2008年9月30日火曜日

半ズボン主義


橋本治のエッセイ集に『革命的半ズボン主義宣言』というのがあった。80年代前半、バブルに向かう直前の「祭りの前」のやや地に足がつかないような浮ついた世相、現象を橋本治流に斬る、といったものであった。

90年代初頭にこれを読み、僕は橋本治ファンになったが、彼のエッセイの多くは「平易な文体で書かれた難解な文章」なので、何を言いたいのかよくわからないが、すごく伝わる、というのが大体の読後感だった。ある意味、ボブ・ディランの歌のようだ。

以後、「半ズボン主義」という言葉が、僕なりの理想的な生き方=「ロックな生き方」に共鳴するところがあり、夏場は基本的に半ズボン(外出時も)を通してきた。まあ、涼しいし、なにより「楽である」ということが半ズボンを愛着する一番の理由であるが、「主義」というニュアンスもそこそこにある。

これは、「半ズボンは権威と相反するファッション」であろうかと思うからで、僕はなによりゴリゴリして高飛車な権威というものが嫌いなのです。僕の言う「ロックな生き方」というのは、まず、権威主義というものを侮蔑するところから始まるわけです。

近年、亜熱帯化する日本において、「省エネルック」(これは死語か、今は「クール・ビズ」と言うのか、しゃらくさい言葉だ)として、定着しつつあるノーネクタイであるが、政治家という人種はこれが似合わない。元々「ロックな感性」など、かけらも持ち合わせていない人種なので無理もないが、とりわけ新総理アソウのノー・ネクタイ姿は嫌だった。

その点、旧総理フクダは「自分を客観視できる」と豪語した通り、夏場でも基本的にネクタイ着用を通した点では評価されよう。彼は自身が「ロックのかけらもないこと」をよくわかっていたという客観性において評価するわけですけどね。

しかし、いかにノー・ネクタイ、クール・ビズの政治家がマジョリティになろうとも、半ズボンはさすがに穿かないだろう。政治家が半ズボン穿いたら滑稽以外何物でもない。(オザワは似合うかも知れないな、ランニングと半ズボンの「清スタイル」)

新内閣閣僚集合写真撮影においては、みんな半ズボンを穿かせて立たせてみたい(女性閣僚には「芋ジャー」で)。それで、閣僚諸氏と少し離れて、失言ナカヤマ君には半ズボンの上、バケツを両手に持たせ立たせてみたい(クラシックな「立たされ坊主」役として)。

と、まあ馬鹿なことを書いたのは、昨日、一昨日と急激なクールダウンで、さすがの僕も半ズボンではいられなかったことへの哀惜から。季節は半ズボンから長袖トレーナー&ジャージズボンに変わる。いろいろと淋しい。


画像は「猫レッグウォーマー」(ウェブから拝借)
以前、猫がごろごろいたときにはこれができたが(猫炬燵)、今は猫を飼っていないのでできない。淋しい。

2008年9月25日木曜日

究極のマイルス大辞典


●帝王音源大陸完全制覇!にして究極のマイルス大辞典/大事典ならびにデイ・バイ・デイ(日録)への壮大なる一歩を記すヴァージョン8、驚異の1100ページ超えで堂々の刊行!!
『マイルスを聴け!Version8』
・ページ数=1120(予)
・掲載アルバム数=562(前V7より89枚増)
・発売=2008年9月28日(マイルス17回目の命日)
・定価=\2400(税込み)(双葉社刊)
http://premium.asahi.com/present/TKY200809170157.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
来たる9月28日は”帝王”マイルス・デイヴィスの17回目の命日だということだ。享年65。この日に合わせ、日本でマイルスを書かせれば右に出るものはいないと言われる中山康樹氏の執筆による『マイルスを聴け!Version8』が発売される。

表紙を日本でマイルスを描かせれば右に出るものは、おそらく5,6人くらいしかいないだろう(もっといるかも知れないが、そこはまあ…)と言われる僕が描かせていただいた。

正確に言うと、かつて描いた「有り物」を、光栄にも中山氏ご指名で使用させていただいたという顛末なのだが、在庫デッドストックがこのような形で日の目を見ることはとても喜ばしくありがたいこって、だ。
(この顛末↓)
http://jinruinekokakeikaku2.blogspot.com/2008/06/blog-post.html

「帝王音源大陸完全制覇!にして究極のマイルス大辞典」なるコピー文句はいささか大げさに聞こえようが、マイルスという人と音楽はこういう大仰な感じがけっこうぴったりはまるので、いいんじゃないかなと思った。

「このミステリーがすごい!」というタイトルの宝島社のシリーズ本があるが、この本については「この厚さがすごい!」。バージョン7も相当な厚さだったが、これにいたっては、まさに辞書なみ、厚さを測ったら4センチ(文庫本で!)あった。しかも金色ベベル(盛り上げ)のタイプ印刷。一歩間違えば下品となるが、ことマイルスについてはそうならないのが不思議。

この勢いでマイルスに関するデイ・バイ・デイ(日録)が増え続け、バージョン9は厚さ5センチ越えを目指して頂きたい。


↓扉イラスト

2008年9月23日火曜日

パラダイス本舗一周年ぱーてぃー


昨夜は、ロックなおじさんとおばさん(ロックなおねいさんはあまり見かけない、残念だが)達のパラダイス、中央林間「パラダイス本舗」で開店一周年ぱーちいがあったのぢゃ。

誘い合わせた友人Iさん夫婦と一緒に中央林間駅に降り立つといきなりのゲリラ豪雨。なんじゃこりゃとハードなレインに濡れそぼりながら足早に本舗まで。やれやれと店内に入ればそこはいつもの音楽パラダイス。パラダイス繋がり、Mさん、Nさん&オクサマも来店し、音楽談義で盛り上がっているとライブが始まり、なんとなく音を出すんだろうな、と思いウクレレは持ってきたけれど、なんだなんだまともな演奏をするロープな方々ばかりではないか。こんなことならちゃんと準備、練習をしてくるんだったと思いつつ、みなさんが演奏に真剣に耳を傾ける前半はパスして、みなさん酔いが回りぐずぐずになったとろこでちょこっとやってお茶を濁そうと内心思っていたら、終盤いい感じに店内がぐずぐずになってきたので、今だ今だとステージに立ったときには僕もかなり酔っぱらってぐずぐずになってしまっていて、なんだかしっちゃかめんこの歌を歌ってしまったのだった。

でも、有り難いことに、仏様のように心の広い店舗主人の元・夕焼け楽団ギタリスト、藤田洋介さんは僕のしっちゃか歌のバックでギターを弾いてくださり、友人Nさんもとろけるようなラップ・スティールで伴奏してくだすった。ありがたや。

店主・洋介さんから以前「今度、一緒にやりましょうよ」と有り難い言葉を頂いていて、Nさん合わせ、このセッションバンド名をかの「夕焼け楽団」に倣い「言い訳楽団」と洋介さんが命名。

昨夜はだから、記念すべき楽団デビューであったが、ボーカル&ウクレレ担当(僕のことだが)が、準備不足&飲み過ぎのため、ちょっといろいろコード間違えたり、歌詞間違えたりしたので僕としてはイマイチのパフォーマンスなのでした。でも、ステージに立ってから曲目を考える(えーと、ぶっつけですぐできる曲、すぐできる曲、と考え、必殺の3コード楽曲、Bring It On Home To MeとKnock'n On Heaven's DoorとNo Woman, No Cry、これはコードが4つか)という状況だからしょうがないよね…、と、まあ色々「言い訳」するのが「言い訳楽団」ならばこそ。

ともあれ、憧れの洋介さんのギター&Nさんのラップ・スティールをバックに歌えて嬉しかったっす。次回機会があれば、そこそこ準備・練習し、そこそこ「しらふ」で、あんまり言い訳しなくてもいいような演奏をしたいなあ、と思っているのでした。


画像は「言い訳楽団」の3名(「隠し砦の三悪人」或いは「スリー・アミーゴズ」)
画像提供:Nさんのオクサマ

2008年9月13日土曜日

Ukulele Live@blog "No Reply"

Written by Lennon, McCartney



This happened once before,
When I came to your door,
No reply.
They said it wasn't you,
But I saw you peep through your window,
I saw the light, I saw the light,
I know that you saw me,
'cause I looked up to see your face.

I tried to telephone,
They said that you weren't home,
That's a lie,
'cause I know where you've been,
I saw you walk in your door,
I nearly died, I nearly died,
'cause you walked hand in hand
With another man in my place.

If I were you I'd realize that I
Love you more than any other guy,
And I'll forgive the lies that I
Heard before when you gave me no reply.

I've tried to telephone,
They said you were not home,
That's a lie,
'cause I know where you've been,
I saw you walk in your door,
I nearly died, I nearly died,
'cause you walked hand in hand
With another man in my place.

No reply, no reply.

-------------------------------------------------------------------------------

この間、君の家に行ったのに
返事がなかった
家の人は、君はいないって言ってたけど
君が窓から覗いてるのを、僕は見たんだ
明かりがついてた
君の部屋の明かりがついてた
知ってたんだ、君が僕を見ていたことを
だって君と目が合ったんだから

電話もかけてみた
家の人は、君はいないって言ってたけど
あれウソだ
だって君がどこへ行ってたか知ってたし
君がドアを開けて家に入ってくところを、僕は見てたんだ
死んでしまいそうだよ
僕は死んでしまいそう
だって君は他の男と手をつないで歩いてただろ
僕じゃなくて他の男と

僕が君だったらすぐわかるのに
僕が他のどんな男より君を愛してるってことが
でも僕は君のウソも許してあげようと思う
居留守を使って僕に返事をしなかったことも

また電話してみたけど
やっぱり君はいないって言われたけど
あれもウソだよね
君がどこへ行ってたかわかってるんだ
君が家に入ってくところを、僕は見てたんだ
死んでしまいそうだよ
僕は死んでしまいそうなくらい辛いよ
だって君は他の男と手をつないで歩いてただろ
僕じゃなくて他の男と

君に会いたくてもこたえてくれない
君に会いたくても返事がない

-------------------------------------------------------------------------------

僕は似たような経験あるんですね。高1のときだったか、好きになった女の子に手紙をたくさん送りつけたのに、「つれないそぶり」だったもんで、彼女の家に押しかけたのだった。

それで、彼女は家にいたんだけど「会いたくない」ということで、彼女の母親が出てきて「うちの子になんかのぼせていないで、もっと勉強しなさい」と説教されたのだった。

訳詞をしてみると、なんだかストーカーの歌みたいだと思った。

2008年9月7日日曜日

Ukulele Live@blog "Eight Days a Week"

Written by Lennon, McCartney



Ooh I need your love babe,
Guess you know it's true.
Hope you need my love babe,
Just like I need you.
Hold me, love me, hold me, love me.
I ain't got nothin' but love babe,
Eight days a week.

Love you ev'ry day girl,
Always on my mind.
One thing I can say girl,
Love you all the time.
Hold me, love me, hold me, love me.
I ain't got nothin' but love girl,
Eight days a week.

Eight days a week
I love you.
Eight days a week
Is not enough to show I care.

Ooh I need your love babe,
Guess you know it's true.
Hope you need my love babe,
Just like I need you.
Hold me, love me, hold me, love me.
I ain't got nothin' but love babe,
Eight days a week.

Eight days a week
I love you.
Eight days a week
Is not enough to show I care.

Love you ev'ry day girl,
Always on my mind.
One thing I can say girl,
Love you all the time.
Hold me, love me, hold me, love me.
I ain't got nothin' but love girl,
Eight days a week,
Eight days a week,
Eight days a week.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

君の愛がほしいんだ
わかってるだろ、本気なんだ
君も僕の愛を欲しがってくれるといいな
僕が君を欲しがってるみたいに
抱き締めて、愛して
抱き締めて、愛して
僕には愛しかないけれど、ベイブ
1週間に8日分の愛

毎日毎日、君を愛している
いつだって君のことを考えてる
ひとつだけはっきり言えるのは
いつだって君を愛してるってこと

抱き締めて、愛して
抱き締めて、愛して
僕には愛しかないけれど、ベイブ
1週間に8日分の愛

週に8日、君を愛してる
週に8日
それでも足りないくらいの君への思い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ビートルズ、60年代中期のヒット曲。オリジナルよりテンポが気持速くなったかな。

僕は中学生のころ、ビートルズや他のポップスを英語で歌うことが好きで、この曲もよく歌ったなあ。でも、英語は今よりずっと下手くそだったので、その頃の癖が出て、ついジャパニーズ・イングリッシュになりそうになります、歌ってて。なっしんぐ・ばっと・あ・らぶ・べいぶ、みたいな。

2008年9月6日土曜日

試験作成




昨日はガッコウで授業。今月末に前期試験を予定しているので、その対策と準備とか。いや、試験の対策と準備をするのはもっぱら僕で生徒ではない。ウチの生徒は家で試験に備えて勉強をすることなどたぶんないので、授業やりながら生徒の理解度を確認し、どういう試験を作ろうかな、というアイデアを得るための授業をやるということ。

センター入試で「過去問」の再使用(まるまるそっくりというわけではないようだが)が認められたという記事を最近新聞で読んだが、僕のようないいかげんな試験作りをやっていても、試験を作るというのはなかなか骨が折れるもので、それはよく理解できる。

試験問題を作成することは僕にとって趣味みたいなもんで、いつもなんでこんなに時間をかけるんだろう、と自分でも半ば馬鹿馬鹿しくも思いながらも、そんなに苦にならず作っている。好きなように作って、誰からも批判、非難されたことはないので、まあ、センター入試なんかに比べようもないが。

「次の図を参照して以下の設問に答えよ」といった問題文はウチの生徒にとっては難解なので、「つぎのイラストをよく見て、1番から3番までの問題に答えなさい。*□の中に書いてあるヒントをよく読んで答えを書こう!」なんていうウチの生徒にもわかりやすい問題文を考えるのは意外と難しかったりする。

それで「ヒント」を読めば、あまり勉強しなくてもある程度はできるように工夫したりもする。それでもできない子はできないのだが、まあそれは仕方ない。ペーパーテストだけで、その生徒の学習への理解度を測るのは、少なくともウチの生徒の場合、無理がある。

僕は飽きっぽいので、年度によって新しいことをやったりして、あまり過去問は使わない、使えない。そんなわけで、ここ数日、僕が今年度担当している英語、社会、理科のテスト作成に時間を費やした。配点の関係でどの教科も最後に自分の「裁量」で、つまり適当に採点できる問題を作ることが多いが、今回の理科(宇宙について)の最後の問題は、「もし、宇宙人が本当にいるとしたら、どんな姿をしているか想像しながら、その姿を描いてみよう」というもの。採点者の楽しみということも考えた、まずセンター試験には出てこない問題。


アップしたYouTube動画はハワイ在住、1908年生まれの御年100歳になられるという、Bill "Tappy" Tapiaさん。ウィキで調べたら、10歳からプロとして活動してきたという人間国宝みたいなお爺ちゃんであった。ウクレレでジャズをやったさきがけみたい人だと。僕も「後期高齢者」となれば、かくありたいと思う。「力の抜けたいい演奏」とはこのことを言う。

2008年9月2日火曜日

どうなっているの残暑


ここに来て残暑ぶり返っている感じであるが、ゲリラ豪雨やらなんやら、日本の夏はどうなってしまったのざんしょ。

さてさて、二学期も始まった、ということで昨日は久しぶりにガッコウへ。生徒たちは、まあ、相変わらずであった。かつては始業式となればむちゃくちゃテンションが高かったのだが、今年度の生徒はみな大人しめなので、僕が一番テンションが高かったように思う。

ここんところ、朝起きると、ちょっと「腰痛体操」みたいなことしていて、まあまあ腰の調子が良かった。今朝はいつもより少しばかり、ハードにやっていたら、腰骨がボキボキっと。ぎっくりには至らなかったが、ちと腰の調子が悪くなってしまった。うーむ。

8月後半、せっせと「書き物」をしていたが、とりあえず一区切り着いた。今月はガッコウ関係、やるべきこと多々あるが、「働けど〜ぢっと手を見る」方向の仕事故、モチベーションに欠ける。正直なところ。

しかし、やめられない止められないカッパえびせん、大きい責任、小さな収入。フクダさん、辞めるたって、議員は続けるわけだよねえ。給料はしっかりもらい続けると。そこんとこ、僕は言いたいね。


いろいろ頭に来たので、オランガタン・フクダを再アップ。「猿の惑星」ではオランウータンは一応、良識の種として描かれていたのだけれど、コーネリアス・フクダ君。