないんだけど)、恥ずかしながら「愛国心」の乏しい僕としては、これでいいのか、とつっこみどころ満載の自衛隊広報センターであったが、「これでいいのだ」としたこの施設を作るに当たっての責任者、広報関係者は、日本人を基本的に脳天気だと規定してるな、と思った。そして、それは概ね当たっているかも知れない、と、戦闘ヘリ・シミュレーターに乗ってはからずもはしゃいでしまった自分を省みて思ったのだった。

ところで、警視庁のオフィシャル・マスコットはピーポ君(知らなかった)、陸上自衛隊のマスコットキャラは「りっくん」と「あさかちゃん」(全然知らなかった)、どちらも子どもの気を引くことが前提のようだ。いつ頃からか、こういう国の機関、自治体がやたらマスコット・キャラなるものを作るようになったのは。子どもを味方に付けておけばとりあえず無難ということか。この風潮は勘弁して欲しい。



警察博物館・正面。左手にピーポ君。


陸上自衛隊広報センター・正面。和光市駅から徒歩で20分近く、あまり行く人はいないようで、がら空きだった。


陸上自衛隊広報センター・りっくランド。室内に展示されているのでヘリも戦車も随分でかく感じた。戦車が7億円程度、戦闘ヘリが200億円くらい、と言われている。値札をつければもう少しシビアに見学できる。


バックヤードに午後の陽光を浴び、佇む戦車、装甲車、高射砲車の類、これだけあれば国会議事堂に乗り込みクーデターもできるかと、不穏なことも考えた。

2008年11月25日火曜日

ウェディング・パーティ@崎陽軒

昨日は、年下の友人の結婚パーティに参加した。場所は横浜東口にある崎陽軒本店、宴会場。「シウマイ」の崎陽軒ということで、ケーキカットならぬ「シューマイカット」があったのが面白かった。(画像)

新郎新婦、兄妹みたいな印象のお似合いカップルで、金屏風のひな壇にかしこまって並ぶ彼らを見ていると、単純に、ああ、いいなあ、と思う。僕ももう二、三回くらいやってみたいもんだ。重婚オッケーの国に生まれたかった。わはは。

新郎はガッコウの元同僚であったことから、かつての職場仲間とも久々のリユニオンも果たした。パーティがはねて、みんなして横浜そごう内にある喫茶店でしばらく歓談した後、解散。出席者は幸せいっぱいのカップルオーラを浴びてるから、笑みがたくさんこぼれる再会となった。


これが「シューマイカット」用の巨大シューマイ、作り物っぽい「ガワ」が何でできているのか、巨大グリーンピースは何でできているのかわからない、聞けば良かった。


新郎による入刀


あらま、中にはごっそり「子シューマイ」が。これは後ほど各テーブルにサーブされ、普通に食べることができた。子宝に恵まれるように、という縁起担ぎもあるのでしょう。

2008年11月19日水曜日

最近の小商い挿絵仕事・08年11月ーその2

双葉社「小説推理」で連載中の山田正樹『復活するは我にあり』の挿画仕事6回目。

主人公は、脊髄に腫瘍ができ、全身の神経が麻痺しつつある「車椅子の不屈の経営者」と呼ばれる権藤隆一。謎の男の挑発に乗り、ベトナム・ハイフォンから船に乗り込んだところ、南シナ海上でその船は「環境テロリスト」を名乗るグループにハイジャックされる。そして、中国軍ヘリがやってきて、コマンド隊員V.S.ハイジャッカーの「ドンパチ」があって、権藤もハイテク車椅子「アイボット」を駆って活躍したりと、派手なアクションシーンが今回も続く。

こういうアクション物に銃器はつきもので、またこういうアクション物は詳細な使用銃器の説明がつく。こういうアクション物は「銃器オタク」の方々にとっては堪えられないわけで、こういうアクション物の銃器のイラストを描くには、適当にこれでいいや、というわけにはいかない。

銃器関係の資料はウェブにごまんとあり、銃器オタクの方々の世界は想像するに深く広い。普段は市役所の出納係かなんかを勤めているが、休日は迷彩服を着込み、郊外でエアガンを撃ちまくっているような方々が、けっこういらっしゃるのではないだろうか。やったらハマる、ような気がしないでもない。



挿画1点目:権藤がゴーグルを通して見たバーチャル映像「サブマシンガンの引き金がフルオート射撃に絞られる——というのがそのグラデーションの最極北に位置している。最も赤い。そこ(、、)に向かって二人の人さし指がじりじり赤みを増していく……」という部分のイメージ。中国軍コマンドーが使用したこのサブマシンガンはドイツのH&K社製、MP5、フルオートで9ミリ弾をズダダダダ、とばらまくことができる。


挿画2点目:コマンドーによって窮地に追いつめられたハイジャッカーが放り投げたオートマチックを、物語当初から主要な登場人物になるのでは、という伏線があった船室ボーイである「秋本少年」が受け取るシーンのイメージ。このオートマチックはオーストリア、グロック社製、グロック17。現代の小型銃器は使いやすさを考えてか、プラスティックを多様するそうで、この拳銃もそうみたい。オモチャっぽい、けど本物、というのはある意味、余計アブナイ感じがする。

最近の小商い挿絵仕事・08年11月ーその1


実業之日本社から出ている「月刊ジェイ・ノベル」という小説雑誌で、誉田哲也さんの新連載『主よ、永遠の休息を』の挿絵を描くことになり、第1回目が掲載された本が届いた。

誉田さんは「警察小説の書き手で、若手でひときわ注目されている」という作家。光文社から出ている『ストロベリーナイト』はけっこう売れてますね。今の時代にヒットを出すのは大したことだ。

「鶴田吉郎は共有通信の事件記者。池袋署の二階にある記者クラブに詰めて、特ダネを求める毎日を送っている……」というのが連載1回目のキャッチ文。深夜のコンビニで強盗事件が起こる発端、主人公の鶴田の一人称で語られる部分と、コンビニの店員である桐江ーーPTSD(心的外傷後ストレス障害)を持っているような伏線ありーーの一人称で語られる部分が交互に書かれ、推理エンターテイメント系小説では新しい感じ。

僕はどちらかというと「おじさま志向」作家先生の挿絵をやることが多かったが、誉田さんは若手らしく、重いテーマを描きながら文体は軽やかで、以前、ロックバンドをやってらしたそうで、そんなリズムも文章に感じたりしました。

第1回目の文中「人通りの少ない、暗い一本道。その、突き当たり。明かりを消した部屋で見るテレビのように、青白い光で辺りを照らす、夜のアミーゴ。コンビニ——」という描写があり、イラストはそのイメージで描いた。

これを描くにあたり、デジカメ持って、チャリを駆り、深夜近所を物語に合いそうな「暗い一本道」を求めて徘徊した。写真を撮っていると、窓がガラッと開く音がしてコホンと空咳の声、背後に寝静まったマンション。怪しいものじゃないんです、と思いつつ、やっぱり誰が見ても怪しいよなあ、と思った。深夜のコンビニも撮影に及んだが、気がつかれたら警察に通報されるかも、と思い、気が気でなかった。深夜にデジカメ持って街を徘徊するのは、変質者かイラストレーターです。


画像は怪しまれつつ撮った写真を資料に描き上げたイラスト。

2008年11月18日火曜日

11月の散歩ロード

午前中、小商い小説挿絵仕事のための原稿を読み、資料をあたり、概ねラフを固めて夕刻、ヒット・ザ・散歩ロード。一日の内、この時間帯が一番好きだな。


散歩ロード、最初に渡る橋からのショット


境川を町田方面に北上


電線の上の椋鳥


ゴマ粒のように見えるのは椋鳥の群れ


二本先の橋を渡って、今度は藤沢方面に南下。


この坂を上ってお家に帰る。

2008年11月16日日曜日

横浜トリエンナーレ2008(その2)




全体的にシリアスな印象が強かった横浜トリエンナーレであったが、中には僕好みの軽く笑える作品もあって、それがメキシコ人作家ペドロ・レイエスの「ベイビー・マルクス」(画像)。

展示ブース脇にビデオモニターが設置され、コミュニストの「スーパースター達」、マルクスやエンゲルス、レーニンや毛沢東の人形が出演する映像も流されていた。



とある小さな町の図書館で処分される予定だった「資本論」を子どもたちが電子レンジにいれて解凍すると、あら不思議、マルクス君やエンゲルス君、レーニン君や毛タクトー君が軽快なサーフロック・エレキサウンドに乗って現れる、というもの。登場の仕方がいいな。特に独裁者スターリンの偏執狂的な表情、動作が笑える。

作家は「絶滅危惧種」コミュニズムを軽やかなジョークのネタにしながら、しかしどこかでマジに、理想の社会を作るイデオロギーとしての社会主義、共産主義の復活を願っているようでもある。

トリエンナーレ会期中に「リーマン・ショック」が起き、「アメリカ型資本主義」は全世界から批判に晒されていることを考えると、タイムリーな作品だと思う。

僕は、コミュニズムという考え方を受け入れるには本質的に人類には無理があると思っていますが、効率生産性を至上とし、人の欲望をドライブさせることで発展してきた資本主義もここにきて行き詰まったと思うのです。日本共産党の志位委員長は「ルールある資本主義」を提唱しているようだが、とりあえずそういうことにしていただきたい。

ところで、これを見たとき、「ひょっこりひょうたん島」の人形みたいだな、と思ったが、それもそのはず、ひょうたん島の「人形劇団ひとみ座」が、作家から依頼されて人形制作、人形劇をやったということ。僕はロックなゲバラ君(写真下)が欲しかった。

2008年11月8日土曜日

横浜トリエンナーレ2008(その1)





さて、「横浜トリエンナーレ2008」の印象について、すぐには言い表せないようなどんよりとした不透明さがあった。それは全体的に辛気くさい「ハイ・アート」系作品群が多く、「現代美術というのは難解だ」という一般的な見解に対し、「おう、難解だとも、悪いでか!」とシリアスに居直ったアーティスト達の「青臭さ」というものが会場を漂い、若い頃ならまだしも、シリアスなものに対峙するエネルギーに欠けてきたこのごろ、ちょっと僕には重たかった、というところ。

前回、3年前の横浜トリエンナーレでは「肛門バー」(http://blog.goo.ne.jp/seijiyamashita/e/37632c491d84dacf9bcd6eb2890456e6)なんかがあって、いわゆる「ロウ・アート」系作品群は理屈抜きに楽しめたが、アートというのは楽しむばかりではないわけで、殊にコンテンポラリー・アートというのは宿命的に時代の空気と同調する傾向があり、そういう時代なのだという認識を持ったことが収穫と言えば収穫だったか。

シビアにシリアスに思考せよ、という時代。報道ステーションのフルタチの「辛気くさいしたり顔」を毎日のように眺めていて(嫌なら見るなと思われるそうだが、つい見てしまう報道ステーション)、「肛門バー」を見てにんまりするのが基本的に好きな僕としては「ほんとにしょっぱい時代になったなあ」と思う。


画像は、中ではロウ・アート系の東京生まれドイツ人アーティスト、ヨナタン・メーゼのインスタレーション。この人、若いんだろうなあ、と思っていたら1970年生まれ、このあたりの世代の「70年代回帰」というものを僕は感じているのだけど、どうだろう。備えられたテレビでは三島の「憂国」を流していた。

怠け者の国の人民服


最近、よく眠れる。夏場の平均睡眠時間は6.5時間くらいであったが、ここんとこは8.5時間くらいか。昨日はガッコウで授業、帰宅後、飯食って、テレビを見ながらウトウトし、12時前にはベッドに。今朝、目覚めれば9時を回っていた。

身体が冬眠の準備をしているようだ。寒くなってくるといろいろとやる気がなくなってくるので、いっそ3か月くらい冬眠したい。そういうことが許される「怠け者の国」はないものか。あれば行って定住したい。


先日、横浜トリエンナーレに行って来たことは日記に書いたが、赤レンガパークで一服していたときに、海上保安資料館という建物が目に入り、そこは北朝鮮の工作船を展示していいるところだったので、ちょっと覗いてみたのだった。
http://www.atlas-web.com/kaiho/2005.10.1/kousakusen.htm

展示されている工作船は2001年12月に発生した「九州南西海域工作船事件」の際、海底から引き上げられたもの。
http://ja.wikipedia.org/wiki/九州南西海域工作船事件

資料館に入るとすぐに弾痕生々しい船首を見上げる形となって、想像していたより随分とでかい。工作船は、漁船を偽装しているが軍艦並の性能、装備をしているとのことで、「虎の威を借りる羊」の反対、「羊の皮をかぶった狼 」というところか。

展示品は海上保安庁と「交戦」、銃撃戦をした機関砲から乗組員の備品(金日成バッジ、日本製の赤飯の缶詰、キャンディなんかもあった)まで細々と展示されていた。

トリエンナーレ鑑賞の流れで展示品を見たのだが、これはしかし、「アート」ではない。乗組員達が自爆した暗い船倉を覗き込むとそれはそれは「リアル」な重苦しさが漂う。「アート」と「リアル」の歴然とした差違を感じた。


画像は、それでも「ちょっとアートっぽい」印象を受けた乗組員備品のひとつ、「防水スーツ」。緊急時に尿意を催したときの工夫がなされているようだ。トイレに行くのもめんどくさい「怠け者の国の人民服」として赤レンガ倉庫会場に展示されていても違和感はないように思う。

ああ、これは当然、男性用。女性用はどういう仕様になるかわからない。

2008年11月6日木曜日

企業訪問に引っかけて

大方の予想通り、オバマがアメリカの大統領として選出された。本音と建て前は違う、とする「ブラッドリー効果」もあまり効果がなかったようだが、人種偏見という前近代的な価値観に縛られない人々が、「意外と保守的」なアメリカにおいて、増えたのだと解釈したい。良いことだ。


昨日は、午前中に卒業生が勤務する「特例子会社」を訪問。今回で4度目。東戸塚にあるこの会社は障害者雇用に前向きで条件も良く、指導も熱心で有り難いには有り難いのだが、学校側の「時折の訪問」を要請され、「まあ、最低1年くらいはちょくちょく来て頂いて…」と言われておった。

建て前としては「ええ、もう月に一回は必ず行きます」と調子のいい僕であったが、正直なところ(本音)、授業以外の学校関係活動はボランティアに近いので、面倒だなあ、と思うこともあります。

いや、何か問題があればすっ飛んで行きますよ。でも、特に問題もなくてただ顔見て、「元気かい? 頑張ってな!」って言うだけですから。企業側は一人前の社会人として雇用している「建て前」があるから、あまり家庭との連絡を取りたがらない。本音では親にお子さんの仕事ぶりの問題点をあれこれ言いにくい、ということ。

まあ、企業と家庭の本音を聞き取り、感じ取り、それを柔らかく「編集」して双方に伝える、というのが僕の役目ということだろうか。それで、双方上手くいけばいいんですけどね、僕としては。ただ、僕がボランティアベースで動いているとは双方、思ってないだろうなあ。

こんなこと、日記なんかに書かないで心に秘めて「俺って、いいヤツだなあ」と自足していればいいのだろうけど、ちょこっと愚痴も言ってみたりした。

そんなわけで、東戸塚を訪問するときは、何かの打ち合わせとか用事とか引っかけようとする魂胆があって、過去はそうしてきたのだが、今回はそろそろ行かねばという時期になって、そうした「引っかけ所用」がない。案じて、「そうだ、横浜トリエンナーレにでも行ってみよう」と思ったのでした。
http://yokohamatriennale.jp/

午前中に訪問を終え(元気に問題なく卒業生はやっておった、よしよし)、東戸塚→横浜→馬車道と電車を乗り継ぎ、馬車道駅でチケットを購入、万国橋通りをまっすぐに歩き、まず新港ピア会場に。途中で「お茶付きほか弁」500円なりを購入、鑑賞前の腹ごしらえをみなとみらい湾岸において果たした。

今回のトリエンナーレは会場が分散していて、次に赤レンガ倉庫会場に。鑑賞を終え、この段階でややくたびれてきたが、がんばって次の会場、日本郵船海岸通倉庫 (BankART Studio NYK)まで行った。

とりあえず、今回は3会場(他にも三渓園などあり)にとどめたが、こういう規模の大きい総合型アート鑑賞は疲れる。脚に来る。野外コンサートと一緒。今回のトリエンナーレ、前回と比較し、辛気くさい感じのものが多く、いや辛気くさいのは嫌いではないが、心を軽やかにしてくれる作品はあまりなかった。

しかし、横浜のこの辺り、空間が広い感じ、昔から好きです。ウィークデイは歩く人も少ないし。ふと思ったのだけど、港近くにいても海の匂いがしないな、と。海の匂いって、つまり磯の匂いなんだな、みなとみらいに磯はないしなあ、と。

横浜トリエンナーレ2008についての感想やなんかはあらためて。

画像は横浜みなみらい近辺散策スナップ


ここに来ると「近みらい」な印象をいつも覚える。「みなとみらい」から眺望するランドマークタワー周辺ビル群。


インターコンチネンタルホテル最上階でかつて一度だけ食事をしたことがある。今回は岸壁でほか弁食いながら見上げる形となった。映画「天国と地獄」みたい。いやそれほど貧乏であることに屈折はしてませんが。


万国橋からのスナップ。右手にトリエンナーレの会場のひとつ、BankART Studio NYKが見える。


弁当食ってたら、カモメが寄ってきた。意外と目つきが険悪な感じだったので餌はやらなかった。


赤レンガ倉庫付近の公園ベンチで佇むカップル、かつて僕にもこのようなことをしたような記憶があるが、今は羨ましいとさえ思わないくらい遠くに来てしまった。